FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

原動力 1回生 高橋

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、1回生漕手の高橋です。
現在、テスト期間でアワアワしている人も多いと思います、僕もその一人です。

正直なにを書こうか、ものすごい悩みました。いい機会なので現在までの冬モーションの振り返りをしたいと思います。

この冬モーション、毎回の練習の乗艇しかり、エルゴしかり、ランしかり、成長を感じながら毎日練習できています。
この毎回の練習の原動力は一体どこから来ているのでしょうか。人それぞれ答えはあると思いますが、僕の答えは間違えなく『加古川での敗戦』です。

自分のボート人生のはじめての公式戦である浜寺での戦いはボロ負けでした。審判艇にも抜かされ、切りこまして一度停止した隣のレーンの艇にも抜かされ、名の通りのボロ負けでした。悔しいけど、そこまでの負け方をするともはや悔しくもない、不思議な感情でした。

その後、1回生のインも始まり、新人練とは比べ物にならないくらいのモーション数になり、それに伴って1回生の皆んなも確実に強くなっていきました。
そして迎えた加古川の日、僕はセカンドエイトに乗せてもらいました。クルーとしての目標は最終日進出。決勝まで残ることが目標でした。 ものすごくワクワクしていました。新人練とは比べ物にならないくらいの練習をして、確実に自分たちは強くなっていて、どこまで他校との差が縮まっていたのか、どこまで通用するのかとてもワクワクしていました。

結果としては敗者復活戦で負け、敗退となりました。確かに差は縮まっていました。前とは違って審判艇にも抜かされませんでした。けど、勝つことはできませんでした。


死ぬほど悔しかったです。勝ちたかった。人生で生きてきて1番悔しい思いをしました。
確かに強くなっていました。けど、まだまだ足りていないということを痛感させられました。
まずガタイから違っていました。エルゴのタイム、乗艇の技術しかり、まだまだ遠く及んでいないということがよくわかった試合でした。


それから入った冬モーション。あの悔しさを忘れて練習した日はありません。
練習でしんどくなってくるたびにあの日の敗戦が頭によぎります。少しでもあの日負けた他校に近づきそして追い抜いて行くために。

もう冬モーションも終盤にさしかかっています。 シーズンで1つでも多くの試合に勝つために、毎日0.1秒でもいいから速く強くなっていきます。ここからもう一度気を引き締め直して練習していこうと思います。
皆さんも一度自分の原動力を思い返してみてはいかがですか?

ここまで、長くまとまりがない文章を読んでくれてありがとうございました。


p.s 毎回のエルゴ、うんざりしている人いませんか??もう一つのやる気の原動力として毎回のエルゴで誰かと競うということがオススメです。
僕も毎回ある人一人の人と競っています。(僕が勝手にその人に対してライバル視しているだけかも笑)
その人は毎回僕のが更新していくベストタイムを0.1秒や0.2秒と上回ってきます。とても腹が立ちます。が、そのおかげで毎回奮起させられます。ありがとう。けど、これからも負けるつもりはありません!! 以上です。
スポンサーサイト



 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.