FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

自分とは

ボートの日誌


こんにちは、1回生の上田です。
ボート部に入ってたかが半年、されどこの半年間で色々なことがあり、振り返ればあっという間に感じます。
文章力がなく日本語がかなり下手ですが、今思ってることを書こうと思います。

10月に入り学校がはじまり、途端に忙しくなった気がします。
早起きするのも、入部当初は無理かと思っていたのですが意外と慣れてくるもんなんだなと感じてます。
ですが、いくら朝起きるのは慣れても、練習の大変さには慣れません。
耐えれないんじゃないかと思うほどキツイ日もあります。
そんな練習も、みんなで盛り上げてやれば少しは楽しく感じれて乗り切れてます。
練習がしんどい時にふと思い出すことがあります。
それは、こないだの浜寺杯(自分はエイトの3番に乗ってました)での2位でゴールした瞬間です。
あの時に身体中がゾクゾクしたのを今でも覚えています。
今まで頑張ってきた練習の成果が出たんだ、頑張ってきてよかったんだと思いました。
つまり勝つ喜びを知ってしまったんです。
その時のことはいつまでも忘れることができずずっと残っています。
そんなことを思いながら日々練習してきました。

話は変わりますが、最近よく自分は何しに大学に来てるのかと考えることがあります。
受験生のころに寝る食う除いてほぼすべてを勉強に費やしていた頃を懐かしく感じます。
大学生になって楽しみなことや、やりたいことなどをクラスメート達と話してワクワクしてたのを思い出します。
そこまでして入学した大学で自分は何をしているのだろうか。
勉強しにきたはずの大学。
しかし想像と違う大学生もたくさんいる。
その中でボートに注ぎ込む自分がいる。
自分のやりたいことは何なのか。
やるべきことは何なのか。
やりたいことをやって自分は何を失っているのか。
得るものだけあって何も失わないなんて都合の良い話は無いとは思います。
自分はボート部のために何をすれば一番貢献できるのか。
どうすれば自分が納得しつつ、かつ他人、またはボート部のためにもなるのか。
これからの人生で嫌なことはたくさんあると思います。
でもそういう時こそ別の見方で考えてみると意外と解決策があったりすると思っています。
自分も人なので意思や感情があり、またある意味普通の大学生でもあるので、部活をするのに自分なりに納得できるようなメリットや具体的に頑張れる理由を考えないといけないと思います。
いろいろとありましたが、これからをより良くするため、楽しく過ごすためにもしっかり考えて行動していこうと思います。

長くなりましたが、読んで頂いてありがとうございました。
スポンサーサイト



 

コメント

社会人になった今(といっても3年目のペーペー)、
大学生の皆さんに送れる言葉があるとすれば、
思う存分自分が信じる道を追い求め、突き進むべし。
そこで得た自信と経験は、これからの人生に起こる困難を乗り越えるための糧になる。

2016.10.31  ひらの  編集

ひらのさんコメントありがとうございます。
今の自分はこれからの人生に何らかの形で影響してくると思います。
自分の信じる道を進み、たくさんの経験をしていきたいと思います。

2016.11.07  上田  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.