FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

選ぶこと。かけること。 1回生 仲宗根

ボートの日誌

初めまして。1回生マネージャーの仲宗根です。入部前から拝読していた多事漕論。それを今、自分が書くにあたり、感慨深さ…を上回るプレッシャーを抱いております。そもそも期待されてる訳でもあるまいしプレッシャーを感じる必要もないと分かってはいるのですが…。

さて、後ろ向きな前置き(←日本語おかしい?)はここまでにして本題に移りたいと思います。

突然ですがこんな言葉があります。

_____選ぶことは捨てる事でもある。

人は何かを選択するときに、必ず他の選択肢を手放さねばならないということです。手放すものは必ずしも1つとは限りません。何か1つを選択するにあたり、他の幾つもの選択肢を手放す状況も多々あります。

では、ボート部に入るという選択に伴い手放すものとは何でしょう。

例えば時間。睡眠時間やバイトにあててたであろう時間。友人と遊んだり旅行をしていただろう時間。

例えばお金。ボート競技をする上で、個人としても、組織としても多くのお金がかかります。

他にも手放すものはあるでしょう。
ですがこれらを、「手放す」というある種後ろ向きな表現をするのは、常に前向きに頑張る皆さんには相応しくないかな、と私は常々思っていまして。それに代わる相応しい言葉を探していました。そして最近思い当たったのです。

選ぶことは、かけることなのでは、と。

大学生活の4年間という1度きりの時間を、沢山のお金を、熱い想いを、切なる願いを、全ての力を、時に賭け、時には懸けているのでは、と。

こうした、あらゆるものをかけて日々練習に挑んでいる漕手の皆さん。面と向かって伝えるべきだとは分かっていますが、改めて言うのは照れ臭い上に私の内気な性格も相俟って直接言えないのでこの場を借りて言わせてください。

ボートに全てをかける皆さんの姿、本当に、本当に、眩しくて素敵です。

……いつか面と向かって言葉にできる、その時が来ますように 。

そして、ボートに全てをかける皆さんを支えるのがマネージャーの役目ですが、私は日々自分の不甲斐なさばかり感じています。

入部してからはや6ヶ月、使えるマネージャーに早くなりたいという思いで今までやってきましたが、最近思うのです。使えるマネージャーでは足りないのでは、と。

「使える」とは、どこか受け身です。与えられる仕事をこなすだけのマネージャーなら代替可能です。私じゃなくてもいい。

私にしかできない、なんて大層な者になれるかは分かりません。しかし自分が出来ることを探そうと意識しなければ見落とすばかりなのでまずは意識から。


部員一人一人が輝けるボート部に。
先日行われた部員総会でも粗方こういった表現がありました。
新シーズン、皆さん一人一人が輝けるお手伝いを、そして私自身も自分の存在価値を発‘輝’できるように人知れず努めていこうと思います。

長くなってしまいましたが、もし最後まで私の駄文にお付き合いくださった類い稀な方が1人でもいましたら、心から感謝します。ありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.