FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

多忙は怠惰の隠れみのである

ボートの日誌

LINEの一言っておもしろいよなあ
その人の個性が表れている感じがする
自己紹介、お気に入りの言葉、何語かわからないものから謎のメッセージまで...
改めて見返してみると千差万別、十人十色
金子みすゞさんの言葉を借りるなら、みんなちがって、みんないい


かく言う私もお気に入りの言葉に設定しているわけで
それが今回のタイトルでもある
『多忙は怠惰の隠れみの』

これはたまたま見つけた糸井重里さんのダーリンコラム
<「多忙は怠惰の隠れみのである」ということについて>

から拝借したんだけど、
「忙しいときは、その忙しさにかまけて、好奇心だったりやさしさだったり、ちっぽけだけどとても大切なものを欠いてしまう」という意味
(ダーリンコラムに詳しく記載されているからぜひ見てみて)


余談だけど、おもしろいのが、受け手によって意味が若干変化するんだよね
「忙しすぎて本当にやらないといけないことが出来なくなってしまう」
「忙しい時は余裕がなくなる」
などなど
どれも同じような意味だけどどこか違う
ベン図が少し重なり合っている感じ
それもこの言葉のよさだったりする


話が脱線してしまった
本題に戻ろう

主務になってはや6か月以上が経過して、この言葉の意味を痛感することが多い
寝ても覚めても部活のことばかりで、朝から晩まで会議に出席なんてざらにある今の状況
他の大学生に比べたら多忙といってもいいんじゃないかな(言わしてください(笑))
同時に3つ4つ、多い時はその倍くらいの問題を同時に考えていたりする
正直キャパシティぎりぎりで、あと1gでも背負ったら押しつぶされちまうぜ
ってときもあるのさ
そのせいで余裕がなくなり人に当たってしまうことも(ごめんなさい)
そんなときにぼくはいつもこの言葉を思い出して目を覚ますようにしている

まぁた隠れみのにくるまってるぞー
はやく出て来いよー

ってね

そしたら心の奥底でみのにくるまる自分がもぞもぞと出てきてくれる

この言葉が魔法のようにすべてを解決してくれるわけじゃないけど
それでも心に少しの余白を作ってくれるような気がする
本当にすてきな言葉

これからも隠れみのにくるまったは脱いで、くるまっては脱いでを繰り返して引退までいくんだろうなあと思う


みんなにもピンチの時に助けてくれるような言葉があるのかな
ぼく(わたし)には切り札があるんだぞーすごいだろーへへへ
って笑えるようなものが

そしてそれをLINEの一言にしてたりしないかな
そんなことを楽しみにしているのであります

新4回生 主務 八瀬
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.