FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

脱!優柔不断

ボートの日誌

いきなりですが、私は今まで自分の性格が真面目で、それが良いところだと思っていました。

小中高は無遅刻無欠席の皆勤賞だったし、課題として出されたものは必ず提出していました。
内申点もよく、先生の気にいるようないい子ちゃんでした。(自分で言うのもなんですが笑)

人の言うことをよく聞いて、あまり人に逆らわず、自分意見を言わない「従順」な性格でした。


悪く言い換えれば、自分のブレない考えを持っていない、「優柔不断」でした。
人の言っていること全部にたしかにそうだなあ、と思って言われるがままに流されてきました。


しかし、最近このままではいけないと思い始めました。

きっかけは新歓に向けて動き出したことです。


2回生が主導になる新歓で私は「会計」と「パンフレット」と「企画運営」の3つの担当になりました。

会計では、
“今年から新しく考えた、新入生のごはんの奢り代や有料版公式ライン、ビンゴの景品は限られた予算の中で本当に必要なのか、去年の実績からどう予算を作成すればいいのか”

パンフレットでは、
“全力疾漕というコンセプトの元、どのようにデザインすればスタイリッシュに、カッコよく仕上がるのか”

企画運営では、
“新歓の服装をスーツにするのか、ジャージorウィンドブレーカーと私服にするのかのメリットデメリットについて”

例を挙げればキリがありませんが、自分なりに考えて意見し、話し合い、行動する必要がだいぶ増えました。


役職として担当させてもらってる会計でもそう。

毎年会計がやっていることを教えてもらって、その通りにすることに私は何の疑問も持たずやってきました。

ある先輩に、「会計はやることは決まってるけど、自分なりに何かして今の状況を変えることができたら”名会計”になれるんじゃない?変えれることはまだまだあるんじゃない?」と言われました。


その時ハッとしました。

それまでの私は部費がシーズン中に回収しきれないこと、お金の無駄遣いがあること等、反省として毎年挙げられていることに対して、そういうものだからしょうがないのではないか、と半分諦めのような気持ちになり、自分なりに考えて行動することがあまり出来ていませんでした。

部員みんなの大切なお金を預かっている。
その意識が足りていませんでした。ごめんなさい。
しょうがないという考え方はやめ、どう改善すればいいのかについてこれから考えていきたいです。いや、考えます。


新歓の準備も本格化し、私はいよいよ3回生になってしまいます。

優柔不断で頼りない先輩にはなりたくない。
揺るぎのない考えを持ち、しっかりと真のある先輩になれるよう、自ら考え行動します。

みなさん見ていてください!
そしてもし、なよなよしてたら注意してやってください!笑



拙い文章読んでいただきありがとうございました。


2回生マネージャー 土田奈緒

スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.