FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

熱意を伝える

ボートの日誌


こんにちは。
2回生マネージャーの浅原です。

もう2月下旬に差し掛かりましたね。
この冬最大の寒波…とかいうの今年何回来たんでしょう。もう来ないでほしいです。


さて、先月東京遠征に行った時のことについて書きます。
今回は総勢約40名のOBさんにお会いし、いろんなお話をしました。

一番感じたのは、
漕手続けたかったなぁという気持ちでした。

この気持ちは後悔ではないです。未練です。
漕手に対する憧れでもあります。

ボート部に入ったのは、その単純な憧れが憧れがきっかけでした。
ボートってかっこいい!楽しそう!
初めてのことってわくわくする!
大学入る前はバスケのサークルか山登りでもしたいな、と思っていたわたしですが
ボート部の先輩はとても話しやすいし
雰囲気にも惹かれて入部していました。

OBさんとボートの話をしていると、入部して漕いでる時のしんどくて楽しい記憶が蘇ってきました。

同時にいまマネージャーとして
やりがいや目標もなく、何もできない自分を内省していました。

わたしは何をやってるんだろう。
何のために東京まで来たんだろう。

紅橈会新年会ではみなさんの前で話す機会がありました。しかし、きっとそんな迷いが現れていたのでしょう。
2次会であるOBさんに「パッションが感じられなかった」と言われました。
その方も元漕手であり、元マネージャーでした。3年のとき漕手降りることになって悔しくて、それでも部に貢献したくて、最後の1年は資金集めに捧げたそうです。たくさん熱い話をしてくださいました。
何もない自分を見つめ直すきっかけを与えてくださり、それだけで行った意味がありました。ほんとうにありがとうございました。

また、もう1つOBさんと話していて思ったのはボート部の現状を知らなすぎる!ということです。
漕手はいま目標に向かって具体的にどんな練習をしているの?目標とのギャップは?マネージャーはどんなことをしているの?課題は?みんなが困っていることは?そんなこともパッと出てこないでボート部にいたらダメだ….と思いました。
わたしからすると、ボート部はすごく頑張っている人の集団です。超人だらけです。そのことに誇りを持っているのにボート部はこんな現状で、今これだけ頑張っている人がいるんだ、ということを伝え切れなかったことを後悔しています。

今回の関西でのOB訪問では、ボート部の現状を熱意を持って伝えたいです。
ぜひみなさんも自分たちに誇りを持って、どうやって勝ちたいか勝たせたいかという熱い想いをOBさんにぶつけてみてください。

……とはいえ、マネージャーになって、同期がたくさん辞めて空いてしまっていた役職に入っただけのわたしです。今年は資金チーフのサポートをしているだけで、自分だけの誇りなんてまだまだありません。
しかし先を見据えればわたしがするべきことはたくさんあります。次回の東京遠征では、私の意識を変えてくださったOBさん達に、ボート部全体の頑張りだけでなく、自分が何に力を入れてきたか、どうやって漕手を勝たせたいと思っているか、自信を持って話せたら最高です。それをモチベーションにこの1年頑張っていきます。

まずはこれからのOB訪問、みんなで頑張りましょう。関西在住のOBの方々もお忙しい中恐れ入りますが、ご協力よろしくお願い致します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.