FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

愛を伝えたいだとか 1回 井上絵理

ボートの日誌CM(0) TB(0)

はじめまして、1回生マネージャーの井上です。
初めての多事漕論ということで、私がこの部活に入った経緯と、実際に入ってみて思ったことを話していこうと思います。

ボート部を知ったきっかけは、友達からボート部に入るか迷っていると聞いたことです。
その時はまだ「え、ボート??」って感じでしたが、その子に連れられて行ったボート部の新歓で部の雰囲気に惹かれ、一気に入部を意識し始めました。
部の雰囲気の良さだけじゃなくて、その子から聞いてた通り先輩がめちゃくちゃ優しかったし、人数も多くて楽しそうだし、料理作るの上手くなりたかったし…え、ボート部めっちゃええやん!(←当時の私)
そして艇庫が家から近かったことに縁を感じ、それが決定打となって次にあった新歓で入部届けを書きました。

実際ボート部に入ってみて思ったことは、マネージャーの仕事が想像以上に多くて、大変で、そして責任感があるということです。
並走とエッセンってひとくちに言ってもタイムの計測やお金の管理は責任が伴うし、栄養とデータ分析チームの仕事も、最近だと新歓のパンフ班とPV班の仕事もあります。(←これは漕手マネ関係ないですが)
仕事の量もそうですが、内容も結構大変なものばかり。マネージャーってこんなに忙しいんだ〜って始めはびっくりしてました。
高校の時はプレイヤー側だったのでマネは大学が初めてですが、高校のそれとは確実に違うなと感じています。

私はこれまで “責任持つの嫌だな〜”とか “私には無理だな〜うんムリムリ。” と思って重要な仕事は極力避けてきたので、今こんなにも毎日が責任感で溢れている部活に入ってる状況が不思議に感じられます。
初めのうちはミスする度に(またやっちゃった、、やっぱり私には出来ないかもしれない、、泣)とめちゃくちゃにへこんでいた私ですが、最近では、4年後絶対成長してるやろな〜楽しみやな〜( ᷇ᵕ ᷆)ってプラスに考えられるようになりました。ボート部に入ったからにはもう責任から逃げる自分とはサヨナラします…!
たくさんの選択肢があった中で、変わるきっかけをくれたボート部をあの時選んでよかったなと心から思いますし、もし今春に戻ったとしても、間違いなくボート部に入ってる!と自信を持って言えることが自分でも嬉しいです(*´`)

さて、加古川が近づいていますが、1回生漕手のみんなは準備できていますか。私たちマネージャーは、試合の度に漕手をどれだけ想っているのかに気づかされます。漕手のことを考えると大好きが溢れてきて、もはや親になったような気分にさえなって、1回マネで集まるとどうしても保護者会みたいになっちゃう笑
みんなが思ってるよりも、マネはみんなを想ってるからね!覚えといて👍
中には思うように練習ができなくて不安な気持ちがある漕手もいると思うけど、身の回りの仕事は私たちに任せて、試合で100%の力を出せるようにラストスパート追い込んでください。
私たちのサポートが少しでもみんなの力になれますように(∗´ᵕ`∗)ファイトっ

おしまい
スポンサーサイト



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.