FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

栄光への一秒

ボートの日誌

こんばんは。

前主将の梅田光太郎です。
2ヶ月前のインカレで漕手として節目を迎えました。
昨シーズンは、昨日ブログを更新してくれた同期の中川とは違いサクセスストーリーなんてものは無く、本当に苦しい1年間でした。

ただ、全く何も得るものが無かったというわけではなく、結果が出ない中でも私自身成長できるきっかけを得ることもできました。

そんなことを言いつつもやはり、悔しい。悔しい。悔しい。悔しい。悔しすぎる。

悔しい思いが募るばかりでした。

そんな時に、「加古川レガッタの新人エイトの上回生として乗って欲しい」と頼まれました。
自分としても、このモヤモヤした思いをどうにか晴らしたい、そして昨シーズン味わった屈辱を2度と後輩たちに味わってほしくない。そんな思いから、心改めもう一度水上に出ることにしました。

そしていざ、新シーズンが始まり1回生たちとの練習が始まると、教えることの難しさをとことん感じました。
自分のイメージだけを伝えても100%伝わるわけではなく、また、言い方伝え方も変えたり試行錯誤の日々でした。
何か考える際にも、ただ答えを先に言ってしまうことは時間的には効率がいいですが、それは本人たちにとって本当に良いことなのだろうか、ヒントを与えつつ最終的に自分で答えを掴み取った方が絶対身に付くはずなんじゃないか。しかし時間には限りがある。どうしよう。
そんなこんなで葛藤しながら練習を重ねてきました。

どうしても私が味わった屈辱を経験してほしくなく、時に1回生にイライラをぶつけてしまったり、雰囲気を悪くさせてしまったこともありました。

また、怪我人病人が発生し、計画通りに練習をすることができない期間もありました。しかし、そうやって右往左往しながらもなんとか、なんとかここまで来ることができました。


フィジカル的にもテクニック的にもメンタル的にも、彼ら1回生は本当に強くなりました。最高の後輩たちです。


さて、加古川レガッタ本番。

予選、準決勝では1位通過し、見事決勝進出することができました。

遂に優勝を狙う土俵に立つことができたのです。


明日は決勝。
今まで大阪市立大学は新人エイトで優勝したことがありません。
今年こそ、歴史に名を刻む時です。


市大再興のために、優勝を掴みとるために、そしてなにより今この一瞬を精一杯楽しむために、ゴールの笛がなるまで漕ぎ続けます。


みなさん、応援よろしくお願いします。


前主将 梅田光太郎


P.S.
アジアのインドアローイング選手権に日本代表として参加のため、再来週マレーシアに参ります。
ボートではなくエルゴですが、こちらの方も応援していただければ幸いです。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.