FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

勇気100%になりたい   1回生 柏木

ボートの日誌

こんにちは。1回生女子ロー柏木美咲です。
マシンローが終わり、追いコンが終わり1月も末になりました。
時間が飛ぶようにすぎていくのを感じる今日この頃です。


今回はテスト直前ということもあり、軽めにしようと思っていたのですが、
こういう場を与えられるとどうしても熱くなってしまうタチらしく、
相変わらず暑苦しい文章になってしまうかもしれませんがお許しください。
(まぁ担当は月に1度も回ってこないので、たまにはいろんなことに向き合って考えることはいいことじゃないかと自分のここでの暑苦しさに反省はしてないのが実際ですが)


私には尊敬してやまない人がいます。
私は高校時代ソフトテニス部だったのですが、その人というのは
ソフトテニス部のキャプテンであり、私のペアであり、今でも大事な親友の一人です。


彼女はかなり個性的な人で、
一緒に写真を撮ると、見たこともないような変顔をかましてきたり、

彼女の大学では、ミスコンは最もおもしろい人決めるらしく、
彼女はちゃっかり優勝して、男性の優勝者と二人でおおきな舞台で漫才をしたとか。

また、私が最近ショートカットにしたのでその写真を送ると
片桐はいりの写真を送り返してきました。


と、これだけだとほんとに変な友達なだけですが。

私が彼女を尊敬するのは
私ができないことをすっとやってのけるからだと思っています。


大勢の前で発表する人が必要になれば、進んで手をあげます。

高校の体育の授業では、集合時間がおくれ、先生が怒って職員室に帰ってしまったとき
体育委員だった彼女は、一番に謝りに行きました。

部活では、言いにくいことでも嫌われる覚悟で、必要なことはきちんと言ってくれました。


私は、電車で席をゆずるのも、人に道を尋ねるのでさえも勇気がいって
見て見ぬふりとか、まぁいいかって流してしまうこともあります。

ボートでいうと、
他の人の動画をみて、もっとこうしたらいいんじゃないかと思うことも
「いや、でも自分もできてないや」って言えないとか、

この状況のまま放置するのはよくないかと思いながらも、それまでの成果を壊すのが
怖くて変えられない。


彼女がしていた行動も勇気を出さずにできるわけではないと思います。
ただ私と彼女との違いは、出さなければいけないときにきちんと勇気をだせるかどうか、
です。


周りの目を気にしないことも、成果を出し続けたい気持ちも
たぶんやめることはできません。
でもこのままの自分では、
自分のためにもチームのためにもよくないということも分かっています。


だから解決策として、
ボートのことも、他のことももっとたくさん考えて、もっとたくさん知ること


これが私にとって必要なことで
「勇気を出すこと」の背中を押してくれるはず・・・。


そのためにまず今はしっかりテスト勉強して、無事テストを終えれば
いろんなこと調べて、ボートに関する動画をみまくることからスタートさせようかと思います。

2019年を通して、
今よりも一歩勇気を出して、行動できる人になれますように!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.