FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

お餅はきな粉が1番美味しい

ボートの日誌

初漕ぎに使った餅つきセットがお家に戻ってきました!
道具を祖母の家から拝借しただけの僕ですが、皆が楽しんでくれたようでとても嬉しく思っております。
前日から準備してくれた皆さん、本当にありがとうございました。(僕はその間握手会に行っていました)

3回生の中嶌です。

遂に本格的に就活しなければ!と焦りを感じております。
そこで先日、体育会系の学生の就活を支援してくださるスポナビの方とお話をさせてもらいました。
まだ全く就きたい業種も決まっていないということを相談した時、じゃあどういう会社で働きたい?と聞かれました。僕はその答えは持っていました。

それは社員同士の人間関係が良さそうな会社です。業種はその次なのかな、と。
(お金が欲しいとは言わなかった)

なんかざっくりし過ぎてるというか幼稚な考えだと自分でも思いますが、こういう仕事が自分に合いそう!楽しそう!とかは自分の想像に過ぎません。合わないと決めつけた仕事もいざやってみれば楽しいかもしれませんし、その逆も十分にあり得るでしょう。
結局社内の人間関係が良いところで毎日楽しく働ければ、そこでする仕事も楽しく、自分に合っているのだと感じるようになるんでしょう。僕はそう思います。

そうは言いつつも最近やりたいことが少しづつ定まってきた感じはしていますが笑

同席してくださった、スポナビの内定者の先輩は就活の終盤で僕と同じ考えに至ったらしく、気付くのが遅かったことを後悔したと話してくれました。何故そういう考えに至ったのかと聞かれましたが、その答えも簡単です。

ボート部を選んだ理由と同じだからです。
新歓でボートを漕いでみた時はいまいちボート競技そのものの魅力は分からなくて正直面白いと思わなかったです。
しかし僕はボート部の先輩の人の良さ、面白さに惹かれて入部を決断しました。

たいぺいさんと歩さんによる、ボート部員とそうじゃない普通の大学生が面接を受けた時の面接官の反応の違い、という寸劇を見せられた(笑)ことを今でも覚えています。大学の体育会系の部活で、学年の違う2人がこんなにも仲良くしているのか、と驚いたことも覚えています。
一緒に行った友達もそのことをまだ覚えているらしくビックリしました(笑)

入った僕だけじゃなく、入らなかった友人にもボート部員の仲の良さというのは強く印象に残っているんです。それほど人間関係の良い組織を選んで入れたことを過去の自分に感謝です。

センター試験も終わってそろそろ新入生が入って来ますが、あまりかしこまらなくても普段のありのままな姿をそのまま見せられれば自然と人も集まってくるんじゃないかと思います。楽観的過ぎるでしょうか?笑

自分にとって最後の後輩がもうすぐ入ってくるのかと思うと、早くもワクワクしております!最後くらいは可愛げのある後輩が欲しいです。笑


長々と書いておいてアレなんですが、話のオチが思い浮かばなかったのでこのへんで...

読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.