FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

ありがとう

ボートの日誌CM(0) TB(0)





1回生のころは、まさか自分が主務になっているなんて想像もしていませんでした。


去年の夏。
マネージャーではなくトレーナーとして女子ローの側にいたい、と一度は断わりました。しかし、話し合いを重ねた結果、トレーナーを続けながら主務をさせてもらうことになりました。


この1年は常に不安との戦いでした。
部はうまく回っているか、次の遠征の準備は万全か、次の試合のエントリーは…
やることを書き留めたto doリストはなかなか減りませんでした。

自分の無能さに嫌気がさすことも、うまくいかなくて泣くことも、のしかかる重圧に耐えきれず全部やめて逃げ出してしまいたくなることもたくさんありました。


でも、部内外のたくさんの方々の協力のおかげでなんとか乗り越えることができました。



色々書きましたが、主務になって悪いことばかりではありませんでした。

トレーナーとして選手ばかり見ていた私は、この一年で多くのことを知りました。
中でも大きかったことが2つ。

1つ。
マネージャーのみんなが、選手が勝つためにこんなにもたくさん考え動いてくれていること。
選手の力になりたい。ボート部を良くしたい。
一人一人の熱い想いを知り、心強く思いました。


2つ。
この部が先輩方や保護者の方々、その他こんなにも多くの方々に支えられ、応援してもらっていること。
主務になって部外の方々と関わる機会が多くありましたが、誰もが自分のことのようにボート部のことを大切に思い、温かく時には厳しい言葉をかけてくださいました。


選手だけじゃない。
マネージャーと、その他この部に関わっている多くの人たちがいるからこそこのボート部は成り立っている。
そう強く感じ、そんなこの部を、心から誇りに思えるようになりました。


女子ローのトレーナーとしても、本当にたくさんの経験をしました。
試合や遠征はもちろんですが、普段の練習や何気ない会話も本当に楽しく、かけがえのないものでした。

関西選手権では、大好きな2人の同期からメダルをかけてもらいました。
胸に秘めていた夢が叶った瞬間。
心から嬉しかった。


長々と書きましたが、


わたしを女子ローのトレーナーでいさせてくれて、ボート部の主務でいさせてくれてありがとうございました。



今シーズンのラストレース。
死ぬ気でボートに打ち込んで来たあらゆる人の努力が、どうか実りますように。


P.S.
これまで、多くの人の「ありがとう」の言葉に何度も救われてきました。
大変な仕事でも、辛く心が折れそうでも、その一言で報われてまた頑張ろうと思えました。
何気なく発したかもしれない言葉は私にとって大きな力になっていました。

ありがとうと言ってくれてありがとう。




主務/トレーナー 永井明日香
スポンサーサイト



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.