FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

勉強モーション 2回吉坂

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。2回生漕手の吉坂です。

今週からテスト期間なのですが、直前にタチの悪いウィルスをもらって寝込んでしまっていたため、今のところ全てのテストを当日の勉強のみで間に合わせています。大変ですね。

従来のテスト期間はテスト前日をオフにして家で勉強するという制度でしたが、今シーズン男子ローは基本的に通常通りのメニューでテスト当日の朝は練習組と同じように起きて艇庫で勉強するというシステムを採用しています。

最初聞いたときはかなり勉強の時間が圧迫されるなと感じたのですが、実際やってみるとわりと良い制度かもしれないと思い始めました。私のような勉強をサボる人間なら、家でやるよりも確実に勉強できるからです。4:30起床して勉強するので時間も多く確保できます。

春休みに入ると2000ttののち合宿があったりボート漬けの日々になると思うので、このテスト期間しっかり勉強して乗り切ろうと思います。
スポンサーサイト



 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは 二回生の白川です。

今日からテスト期間が始まりましたね。
テスト期間だからと言って夜更かしや徹夜しすぎると体調を崩してしまうのでテストと夜更かしのバランスをうまく取らないと行けないですね。無理しすぎない程度に頑張ります!

コロナウィルスは中国で今爆発的に流行っていて、日本でも1人、2人発症しているのでみなさん気をつけましょう!

ではテスト勉強に戻ります。

 

お買い物上手になりましょう

ボートの日誌CM(0) TB(0)




いよいよ明日からテスト期間ですね。
後期になって、死ぬほど寒い朝から
眠い目を擦りながら練習して
学校に行ったと思ったらまた帰ってきて練習して、、、

本当にお疲れ様でした、、、。

私は暑さはあまり気にならない方なので、
冬のほうが何事も辛くなりやすいです。
だからこんな時期に部活も勉強も頑張ってるボート部の人達は本当にすごいなという気持ちでいっぱいです。

時間に追われる日々だとは思いますが、
テスト期間が終わったらしっかり自分を褒めて労ってあげて下さいね。






最近目にした買い物の仕方についての言葉で

「購入を迷うのが、値段のせいなら買え。
 購入するのが、値段のためなら買うな。」


という言葉に感動しました。

わかりやすくいうと、
今購入を迷っているものが、値段が少し高いせいなら迷わず買いなさい。
今購入しようとしているものが、値段が安いという理由なら買うのを辞めなさい。

ということです!


確かに考えてみれば、値段が少し高くても
買ってみて後悔したものってそんなにないな…
逆に安いから買っちゃえ!と思って買ったものって大事にできないしあとから不満が出るものもあったな…
と思いました。

なので、今後買い物をするときはぜひ参考にしていきたいです。

まあ自己破産するほど高価なものを買うのは
オススメデキマセンガ、、、





で、ここから考えたのですが
この言葉は何かを始める、辞める時にも応用できるのではないかと、、、!


「始めるのを迷う理由が、時間・リスク・しんどさならやれ。
始めようとする理由が、ノーリスク・楽さならやめろ。」



と置き換えることってそんなに無理はなくないですか?



広報活動をしていて思うのですが、

もし私が一回生の時、割く時間の多さや体力的なしんどさを恐れてボート部に入っていなかったら
Twitterとか学校のポスターで目につくボート部の人たちの頑張る姿を見てカッコよくて羨ましくて後悔していたような気がします。


インキャだ何だ言うけれど、客観的にレンズを通して見れば
何度も言うようですがやっぱりすごくみんなイケイケイケメンズとウィメンです。


こんなかっこいいチームの一員であることを誇りに思うし、
ここに飛び込む選択をできて良かったな〜としみじみ思っちゃう今日この頃です。
もしかすると、一回生の私は買い物の法則知ってたんですかね?!


ということで、今年で最後の新歓なので
買い物の法則を布教しながらボート部の未来を担う期待の新人たちのゲットに向けて頑張りたいと思います!🌸
(戦力外通告は受け付けます!)




それではテスト勉強頑張りましょう!( ‘-‘ )ง✧


三回生 千馬










 

自己管理能力 3回生伊地知

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。3回生漕手の伊地知です。明日からテスト期間ですね。僕はテストが1つしかないので万全な対策でテストに向かえそうです。皆さんもフル単を目指して、テスト週間を乗り越えましょう!




さて、最近、テストが近づいて普段あまりしない(?)勉強をしているせいか、体調不良者が増えてきました。「練習が終わったらor外から帰ってきたら手洗い・うがいをする」や「毎日の5分掃除をする」とこれまで皆さんに言ってきましたが、ちゃんとできていますか?



一度、体調不良になってしまうと元の状態に戻すことすらとても時間をとても要するのにベストを出す状態に持っていくにはどれだけ時間がかかるかは頭の良い皆さんは分かりますよね??



部活と勉強の両立でとても大変なこの時期は免疫力が下がってしまいます。だからこそ、手洗い・うがい、掃除などの徹底をもう一度行いましょう!!



僕も再度、気を引き締めて皆さんに口酸っぱく言いたいと思うので皆さんもお願いします!!

当たり前のことを当たり前にできる人間になりましょう!

 

このまま突っ走れ!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

このタイミングで担当が回ってくるということは、きっと先日の東京訪問について部員のみんなにお土産話でもしろと多事漕論係が言ってるんだろうな〜と勝手に解釈して今回のタイトルを決めました。笑

1/17〜19の3日間、私は資金チームの1員として東京でたくさんのOBさんにお会いしてきました。

普段ボート部で活動していると、特に漕手は生活の大部分がボート、艇庫暮らしという狭いコミュニティ、そうしているうちに自分の視野まで狭まってしまうのではないかと思うほど、部活がすべてという人が多いと思います。
そんな中で、少しでも部外の人と関わる機会を作りたい、そして部活のことでいっぱいいっぱいになっている自分を客観的に見つめ直し、視野を広げられたらいいなと思って数ある役職の中から資金を選びました。

今回の東京訪問のようにその機会を頂けることが資金チームの強みでありメリットなわけですが、それをチーム内の活動で終わらせるのではなく部に還元する、OBさんとの交流を通して思ったこと感じたことOBさんからのメッセージを現役の皆さんに発信する、これが資金チームの使命だと思って3日間活動してきました。

OBさんというのは、(当たり前ですが)私たちと同じ艇庫生活を経験した上で、ひと足もふた足も早く社会に出られている方々です。現役が思っているであろう「毎日ボートばっかしててええんかな」も「インターンもボランティアもやる暇ないけど就活いけるんかな」も「もう怪我で1年も漕いでない自分おる意味あるんかな」も「部活上手く回ってるんか分からんどうしよう」も全部経験されています。

そんな、艇庫生活酸いも甘いも知り尽くした皆様の、「社会」というものを何年も経験したのち大学生活を振り返った時の貴重なご意見を超!超!超!完結にまとめると、上のタイトルのようになります。

「今は不安でしょう?でも何も考えずに4年間ボートだけやってて大丈夫、僕らOBがそれを証明してるから」

「こうやって現役の訪問を受け入れようと思うのは、やっぱりボート部のおかげで今の自分があるからなんだよね」

OBさんたちが仰るには、ボート部での4年間は、
アツい大学生活をくれて、卒業後もワクワクさせてくれる後輩をくれて、何十年経っても同窓会したり年賀状のやり取りをする仲間をくれて、子育てや仕事が落ち着いた頃に「久々にやろっかな?」と思える趣味をくれて、もっと言えば
フツーの大学生活を送る人に比べればしんどいことも辛いこともいっぱいあるけど、それさえみんなの血となり肉となり、社会に出てからは他の人と違うキラッと光る個性となり更にはチャンスを掴み取る力になるよ!!!!だから安心して4年間やり切ってね!!!
だそうですよ皆さん!!!!

こんな有難い温かい励ましのお言葉を毎日毎日耳にできて本当に幸せな東京訪問でございました!!😭

最後に、私が最近ハッとさせられた言葉で締めたいと思います。
(ある大学の入学式祝辞の冒頭部分です)

『あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったことを忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。』

OBさんに限らずですが、日々私たちの活動を支え、応援し、励ましてくださる方々のことを忘れずに、4年間振り返らず突っ走っていきましょう!!




p.s.
超〜長くなりますので元気な方だけお読みください。

帰阪するため新幹線の列に並んでいた時、後輩2人は1回生漕手の退部を知ったようでした。

あまりのショックに「この3日間のこと全部飛んだ…このタイミングで2人も辞めるなら東京来るんじゃなかった、マシンロー行きたかった」と落ち込む2人を前に何も言えず、ふと同期のある男子ローの顔が浮かびました。

彼とは2回生内で組んでいる「エルゴのペア」というやつで(もう多事漕論ではお馴染みのあれです)、1年間健やかなる時も病める時も、エルゴの話2割・怪我の話5割・その他の話3割くらいのLINEを続けてきました。
すごく後輩から慕われている、もはや同期より後輩と仲良いのでは?と思ってしまう彼なんですが、長い期間怪我に苦しんでいまして、ある時ついに「漕手降りようと思う」と相談されてしまいました。えらいこっちゃ!と思い引き留めるもあまり響かず、降りる方向で話が進んで行き、、結局どうなったと思います?
「迷った結果もうしばらく漕ぎます
1年生の影響はやっぱ大きいな笑笑」
でした。笑 いやいや、あんなに引き留めたのに漕手続ける理由1回生かーい!と思わずツッコミそうになりましたね。それくらい後輩を愛してやまない彼なので、今回のことでさぞ落ち込んでいるだろうと、気付けば手がエルゴのLINEグループを開き文字を打っていました。

人それぞれ事情があるんだと頭では分かっていますが、やはり仲間が減るのは悲しいものです。

私は彼が漕手を続ける理由を聞いた時、まだ入部して2ヶ月ちょっとの新入生に全部持ってかれたのか…と自分の無力さに虚しくなりましたが、それでも相談はしてもらえましたし、引き留めさせてくれました。
そんな機会も与えられないまま結論だけLINEで告げられたら、、と思うと、もう1回生2人を何と慰めればいいか分からなくなりました。

応援・支援してくれる周りの人を大切にするのはもちろんですが、近くにいる仲間のこと、もっと頼りにしていいんじゃないかなと新幹線の中で思ったのでした。

 

ボート+バイト+ゼミ+???=◇◇◇ 三回生 杉崎

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お疲れ様です。三回生の杉崎です。


最近、就活を始めました。

説明会は12月半ばくらいにはじめて行きました。しかし、その時は全くやる気なくただ話を聞いてるだけでした。自分の興味あるところの説明会を聴いたのは、先週がはじめてです。

エントリーなど、様々な就活のことに対しては無知で、もう少し始めるのが遅かったら手遅れになるところでした。(就活始まる前は、先輩のコネでとある会社に就活せずに入れると大きな勘違いをしていました。)

それ故に同期に遅れを取ってしまっています。他のみんなは12月ごろには色々考えて、どこに行きたいとかを決めててとても焦っていました。

皆さんは何になりたいですか?

小学生に聞くみたいな質問ですね。でも、それに答えられないと、就活は厳しいです。逆にそれさえわかっていれば、後はそれにあった企業を選ぶ(もしくは自分で立ち上げる)だけです。

しかし、それが自分にはわかりませんでした。

正直、部活(6.5割)、アルバイト(3割)、ゼミ(0.5割)の3つのみで自分の大学生活が.異常ですが絶妙なバランス構成されていたので、このままこの生活が続けばいいと思っていました。

しかし、大学は来年には卒業です。ボート部生活ともお別れの時間が刻一刻と迫っています。就活は避けては通れない道です。やるしかないのです。



こうして、本格的に就活を始めたのですが、いざ始めてみると意外と楽しいです。企業の話を聞いていると、部活などで応用出来そうなアイデアなどがたくさん聞けます。その一方で、元々行きたいと何も考えずに言っていた企業の説明を聞いて、あまり行きたくなくなってしまったこともありましたが、、、。

様々な企業の話やセミナーの話を聞いているうちに、全てを網羅したとは程遠いですが、やりたいことや、それに見合った企業が見つかりました。

ぶっちゃけて言うと、某メガバンク(◇◇◇)に興味があります。色々銀行がある中で、今まで大学でやってきたこと(部活(cox、分析)、アルバイト(チームワーク、忍耐力)ゼミ(分析))全て生かされ、さらに伸ばすことが出来ると思ったからです。

公表すればやらなければならなくなるので、敢えて言いました。自分には会社を選ぶ権利がありますが、逆に企業も人を選ぶ権利があります。ただ、上っ面だけ合わせるのではなく、選ばれるに相応しい人材になれるように、日々取り組んでいこうと思います。

 

笑顔

ボートの日誌CM(0) TB(0)




漕手の皆さんに質問、
ボート漕ぐのは楽しいですか⁇

自分の答えは「あんまり楽しくない」です。

以前、楽しくないからという理由で辞める寸前まで行きましたが、今はそれでも続けたいと思っています。


理由は2つ。

1つ目はボート楽しいなって思えるようになりたいから。

人によるかもですが、うまく漕げたら楽しいし、エルゴでベストでたら嬉しいし、ボートも勝負事やから試合で勝てたら楽しいと思います。

でも今の自分見た時に怪我が多いのもありますが、エルゴの2000ttでベスト出したんって1年以上前やし、漕ぐの下手やし、何よりボート初めてから敗復以外の試合で殆ど勝ったことないんですよね。 

ボート楽しい楽しくない思う前にそこが判断できるとこまで自分はいってないと思うんで、とりあえず努力して上手くなって強くなるしかないと思っています。

相変わらずエルゴ中に上体力入るのと左右均等に押すのができなくて、おれエルゴに嫌われてる気がする、という意味わからん愚痴をこぼしたりしてますが…笑


2つ目は目標があるから。

これは去年の浜寺杯出て負けた時にたてたやつです。

元々は去年のこの試合を最後にやめるつもりやったんで、最後は絶対勝とうって思ってたんですけど、結局は目標のメダルに全然届かず負けました。

絶対メダル取ろうって一緒に乗った1年と言ってて、1年のマネにも絶対メダル取るって言ってたのに負けて悔しくてしょうがなくて1年は泣いてないのに1人でめっちゃ泣いてました笑

その時のこと考えたら、あ〜やらなってなるし、その悔しさがあるから今がんばれてるからまあいい経験したんかな〜とは思います。


以上が自分が部活を続ける理由です。


今年の抱負は「誰よりも楽しく」です。
上手くなって強くなって、試合に勝って、ボートで楽しい思いいっぱいしたいって気持ちを込めて。
しんどいことが殆どだと思いますが。


まあこれで引退まで結局ボート楽しくなくて続けんかったらよかったーって後悔するようなことがあったら、そのときはそのときです笑

まあなんやかんやいい仲間に恵まれてるし後悔はしないだろうと思ってたりはします笑



最近1回生が2人辞めてすごい寂しいですが、これ以上は誰も抜けることなくみんなで進んでいきたいと思います。

辞めた2人もおれらに負けないぐらい自分のやりたいこと頑張って、そして大学生活を楽しんでくれるはずです笑


読みにくい文章ですみません、最後まで読んでいただきありがとうございました。



p.s.
長くなったついでに余談笑


2回生にはマネさんとエルゴのこととかLINEで話すペア制度がありまして(未だに続けてる人おるんかな笑)、最近はボート部のこととか色々喋ってます。

そこで自分が言った今年の目標は「LINEの文章を短くする」でした笑

まあLINE内ではそんなふざけた目標立てたりもしてますが、辞めようとした時期とかのしんどい時も支えてくれたほんとに頼りになるペア制度のマネさんです。

他にも今SSSの担当でめっちゃコメントしてくれるマネさんとか(おかげで食生活変えようという努力をするようになりました笑)、授業で出席とかで困った時に助けてくれる同学部のマネさんとか普段から頼りにしてるし感謝してるマネさんがいてくれてます。

親やOBさんも含めて、そういう自分らを支えてくれる人らの為にも、感謝の気持ちは結果を残して示したいと思います。

書いてて思った3つ目の理由でした笑

終わり

 

ビブリア

ボートの日誌CM(0) TB(0)

前回、僕の多事漕論を読んでか知らずか、本を下さった人がいて、とてもいい誕生日になりました。ありがとうございます。
今回は、その中でもオススメの本について話したいと思います。

・『メモの魔力』(著:前田裕二)
メモを「第2の脳」として活用する。個の時代においては「オタク」が最強。「タコわさ理論」。シャワー中にアイデアが浮かぶ理由。

・『科学的に正しい筋トレ』(著:庵野拓将)
セット間の休憩は「2分以上」。筋トレの前にストレッチをしてはいけない。最高の摂取タイミングは筋トレ後の「24時間」。脳をハックせよ!

・『常勝集団のプリンシプル』(著:岩出雅之)
「モチベーション3.0」の世界。大学日本一よりも大切なこと。組織文化の大敵は惰性。おもしろおかしく。

どうです?気になったでしょ?ぜひ読んで見てください。

 

『My dreams』 2回生 加藤

ボートの日誌CM(0) TB(0)




久しぶりにこの前、推しのライブに行きました。


私の推しの所属する団体の
初めての単独ドームライブ。


今までに経験したことない

大きな“ドーム”というステージで

5万5千人の観客を前に美しく振る舞う私の推しは

どの世界のアイドルより輝いていました。


こんな景色を、ファンにみせてくれてありがとう

ファンに、たくさんの感動を与えてくれてありがとう

心の底から何度もそう思った。




しかし彼らはラストの曲の前に、


私たちにこう言いました



この景色を見させてくれて、ありがとう

あなた達がいたから、ここに来ることが出来た

ここまで連れてきてくれて、本当にありがとう、と




この言葉を聞いてハッとさせられました。




私たちは彼らに夢と希望を与えてもらっていた分、

私たちの応援も彼らに夢と希望を与えていた


私たちの応援は、ただの応援じゃなかった、と




ファンとして、彼らをここまで導いたと

胸を張って言っていいんですよ



すごいいい関係じゃないですか。











 


今年の9月、この市大ボート部があの場所で

大勝利を掴み取った時


私たちマネージャーがいたから、勝てたんだと

言って貰えるように


私たちがいたからここまで来れたんだと

胸を張ってそう言えるように



残りの約7ヶ月、

さらに気を引き締めて全力で選手をサポートしていきたいです。



とりあえず、まず私に出来ることは

新歓リーダーとして

目の前の新歓で勝利を納め

冬モーション明けの試合へいいスタートを切らすこと






ぶっつけ本番、なんとなくする新勧なんて

“日本一”の団体がすることじゃない





入ってくれそうな新入生を待つだけの新勧なんて嫌だ


この子に、市大ボート部に入りたいと思わせたい


この人たちと、一緒に強くなりたい、勝ちたい!


と思わせたい


絶対振り向かせる








“みんな”で新勧



今の市大ボート部なら出来る気がします。


いやもう出来始めてる



一人一人が主戦力



頑張ろうね、みんなで


たっくさん、市大ボート部の魅力、強み伝えていこうね




みんな、かっこよすぎ
















私が頑張れるのはみんながいるからです。

いつも話を聞いたり、相談乗ってくれてありがとう


















最後に、ライブの最後の曲で

私が1番大好きな歌の詩を

紹介して終わりたいと思います。








「My dreams」



果てしなく続く航海、今日も積み重なる後悔

掴めるものなんて何もない

けどあなたがいるから


今日も僕は歌ってる




何にもうまくいかない日々、前が滲んで見えなくても

でも希望に縋りついて

何度でも立ち上がるんだ










夢に向かって一歩一歩

明日なんて考えられなくて

今を生きるのに精一杯なんだ


悔しい想いが道を作って

流した涙が道固めて

また歩いていくんだよ  















約束するよ、あの場所に連れていくから
















果てしなく続く航海、一緒に進んでいこう


今日も積み重なる後悔、けど貴方がいるから






My dreams Our dreams

My dreams Our dreams









2回生 マネージャー 新人勧誘チーフ
かとうすずか

title:

『My dreams 』→ 『Our dreams』

 

そういえば… 熊倉

ボートの日誌CM(0) TB(0)

 中学生の頃、友達に「10年、毎日10分何かを続けると、その続けたことの達人になるらしいよ!」と教えてもらったことがあります。
 私は割と単純なので、10分ならできそう!と考え、言われた次の日の朝から書道を始めました。書道は、書いてる時は楽しいですが、準備と片付けがとても面倒です。結果、2カ月くらいで終わりました…。

 書道を断念してからも、走る、食べたものを記録する、スペイン語の勉強をするなどなど、続けるをモットーに色々試してきました。しかし、どれも長くとも半年くらいで自然消滅…。続けるのが難しいから、続けたものだけが達人になれるのだなぁと身にしみました。

 ただ、気づいた人もいるかと思いますが、この毎日10分理論でいくと、ほぼ全員がご飯を食べること、寝ること、息をすること、歩くことの達人であると結論付けることができます。生きる上で欠かせないことに関しては皆んなが達人ですね!確かに、これらのことは無意識のうちにこなせます。

 毎年、1月になると1年の始まりなので、新しい事を始めて達人になろう!!と意気込むのですが、今年はまだ何をするか決めてません…。徐々に節目を大切に思う心がなくなってきてるのかなと思います。歳をとるごとに1年が短く感じるといいますが、その兆しを感じています…。
 
 「生活をする」ことを楽しむには、生きる上での活動を日々、大切にしなければなりません。
 というわけで、極めたいことを定めて、チャレンジしていこうと思います!!燃えますね!

 

でもが揃えば開く扉があればいいが、ねーよそんなドア!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

昨日は成人の人でしたね!
新成人のみなさん、おめでとうございます〜

街中の振袖姿の人をみて
「もっかい成人式したい!」と叫びました笑

成人式というか、振袖が着たい!
早く誰か結婚してくれ!!笑




さて、もうすぐマシンローイング大会ですね!

あんなさっむい体育館に行って
異常に盛り上げてくるMCを聞くのも今年で最後。

そう思うとなんだか名残惜しい…なんてこともないですけども。



漕手のみなさんは、マシンローに向けてエルゴ漬けの日々ですね。

地味でしんどい練習が続きますが、それをちゃんと続けれた人が強いのかなと思います。



私は、漫画や小説が大好きなんですが、
「三月のライオン」がとても好きです。

その中のめちゃくちゃ刺さったセリフをご紹介します。

三月のライオンは将棋の棋士のお話です。
天才棋士桐山零くんとほかの棋士たちやその周りの人たちの物語。

15巻で登場する、「元天才」の通称あずにゃん。

彼は高校生で棋士になり、当時は天才と呼ばれていた棋士だったけれど、すぐ後に零くんが棋士になったことで天才ではなくなる。

それでも僕は将棋で勝ちたい!という、大変熱く、少し?変わっている棋士です。


そんな彼と零くんの対局でのセリフです。







人は情熱を失うとせっかちになる。

次から次へと成果が欲しくなり近道を探し始めるが、最短距離はみんなが通りたい道だから、ぎゅうぎゅうな上、みんなが持っているものしか落ちていない。

それを投げ合ってもなかなか勝負がつかず、しかも近道を選びがちで歩いていないので基礎体力が落ちており、ますますもっとお得な道を探したくなる。

神様、僕は!野蛮なままでいたい!

お得なルートばかり探して少しずつ弱くなるより

道なき道に突っ込んで、何度も迷って転んで泣き喚く。

そんな勇気と体力をなくしたくない!

そして、あいつ必死すぎwwと笑ってたヤツに

とれたてのワケのわからないモノ、ぶつけてやりたい!








長いですね笑


あずにゃんの魅力は
考えすぎて自分の世界に入り込む姿。


ちなみに上のセリフは

対局中に集中しすぎてあずにゃんワールドに沈んでいき

結果、現実世界では服を脱いでいた、と笑。


集中脱衣、らしいです笑。





市大が日本一になるためには

お得ルートでいいのでしょうか?



みんなが持ってるものを投げつけて

試合相手に勝てるのでしょうか?



情熱を失っていませんか?

基礎体力、弱くなっていませんか?

泣き喚く勇気を持っていますか?



冬モーションはそれを問われる期間です。



まずはマシンロー

あずにゃんもびっくりな、野蛮で情熱のある市大を見せつけにいきましょう!!




ちなみにタイトルは
零くんの高校の先生、林先生です。



「でも」が100個揃えば開く扉があればいいが、はっきり言ってねーよそんなドア!

でも、じゃねー!!




3回 横山

 

大人になること、夢を見つけること 2回生 瀬野

ボートの日誌CM(0) TB(0)

突然ですが、今日は何の日でしょうか!!!!

そうです。成人の日です!!
本当は違う話を書くつもりだったんですけど、せっかくイベントの日に当たったので、それは次回書こうと思います。


この3連休は各地で同窓会、成人式のラッシュでしたね。私は同窓会が3月なので今日しかおめかししませんでしたが、朝早くに起きて3時間かけて着付けして写真撮ってヘトヘトになりながら成人式へ…というそれはそれはハードなスケジュールでした。
成人式がこんなに体力勝負だったとは...



でもしばらく顔を見なかった同級生にいっぱい会えてとても嬉しかったです。

髪の毛を染めたとか、化粧がうまくなったとかじゃなくて、
みんな雰囲気が大人っぽくなってました。
それは卒業してからの2年でたくさんのことを経験し、勉強してるだけじゃ分からないことも学んだからだと思います。


そしてマネージャーの何人かもやりたいことを見つけたみたいですね。
何ヶ月も会えなくなるのは寂しいですが、
夢に全力をかけたいと思えるだけで才能だと思うし、やるからには悔いのないよう頑張ってほしいです。


それに比べて自分は毎日能天気に過ごし過ぎじゃないか…?と情けなくなるときもあります。
でもこういうのって無理やり作っても意味がないので、部活を最優先にしながら将来やりたいことも探していこうと思います。


とりあえずの目標は21歳までに車の免許を取ることです!
第一段階のみきわめで4回も落ちて、
「受からせてあげたいんだけど、今のままじゃちょっとね...」と教官に苦笑いされた私ですが、最近は右折をよく褒められます!
次の加古川で運転手として活躍する気満々なので、皆さん私の助手席に乗れる日を楽しみにしててください!


それではこのへんで!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

















 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

明けましておめでとうございます。お正月は高校の友達とあったり、家でゴロゴロテレビを見たり、去年は勉強大変だったなーとか思ったりして、何にも追われることなく過ごせたので、とてもいい休暇になりました。

ですが今週から学校が始まり、また学校に行き勉強しクラブをして疲れ果てて寝る生活が戻ってきました。もうすぐ期末テストも始まるということで、忙しい日々を送っているんですが、最近自分の語彙力の無さに危機感を感じ、移動時間や暇な時にことわざや故事成語などの意味や由来を調べて見るということをしています。意味があるのか分からないけど

それをしているうちに日本語の表現って結構面白いなーと思い、それに結構時間使っちゃって、ますます学校の勉強が出来ていないですが、中でも記憶に残った故事成語を紹介したいと思います。

塞翁が馬、幸せや不幸せは予測できないこと、人生、どんな展開を見せるか分からないのだということを教えてくれる言葉です。

由来は
国境のとりでの近くに、運命判断など占いの術に長けた老人の一家がありました。ある日飼っていた馬がなぜか突然国境の外、胡人(北方の異民族)の住むあたりに逃げていってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は
「今度のことは福を呼び込んでくれるかもしれんよ」と言います。
それから何か月かして、この逃げた馬がなんと胡人の飼っている立派な馬を何頭か引き連れて戻ってきました。人々がまたやってきて「良かった良かった」と祝福すると老人は
「これは災いをもたらすかもしれんよ」と言います。
この老人の家では良馬をたくさん飼っていたのですが、ある日老人の息子が馬から落ち足の骨を折ってしまいました。人々が見舞いにやってくるとこの老人は
「今度のことは良いことかもしれんよ」と言います。それから一年が過ぎ、胡人が大挙して国境を越えて侵入してきたので、体の頑健な男子はみな兵隊にとられてしまいました。彼らの多くはこの国境のあたりで戦死しましたが、老人の息子は足を悪くしていたため徴兵を免れ、親子ともども命拾いしたということです。

上の文章はあるサイトのコピペです。ありがとうございます。

今まで、受験、クラブでの怪我、バイトのとこなど色々失敗をしてきたけど、ポジティブに考えることで、その失敗によっていいことが起きるんじゃないかなって思える気がします。。多分大阪市立大学に行っていなかったらボート部には出会えていなかったでしょう。人生何があるかわからないですね。

ちなみに「多事漕論」について、まず、「多事争論」という言葉があって、意味はたくさんの人が様々な議論を戦わせること、「多事」はたくさんの事柄、「争論」は議論を戦わせることだそうです。争→漕になっているので争わずにボートについて、色んな人が日々の考えや意見を綴るという意味でしょう。自分の予想ですけど。よくできている言葉だなあと思います。

自分が多事漕論を書くのは少しめんどくさいなーと思ったりしますけど、皆さんの多事漕論を読むのは面白くて好きです。

長々と書いてしまいましたが、お読み頂きありがとうございました。

1回生池田

 

ちょっとした工夫

ボートの日誌CM(0) TB(0)

もう年も明け冬休みも終わり通常の練習が始まりましたね〜、僕はここからの練習で大事にしていきたいなと思ったことについて話そうかなとおもいます。


 僕は12月にはいってすぐくらいですかね、左足に違和感とか痺れとかが出てきてずっと悩んでました。正直その時は今まで何も問題なくやってきていたので原因もわからず、練習も痺れとかある分しんどい上に結果も出しにくくて気持ち的に結構やられてました。


 左足に関しては今はもうあまり気にならなくなったんですけど、そうなるまでに周りの人たちの手厚い対応はもちろん大いにあるのですが、人任せばっかりにしてはいけないともともと結構エルゴとか乗艇の動画はよくみる方なんですけどより注意深く見たり考えたりするようになりました。


 フォームをかえたりあれやこれやと左足の症状改善のため練習してたある時、いつもだったら途中でまともにできないようになるところができるようになったんですよね、でも変えたところはほんのちょっとしたことでした。練習をまともにこなせるのとこなせないのは大きく違います。このちょっとしたことが結果を大きく変えることがあるかもって思ったことが、ちょっとした工夫に目を向けるようになったきっかけです。


 僕のその時のちょっとした工夫というのは見てもわからない感覚的なところのことだったで、そこが大事だと思ってみるとエルゴや乗艇動画の見え方も今までより良い方に変わったんじゃないかなと思います。


 そして以前、一回生同士で自分の部においての役割について話し合うことがありました。現時点では役割なんてものがある存在ではないと思ったので、これからこうなりたいとその場では誰よりも頭使って練習してフォームなどの見本になれるような漕手になると発言しました。


 この言葉が嘘にならないようにこれからの練習ではちょっとしたことでも気をつけて、エルゴのタイムをがんがん結果出したり乗艇技術を身につけていきます!

一回生 香川

 

大人 一回生 野田

ボートの日誌CM(0) TB(0)


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。一回生トレーナーの野田です。

つい先日まで年越しで賑わっていたのに、いつのまにか年が明けて日常が戻ってきました…ダラダラ過ごしていた感じが名残惜しくてなんだか寂しい今日この頃です。
とはいっても、1ヶ月頑張ればすぐ春休みなのでそこまでは頑張ります。

春休み…いつの間にか入学して1年がたとうとしています。この1年は1回生という肩書きに甘えていたわけですが、今年はそうもいきません。新入生が入ってきて先輩になってしまうわけです。ちゃんとした先輩になれるかな…

最近思うんですが、家族であれ友達であれ恋人であれ尊敬し合える関係って結構大切ですね。私は尊敬されるようなモノを持っているのかな…と考えています。昔から私は期限を守るのが苦手で、やりたくない事は後回しにしてしまうダラしない人間です。優先順位をつけるのが下手でつめが甘い。あとは…口先だけとも親からよく言われてました。直そうと思ってもなかなか直りません。こう言ったことがちゃんと出来ている人は賢くて大人だなと本当に尊敬しています。

こういった自分の悪い部分と今のうちにちゃんと向き合って直して、尊敬されるような人になろうとおもいます。

 

『memory』 1回生川合

ボートの日誌CM(0) TB(0)

年が明けましたね。昨年頑張ったことといえば親知らずを2本抜いたことでしょうか(笑)抜いてない側の方を腫れてる?と言われることもありましたが、それは単にほっぺにお肉がついた説。。。


今回は最近思ったことを書こうと思います。

大きな出来事とか行事は記憶に残りやすく、また記憶の中から取り出しやすいと思います。でも、何気ない日常、ある時の状況、考えていたこと、辛いこと悲しいことは意外と奥の奥にあって、普段はもはや忘れた状態で頭に浮かぶことは少ないです。私が、それらを思い出す時の1つは、当時よく耳にしていた音楽を聞く時です。通学中に聴いてたものとか、店内に流れていたものとか。映画の主題歌だと、その映画を観に行った日にしたこと、ドラマの主題歌だったらそのドラマの話で盛り上がった日々、(高校の時の話になりますが)文化祭で使用された曲だったら、文化祭の準備の日々と当日の思い出。ある一定期間にリピートしてた曲は、聴いてた時期付近の状況とか、考えてたこととかが蘇ってきます。意識してるわけではないので、自然と思い出が詰め込まれているんだと思います。もちろん、楽しい思い出ばかりではありませんが(笑)

昨年は新生活のスタートということもあり、たくさんの思い出が詰め込まれたなと思います。まだ大学生になったばっかりじゃんと言いたくなるほど、一瞬で過ぎ去っていってしまった1年ですが、すぐに思い出せる大きなイベント事以外にも、たくさんたくさんかけがえのない思い出ができたと思います。

2020年も大きい壁から小さい壁、楽しいこと、辛いこと、驚くことなど、たくさんのことが待ってると思います。大きい出来事はもちろんのこと、繰り返される毎日の中で新しい発見とか楽しいこととかたくさん見つけていきたいなと思います。

拙い文章ですが、ここまで読んでくださりありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

頑張るあなたは美しい 1回生大西

ボートの日誌CM(0) TB(0)

明けましておめでとうございます!もう2020年とはびっくりですね!もしタイトルが誰かと被ってたらすみません!

昨年は受験や入学などが色々あって、たくさんの方に助けていただいた年でした。特に部活の人たちにはとても助けられました!ありがとうございました!

突然ですが、私はとっても朝が弱くて寝るのが大好きです。赤ちゃんの時もずっと寝てたから夜泣きも全然なかったらしく…………
朝の弱さかけてはボート部で1位取れるんじゃないかな?とも思います!

部外の方々にとって、ボート部といえば4時半起きのイメージが強いのではないでしょうか?私も初めて聞いた時はぶったまげました。そんな部活があるのかと。
1週間のほとんどが4時半起きで、練習をして、授業に行って、課題もやって………って、ほんとにすごいですよね。私も朝並走のためにインをし始めてから身に染みて実感しました。

マネージャーという視点から見ると、
毎日きついメニューをこなす人、怪我をしていても復帰するために日々トレーニングに励む人、バイトとか勉強とかと両立してる人、自分に出来ることを一生懸命探して見つけた人、皆さんそれぞれ輝いていて、
そういう人たちに「エッセン美味しかった」とか「並走お疲れ様」とか言ってもらえるととっても幸せだなぁと思います。
たまに、自分はボート部に貢献できているのかな…?と思う時もありますが、なんというか、部員の方が頑張ってるのを見ると私もまだまだ頑張らなきゃと思えるので(早起きとか)、

残りの冬モーションも、みんなで乗り切りましょう〜〜〜


ちなみに今日は朝並走だったんですが、練習の時間だけピンポイントですごい雨&風でしたね……皆さん風邪引かないように気をつけて下さい!雨の中お疲れ様でした!

 

信念の挨拶

ボートの日誌CM(0) TB(0)

皆様明けましておめでとうございます。とうとう年末年始のオフも終わり今日からまた日本一に向けてスタートしました。細見くんが書いていましたが、初漕ぎ前に乗った同期だけでのエイトはとてもとても楽しく、提案してよかったなと思っております。


このオフで考えていたことがあります。
皆様は理想のリーダー像とは何でしょうか。

シンプルに強い人。人望がある人。仕事ができる人。視野が広い人。言葉に説得力がある人。などおそらく色々な要素があると思います。その中で、自分のリーダー像というのは人望があり圧倒的に実力がある人。そして、その人望は実力から来るものだと思っていました。つまり、一言で言うと


速くない奴の言うことは聞いてもらえない。


です。なので、エルゴで数値が出れば自分にも自信が持てきちんと「主将」をしていたと思います。ただ数値が落ち込んだ時、私は「主将」ではなかった。「一人の部員」でした。私は「一人の部員」であるけれども「主将」です。そこを完全に忘れていました。個人のことを考え周りを見れていなかった。それは私のリーダー像が間違っていたからかもしれません。これまで速い人がチームを率いていました。それ故に自然と確立していったのでしょう。もちろん遅いのに口だけの人はリーダーには向いていない。でも、遅いけど努力をして周りを巻き込める人はリーダーに向いています。

それに気づいた時何か苦しかった気持ちが楽になりました。
結果を求めること。これはすごく大切です。ここをぶらすと努力してきたことを評価してくれ。結果が全てじゃない。とかいうくさい青春ドラマに成り下がる。みんな努力してるんだから仲良く手を繋いでゴールしましょうなんていう現代の世の中になってしまう。
違う。
努力もして結果も得る。そして、私がやるべき努力は周りを強くすること。

2020年新しいリーダー像に向かってまだまだ成長していきます。

最後に皆様今年も変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

主将 喜寅

 

海開き

ボートの日誌CM(0) TB(0)

皆さんあけましておめでとうございます。
3回生の細見です。

今年はインカレ エイト 優勝を現実のものにすべく、新年からもう一度気を引き締め直し、チーム一丸で突っ走っていきます!

さて、本日は初漕ぎが開催されました。
自分は今年で3回目の初漕ぎでしたが、今までで一番多くの保護者の方々やOBの方々が来てくださり、華やかな雰囲気で終えることができました。
ありがとうございました。
これからもご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

そんな中、3回生男子は皆さんより一足早く初漕ぎを開催していました。朝6時起床で、同期9人でエイトに乗ったのですが、何気に同期全員でエイトに乗るのは初めてだったので、思い出に残る初漕ぎとなりました。あみだくじでストロークに決まった浅田主務のリズムが意外と良く、2年のブランクを感じさせない漕ぎで少し驚きました。

そんな楽しいことだけで終われば良かったのですか、そうはいきませんでした。
我らが山野副主将が船台でスマホを川に沈没させてました。新年大川初ダイブも虚しく、スマホは見つかりませんでした。
撮ったばかりの9人の思い出の写真もすぐに消えました。23時に大川が干潮なので、探しに行くそうです。
見つかればいいな!

 

乗艇 2回生石塚

ボートの日誌CM(0) TB(0)

あけましておめでとうございます。
2020年もすでに5日が経ちました。一日一日過ごしている時は長く感じていても、過ぎてしまえば短かったように感じることを不思議だなと思います。

今日行われた初漕ぎも終わり明日から練習が再開します。マシンロー大会までの二週間の間に自分のベストを超えていけるようにエルゴメニューにも気合が入りますが、個人的には乗艇がすごく楽しみです。オフだけでなく怪我をしたりで約50日艇に乗れておらず、ユーチューブなどでボートの動画を見ては乗りてえなと思ったりしていましたが、怪我も治り、明後日からいよいよ乗艇ができるのでわくわくします。
今年は楽しむ気持ちを忘れずにしつつ、全国に通用する技術を身につけるために頭使って練習していきます。

 

可能性を広げよう 一回生藤岡

ボートの日誌CM(0) TB(0)

部活で使っている運動靴を買い直しました。というのも前の靴は前側がパッコパコで靴下が顔を出してしまういわゆる孫悟空の靴と同じ状態で、、
彼は100メートル走を壊れた靴で走って11秒だったのですが、靴を直しただけで8秒5までタイムをあげました。自分も新しい靴にしたら!と思いましたがエルゴのタイムはたいして変わりませんでした。


あけましておめでとうございます!男子ロ一1回生藤岡です。2019年は大きく環境が変化し、ふわふわした落ち着きのない年のように感じました。一方で新たな生活へのスタートをいいものにできたという気持ちもあります。今年は勝手がわかり余裕も出てくると思うので、地盤を固め、チャレンジできる視野を広げるための準備をする段階だと思っています。


年末の2000ttは終わったから冬モーションは終わりというわけではないので、まだまだ続く冬を強くなり、底辺の自分からレベルアップしていきます。
年明け1発目の練習からいいスタート切ります!

 

2000%の2020年 1回生 今崎

ボートの日誌CM(0) TB(0)

明けましておめでとうございます🌅🎍⛩
旧年はいろいろなところで大変お世話になりました。
家を離れて約1年。正直なところ、寂しい!帰りたい!ぴえん!という気持ちになったのは1回や2回ではありません笑
それでも、ボート部が忙しくて責任重大で、何より楽しかったおかげで、元気に2020年を迎えることができました。
本当に本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!



新年ということで、今回の多事漕論には2020年の抱負を書こうと思います。
タイトル通り、『2000%の2020年』です!
現時点での自分を100%と定義し、何がなんでも2000%まで成長してみせる!!!ということです。

大切なことは2つです。
まずは後輩としての責任。
マネージャーには並走エッセン、役職チームなどたくさんの仕事がありますが、後輩としてそれら全てを受け継いでいく責任があります。今のところ、全然ぜんぜん先輩に追いつけてる気がしないですが、現状維持ではなく向上させることのできる強いマネージャーになりたいです。絶対なります。

それから先輩としての責任。
我ら1回生にも数ヶ月後には後輩ができるわけですが、わたしは中高では後輩=友達、みたいな部活だったので先輩力は皆無です。
もちろん仲良くもなります。それに、頼りがいのあるかっこいい先輩になるという野望もあります笑
しかし、マネージャーは人の命に関わる仕事もしているので、まずは教えるべきことはしっかり教えることのできる先輩にならなければなりません。先輩たちを見習ってがんばろうと思います!

わくわくの2020年です。
挑戦したいことも極めたいことも山ほどあります。2019年は充分すぎるほど充実していたので、越えてけるように楽しもうと思います!

 

一年の計は元旦にあり! 1回生 小山恵汰

ボートの日誌CM(0) TB(0)



まさか1月1日に多事漕論の担当になるとは、、笑
あけましておめでとうございます。1回生の小山です。

タイトルにも使ったんですが、「1年の計は元旦にあり」という言葉がありますね。1年間の計画は元旦に立てるべきだって意味なんですね。言葉は知ってたんですけど意味をちゃんと知ったのはさっきです。大学生にもなって常識なかったです笑

なので、僕も試しに1年間の計画を立ててみました!やってみると案外すぐ立てられるもんですよ。

最初は思いついた計画ぜんぶ書いてみたんですが、さすがに読むの疲れるわ!って自分でも思うくらい長くなりすぎたし、あんまり面白くないなって感じたので今回はいろいろ省略して最終的に行き着く予定の目標だけ書くことにします。結局タイトルと内容あんまり一致しないですけど。

僕は昨年いっぱいで漕手を引退して、今年からマネージャーとしてボート部に関わらせていただくことになりました。
マネージャーという立場になるのはこれまで19年間生きてきましたが初めてのことです。

前に、ある同期のマネージャーから「艇庫に行く日は少ないけど毎日何かしら部活の仕事やってるわ〜」って話を聞いたことがあって、まぁこの言葉からも想像できるようにたくさんやることがあるんでしょうね。その時は、当たり前のことだけど漕手だけじゃなくてマネージャーも大変なんだなぁ感謝しないとなぁって完全に他人事と思ってましたごめんなさい。いざ自分がその立場になると超不安です。
僕は要領が悪いから最初はやばいやばいって焦りまくって周りに迷惑かけるかもしれません、、どうしよう、、。




なんてマイナスなことは言ってられません!
1つ1つ仕事覚えて早く一人前のマネージャーだと部内で認めてもらえるように頑張るしかないです!
なったからには他の誰よりもマネージャー極めるつもりですよ?割とマジで。





というわけで、僕の2020年の目標は、



今年が終わるまでに

“あいつがマネージャーでいてくれてよかった”

ってボート部のみんなに思わせることです!そんな存在になることです!



まぁ言葉では何とでも言えるんでこの目標に見合った人間になれたかどうかはこれから先の僕の行動を見て評価してください。
(↑あーあ、ハードルあげちゃった笑)


結局長文になってきましたね、笑
本田圭佑並のビッグマウスかました(と自分では思ってる)ところで終わりにします、笑


みなさん2020年もよろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございました。



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.