FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

インカレまでもう少し 2回生柏木

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは。2回生女子ロー柏木です。
戸田に来て3日目が終わろうとしています。

初めての戸田に緊張していましたが、ようやく慣れてきたように思います。

何を書こうかと今日までを振り返ってみると、言葉にしきれないほどいろいろあったなぁと思考は巡るわけで、、。

でもここは多事漕論、簡潔にいきます。



関西選手権を終えた後、「美咲とインカレにダブルで出たい」と4回生の岩間さんに言ってもらったときから、私の中で楽しみな気持ちと、不安がひたすらにぐるぐるしていた気がします。

去年、インカレの応援にきたとき、戸田はボートの聖地と聞いて、ここで漕いでる人たちはすごい人ばかりなんだなぁと思ったのを覚えているけれど、まさかこんなに早く自分が戸田で漕げるとは思っていませんでした。

だから単純に嬉しかったのと同時に、練習すればするほど艇を進めるためにまだまだ直さなければならないところは山積みであることが明確になり、だけど感覚は鈍いし、器用じゃない。一つ良くなれば一つ悪くなる、そんな繰り返しでした。
私じゃなかった方が良かったのかもしれない、そう思ったことも一度や二度ではありません。

いじけてしまうこともあった私をそれでも見離さず引っ張り続けてくれた、真っ直ぐに向き合い続けてくれたのは4回生の松田主将と岩間さんでした。

厳しい言葉に、私がいっぱいいっぱいになって泣いてしまうこともあったけど、四年間の詰まったその言葉は、1秒でも速く艇を進めるために必要だったこと、懸ける思いがそれだけ強いということ、ちゃんとわかっているし、伝わっています。



試合直前の今でもまだまだ足りないことはたくさんで。

だけど、私と漕ぎたいといってもらったその期待に、今も桜ノ宮で頑張ってるみんなからといろんなところからいただく応援に、応えたい。

今までやってきたことを大爆発させる。
戦ってるのは一人じゃないと思えば、限界だって越えられる。
残りの練習も試合も今できる全力を出し切って最後の一本まで諦めず戦ってきます。

それが私ができる一番の応え方だと思うから。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト



 

少しは大人になれたかな 4回生鈴木

ボートの日誌CM(0) TB(0)


「みーんなガキ」




3年前
新人練の時に新人指導チーフに言われた言葉


当時の僕は些細なことでも先輩に噛み付き、
文句ばかり言っているような
本当にどうしようもないガキでした


すべてが自分中心だった


あれから早3年

様々な立場を経験し
あの言葉の意味が少しだけわかった気がします


◇あの時愚痴った先輩方の行動は
 自分たち後輩を思っての厳しさだったんだ

◇裏で嫌味を言ってても何も伝わらないし
 変わることはない
 自分が行動すべきだった

◇相手を論破しても自分が気持ち良いだけ
 問題はより深刻になる
 どれだけ相手の思いを引き出し、
相互の納得感を作れるかが大切


今は1回生の頃とは違い
同期、後輩、先輩、OBOG、組織のことを
考えようとしています

こうやって視野を、世界を広げていくことで成長し
大人になっていけるんじゃないかなって思います


まだまだ全然、指摘されたガキの域を
出られていない部分は大いにあります

しかし後輩マネみんなが心から頼れる
存在になってくれなんとかここまで
今シーズンを走ることができました


本当にありがとう

こんな不甲斐ない先輩でしたが
引退が寂しいとか、居てくれて良かったとか
優しい言葉を伝えてくれてありがとう


来シーズンのことを心配せずに引退できる
なんという『先輩孝行』でしょうか

自分にそれはできていなかったかと思うと
なんだかとても悔しいです笑


特に同期マネ、トレーナーには何度も助けてもらい
シーズン当初に囁かれていた不安も
乗り越えてくることができました

本当に、、、マジでありがとう


院試のため少し早く引退した同期マネもいますが
逆に休部から復帰した同期もいて。
また集まれたら良いなって思います



さて。。
いろいろな思いが溢れて
尋常ならざる支離滅裂な文ができてしまいました


同期の最後の晴れ舞台であるインカレまで
もう1週間を切っています

応援は「思い」だけでは伝わりません
ぜひ直接、選手に応援の言葉を
伝えていただければ幸いです、僕も伝えます


ここまで読んでくださり
ありがとうございました

おやすみなさい

 

朝焼けに光る空届きそうで高鳴る鼓動靴紐結び直して目線は遠く先の自分

ボートの日誌CM(0) TB(0)

とうとう最後の多事漕論を書く日がやって来ました。艇庫に行くのも残り数回。引退する日が目前に迫り急に名残惜しく感じます。




中高は文科系の部活をしており、大学では何かスポーツがしたいなと思いボート部に入部しました。


漕手の時は出る試合では負けてばかり。シーズンが始まると、試合の最終日に残っているクルーをかっこいいな、少し羨ましいなと思いながら応援しました。


本気で頑張ってみたけど届かないものがありました。

自分にとっては挫折のように感じたこともありました。


逆にエルゴ値が前日よりちょっと伸びたり、エッセンおいしいと言ってもらえたり、努力も無駄ではないんだなと思える日もありました。


「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、頑張りが全て報われる訳ではなく、報われない努力の積み重ねが「報われる」なのかなと思います。






1回生の頃、PVで観たような「かっこいい」先輩にはなれなかったけど、3年半たくさんの人に支えてもらいながらボート部で活動を続けることができました。今まで本当にありがとうございました。














p.s.桜ノ宮から遠く離れた戸田で頑張っている同期の皆へ。これまでの努力が実りますように。最後まで満足のいくレースができますように。

 

4回生 岩間

ボートの日誌CM(0) TB(0)




今シーズンの始まりは、船にも乗れずエルゴもひけず、ひたすらマットの上で体幹を鍛える、そんな最上回の漕手でした。


落ちるところまで落ちました。

その後もなかなか這い上がることができず、

もしかしたら、これまで積み上げてきたものへの意地に縛られて
悪あがきをしているだけなのかもしれないと思うこともありました。


でも私は、また漕いでいる夢を見るくらいにはボートが好きだったし、

なによりも、自分達の代の責任から目を背けることはしたくなかった。

それは、
過去に先輩達が残してきてくれたものと、

「一緒に」なんて言うのが一瞬でも畏れ多く感じたほど 本気で戦っている同期への感謝の気持ちでした。


私はずっとどこかで、結局漕ぐのは漕手だと思っていました。
結局、漕ぐ当事者より勝ちを自分事として考えている人はいないって。

でも違った。

松田も永井も、漕がないけど、間違いなく誰よりも考えていたし、誰よりも勉強していた。

私にとってそれは、感動の様な衝撃で。

一人だなんて、いつ思ったんだろう。


これを、不甲斐ない漕手のせいで
「この代はだめだった」なんて言葉で片付けられるのは絶対に嫌だと思ったし、
そんなに悔しいことはないと思いました。

それは勿論、重荷にも励みにもなり得るものだったけど。
おかげで私は強くなれたと思うんです。



それでも復帰までの半年間は長くて怖くてしょうがなかった。

自分が進んでるのか止まってるのか分からない。ゴールがこの先にあるのかも分からない。

年間計画の その大会、その艇、そのシートに本当に自分がいるのか、自信なんてどこにもなくて。

けど、歯切れの悪い私の隣で、松田はずっと目標は最終日だって言い切り続けてくれました。

強い言葉の裏で、どんな感情が渦巻いていたかは分からないけど、それでもあの時の私はどんなに救われたでしょうか。



故障抱えてるやつが対校に乗るのはあり得ない。4年間のうち半年もブランクがあったら選手として終わってる。万全の練習をしきって試合に臨むことが一番大切。分かっています。全部その通りだと思います。


復帰に半年もかかり、結局最後まで腰痛と付き合いながらになってしまった私は選手としておわっているのでしょう。



でもどうしても、またここに立ちたかった。

託してもらったみんなの思いに、全力で向き合いたかった。


私の4年間すべてをぶつけます。
最後のワンストロークまで成長し続けます。



女子対校ダブル、応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


4回生 岩間瑶生

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

最近涼しくなってきましたね



べらぼうに汗かきの僕にとってはとても嬉しいことです



最近では虫の鳴き声も聞こえてきて風流を感じることもあります




ですが涼しいことばかりしていると勝負には勝てません



誰よりも熱く汗をかき努力するものが勝利するのでしょう



あと一年しかない
みんな頑張ろう

 

意地

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは。

今日は決戦の日でした。




レースの結果、太田と僕のペアがインカレに出場することが決定しました。


非常にアツイレースでした。スタートから暫く横並びでしんどかったですが、その凌ぎ合いはとても楽しかったです。

インカレに出ることができなかった安田と山野の分まで戦ってきます!!





非常に悔しい思いをした関西選手権が終わってから約7週間このペアで練習してきましたが、質と量共にいい練習ができてきたと思います。

そのおかげか、試合前になるといつも緊張で吐きそうになってしまう僕が、今はすごくワクワクしています!!(直前になるとビビって吐きそうになるかもしれませんが笑)

体力やパワー、技術、今まで培ってきたもの全部ぶつけてきます。

応援よろしくお願いします!!


4回生 田中響

 

天気の子 3回生 安田

ボートの日誌CM(0) TB(0)




タイトルは大人気中の映画ですね。
自分はまだ観ていません。


ということで今回は天気のことについて書いていこうかと思います。



今日も急な大雨になったり、天気が急変することが多いですね。涼しくなってきていることはいいことですが、、、。


ボート部で安全チーフを務めて約1年が経ちますが、役職柄、日々の天気をチェックするのが習慣化しています。


例えば、今日の風は何m/sなのか(5m以上だと乗艇できるか怪しいな)、気温は何度か(暑さ指数は大丈夫かな)、雨雲レーダーはどうなっているか(大雨警報は出ないかな)などとついつい考えてしまいます。


最近で言うと台風10号がありました。

昨年は大きな被害をもたらした台風。
桜ノ宮の木々はなぎ倒され、救助艇のナックルでさえ吹き飛ばされました。

今回の台風の進路は様々な予想がありましたが、大阪の近くを通る可能性があったため、対策としてナックルを艇庫に無理やりスペースを空けて入れました。

結果、大阪からは逸れていきました。


台風がくると、電車が運転を見合わせたり、イベントが中止になったり様々な弊害も生まれます。


僕達が受けた弊害は、ナックル5艇を移動させる労力と1モーション分の練習の損失です。


天気が人間に与える影響ってとても大きなものですよね。

これだけ科学技術が進歩しても、台風の進路とかまだ確実に予想できないし、ましてや天気の子のように天気を操ることなんてできないのです。



自分は「天気の子」にはなれないので、これからも天気予報をチェックして、部の安全を守るために頑張っていきたいと思います。





最後まで読んでいただきありがとうございました。



 

水は素晴らしい

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは


昨日更新のはずでしたが、寝落ちしてしまいました。申し訳ありませんでした。


最近、朝は少し涼しくなってきました。8月半ばは本当に暑すぎて、外に出ているだけで汗が止まらなかったです。

先日も、祖母が家の中にいるだけだったのですが軽い熱中症になってしまい、怖くなりました。


部員の皆さんも、熱中症には本当に注意しましょう…!!

インカレ組の皆さんは、特に暑い時間帯に練習していると思いますが、やはり熱中症対策にも疲労にも効果的なのは「水分」だそうです!

水分が不足すると、疲労の原因にもなるらしいです!飲みすぎなくらい飲んだ方がいいそうです。


わたしも、たくさんお水を飲もうと思います。


私事ですが、今から初めてのインターンに行ってきます…!ドキドキなのですが、いろいろ吸収します、頑張ります。


おわり

 

ありがとう

ボートの日誌CM(0) TB(0)





1回生のころは、まさか自分が主務になっているなんて想像もしていませんでした。


去年の夏。
マネージャーではなくトレーナーとして女子ローの側にいたい、と一度は断わりました。しかし、話し合いを重ねた結果、トレーナーを続けながら主務をさせてもらうことになりました。


この1年は常に不安との戦いでした。
部はうまく回っているか、次の遠征の準備は万全か、次の試合のエントリーは…
やることを書き留めたto doリストはなかなか減りませんでした。

自分の無能さに嫌気がさすことも、うまくいかなくて泣くことも、のしかかる重圧に耐えきれず全部やめて逃げ出してしまいたくなることもたくさんありました。


でも、部内外のたくさんの方々の協力のおかげでなんとか乗り越えることができました。



色々書きましたが、主務になって悪いことばかりではありませんでした。

トレーナーとして選手ばかり見ていた私は、この一年で多くのことを知りました。
中でも大きかったことが2つ。

1つ。
マネージャーのみんなが、選手が勝つためにこんなにもたくさん考え動いてくれていること。
選手の力になりたい。ボート部を良くしたい。
一人一人の熱い想いを知り、心強く思いました。


2つ。
この部が先輩方や保護者の方々、その他こんなにも多くの方々に支えられ、応援してもらっていること。
主務になって部外の方々と関わる機会が多くありましたが、誰もが自分のことのようにボート部のことを大切に思い、温かく時には厳しい言葉をかけてくださいました。


選手だけじゃない。
マネージャーと、その他この部に関わっている多くの人たちがいるからこそこのボート部は成り立っている。
そう強く感じ、そんなこの部を、心から誇りに思えるようになりました。


女子ローのトレーナーとしても、本当にたくさんの経験をしました。
試合や遠征はもちろんですが、普段の練習や何気ない会話も本当に楽しく、かけがえのないものでした。

関西選手権では、大好きな2人の同期からメダルをかけてもらいました。
胸に秘めていた夢が叶った瞬間。
心から嬉しかった。


長々と書きましたが、


わたしを女子ローのトレーナーでいさせてくれて、ボート部の主務でいさせてくれてありがとうございました。



今シーズンのラストレース。
死ぬ気でボートに打ち込んで来たあらゆる人の努力が、どうか実りますように。


P.S.
これまで、多くの人の「ありがとう」の言葉に何度も救われてきました。
大変な仕事でも、辛く心が折れそうでも、その一言で報われてまた頑張ろうと思えました。
何気なく発したかもしれない言葉は私にとって大きな力になっていました。

ありがとうと言ってくれてありがとう。




主務/トレーナー 永井明日香

 

考え続けろ、その艇を前へ

ボートの日誌CM(0) TB(0)



後15日。


約三年間続いた艇庫での生活ももうすぐ終わるのだと思うとなんだか不思議な感じがします。


これまでのことを振り返ると、今シーズンが一番自分の無力さにどうしようもない程打ちひしがれたように思います。


関西選手権が終わり、インカレはダブルで出場すると決めた時、様々な葛藤がありました。


一回生の頃から憧れていたインカレ最終日に出たいという想いよりも、私や岩間と共に本気で最終日に挑んでくれるクルーとこの一瞬を駆け抜けたいと思いました。


ただ純粋に大好きなボートを楽しみたいという想いと、今シーズンの結果に対する責任、どちらも果たせるのはダブルしかないと思いました。


関西選手権で試合に出ることはなくなりましたが、わたしはまだ引退していません。


二年前、インカレでダブルが入賞した時、2人の偉大な先輩と偉大なコーチ、三人で掴み取った勝利だと思いました。


背中に感じるドライブの力強さも、水面を走る艇のスピードも、間近に聞こえる水の音もないけれど、


舵を切り、コールするだけがCoxじゃない。


Coxのプライドをかけて、陸の上で積み上げてきた全てを冠にぶつけ、艇を前へ進ませます。


これまで必死で怪我と闘い続けてきた同期の岩間と、厳しい言葉に対して泣きながらも応えようとしてくれる後輩の柏木が最高の状態で試合に臨めるように彼女たちの背中を止まることなく押し続けます。


二人のどんな我儘も受け入れます。立ちはだかる障害は先陣をきって押し退けます。


二人のどんな怠惰も許しません。無理と言うその声を押し退けます。






だから、まだ叫び続けてください。

決して声援を止めないでください。





ボート部で関わってくださった全ての方々へ、今までありがとうございました。

最後まで応援よろしくお願いします。




大阪市立大学漕艇部
女子主将 松田美和子

 

まだ舞える 2回生安田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2回生漕手安田です。


ペア選考の日がいよいよ近づいてきました。
TTメニューが始まり4回生との圧倒的、体力差体格差という現実を見せつけられています。


ズルズル引きずっている怪我が悪化し、ろくに練習もできてないのでどこまでやれるかは分かりません。


選考まで残り5日やれることはまだあると思うのでやれることをしっかりしようと思います。


諦めた訳じゃないんで

まだ勝つ気でいるんで


P.S.
一回生の怪我人達よ
周りがどんどん上手くなっていき、タイムも上がっていき、練習出来てない自分だけ取り残されているような気持ちになるかもしれません。

でも、焦っちゃダメです。治りかけで練習してもまた再発するだけです。しっかり治して復帰した時の準備をして下さい。
怪我中にもやれることはあります。

焦ってダメになった先輩からのアドバイスでした。






















 

The Clean Chief !!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

3回生の伊地知です。
暑い日が続きますね!そう思っていたら昨晩や今朝はゲリラ豪雨になったりして、変な天気ですね。神様がお腹でも下しているのでしょうか。


さて、僕はクリーンチーフという役職になっていまして、艇庫を綺麗にすること、みなさんが生活しやすくすることが役目です。と、だだっ広に役目を言いましたが、実際、どこまでがクリーンチーフの役職?だとか、最初はめっちゃ楽やん!って思っていたけど、割と仕事多くて大変ですね(笑)


今やりたいことは、男子ロー部屋のエアコンが壊れているのでその対策やストレッチマット置き場の改善、椅子にテニスボールか靴下等を履かせる(1.2週間ほど前に一部の椅子に100均で買った椅子カバー(フェルト)をつけてたんですが、フェルトが取れるなどしてあまり効果がありませんでした)などをやりたいと思っています。


来シーズンも引き続きクリーンチーフの役職を全うするつもりなので、何かもっとこうして欲しい!!などの意見があれば是非、僕まで連絡くださいm(._.)m
ではでは、ここらへんで失礼します。

 

積極性 3回生細見

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは

最近高校野球を結構見てます。その中でも履正社の1番バッターはすごいな〜と思いました。1打席目は全部早いカウントから振りにいき、しかも全部ヒットにしてるんです。機を待っていくということも大事だと思いますが、積極的にいくという姿勢も大事なことだと学びました。

だから僕も普段からいつもより少し積極的にいこうと思っています。

最近では、僕の親友のT橋Y太君という子がいるのですが、僕はT橋君のことがボート部で一番嫌いです。艇庫で一緒にご飯を食べているときによく横に座り、ご飯の量が少ない時は皿を奪ってご飯を山盛りにして渡したり、たまに一緒に動画を見て、T橋君の漕ぎに対して愚痴を言ったりして、嫌がらせをしながら積極的に関わっています。

残念ながらT橋君は順調に体重が増え、エルゴも少し速くなったそうです。

こんな感じで自分から積極的に人と関わることで何か良いことが起こったりすることもあります。少しずつでも周りとコミュニケーションを取ってお互いに高めていけるようなことができればいいな〜と思っています。

この前ある人に、「自分が人にあれこれ言っても人を変えることはできない。人を変えるにはまず自分が変わらないといけない。」ということを言われました。このことを肝に命じて生活しようと思います!



 

二回生 峯澤

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、二回生女子ローの峯澤です。

気づけばもう一回生のインが始まる時期になってしまいました。まだ私の中では自分が一番下のような気持ちでいるのですが、そろそろ先輩になった自覚を持たないといけないですね〜!



話は変わりますが、先日、一部の女子ローは浜寺で他大の方とダブルで並べをさせていただきました!
先輩方、日程の調整や艇の管理など、計画を立ててくださってありがとうございました。

市大からは2艇、この日に向けて自分たちで練習計画をたてて準備をして挑みました。自分たちで自分達を追い込むメニューを立てるのはなかなか精神的にきついものがありますが、やりきった時の達成感もなかなかよいものですね。
今回初めて組んだ同回生の繁はとても頑張り屋でなんども励ましてもらいました、、、!練習はしんどかったけどなんやかんや楽しかったね!同じクルーになれてよかった!ありがとう。

並べ本番では自分達の練習の成果を出せたのではないかな、と思いますが、浜寺で漕ぐたびにまっすぐ漕ぐ難しさを痛感します。今回もまがりくねりました。

並べたあとはお昼ご飯をみんなで一緒に食べ、クォドをリギングして合同練をしました。よくよく話を聞くと同じボート部でも練習のやり方もご飯も大学ごとに特色があってとても興味深かったです、、!
大学ごとに理想の漕ぎが違うので、テク練で重視するところも違っていてそれがとても新鮮でした。
せっかく設けてもらったこの機会で学んだことを次のシーズンに活かせるようにしていきたいです!



全くまとまりのない文章でしたが読んでいただいてありがとうございました。次の多事漕論までに文章力をあげたいです。

 

通天閣って意外と大きいのね 2回 高須

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夏休みが始まって1週間が経ちました。

海に行ったり、お祭りに行ったり、旅行に行ったりとキラキラした投稿を羨ましく眺めています。


私はこの1週間ほぼアルバイトに行っていました。
家から自転車で10分の距離なので割と近いのですが、とにかく毎日暑いので10分漕ぐだけでヘトヘトになります。
2時間も乗艇しているみんなは本当にすごいです。

私は働き出したらそうでもないんですけど、バイトに行くまでが憂鬱で憂鬱で仕方ないんです。
今日も暑そうやな〜外出たくないな〜もう休もうかな〜でもお金欲しいな〜という葛藤が毎回あります(笑)

そんな葛藤を乗り越えてバイト先に到着すると、たいてい朝番のおばちゃん達がいてくれます。
「高須ちゃん!おはよ〜〜!!」ってとにかくテンション高めで挨拶してくれるので、暑さでヘトヘトでも元気になれます。
朝から一緒に入るシフトのときは仕込みをしながらたくさん喋ってくれて、
私があまり面白くない返答をしたとしてもめっちゃ笑って、全然すごくないことでもめっちゃ褒めてくれます。

お世辞なのか本気なのかは別として、何でも肯定してくれるし、
また友達とは違って、豊富な人生経験ならではの面白い教訓も教えてもらえたりもするので、
おばちゃん達と話すのはとても楽しくてついベラベラ話してしまいます。
自分のシフトが夕方からで、おばちゃん方と会えないときは残念だなあってなります。

そんな感じで、バイトに行くのは憂鬱だけどおばちゃん達に会うと元気をもらえます!

私も、会えて嬉しいな、話してると楽しいなって思われるような人になれるように頑張ろうと思っています。
暑さのせいで省エネテンションになりがちですが、なるべく元気に振る舞うように心がけます!


まとめ方が分からず、いつも雑になってしまいます。

明日は久しぶりに高校の友達に会えるので、楽しみすぎて眠れません!

 

新体験 2回生浜崎

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2回生の浜崎です。

艇庫に行って人に会う度に「日焼けした?」と聞かれる日々を送っています。実際に日焼けしているので仕方ないことですね。学連員として色々な大会に関わらせて頂いているのですが中でも記憶に残ってる大会について書きたいと思います。

8/3,4に学連員として加古川市民レガッタにインストラクターとして参加して来ました。市民の皆さんをcoxとしてスタートまで導き、レース後に船台まで導きます。格好よく言いましたが、cox経験ゼロの人間が初心者に指示を出してスタートにつけるというのは中々に難題だったと思います。先月練習したかいもあり本番はきちんと指示を出すことが出来ました。先月は船台がまだ無く、岸に付ける度に怒られていたので我ながら成長したと思います。普通に進むだけでこんなに難しいのに、いつもcoxの皆さんは色々考えて指示を出しているのは本当に凄いと思いました。正直マネージャーになってからcoxの凄さを痛感するとは思ってませんでしたが良い経験が出来たと思います。

色々な大会に行くたびに新しいことを知ることになります。それこそcoxをしたりエルゴ指導をしたり。勿論ちゃんと普通に大会を運営する知識も増えています。正直凄く楽しいです。
11月には加古川での秋季選手権が待っています。私が学連として参加した初めての大会なのでようやく1年です。まだやっとそれぞれの大会を1回しただけなのに1年です。去年の加古川に至っては必死すぎたので本当に偏った記憶しかありません。ですが来年には本格的に運営をしなければなりません。怖いのと同時に、良い同期も先輩も沢山居るし何とかなるかと思っています。

秋季の事を書くなんて気が早かったのでひとまず置いといて、、、
あと1ヶ月もしない内に久しぶりに大学の方で大会に参加出来るのが楽しみです。大会が楽しいだけで終わるなんて事は無いのかもしれませんが、悲観的になるのも勿体ないので楽しくいきたいと思います。

長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。


 

ないものねだり 3回生 杉崎

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くに失礼します。三回生の杉崎です。 最近とても暑いですね。艇庫に加えてバイト先でもクーラーが聞きづらく、以前までは寒かったほどだったバイト先で今では汗をダラダラ流して働く日々です。



クーラーが効きづらいので、男子ロー部屋が温室か!というくらい暑く、夜も寝づらいです。新しくクーラーを買おうという案が個人で勝手に進んでいましたが、結局お金がかかりすぎるので消えました。そこで、なんとか生きているMTGルームのクーラーを活用しようと、今日模様替えが行われました。MTGルームと男子ロー部屋を隔てる壁を解放する事で、涼しい風が入ってくるようになり、今は快適です。ないものの後悔をするより、今あるものを活用して物事に対処すべきだなぁとしみじみ思いました。

もうインカレまで3週間を切ったものの、最終日という目標には程遠いです。今シーズンを通して怪我人が多く、一度も満足にクルーを組むことができずにシーズンが終わりそうです。今回のクルーも然りです。

上手くいかないことが大半で、その度に『〇〇が乗ってれば、、、』『あのメンバーならもっと速い』などと思ってしまいますが、それではないものねだりなので、残り3週間少しでも最終日に近づけることができるように頑張ります。



三回生 杉崎






P.S.
今日僕の更新日だということは知っていましたが、現多事漕論係に言われるまで書くまいと思っていたらこんな時間になってしまいました、、、笑(朝に言ってたみたいなのですが、寝てたので知りません)
ブログの更新率を上げて、いろんな人に見てもらい、結果応援してくれる人が増えたらいいなと思って、去年は毎日のように何度も何度も繰り返しリマインドしまくっていた思い出があるので、『仕事やってないやん、、、』という印象しかなく、引き継ぐ相手を失敗してしまったと感じていますが、それでも決まった役職は変えられないので、改心してもらえたらいいなと思う今日この頃です。

 

言の葉 2回 仲宗根

ボートの日誌CM(0) TB(0)


おはようございます。

心配だった大型台風も過ぎ去ったようで、
気づけば窓を叩く雨音が蝉時雨に変わり、
なんだか朝から風流だなあと思う、そんな朝でした。

ただ、風鈴の音で人が涼しさを感じるのに対して、
蝉の音で3割ぐらい暑さが助長される気がするのは私だけでしょうか。

ところで(無理やり話題を転換。接続詞は便利ですね!)、
毎回多事漕論を書く時は言葉選びに慎重になるのですが、
言葉選びに関して最近私が疑問に思ったことがあります。

それは【信用】と【信頼】の違いってなんだろう、です。

疑問に思ったきっかけはちょっと忘れてしまいました。
何を考えていたんでしょうね。笑

信じて用いられる のか、信じて頼られる のか。
これだけでもなんだか違う気がします。
私の見解としては、信じて用いられるというステップを踏んで信用を積み重ねた結果、信じて頼られるという次のステップにレベルアップするのかな?と思います。

ちなみに諸説では、
信用と信頼の違いは時間軸が違う、とありました。
どういうことかというと、
【信用】は実績や成果という[過去]に与えるもので、
【信頼】はその実績や評価からこれを任せてもいいだろうと[未来]に期待するということです。

過去を「信用」し未来を「信頼」する。
信用は評価で、信頼は期待、と言った所でしょうか。

それじゃあ自分はどれくらいの信用を積み重ねて来れたんだろう。

そういえば恩師の言葉で、

学年が上がることは偉くなるということではない、
求められることが多くなるということだ

と、ありました。

シーズンもいよいよ終盤、
最近は来シーズンの話が持ち上がるようになりました。
4回マネもラスト並走やラストエッセンを続々と終え、
頼りにしてきた人達の引退を前に、
来シーズンはもっと求められることが多くなるんだな、
と意識するようになりました。

頼られる存在になるには、まだまだです。
1段1段、信用を積み重ねていきたいと思います。
そうして信用と信頼を勝ち得て成長していきたいと思います!!

2回生 仲宗根

 

静かな朝 2回石塚

ボートの日誌CM(0) TB(0)

おはようございます。
2回生の石塚です。

朝、目をさますと昨日の夜に多事漕論の催促の連絡がきてることに気がつきました。
そしてそのまま寝起きテンションでこの文章を書いてます。

台風も通り過ぎ、窓の外はすっかり静かになりました。
朝にうるさいぐらい鳴くセミや鳥の声も今朝はどこかへ避難しているようです。
いったいどこで激しい風雨をしのいでいるんでしょう。
野生てすごいなーと思います。

動物は自然災害を感知するという話をよく聞きます。
少し興味深いです。
家で飼っている犬もまだ台風がくる前は落ち着きがなかったです。
飼い犬とはいえ野生が残っているのかと思いましたが、風が強くなる頃には平然と寝てました。

今回の台風は進路的に大阪はあまり被害なさそうですが、今年も桜ノ宮の木々がなぎ倒されているのか気になるところです。
セミの声も復活してきたのでこの辺で終わります。
最後まで読んでくれた方はありがとうございました。

 

夏だ! 2回生白川

ボートの日誌CM(0) TB(0)


長かった期末テストが終わり、夏休みに入って1週間が経ちました。テストの1週間と夏休みの1週間では感じる長さが全然違いますね。
ところで夏休みに入ったのはいいが毎日暑すぎてエアコンを使わないと過ごしていけない日が続いてます。今年は冷夏になると聞いたのですが全くそんなことなかったですね。

去年はダラダラしてしまった夏休み
夏休みは学校ある日より時間が出来るので今年こそは有意義に過ごしていけるよう頑張ります!
夏休みこそ、暑さに負けないように熱気を持って全力で過ごします!

 

マキシマム ザ ローイング

ボートの日誌CM(0) TB(0)

4回生三木

皆がボート続けてる原動力は何ですか?

パッと答えられる人も少ないかも知れない。だけどずっと週11回も練習し、春休みもGWも夏休みも漕いできた。惰性で続けるにはしんどすぎる活動です。皆それぞれ何か原動力があるはず。


僕の原動力はボート部が好きという気持ちです。

市大ボート部が好きだからこそ四年間続けてるんやなと最近思います。

入部した当初は目新しい「ボート競技」に夢中になって練習していました。だけど今は違う。

大学生の中では部活してる事自体がマイノリティで、しかもその中で一番ストイックに練習してる部活がボート部。普段の大学生活においてボート部外の友達とは話合わないし、あまり遊びに行けない事もあり、疎外感すら感じてしまう。

でも艇庫に戻ってくると、皆同じ志を持って練習をしていて、練習が終わればご飯を食べながらボートの事とか、ボートじゃない話も気兼ねなく話せる。

好きやなー、ボート部。

こいつらと一緒に死ぬほど笑いたいし、こいつらと一緒に試合で漕ぎたいし、こいつらと一緒に喜びたい。

それが俺の原動力。

ボート続けてる理由として「勝ちたいから」とかにはまだ掘り下げた先があって、根底にあるのは「ボート部が好きな気持ち」なんやな、と最近になって気づきました。


なんか「ボート部」を女の子の名前に変換したらラブレターが完成しそうな感じで恥ずかしいけど、まあ、それが俺の気持ち。

引退するまでに気づけて良かった。
あと少し頑張ります。

 

男子ローへようこそ! 2回生 長谷川樹

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今日も暑いですね。
晩練のエルゴで夏バテしてしまい、晩御飯がなかなか食べ終わらなかったです。

誰か早く食べる方法教えてください。


今日の晩から一回生男子ローの一部のインが始まりました。

一回生を見ていると、去年自分が始めてインしたときのことを思い出します。

慣れないことだらけであまり夜も寝られなかったり、初めての朝練では大川は静かで波が立ってなくて、その漕ぎやすさに感動したりとか…


もちろんまだ一回生はわからないことだらけだと思いますが、なんでも上回生に聞いて、艇庫生活に早く慣れましょう。

艇庫では今までとは違う充実した生活が待っています。



まぁとにかく

男子ローへようこそ!!!





追記
ただ、男子ロー部屋は人が増えてもう飽和状態です。

大部屋のエアコンも故障しているので、果たして男子ローはこの夏を無事乗り切れるのか…!見ものですね。

 

こんばんは 2回生中江

ボートの日誌TB(0)

こんばんは

来る日も来る日もあっついですね


今日京都きもの友禅に行ってきました

成人式に必要なものを揃えるためです

着物自体は母のものを着るので
(”ママ振り“と言うそうです笑)

帯締めや重ね襟、下駄などを見に行きました

いろんな色やデザインのものがあって、

それなのに思い描く色のものはなかったり、、、

とても時間がかかってしまったのですが

しっくりくるものに出会うことができました

遅ればせながら成人式の実感が湧いてきました

久しぶりに小中学の同級生と会うこともまた

というかそれが一番楽しみです

大学に入って高校の友人何人かとは会っているのですが

小中学の友達とは全然会っていないので、、

寂しい話ですが卒業後も会う約束をするような友達がいないんですよね

小中はピアノに必死でほとんど遊ばなかったから当然といえば当然ですが
(コミュ障の原因これでは、、)

高校に入学してしばらくは寂しかったです

悲しい話がしたいのではなくて

大学に入ってボート部に入って

卒業してからも会えたらいいなと思う存在ができたことが嬉しいです

先のことを考えすぎかもしれませんが

去年の4回生の先輩方が卒業式で撮っていらした集合写真がずっと羨ましいので私たちも、、なんて想像してます

同期が多すぎるがゆえに集まりにくいですがほんとは同期会もしたいです

書いててなんかしんみりした気分になってきたので終わります

読んでくださってありがとうございました


追記
去年もひそかに行なっていた「いろんな人と遊ぶ」プロジェクトが今年も遂行できそうで嬉しいです

誘いに乗ってくれたり誘ってくれたりした人ありがとうございます楽しみです!

 

夏休み 2回生 東野

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お疲れ様です。2回男子ロー東野です。
今日でテストが終わり、またいつもの生活に戻っていきます。テスト週間で夜が遅くなってしまいがちだったので、朝4時半に起きれるかがすごく心配ですが、徐々に戻していこうと思います。せっかく夏休みに入るので、練習はもちろん頑張るわけですが、それ以外の時間もただ寝たりごろごろしたりといったような使い方ではなく、普段できないようなことに時間を当てたいなと思います。

9月はカナダに行ってきます。
何をしにいくのか
1ヶ月で何ができるようになるのか
と聞かれたりしますが、自分自身あまりはっきりしていません。敢えて答えるなら、経験を積みにいく、といったところでしょうか。普段の生活はボートの練習が大半を占めていますが、普段と違う環境で普段と違う生活を送ることになるので、なにかを得るチャンスかなと思っています。一生懸命に取り組み、なにかしら成長して帰ってきます。

僕がボート部から離れている間に、同期は全日新に向けて努力していることと思います。このようなタイミングで抜けることは、正直自分でも嫌でした。自分も全日新で勝負したかったし、みんなで頑張ろうとする妨げにもなるだろうし。この期間は自分への試練だと思って、頑張るしかないかなと思っています。
たまに連絡下さい。

 

いとあつし 2回生木下

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2回生木下です。
夏が本気を出し始めて、太陽がジリジリ暑い季節となってしまいました。
サッカーやってた時と比べて、暑さへの耐性が弱くなっているように感じます。自分の身体が弱くなった感じがして、なんか悔しいです。

皆さん、この暑さをどう乗り切りますか?
自分は冬の歌を聴くことで暑さをなんとかしています。意味わからない人もいるかもしれませんが、冬の曲聴いたら体感2〜3度くらい下がってる気がするんです。(これはあくまでも個人の体感であり、個人差あります)

GLAYのWinter,againとT.M.RevolutionのWHITE BREATHはオススメです!(PV見てくれたらわかります)

夏なので夏の曲を聴くのも良いですが、皆さんも冬の曲で少し涼んで夏乗り切っていきましょ〜

 

今年最後の戦い 2回藤森

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、2回生漕手の藤森です。テストも殆ど終わりもうすでに夏休みという人も多いのではないでしょうか?

長いと思っていたシーズンも気づくと残すところあと試合を数個残すのみとなっていて少し驚いています。

僕は怪我のせいで今年は全く試合に出れておらずシーズンが始まったというはっきりとした意識のないまま過ごしていた気がします。

しかし同じ学年の漕手はみんな記録を伸ばし中にはインカレのメンバーに選ばれる人も…という状況に少し焦りを覚えています。

ただもう過ぎてしまったこと。嘆いても仕方ないので今までの試合に出れなかった分は過去として、最後の残されたチャンスである全日本新人選手権のメンバーに選ばれたいと強く思い頑張っています。

コーチや先輩方はめちゃくちゃ楽しいと言っている全日新、一度だけしか出場権がないこの試合に僕は是非とも出たいです。

選考まであとひと月弱、全力でやってやりたいと思います。

 

あなたの好きな艇種は? 3回生 喜寅

ボートの日誌CM(0) TB(0)



8月になり、今シーズンも残すはインカレのみ。今日でちょうど30日前なのかな

昨日今日と後輩とペアに乗りました、テスト期間限定の即席クルーですね
普段乗らない人とクルーを組めるチャンスなのでテスト期間は個人的には美味しいと思っています笑(テストがない人だけの特権ですが)

彼とは同じフォアに乗ってはいるのですが、ペアになると別の話。フォアって同じサイドに2人いるので割と誤魔化しが効くんですが、ペアでサイドが自分ひとりになるともう誤魔化しがきかないんですよ!自分が表現する漕ぎがモロに出ちゃう。それでも、あーだこーだ自分たちの表現を口に出して相手に伝えることでどんどん艇の進みが良くなっていく。


やっぱりペア最高。


っていうお話。

話は変わって、来年はとうとうオリンピックイヤーであると共に自分の最終シーズンであるのだなぁ。
梅雨があけてから夏が本格化し、うだるような暑さの毎日ですが来年は確実に人生で一番暑い夏になるんだろうな。でも、そんな夏を過ごせるかどうかも自分次第だから頑張らないとな、また明日から頑張っていきます

 

名無しの猛虎魂さん

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは二回生マネの北原です。 
そろそろ阪神の優勝が見たいのですが今年もどーですかね。交流戦前は強かったんで、今年は甲子園に見に行きたいなと思ってたんですが、ぜんぜん行ける機会ありませんでした。最近はそんな強くないし、行きたい気持ちは薄れちゃってますね。まぁぼっちで一緒に行ける人がいなくて、1人甲子園も一瞬考えたんですけど、1人カラオケとか、1人映画よりもハードル高すぎて無理でした笑
そんなこと忘れて自分の勉強頑張ります。

ボートはチームスポーツですが、僕の資格試験は一人での戦いなので、模試がうまくいっても、勉強辛いなっと思っても共有できる人があんまいないので、たまに寂しさを感じます。楽しい時は笑いあって辛いときは一緒に乗り越えて行ける仲間っていいものだったなとつくづく思います。

今はとにかく早く受かってみんなの元に戻りたい。それをモチベーションにぼっち魂で頑張りたいと思います!

 

夏とエアコンと私 2回生高橋

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。こんばんは。クーラーを効かせながら布団をかぶって寝るのが好きな2回生漕手の高橋です。
ついこの前セミが鳴き始めたと思えば、立っているだけで汗が吹き出てくる暑さがやってきました。夏ですね。エアコンの効いた室内がとても心地よく感じられます。

今のこの期間はというと、他の人も書いていると思いますが、テスト期間です。学生の命である単位をかけて現在も奮闘中です。

話が少し変わりますが、最近夜も暑いですよね。正直暑すぎて寝れないので、クーラーかけっぱなしで寝ることが多いです。
ところでクーラーかけっぱなしで寝るのは良くないとか、電気代がかかるなど、夜のクーラーかけっぱなしに関して諸説ありますよね。特にタイマーをセットして寝るのが良いとよく言われています。が、エアコンのタイマーをセットして寝て、タイマーが切れ暑くて夜中に途中で目が覚めることがあったりしたら結局熟睡出来なくなります。ただでさえ夏は暑く日中疲労しているのに疲労回復のための睡眠が妨げられると疲れを取ることが出来ないということになってしまいます。このため、目がさめるくらいなら、はなからかけっぱなしの方が良いとも言われています。温度もかけっぱしなしの方が保てて電気代も安くなるとも言われています。
ただし風が体に直接あたるのは良くないのでエアコンの羽の角度の調整は必ず行ってください。温度は28度くらいが適温と言われていて、またいくら熟睡と熱中症予防のためとはいえ体を冷やしてはいけませんから、布団やタオルケットや着るもので調節も行うようにした方が良いでしょう。

諸説ありますが、クーラーの効かせ過ぎで体調を壊すといったことがないようにしましょう。万全の状態でテスト乗り越え、待っている夏休みにつなげていきましょう。

 

デカイクーラーが欲しい

ボートの日誌CM(0) TB(0)

試験期間も半分を過ぎて、一旦落ち着いています。二回漕手の辻野です。

最近は猛暑が続き、土日も暑さから4時30分起床になってしまいました。眠いですが、暑いよりかはまだマシだと思うので、いいかなぁと思います。

そんな中最近ロー部屋のエアコンの調子があまり良くない時があり、暑さに耐えながら生活しないといけないことがあります。なので、エアコンが調子いいことを願うばかりです。

最後にテスト期間中は徹夜して生活リズムを崩しがちですが、テスト終わるまで頑張っていきましょう。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.