FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

才能?努力? 4回生伊地知

ボートの日誌


こんにちは、4回生の伊地知です。

暑い日が続いていますね、セミの声も聞こえ始め夏が来たな〜と思いきや、明日から連日、雨予報らしいです。乗艇をしている身としては、雨が降っているくらいの気温がちょうど良いので少しばかり嬉しいです。


さて、本題に入りますが、あなたは自分自身がボートの才能を持っているな〜と感じることはありますか?

早いうちから対校に乗り、成績を収めている人は、勿論、努力も人一倍していますが、持ち前の才能もあることは否めないと思っており、憧れた時期もありました。

このようなことを考えるきっかけとしては、以前に、とある人からボートをこれまでやってきたが何をしても上手くいかない、自分には才能がないと思っている、という相談を受けたことがありました。その時は、適切な返答ができなかったのですが、それから色々と考えたことをここで書こうかな、と思います。


先ほどの質問に対しての私の答えは自分自身に才能は感じたことはないです。なんなら、運動部に入ることすら今思えば、適してないような気がします。笑
同期や一個下の後輩はわかると思いますが、実際に私が2回生の神戸線・西日本選手権の期間、私は新人練の指導係として活動していました。これは試合の選考をかけた2000ttで最下位になってしまったからです。体の調子も良く万全の状態で挑んだ結果だったからこそ、とても凹み、何をやってもダメだな、と強い挫折感を感じたのを覚えています。それと同時にもっと強くなりたい、と思った瞬間でもありました。


では、才能のない私は何をすれば強くなれるのか?

私が辿り着いた答えは、単純ですが「周りより努力を積み重ねる」ということでした。


追加で練習を行うのは、あまり気が乗らなかったので、与えられた練習の中でできることをやってきました。

例を挙げるとするならば、10分アップの加速以外のUTの部分を全力のUTではないものの、ある程度の出力を出し続けることや乗艇中のノーワークをサボらないこと、練習中、心が折れそうなときに次のストロークは頑張ってみることを続ける等をやり続けてきました。

やはり、やり続けてきたら自信と言われるものがつくようで、10分アップのタイムもどんどん良くなりそれが練習のタイムの向上に繋がりました。
また、心が折れそうな時は今でも何度もありますが、過去の自分がその度に乗り越えていったからこそ、今回も打ち勝つことができると思えるようになりました。

その結果、こんな私でも現時点で対校に選ばせてもらったことは一つの成果だな、と思っています。

上記に書いた私の努力の仕方は少し頑張れば誰でもできることだと思います。しかし、それを継続すると塵も積もれば山となると言うように、大きな結果に結びつくのかな、身を持って感じました。


まぁ、何が言いたいかというと、現時点で上手くいかないことがあっても、こうなりたい!という強い意志を持ち、それを行動に移したら、夢は叶うと思います。だから今、もし辛い状況にあっても、絶対に諦めないでほしいです。



私も日本一を達成するべく、残されたあと数ヶ月の期間をただひたすらに邁進していくので、皆さんも目標に向かって共に突っ走りましょう!🔥🔥

スポンサーサイト



 

コメント

伊地知もう終わりやな!
最後やりきれるように頑張って!

2020.07.22  安東  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.