FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

3年先

ボートの日誌

3回生漕手の中嶌です。

夏休みが終わり学校が始まりました。辛いです。2回生と同じ授業をいくつか受けていますが、やはり1人で受ける授業は辛いです。眠気に勝てません。

と、そんな僕ですが気付けば3回生!最上回生です。普段の艇庫内に敬語を使うべき人が前主将の梅田さんしかいません!お気楽なものです。(それまでもそんなに気を使っていたわけではないですが笑)
引退までもう1年を切ったのかと思うと気が早いですが何だか寂しい気持ちです。

ところで、皆さんは「3年先の稽古」という言葉を聞いたことはありますか?僕は火ノ丸相撲という漫画で初めてこの言葉を知りました。とても良い漫画なので一度読んでみてください。僕は1度電車内でこの漫画を読んで号泣してしまいすごく恥ずかしい思いをしました。
宣伝はここまでにして、この言葉は実力は短時間で簡単に身につくものではないから目先の結果にとらわれず3年先の自分の目標に向かって今するべきことをする、という意味の相撲用語らしいです。
確かに大相撲力士のような大きな体を作るには3年ぐらいかかりそうですよね笑
ですがこの言葉は相撲だけじゃなく、色んなことに当てはまる言葉だと思います、勿論ボートにも。
自分達の代になってからエルゴのベストを大幅に更新した先輩もいるそうです。

新シーズンになり、1回生と一緒に練習する機会が増えました。今年の1回生はとにかくアツイ。暑苦しいぐらいです。いつも元気をもらってます。
冬はエルゴとの戦いです。ウェイトで体作りもしないといけません。正直しんどいです。アツイ1回生達でも心が折れることが多々あると思います。ですがそこで少し踏ん張れれば絶対に3年後、自分達の代になった時に今とは見違えるような自分になっていると思います。折れそうになった時は「3年先の稽古」この言葉を思い出してみてください。

この冬が終わった時、僕は入部した時の僕から見れば「3年先の自分」です。入部してから今までかなりしんどい練習をしてきました。その成果を最後に出せるか出せないかはこの冬にかかっていると思います。不安なことはたくさんありますが悩んでる時間も勿体ないです。最後の冬、絶対にやり抜いてみせます。
まずは加古川!そしてエルゴを制する!単位もとる!色々ありますがやることはシンプルに1つ、毎日練習するだけです。

僕の拙文ではあまり伝わらないかもしれないのでよく分からなかった人はとりあえず火ノ丸相撲を読んでください!笑

すごい雑なまとめ方ですがこれで終わりです笑。ありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.