FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

2016 SEASON

ボートの日誌



こんにちは。


2016年度、ボート部126年目の主将を務めてきました松井亮介です。



指導陣と話し合った結果、今シーズンはインカレで区切りをつけることとなり、9月いっぱいで代替わりします。







少し時間が経ちましたが、

9/22〜25にかけて行なわれた
第43回全日本大学選手権。






先に申しますと、
結果は、男子はエイトで7位でした。

女子については、先日女子主将の馬場が報告していますので、そちらをご覧いただきたいです。





私が主将になってから、いや、昨年のインカレで負けた時から、この大会を目指してやってきました。

というのも、私自身インカレで勝ったことがない。

大阪市立大学としても、男子エイトとなると
近年はずっと敗者復活戦敗退。
準決勝まで進んだのはおよそ30年前と存じます(間違えてたらすみません)。



私は、2年生の時から対校エイトに乗り、尊敬する先輩方とともにインカレエイト決勝を目指して練習してきました。

しかし、結果はいずれも敗者復活戦敗退。

1年前のインカレ直後は、
自信があっただけに特に大きな壁を感じて

「今年で負けたら来年どうやったら勝てるのだろうか」

と不安でいっぱいでした。



しかし、
みんなで改めて足りていないところを洗い出し、1つ1つ潰していったこと、
全日本選手権や、桜ノ宮でのタイムトライアルで少しずつ自信がついてきたこと、




徐々にインカレで勝つビジョンが見えてくるようになりました。






もちろん、それ以上に不安や失敗は重ねていました。



「主将なんだから、自分が仕切って自分が引っ張っていこう」

最初はそんな風に思い、1人で全てしようとして、暴れ回っていました。

それがうまくいかず、コーチ陣とコミュニケーションが取れなかった時には
「自分には実力がない」と落胆し、
引きずることが多かった。

そんな時にスパッとコミュニケーションをとる優秀な同期には、本当に嫉妬した。

11月〜2月くらいは特にひどかった。

今思うと本当に馬鹿らしいですね。

自分のできることすら把握していないなんて。
ほんと自己中心的だなと思います。


しかし、こういう時には、
前主将の原田さん
名誉主将の兼三さん
が私に声をかけてくださり、飲みに行ったりして相談に乗っていただきました。

それで、考えを整理して、修正していくことができました。


先輩には頼りっぱなしです。
私達が最上級生なのに、結局最後まで導かれる形となりました。
本当に、本当に感謝しかありません。


思えば、1年生の時から、自分達では何もできていないんですよね。

1年生時の加古川の3個上の先輩方
2年生,3年生時のエイトの先輩方
もちろん、エイト以外でもたくさんの先輩と一緒に練習してきました。

この人達がインカレ決勝という夢を見て、
この人達と共に練習し、
私達を導いてくれたから、

ここまでくることができた。

選手の先輩だけではなく、
マネージャーの皆さんの支えも当然、無くてはならない存在でした。


この人達と一緒に勝ち取ったと言っても過言ではありません。








少し長くなりましたが、
こうして試行錯誤しながら(インカレ直前まで、ほんとに色々問題がありました…長くなるので割愛します)、
インカレを終えました。





過去2年はレース後、悔し涙を流していた。

今年のインカレ最終日、
レース後に泣くことはなく、むしろ笑っていられた。
他のメンバーにも笑顔が見られた。
(何人かは泣いてもいたけど。。)


悔しさは残りながらも、4日間、最後まで戦い続けれたこと。
最後まで挑んだ結果だったから、やりきれない気持ちは残っていなかったのだと思います。


この時初めて感じた。
笑って終えられることがどんなに幸せなことだろうか。




最後にして最高の瞬間でした。







「昨年以上に目に見える結果を出す」

私が主将になった当時に皆さんの前でずっと口にしてきた言葉です。


結果だけを見ると、それを果たすことができました。

しかし、私は主将でありながら
「チームの一員でしかない」です。


一人では、何もできない。

チームだから、できた。


チームの力で、大阪市立大ボート部グループの力で成果を上げることができた。


それをちょっぴり理解できて、
ここにいた、ボート部にいた時間を噛みしめ、嬉しく思いました。




本当に、恵みに恵まれた一年間でした。

新艇を買っていただき、

125周年パーティーも開いていただき、

年々イベントごとに参加してくださる方々が増え、

関西選手権前には大阪で激励会を開いていただき、

インカレ時の東京での激励会ではOB・OGさんに約40名も集まっていただき、


手厚い指導をしてくださる指導陣がいて、


一緒にひたむきに頑張れる仲間がいた。





最後に改めてですが、


ほんと熱心に指導くださる監督、コーチ
いつもそばで応援してくださるOB,OGの方々、大学関係者、ご父兄の皆様
そして
何でもついていきたくなる素晴らしい先輩
いつも期待以上に頑張ってくれる後輩
優秀すぎて、仲が良すぎる同期のみんな





本当にありがとうございました!!!!














まだもう1つだけ。


まだここがゴールではありません。
今までの文章だと、かなり満足したかの文章ですが、
今年の目標である「インカレ決勝」には届きませんでした。

このことには満足していないですし、今後も目指すべきところです。



大阪市立大学ボート部はまだまだ強くなります。
ここをゴールにしたくないし、してほしくない。


私自身、主体となる身ではなくなりましたが、力添えできることは山ほどあるので、
もっともっと頑張っていきたいと思います。



まずは、今年11月の全日本選手権。

私と、2016年度副将の渡邊は
舵手付きフォアの漕手として出場します。

2017年度シーズンの良いスタートを切れるよう、全力で挑みます!!

応援よろしくお願いします!





以上です。
ご精読ありがとうございました。






大阪市立大学ボート部
2016年度 主将
松井亮介
スポンサーサイト



 

コメント

いつも多事漕論拝読させていただいております。
インカレとても感動しました。同じ地方の大学ですが戸田の私立大を倒して活躍する姿はカッコいいです。
全日本でも活躍期待しております。

2016.10.08  ボート好きのフォトグラファー  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.