FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

次は明るいこと書きます 2回生 田中

ボートの日誌CM(0) TB(0)


せめて書き出しではキャッチーなことを書こうと思いましたが、ダメでした。
何も思いつきませんでした。
もう9月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


2回生の田中です。


これまでも煩雑な長文を垂れ流してきたにも関わらず、またも書いてしまいました。
どこぞの担当者が1週間前に「お前9月1日な」と伝えてきまして、推敲も何もあったものではございません。
読みにくいかと思いますが、気が向いたときに読んでもらえば幸いです。


唐突ですが、よく人生はマラソンに例えられると言います。
しかし私はそうは思いません。

人生はマラソンと違ってあらかじめ決まったコースもなければ、平坦な舗装道路でもないものであると考えます。
前を行く先導車はいません。
今何キロ地点にいるのかも分かりません。
補給なんて都合よく与えられません。
あらかじめ下見をすることもできません。

じゃあ一体何であるのかと。
ここで私の経験を多少なりとも活かせる例え話を考えると、人生とは山登りであるという結論に至りました。

そして、人生は1人で行く道ではなく皆で支え合っていくものです。
その点は単独行でもない山登りも似たようなものです。


まず目指す山を決め、日程を決め、仲間を見つけ、入念な準備を行います。
日本の3000m級か、ヒマラヤのような8000m級か、それは時々によって違うでしょう。

ただ市大ボート部として登ろうとしている山が果てしなく険しい道のりであるのは容易に想像できます。

準備に準備を重ねてやっと登り始めるわけです。
しかし、道中で何が起こるかは分かりません。

仲間が体調を崩してしまうかもしれない。
急な天候不良見舞われるかもしれない。
進むべき道を見失うかもしれない。
予定していた通りに動けないかもしれない。
自分の心が折れてしまうかもしれない、


そして、我々は単独で頂上を目指すわけではないのです。
他大学のボート部員も同じ山を狙っています。


皆でダラダラと楽をできるペースで進み続けることは簡単でしょう。
しかし、他の誰よりも先に高みを目指すためには、我慢の必要な毎日を過ごすことは自明です。


通るルートも、共に戦う仲間も、背負う荷物も違う団体相手に我先にと貪欲に頂上を狙うこと。


自分の実力不足ゆえインカレの舞台には立てなかったので自分個人のシーズンはもう終わっておりまして。
今年を振り返るとまあこんな一年だったかなぁと。


山登りなんてしたことないという方には意味不明な例えかと思います。
そこは自分の経験に置き換えて考えてもらえば少しはこの文章に目を通す意義も出来るかと。


マラソン、野球、吹奏楽、絵画、勉強でも何でも構いません。


どんなものでも夢中になって取り組めている時にはしんどくなんてないものです。


ただ、ふと疲れを感じてしまった瞬間に踏み出す一歩がとてもしんどいものになってしまう。
あんなに渇望していたはずなのに、今この瞬間の辛さが何よりも心に重くのしかかる。


他の仲間が進んでいるペースについていけなくなってしまう。

そうやって悩んで苦しんで立ち止まっている瞬間は仲間に置いていかれているような気がして。

前を向いて進み続ける仲間がとても眩しく見えて。

共に進んでいるはずの仲間と顔をあわせることがしんどくなって。

さも孤独に歩いているような錯覚を得て。


「何故こんなに苦しいことをしているのだろう。」
「何故自分一人だけこんなに苦しんでいるのだろう。」


4年間という大学生活で、長いように見えて一生の長さを考えると非常に短い貴重な時間で、もっと楽をする道はあるのでしょう。

毎日刹那的快楽に身を委ね、それなりに勉強をして、何となく過ごして行く道はそれはそれは魅力的でしょう。


まあ残念ながらそんなつまらないものに何の価値も見出せない人間なのでこの部活に在籍しているのですが。


徳川家康も「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。」など遺しています。
ご存知でない方は是非一度調べてもらいたいです。
徳川家康が天下人たりえた人物であったことがよく分かる遺訓ですので。


毎日せめて一歩でも前へ。
この瞬間耐えて踏み出した一歩は決して無駄にはならない。
一人ではない、横には頼りになる仲間がいる。


もうすぐそこの2000TTで結果出せるように、精々頑張ります。


そして何よりもインカレ組応援してます。
スポンサーサイト



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.