FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

熱くて温かい場所ボート部

ボートの日誌

こんにちは。2回生漕手の藤尾です。
最近、朝晩は涼しく秋の訪れを感じる毎日です。

この間家の本棚を整理していると去年の新人練の時に書いていた練習ノートが見つかりました。去年の自分がどんな事を考えながら練習していたのか思い出せて面白いなと感じました。当時の自分はただ純粋に前向きにボートを漕いでいたことを思い出しました。

2回生に上がってから練習の日々の中で同期たちが着実に力をつけたり、与えられた仕事をしっかりこなしているにもかかわらず、私は半年以上もエルゴ値を更新できず、出させてもらった試合では勝てず「一体自分は何をしているのだろう?」と思った事がありました。練習後にエルゴを引いたりしたこともありました。しかし、なかなか上手くいかず、現実と理想のギャップが浮き彫りになり、練習に向かう足取りは次第に重くなっていきました。天満橋駅から艇庫に向かう途中で桜ノ宮公園内のベンチに座り、ひたすら自問自答を繰り返したこともありました。「自分は部活に行ってもいいのか。」「練習させてもらってもいいのか。」毎日毎日そんな事ばかり考えていました。遂には「部活から消えてしまいたい。」「すべて投げ出してしまいたい。」と思うようになりました。
しかし、私は他の人に自分の考えを打ち明けることはしませんでした。「自分の事は自分だけで解決できる、どうせ誰も私の事を分かってくれないだろう。」と思っていたからです。ひたすら自分の殻に閉じ籠り、ひたすら悩み続け、それでも自分の納得できる答えは出ず、気持ちが前向きになることもありませんでした。
そんなある日、何人かの同期や先輩から私を気遣うLINEが来ました。先輩にも「大丈夫か?」と直接尋ねられたこともありました。その時、私は自分がとても傲慢な考えをしていることを思い知らされました。周りの人たちの支えがあって今の自分がある事に気付きました。そして、自分が思っている事を初めて打ち明けることができました。周りの人に相談することで心が軽くなり、徐々に前向きな気持ちになりました。周りには自分が思ってる以上に自分の事を考えてくれる人がいるという事に気付きました。自分の周りには絶えず自分の事を心配したり、認めてくれる人がたくさんいるという事も痛感しました。苦しい時に相談に乗ったり、力になってくれる人が身近にいることを知りました。温かい言葉を掛けて下さったり、見守って下さる先輩や同期に感謝の気持ちで一杯です。そんな人との繋がりがあるボート部が私は改めて好きになりました。とある先輩が言っていた「ボート部は熱くて温かい場所。」という言葉の本当の意味がようやく理解できました。
先日シーズン終わりのオフが明け、いつも通りのハードな練習が続く日々に戻りました。真摯に練習に取り組み、いつかこの自分が受けた優しさを誰かに返すことができるように頑張っていきたいと思います。
加古川レガッタではシングルで出漕させていただきます。よろしくお願いします。


拙いかつ、長文ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/oqoMA7
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2017.09.28  あゆ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.