FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

COXになれていたのか

ボートの日誌

今年も終わりに近づき、だいぶ肌寒くなってきました。体調を崩しやすいので、お体には気をつけてください。


さて、この時期恒例(?)のCOXの話をしようと思います。

先日の加古川で1回生の楠本がCOXに転向することになり、自分は先輩COXとして、指導にあたる必要が生まれてきました。

楠本にCOXに関して教えようとした際、自分が曖昧で中身の薄い内容しか教えられず、自分が如何にCOXとして未熟であるかということを痛感しました。


これまで僕は自分の艇を速く進めるために、漕手にどのように上達してもらうか、どうしたらもっとモチベーション高く練習できるかというように、漕手中心で考えていました。

その結果、周りの漕手のことだけしか考えておらず、自分の成長は止まっていました。
自分でCOXの力を磨こうとしなかったからです。


このままでは、シーズンに入って結果を残すことができないばかりか、対校COXになることすら危ういと考えました。



そこで、漕手と同じように、COXの自分の課題を見つめ直しました。
体重が軽すぎる、コールを噛んでしまう、蛇行する、漕手の気持ちがわかっていない、分析が不十分、、、たくさんあります。

それぞれの項目において、インカレまでの年間計画を立てました。これが全てクリアできれば、自分は対校COXとしてインカレ最終日を達成できるということです。
これにより、自分がやるべきことがはっきりと見えてきました。


今の取り組みの1つとして、漕手と同じエルゴメニューを実施することにしました。
目的は、自分が漕手の気持ちを理解し、漕手との信頼関係を構築することです。
信頼関係がなければ、自分がどれだけ指示を出しても、漕手がそれを聞き入れてくれないからです。
この取り組みはすでに実施していますが、目的以外にも様々なことが見えてきて、やって良かったと感じています。

これからは、自分がCOXの力を鍛えることで、艇速を向上させていきます。
また、僕が成長することで、2人の1回生COXの指導役としてのレベルアップも図っていきます。


次の照準は、マシンロー大会です。
漕手、COX、マネージャー、トレーナー、部員全員が成長して、必ず目標達成します。

三回生 主舵 戸川 直樹
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.