FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

一心同体 2回生 藤本

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。初めての戸田を満喫中の2回生藤本です。

シーズンの集大成とも言えるインカレ、去年は習い事の発表会が最終日と重なってしまい参加することができませんでした。3歳から日本舞踊を続けていて毎年夏の舞台に向けて練習していましたが、このままいくと今年も来年も再来年もインカレシーズンと被ってしまいそうだったので去年で日舞をやめました。笑

晴れて参加できることになった今年のインカレ遠征は自分以外全員4回生で、最終日までメンタル耐えてるかな??と不安だらけのスタートでした。でもさすがはボート部。何十人と部員がいる中で、この人と遠征はしんどいなとか、この先輩と同じ部屋で10泊するのは無理やわとか、思う相手が1人もいないんですよね。先輩しかいないってことを忘れるくらい居心地良くて、エッセンもお風呂までの道すらも爆笑させてくれる先輩方に大感謝です!!

そして、この遠征は私にとって初めての戸田経験であると同時に4回生と過ごせる最後の遠征でもあります。先輩方が「引退まであと〜日」とか「これが最後の晩エッセンか〜」と仰る度に、寂しいけど、でもその貴重な1日を一緒に過ごせることが嬉しくてなりません。そして自分が4回生になった時にどんな代にしたいか、どんな先輩でありたいか考えるきっかけにもなりました。「後輩の失敗は全部先輩の責任」と言い切る責任感のある先輩。自分の担当の仕事だけをこなすのではなく人の仕事を率先して手伝う先輩。試合で自分の役職だけじゃなくオールマイティーに活躍する先輩。出されたシフトにただ従うのではなくより良い配置を提案する先輩。細やかな気配りでみんなが働きやすい環境を作ってくれる先輩。残すところ2日となりましたが、この遠征で先輩方が見せてくれたものをどれだけ吸収し持って帰れるか、私は帰ってからが勝負だなと思っています。

あ、ところで、タイトルの「一心同体」というのは今日の試合でピットインからの伴走を経験してふと思ったことです。2000m、最初から最後まで艇を生で見れたのが初めてですごくワクワクしました。ピットインでの緊張感からゴールした瞬間の喜びまで全部一緒に体感できる。今までで1番ヒヤヒヤしてドキドキして楽しい試合でした。そして、各地点をチャリで通り過ぎる時に見えるマネージャーや応援している漕手の姿。みんな一緒には走れないけど一緒に闘ってる、心は一つだなと感じた瞬間でした。試合に出ないメンバーも、桜ノ宮に残っているマネージャーも、みんな同じ目標を共有し市大の勝利を願っていて、戸田にいる私たちだけが試合しているわけじゃないんだなと艇を追いかけながら考えていました。(おかげで事故りそうになりました)

ちなみに明日は朝イチで藻刈りなんですよ。コースの藻を除去する作業です。濡れても大丈夫な服装で、とのことなんですが濡れても大丈夫な服とか持って来てないので終わったな〜と思いつつ、ひろみとお揃いのTシャツ着て頑張ってきます!

明日もどうかみんなが思い描く漕ぎができますように。終わったあと笑ってくれますように。

特に同期の美咲!!がんばれよ!みんながついてる!

では明日に備えておやすみなさい!
スポンサーサイト



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.