FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

今になって気が付いたこと

ボートの日誌

こんにちは。
主将の安東です。


今回の多事漕論は、最近、あらゆる面においてとても重要なことに気がついたので、そのことについて綴ってみたいと思います。


僕が気がついた重要なことは

「弱さのシェア」

です。


大抵の人は
何かをしてうまくいかない時、
心の中で、
なぜうまくいかなかったのか?なぜ自分はできないのか?できている人と自分の違いは何なのか?
などと考えることが多くあるのではないかと思います。


僕自身も、何かで失敗した時、結果が出ない時には必ず自問自答し原因を探り、次何をすればいいのかを考えます。

しかし、多くの場合、明確な答えが見つからず悩みながら考え続けることがほとんどです。

すぐに明確な答えが見つかるようではそもそも悩む段階に至りませんから、当然なことではあるのですが、
悩み考え続けた末に辿り着くのは、自分の弱さであることが多い気がします。

では、その弱さとは何なのか?
弱さというのは、何かの問題や失敗をきっかけにして生まれてくるものだと、僕は思っています。

失敗から生まれてきた故に、人は自分の弱さに向き合うことを嫌います。
自分の弱いところばかり考えていると気持ちがしんどくなってきて、絶対に考えたくなくなるはずです。
常日頃から自分の弱いところばかり考えしまい、気分が下がってしまう人や
何かに失敗してどうしてもモチベーションが上がらない人には是非やってほしいこと。


弱さのシェア!!


ただ、自分の弱点はなになにです。
と話すのではなく、自分が今感じている気持ちや思っていることをシェアすると、自然と自分の弱さに向き合うことができ、同じ失敗を起こさないためにどうするべきかが見えてくるはずです。


偉そうにこんな感じに綴ってみましたが、
実は、僕も最近結果が思うように出ないことからモチベーションが上がらないことがありました。
そんな時に、信頼する同期の2人が声をかけてくれて、色々話を聞いてくれました。
弱さを見せることが悪いことだと思っていましたが、実はそんなことはなくて、
あまり言いたくない自分の弱さをありのままに話すことで、お互いがどう思っているのか本音を知ることができ、より信頼できる関係を築けたと感じています。


弱さをシェアすることが、自分自身の成長に繋がるだけでなく、人と人との関係や結束力を強めてくれます。

昔よく喧嘩した友達ほど長く付き合いがあるのは、その時にお互いの弱いところを見せ合っていたからこそなのかなと考えると納得できる部分があります。
ボート部でも1回生の時よく喧嘩していたけど何故かすごく仲良くしてる部員がいるのも、よく考えると実は凄く素敵なことだったりします笑


以上より僕は弱さをシェアすることが重要であると感じました。


冬を超えるとオンシーズンがやってきます。
厳しいレースをみんなで戦い抜いていける為にも、
部員同士で弱さを見せ合うことで、より強く結ばれたチームになっていけたらいいなと思います。



P.S.
前回の多事漕論に、刺激的な出会いをしたいと書きました。
あれから、僕が心から尊敬できる方にお会いすることができ、改めて人との出会いの素晴らしさを感じました。
自分から行動を起こして、興味があれば出会いに行く姿勢でこれからも素敵な方々と出逢えたらいいなと思います。
スポンサーサイト



 

コメント

影ながら応援しています。
頑張れ、とは言いません。
一緒に高みを目指していきましょう。

2018.01.19    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.