FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

よかったら皆さんのこたえも教えてください!

ボートの日誌



こんばんは!3回生漕手の廣内映美です。
新入生もだいぶ艇庫の雰囲気に馴染んで来たのではないでしょうか。フレッシュな彼らが眩しい限りです。

突然ですが…
皆さんにとってボートとは何ですか?
"ボート部"ではなくて競技そのものです。
この答えは間違いなく十人十色でしょう。

今ではボート競技にすごく魅力を感じている私ですが、正直にいうと1回生のときはボートではなくてボート部に魅せられて入った節があります。

そんな私にとってボートとは、"片思いの産物"です。

まず、スポーツの才があってそれで生きていける人ってどれくらいいるんでしょうか?
ほんの一握りの人たちではないでしょうか。
もしかしたら私達では一生かかっても届かないようなものをもっているのかも。
でも私は勝利の女神ってきっとどこかにいると思います。じゃあそんな勝利の女神が絶対振り向いてくれる、報われることが約束された努力ってこの世にあるのかな。
うーん……あるのかもしれないけど無さそう。
突き詰めればスポーツって順位のつく相対的なものだから。
自分を超える努力を相手はしてるかもしれない…あらゆる努力をもあざ笑う才能の壁があるかも…そんなジレンマの繰り返しで終わりそうです。
「じゃあこんなもんでいっか!」という話がしたいのじゃないです。
実力が同じようなレベル同士、もしくは格上の相手との勝負において、運も含めて相手よりも勝るような、勝利の女神が少しだけこっちを見てくれる瞬間はあるかもしれない。なのにそもそも諦めちゃうなんて勿体無い。勝利の女神がちょっとだけでも笑ってくれるチャンスを掴むために日々練習を積んでいるではないでしょうか。


H29卒 田中健太先輩の『カタオモイ』
http://ocurc.blog47.fc2.com/blog-date-20150519.html
なんとなく感じていたことがユーモラスにお話されているお気に入りの多事漕論のひとつです。
私もボートのことがいつのまにか好きになっちゃいました。
私にはまだまだ自分の変化を恐れない気持ちが足りないかな。私もめげずにアタックし続けてみよう。



さてさて次は…私がお嫁さんにしたい人No.1
3回生の森にお願いしたいと思います!
ありがとうございました!
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.