FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

止まった時計

ボートの日誌

こんばんは!2回生の伊藤友紀子です。12月21日(水)は冬至です。日の出が7:01、日の入が16:51、だそうです。ここ最近は朝練も晩練も日が昇っていない時間帯にやっているということになりますね(笑)。

去年のちょうど今頃、冬季の朝練の準備運動のときの気持ちを思い出すと、少ししんどくなります。

4:30に起きて寒い部屋で練習着に着替えて、1階に降りて、寒そうに身を縮めている先輩の背中を見ながら市民用の野球場を一周走って、薄暗く木が生い茂っているところで円になって体を動かして、目に入るのはいつも、時間が止まってしまっている野球場の時計…。去年の冬季練習期間を思い出すと、いつも頭をよぎるのがこの時計です。現在は私はここで準備運動しなくなったのでしばらく目にしていませんが…。この時計は野球場の内側と外側の両方に時計盤があるのですが、内側は動いているのに外側は止まっています。時計盤のバックライトはぼんやりとした明かりしかついていなくて、たしか、5:20くらいを指したままそれっきり止まってしまっています。当時の冬の平日の朝の練習は、エルゴを80分〜100分くらい引き続ける、集中力が必要とされますが単調で、ただなんか肉体的にも精神的にも疲れる練習でした。毎週同じことを繰り返し、繰り返し…。止まった時計のような生活だと、暗い気持ちで考えていました。

今はどんな時間帯に何分引いていても楽しいですよ。なんででしょう。私以外の皆さんも私と一緒に頑張っているって心から思えたから?去年は、頑張っている他の人の頑張りと私の頑張りが同じ方向を向いている気がしないというか、孤独感というか孤立感というかそんなものがあった気がします。

去年の冬季練習期間は単調な日々だったのでそんなに思い出せないのですが、培われた体力として今の自分に受け継がれていますし、そこで養われた忍耐力はあらゆる場面で生かせています。

どんな練習でも自分のためにならないものはない、必ずどこかで生きてくると、最近思うようになりました。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.