多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

星の落とし物

ボートの日誌

こんにちは!女子副将の伊藤友紀子です!
今、学部生の最終学年です。

商学部の私は、理系勢である八瀬主務や林クリーンチーフや中嶌積み込み隊長や森新人練トップ、元部員の角谷のように大学院に進学するということもなく、
元部員の小倉メンバーと元部員の片岡のように休学して留学に行くこともせず、
かといって元部員の塩地のように交換留学にも行かず、
今教育実習に行っている戸川副将のように教員を目指すわけでもなく、
1年以上必死に勉強している梅村クリーンチーフのように公務員を目指すわけでもなく、
横田新人練担当のように夢を追いかけるわけでもなく、
安東主将や廣内女子主将、島副将、脇坂副務、山下会計チーフ、松山資金・備品チーフ、鳥居サポートチーフ、 植田脳筋、増田安全担当、深尾部員総会議長、山田学連担当のように普通に就活し、
元部員の高良と向井と金井は分からないが、私は割とマジメにしていたので留年もせず9月に引退を迎える。


さあ、私の現役生活はあと3ヶ月と24日。
多事漕論はあと残すところ数回。
こうして終わりが見えてくると、一言にまとめられない気持ちが湧いてくる。

例えるなら、この4年間でたくさん落としものをしてきたような気がして。
これまでの人生、幸運にも、自分の大切にしているものを落としたことは一度もない。

が、この4年間ではたくさんの星を落っことしてきたと思う。
届かないけれど見上げたら強く空に光っていて、自分の手には無いけれど振り返ったら薄くぼんやりと足元に光っている。
自分に勇気をくれる思い出の数々。

この星のせいで、自分が神様になったような気持ちになる。
何でもできる。どんな望みも叶えられる。どんなにどん底に落ちても必ず光明が差す。どんな時どんな状況でも前に進む勇気が湧いてくる。


考えが甘く、悪い意味で若いと思う。
そんな大口叩いていてもどうせ数年後は、
「部活をしていた頃は輝いていた」とか「年のせいで」とか「私の本気は大学で終わった」とか言って過去にしがみつくゴミクズになっているくせに。
と、自分を戒めたくなるくらいに…。
(おめでとう!
先ほどの3つは人生の禁句三選に認定です!)


私が多事漕論を書くときはいつも、OBOGの方々、保護者の方々、現役部員(主に後輩)、関係者の方々の利益のために書く、ということをモットーにしています。
しかし、今回だけは自分のために書かせていただきたいと思います。
と言いましても、ただつらつらと独白するのはかなり痛々しいで3文だけ失礼します。


世間に恩を返せ。
自分の人生に責任を取れ。
自分の決断に失敗はない。


はい、ありがとうございました!

そうだ。やり残したことですが、多事漕論傑作選を次回までに完成させておきますね。

2015/12/18伊藤『新艇紅覇と多事漕論傑作選』


引退までよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

 

コメント

こんにちは。

さすが 名文 銘文  長文。。。

そうですか もう4回生なんですね。。。




失礼します。。。

2018.05.18  w。  編集

人は人。
自分は自分。

比べず、自分の道を自信を持って進めばいいと思うよ。

2018.05.19  ひらの  編集

星がこぼれるのは、星がどんどんあなたの器に注がれてるからです。
それだけ今までに注がれた星が多いのか、器がキャパオーバーしたのか分かりませんが、多分前者かな?

と、頑張って考えたけどこの程度の文しか思い浮かばなくて私自身情けないです…

2018.05.23  RORO  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad