FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

2000m

ボートの日誌



ボート競技はテニスやサッカー、水泳などとは違い、直線の2000mであり、自転車や車で自分が移動して追いかけなければレースの一部始終を見ることはできません。
けれど、その2000mの間ずっと選手は戦っています。

今回の加古川レガッタでは、わたしは船台係として、ずっと船台のあるゴール付近から応援していました。
ゴールには一番ドラマがあるように感じます。ぶっちぎりでゴールするクルー、奮闘したけれど負けてしまいゴール後うなだれるクルー、最後まで競りながらゴールに向かうクルー、様々です。
今回の加古川レガッタの決勝で、女子ダブルのさくらがゴール直前で1位だった他艇をさした瞬間は鳥肌がたちました。

インカレの時はサポートのために自転車を使わせてもらい、ほぼ全てのクルーの試合の一部始終を、追いかけながら応援しました。それぞれの2000m、見られてよかったと心から思います。

漕手を降りてから、自分が漕いでいたときよりもずっと、ボートってかっこいい、と思うようになりました。水の上を滑るように、かつ力強く進んでいく姿は本当に綺麗だなと感じます。
選手の人たちはボートを漕いでいることにもっと自信をもっていいと思います。

そんなボートをこれからも側で見ていたい。けれど、与えてもらうだけではなく、きちんと返していかなければなりませんね。
これから冬モーションに突入しますが、選手が満足のいくパフォーマンスができるよう、最大限のサポートをしていきます。

拙い文章ではありますが、お付き合いいただきありがとうございました。


みなさん、加古川レガッタおつかれさまでした。
応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

2回生トレーナー 永井 明日香
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.