FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

時には昔の話を

ボートの日誌

みなさん、こんにちは。八瀬です。

機械工シリーズ第3弾であり最終回。最終回を飾るは中嶌なんですけど、書くことが何もないです。正確には多事漕論に書けるようなことがない。
「デコにデコのタトゥーいれる話」とか「からあげとたくあんの感動誕生秘話」とかあるんですけど内輪ネタ甚だしいのでやめとこう…

というわけで、先月の関東OBOGさん訪問のことを書こうかな。

1月18日~21日の4日間、部の現状を報告するために関東のOBOGさんを訪問して参りました。
正直最初はあまり気のりしていませんでした。ごめんなさい。
でも、今では行ってよかったなと思っています、本当ですよ。

3日目の晩にとある年代の方々にご飯をごちそうになりました。
そこでは当時の色んな話が飛び出してくるわけです。
同じクルーだったときの話。厳しかった先輩の話。TT中に川崎橋付近で野○ソしてるおっさんがいた話などなど。
当時の様子をまるで昨日のことのようにゲラゲラ笑いながら話す皆さんの様子は大学生に戻っており、生き生きとしていました。しかも何がすごいかって結構詳細なことまで覚えてるんですよね。俺が何番に座ってて、あいつが何番みたいな。数十年前のことをですよ!?
それってとても素敵なことだと思いませんか?僕はその話を聞いてなぜか感涙しそうになってしまいました。野○ソの話で泣きそうになるなんて酷く滑稽で水に流したくなりましたよ。野○ソなんで流れないですけど。これが言いたかっただけです。

冗談はさておき、ボート部の魅力ってそこだと思うんです。毎日毎日、親よりも一緒の時間を共有している部員とは知らぬ間に、陳腐な言い方だけど、思い出ができているんでしょうね。新歓では伝えることが出来ない魅力。引退しないと実感できない魅力。これに気づくのはまだまだ先なんだろうなぁ。とても楽しみです。

もしかすると50歳のおっさんになった中嶌と昔のように「デコにデコのタトゥー」の話をする日が来るかもしれない。来るかな。来たらいいな、なんて。
数年に1回は機械工で飲みにいこう。そうしよう。


奇跡的に中嶌の話に持って行けました。やりました。
話を繫げた僕の頑張りも知らずに、中嶌は横で口を大きくあけながら電車に揺られて寝ています。

おつかれさま。
そろそろ起きろよ、桜ノ宮やぞ。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.