FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

タイトルなし

ボートの日誌

ただいま教習所で励んでおります、一回生漕手の吉山と言います。教習所は、免許証を手に入れるには通らなくてはならない関門です。僕はここで学ぶために、沢山のお金を払いました。つまり、立式すると

何十万円=運転の方法+テクニック+知識…

となります。


あとは、もう行くだけ!ではありません。

例えば、試験を受けるのにもお金が必要です。その試験に合格しなければまた受験料を払って受けなければなりません。

問題はドタキャンした時の罰金です。知らない人も多いかもしれませんが、教習所では、ドタキャンをするとお金が発生します。車の運転指導一回をドタキャンすると罰金約5000円。僕の頭の中で立式するとこうでした。
「ドタキャン一回」
>−5000円+「とても嫌な気持ち」
(もちろん、「ドタキャン一回」と「とても嫌な気持ち」は負)

これを文章にすると…
これはなかなかの高額!学生に払わせるなんてなんて非道。良心のかけらもない!

こんな感じでした。


なんでこんなことを説明してるかというと、その罰金について違う思いを感じるようにななったからです。

今年の抱負で僕は「責任」と書いて、意識するようになったのが原因だと思ってます。ドタキャンしたのは自分の「責任」だと思うようになると、しょうがないと思うようになりました。自分の責任と気づくまではどこかで教習所のせいにしていた気がします。こういうことを気づいていくとさっきの式がこうなりました。

「ドタキャン一回」
<−5000+「一時的な嫌な気持ち」+「夜寝る前に予定を確認する習慣を得るチャンス」

「夜寝る前に予定を確認する習慣を得るチャンス」がでかい。

責任を持つようになると、失敗をポジティブに考えれるようになります、ということを実感したということでした。

最近では、赤信号なのに止まろうとせず助手席の教官に急ブレーキをかけられて、「吉山くん赤やでー笑」と言われて、僕は「そうですね笑」といった感じで楽しくやってます。
でも、僕が教習所に通っていると話してもだいたいの人に、お前の車には乗りたくないと言われて悲しいです。ちなみに、運転で僕が得意なのは直線と加速です。


あと、追いコン途中で抜けちゃって言えなかったんでここで。

追いコンで市大ボートを卒業する先輩たちへ
4年間お疲れ様でした。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.