FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

ボートの日誌

こんにちは
3回生 木下です。

9月も半ばになり、朝夕は涼しくめっきり過ごしやすくなりましたね!

先日の全日本選手権において、男子つきフォア種目で準優勝という
歴史的大快挙が自分のことのように嬉しいです。
しっかり母にテレビ放送のことを伝えておきました!

ところで僕はというと、8月で漕手を降りて今年度はマネージャーとして
漕艇部をサポートすることになりました。

このマネージャーの多い部活で自分の存在感を出していくために
自分の漕手経験を生かして、
自分のできること、得意なことで部に貢献していこうと考えています。



その一環としてストロークコーチを作ってみました。
ストロークコーチとは艇上でストロークレートを計測できるスグレモノです。

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は1年半ほど前に
製作して、9割5分完成したところで放置していたものをこのたび完成させてみました。

ストロークコーチ市場はNielsen-Kellerman社の独占市場なわけですが、
競合社がいないのでとても高価で、もっとも安価な種類で24000円ほどします。
そんなにポンポン買えるものじゃないんですね…

今回製作してみたSC1号機はレート表示のみなのですが、2000円ほどでできました。
陸上で試験してみると6回に1回は変な数字が出るのですが、まあ許容範囲かな…と思って、
3回生末吉のシングルで実験してみたのですが・・・
sc



表示がばらつき安定せず実用には耐えませんでした。
残念。


しかし、、ここであきらめることなく、将来木下製のSCが世界を席巻する日を夢見て
2号機の製作にに取り組みます。

次回に乞うご期待くださいませ!
スポンサーサイト



 

コメント

この素晴らしいものづくり精神、陰ながら応援します 笑

GPSがつく、その日まで 笑

2015.09.16  ひらの  編集

ストローク毎に数値変化させずに、3ストローク毎に平均とるとかやれば多少は安定しませんかね?

2015.09.16  RORO  編集

センサー?

大変興味深い内容ですね
センサーは何を使っているのでしょうか?
次回製作楽しみにしています

2015.09.19  傍観者  編集

ひらのさん

コメントありがとうございます!!
ご期待に添えるよう日々努力です!

ROROさん

コメントありがとうございます!!

確かにその方法もありますね。
試してみます!!

SCの挙動を観察すると急に78とかありえない数字が出たりするので、
安定しない原因はチャッタリングかノイズかなと思います…

また次回ありましたらアドバイスお願いします!!

傍観者さん

コメントありがとうございます!!

センサーはいまどきアナログですが、リードスイッチ(磁化した電極に磁石を近づけることによって開閉するスイッチ)を使用しています。

このスイッチを蓋付近に、磁石をシートに接着してみました。

次回製作もがんばります!



2015.09.22  3回生 木下  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.