FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

Noblesse oblige 一回生 是常 雅哉

ボートの日誌CM(1) TB(0)

テスト勉強お疲れ様です。今回はみんなとは違う視点からのみなさんのがんばりをお伝えしようと思います。

ぼくはcoxとして、みんなのエルゴのデータをまとめたりして、「数値」として判断することが仕事です。3000*4、1500*6、あと最近ではマシンローで2000ttも実施しました。それをドロップボックスに打ち込んでいくわけです。
先日、時間が空いていたので、新しく2000ttのランキングを作成しました。いつもはしていなかったので、はじめてのことでした。基本的には前回、前前回のデータが残っているので、タイムが更新したら書き換えるだけのお仕事です。

冬モーションも半分が過ぎましたが、エルゴの目標タイムに遠く及ばない、こんなはずじゃないの
に、、って悩んでいる人もいるかもしれないですね。

話を戻しますが、この簡単なお仕事が、非常に大変だったのです。
なぜだかお分かりでしょうか?

それは、みんなのエルゴのタイムがかなり更新されていて、ランキングも大きく変わることもあったからです。上を見たら、それはそれはまだまだだなって思うこともあるかと思います。でも、たまには自分を褒めてあげてくださいね。少なくとも、ぼくはその仕事を通して、改めてみんなの伸びを実感していますから😤

どうか、もっともっと打ち込みのぼくの手を患わせるくらい、ぐーんとエルゴが伸びますように、、
遠慮はいりませんから👍

ところで、題名のNoblesse obligeとは、「高貴な人には、それに見合っただけの義務を果たす必要がある」という意味です。
世界には、望んでも思うように勉強できない人々がいるけれど、幸い日本にはしたいだけ勉強できる環境がある。周りには、望んでも思うようにボートができない人がいるけれど、幸いぼくにはしたいだけボートをさせてくれる環境がある。今だからこそ、もう一度このことを再確認してやっていかなきゃですね💪

ps たまにこれを見てるお母さんへ
直接は言えないし恥ずかしいので、ここで言うけど、自由にさせてくれてありがとう
いつかがんばって対校乗るから🔥
一回生 是常 雅哉
スポンサーサイト

 

のめり込め 1回生 楠本

ボートの日誌CM(0) TB(0)

いきなり命令口調なタイトルで始まってしまったんですが、このタイトルは誰かに命令するような意味合いではなく、意気込みのようなものです。

僕は以前、自分の多事漕論で「気に入ったものは熱中してとことんやる性格」であることを書きました。この性格を活かすには、物事を気に入る、ひいては好きになることが必要です。ただ、やっぱり嫌なものは嫌なわけです。それら嫌なものをどのように好きになるのかが鍵となってくるわけです。嫌いなものを好きになる…その方法なんて見当もつきません。でも、嫌いなものを好きになった経験ならあります。

僕は「納豆」というものが大嫌いでした。匂いもひどくて味もイマイチ、食感なんて最悪です。こんなもの人間が食べるものではない、食べる人の気が知れない、そう思っていました。でも、ある時何かの拍子に食べてみると案外最悪でもなんでもなくて、普通に美味しい栄養のある食べ物になりました。そこから僕は納豆を好きになりました。

僕はしんどい練習は嫌です。でも、前に述べた経験からすると、ある時の練習からしんどいメニューでさえも楽しく思えてしまうのではないか、そう信じてやまないのです。きっと楽しむためにはのめり込むことが絶対条件なのだと考えています。

紆余曲折してしまいましたが、タイトルの意味は理解していただけたでしょうか?理解していただけたなら今回の多事漕論は大成功です。

追伸
先日、永田さんの2000mTTの引き直しを直接見ました。やっぱり「すごい」こと一言に着きました、いや、もしかすると「すごい」程度では収まらないかもしれません。もっと頑張らないとと思わされ、同時に刺激を受けました。

 

さむい  1回生北原

ボートの日誌CM(0) TB(0)

さて、私は浪人したために今年成人式を迎えました。

神戸市は式典を屋外でやると聞いていて、寒いなか市長の話なんて聞いてられないと言う友人に流され私も一緒に式典の終わり頃に会場に向かいました。

大勢の人の中から中学や高校の友達を見つけてちょくちょく話していたのですが、1番嬉しかったことは小学校の時の親友に出会った時ですね。
 
会った瞬間抱き合って再開を喜びました。中学校がバラバラになったためそれ以来連絡もせず、会うことがなかったのですが、ぱっと見た瞬間わかりましたね。

8年ぶりだったのですが人って見た目はだいぶ変わってますけど、心の底の部分は変わってないんですよね。一緒にしゃべってて心地よかったです。 

自分から連絡してもっと会ってればよかったと後悔しました。


私の性格上気を使わずに何でも喋れるのってほんの数人です。そして中、高の友達となんて卒業と同時にぷつんと切れる友人関係ばかりでした。いまだに連絡とって遊ぶやつなんて両手で余裕で数えられてしまうんじゃないかと思います。 

これを書いてて自分という人間が悲しくなってきます。

そういうところからこのボート部の友人関係がこの先ずっと続くようにしていきたいですね。そのために自分の殻を破ってもっともっと深く皆とかかわっていきたいと思います。

途中から自分でも何書いてるかわからなくなってきたのでこのへんで終わりにします。最後まで読んでもらってありがとうございます。

 

思考こそが至高 1回生木下

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。1回生の木下です。

テスト勉強で忙しい今日この頃、何について書こうか考えていましたが、哲学の勉強をしていたので、哲学を交えた話をしたいと思います。

「人間は考える葦である」

フランスの思想家であるパスカルの有名なフレーズですね。でもこれは一部を切り取ったもので本当は

「人間は自然のうちで最も弱い葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」

なんとも深い言葉ですね。

人間は抗い難い自然や運命に左右される無力な存在である。

しかし、人間は考えることでこれらの自然や運命に振り回されながらもそれを乗り越えて行ける存在でもあると。

私はこれを聞いてボート部にも当てはまるのではないかと思いました。

ベストがない…良いパフォーマンスができない…勝てない…

こんな目も当てられない悲惨な運命が待っているかもしれません。

しかし、ここで考えるのです。勝利のためのわずかなパーツを探し求めるために。考えることで勝利への道が拓け、無力なりに抗い続けることで敗北という運命から脱却できるのです。

その先に待っているのは
ベスト…勝利…優勝…

思考こそが勝利への道筋なのです。
考える葦になりましょう。

自分なりに頑張って書いてみました。
それではおやすみなさい。








 

勇気100%になりたい   1回生 柏木

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。1回生女子ロー柏木美咲です。
マシンローが終わり、追いコンが終わり1月も末になりました。
時間が飛ぶようにすぎていくのを感じる今日この頃です。


今回はテスト直前ということもあり、軽めにしようと思っていたのですが、
こういう場を与えられるとどうしても熱くなってしまうタチらしく、
相変わらず暑苦しい文章になってしまうかもしれませんがお許しください。
(まぁ担当は月に1度も回ってこないので、たまにはいろんなことに向き合って考えることはいいことじゃないかと自分のここでの暑苦しさに反省はしてないのが実際ですが)


私には尊敬してやまない人がいます。
私は高校時代ソフトテニス部だったのですが、その人というのは
ソフトテニス部のキャプテンであり、私のペアであり、今でも大事な親友の一人です。


彼女はかなり個性的な人で、
一緒に写真を撮ると、見たこともないような変顔をかましてきたり、

彼女の大学では、ミスコンは最もおもしろい人決めるらしく、
彼女はちゃっかり優勝して、男性の優勝者と二人でおおきな舞台で漫才をしたとか。

また、私が最近ショートカットにしたのでその写真を送ると
片桐はいりの写真を送り返してきました。


と、これだけだとほんとに変な友達なだけですが。

私が彼女を尊敬するのは
私ができないことをすっとやってのけるからだと思っています。


大勢の前で発表する人が必要になれば、進んで手をあげます。

高校の体育の授業では、集合時間がおくれ、先生が怒って職員室に帰ってしまったとき
体育委員だった彼女は、一番に謝りに行きました。

部活では、言いにくいことでも嫌われる覚悟で、必要なことはきちんと言ってくれました。


私は、電車で席をゆずるのも、人に道を尋ねるのでさえも勇気がいって
見て見ぬふりとか、まぁいいかって流してしまうこともあります。

ボートでいうと、
他の人の動画をみて、もっとこうしたらいいんじゃないかと思うことも
「いや、でも自分もできてないや」って言えないとか、

この状況のまま放置するのはよくないかと思いながらも、それまでの成果を壊すのが
怖くて変えられない。


彼女がしていた行動も勇気を出さずにできるわけではないと思います。
ただ私と彼女との違いは、出さなければいけないときにきちんと勇気をだせるかどうか、
です。


周りの目を気にしないことも、成果を出し続けたい気持ちも
たぶんやめることはできません。
でもこのままの自分では、
自分のためにもチームのためにもよくないということも分かっています。


だから解決策として、
ボートのことも、他のことももっとたくさん考えて、もっとたくさん知ること


これが私にとって必要なことで
「勇気を出すこと」の背中を押してくれるはず・・・。


そのためにまず今はしっかりテスト勉強して、無事テストを終えれば
いろんなこと調べて、ボートに関する動画をみまくることからスタートさせようかと思います。

2019年を通して、
今よりも一歩勇気を出して、行動できる人になれますように!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

次に 一回生 景山

ボートの日誌CM(0) TB(0)

更新遅れてすみません。


先日 成人式を迎え、大人の仲間入りをしたと思っています。



最近、日本で多くの地震が起こっています。被災地の方々の安否が気になります。


南海トラフ地震が近い将来、必ず起こると言われています。 僕は地震が起こって死ぬ。 と考えたときに全然恐怖がありません。

しかし、最近、僕の祖父母と親がお墓の話や死んだあとの話を耳にすることがあり、とても嫌な思いをします。それと同時に死というものに対してとても恐怖を抱いてしまいます。


自分は知らず知らずのうちに人を傷つけてしまうことが多々あります。その場のテンションで行動して、 その時は絶対に後悔しないわ〜と思っていても、数日経つと取り返しのつかないことをしたなと深く後悔することが多いです。


その人たちに嫌悪感やこいつありえへん。みたいな目で見られてようやく自分を客観視してようやく自分のしたことについて反省と後悔をします


他人から教えられてようやく物事を理解できる。自分で考えればすぐわかることでも気づくことができない自分が僕はとても嫌いです。


きっと僕はまだ大人ではないのでしょう。周りからも子どもっぽいと言われることもあるのできっとまだまだ未熟なんです。



だからもしかしたら今からする選択も後悔するのかもしれないです。けれども後悔するのは選択の後に嫌な思いや失敗をしているからだと思います。

だから後悔しないためにこれから生活していきたいな〜と思うと同時に今まで傷つけてしまった人たちにいつの日か許してもらえるように頑張っていこうと思います。


おじいちゃん おばあちゃんは死ぬのが怖くないのかな〜と最後に思いました。これは50年後にわかりますね。(笑)


お前どうした?と思った方へ
僕も何書いてんだろうと思っています。

 

もっと強く

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生の石塚です。今回は自分の中で思ったことを書こうかなと思います。

日曜日にあったマシンロー大会から4日がたちました。僕はボート部に入部して、浜寺杯、加古川レガッタ、そしてマシンロー大会と3つの大会に出ました。
そして全てで負けました。

勝ちたい。
浜寺一日目で他艇に大差をつけられ最下位だった時も、加古川の敗復で煌に負けて敗退した時も、マシンローで駄目な結果を出した時もそう思いました。今まで一時の感情で、上っ面で悔しいと思うことなら何度もありました。でも何でかは分からないけど自分の深いところで感じた悔しさはどっかに残り続けてるみたいで、ときどきその悔しさが思い出したかのように湧き出ては[もっと強くなりたい]っていう気持ちでいっぱいになります。

僕は頭で深く考えることが苦手です。というよりも、大学入るまで頭で深く考えて何かをしてこなかったです。目的や目標にどうすればいいかと考え、実行した結果を分析して、次に繋げ続ける。正直今までを何となく過ごしてきた僕にとってはとても難しいです。意識的に考えようとしないとできなくて、時々考えることを忘れていることすらあります。それでも強くなるためなら考えることを止めたくないんです。もしも忘れてしまっていても、何度でも思い出してまた始めてみせます。変わらないなら変わるまでやります。
強くなることを完全に諦めることは絶対にしたくない。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

充実感を得るために 一回熊倉

ボートの日誌CM(0) TB(0)

マシンローと4回生の皆さんお疲れ様でした。先輩方の言葉の中で、「ボート部は好きだけどボート競技自体はそうでもない。ではなく、ボートも好きになってほしい。」というのが特に心に残りました。

私は何事も気持ちの持ちようで乗り切れると考えています。きつい練習の前は、練習が楽しいと思おうとし、終わると充実感があるため、ボート競技を頑張ろうという気持ちは強かったです。

しかし、12月に膝を痛めてしまい、メニューを全てこなすことができない時期がありました。その時に、皆んなが乗艇をし出払った艇庫の静けさや、今までできていたことができないつらさ、なかなか治らない怪我への不安を知りました。11月には短期と長期で目標タイムを書き出し、毎日記録をつけていましたが、つける記録も出せなくなりました。

今は膝の痛みは無くなりつつあり、練習を再開できていますが、これらの記憶が新しいため、素直にボートが好きとは言えなくなっています。

ただ、マシンローでは自己ベストを更新し、怪我の期間も成長はできたのかなと思います。
成長には、様々なストレッチ方法や筋トレを教えてくれ、練習のドクターストップを容赦なく出してくれたあすかさんの存在が大きいです。
加えて、無償で医療器具を貸して頂けたり、怪我仲間同士で自分たちにできるサーキットメニューをこなせたことが力になりました。

怪我を通して言えるのは、人の有り難みを感じられるボート部は好きだなぁということです。ボート競技自体を好きになりかけたこともあったので、ボート部への好きの気持ちを押し広げて、ボート競技が好き!と言えるように練習に打ち込んでいきます!!

まとまりがなくてすみません。全部読んでくれた方ありがとうございます。

 

アメリカではスーパー・ブラッド・ウルフムーンだったらしい 3回生太田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今朝はスーパームーンに照らされて、少し久しぶりの乗艇でした。ライトとエルジャケなしで乗れる日が待ち遠しいです。


先日のマシンロー大会は6:50.0で目標とは程遠い結果でした。1100mか1200mくらいから、この時間が早く終わってほしいとばかり思う、ひたすら苦しい2000mでした。

うまくいったり、うまくいかなかったり、うまくいかなかったり、うまくいかなかったり。基本的にうまくいかない毎日ですが、それでも前を向いていきたいし、前を向いていかないといけないと思っています。


男子は2月末にも2000ttを行います。
今度こそ。

 

今日から俺は〇〇 1回河出

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、1回の河出です。
マシンローお疲れ様でした。そして何より4回生の皆さん4年間お疲れ様でした。昨日の4回生のお話を聞いているとやはり同じ目標へ向かって進む「仲間」はとても重要な存在であるとつくづく思いました。
さて今日から僕は通常メニューに復帰します。実に5ヶ月ぶりということになります。正直スイープの漕ぎ方なんて忘れてしまいました。思い返せば怪我期間は「仲間」に助けられてばかりでしたね。9月頃はもう気持ちは沈んでいました。それでも「早く復帰してまた一緒の船乗ろうや!」とか「早く戻ってこいよ!」とか言ってくれた同期のみんな、ちょっとしたことでもアドバイスをくれる先輩方にはとても感謝しています。特に喜寅先輩には感謝しきれません。エルゴを一から教えてもらい、それ以外にも体の柔軟性のことやボートへの考え方様々なことを教えてもらいました。まだまだ身についていないことが多いのですが…だからこそ早く復帰して期待に応えたいというか笑(期待されているかわかりませんけど)
そして今怪我で苦しんでいる人に伝えたいことがあります。僕からでよければ最後まで読んでください笑
同じ怪我で苦しんでいる人に聞いたのですが、怪我人は何も生み出さない、つまり「生産性」がないということです。まぁ確かに言われてみればそうなのです。怪我の期間に何を生み出すのか?通常メニューをするわけでもないわけですし。ただこれは捉え方の問題ではないのかと思います。勿論怪我をしないのが一番です。怪我をして落ち込むのも当然だと思います。ただ怪我をしてその原因を突き止め、そこから次に何ができるのか最善の策は何なのかを考えるのが重要だと思います。それがずっと安静にすることなのかそれとも少しでも並走やケアの手伝いなどみんなの練習の力になることなのか、自分の弱点を鍛えることなのかそれは人それぞれの怪我の状態によると思います。何が言いたいかというと怪我をせずそのまま通常メニューをしていた自分よりも、怪我を経て何か柔軟性や筋肉量やボートへの考え方(なんでもいいのですが)が強くなった又は変化した自分になればそこにより良い生産、つまり「生産性」が生まれるのではないのかということです。あまり上手く伝えられなくてごめんなさい。とにかく落ち込んでいるばかりでなく、考え方を変えるということですね。そのためには「仲間」の存在も重要ですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ボート部生活、有限だけど無限 1回生加藤

ボートの日誌CM(0) TB(0)

新年あけましておめでとうございました、どうも1回生カトウスズカでございます。

私事ではございますが、先月20歳を迎え、先日成人式を無事終えることが出来ました。

20歳を迎えてから、私の周りでは中高の同期達がSNSに長ーーーい20歳としての抱負や長ーーーい親への感謝をSNSにつらつらと書いていましたが、そういうのは他人に発信せず、心の中に留めておきたい、親への感謝は直接言えばいい、そんな反抗期を迎えております20歳1ヶ月弱です。

(といっても、照れ屋な私はまだパパ様とママ様に感謝を伝えれてないのですが)

前置きが長くなりましたね、

この前成人式前の同窓会に参加した時の話をさせてください

高校の同窓会があったんですけど、
当時の同級生や先生と
高校3年間の思い出を語ってたのですが、とても懐かしく、戻りたい!とすごく思いました

特に懐かしかった話は、
目が合うと必ず当ててくる先生と
目が会った瞬間に隣の席の子に目配せをすると
必ず隣の子が当てられるという必殺技を私があみだして周囲の子に迷惑をかけた話ですかね(語彙力)

改めて思い返すと
高校の3年間はあっという間でした
すごく早く駆け抜けた気がします

そう考えると1年長いこの大学でのボート部生活も一瞬なのではないかと思いました。(実際もうすぐ1年になるのですからね)

時間は有限です
ぼーっとしてても時間は過ぎていく
何をしてても皆に等しく同じ時間が流れていきます
ボート部で生活しててもしてなくても
多分今回の4年間も一瞬だろう



だが!しかし!But!
その4年間をどうするのかは無限です!
これからの時間を過ごすのかは無限の過ごし方がある
全ては自分次第。


4年間という限られた時間だけれども
その中身の可能性は無限大

(私がイケメンの彼氏を捕まえる可能性も有り得るということですな)

そう考えるとワクワクドキがムネムネしてきますね




それではもう一度タイトルコールを

ボート部生活、有限だけど無限

だからこそ、自分から楽しみを創る




追伸

同窓会で、
「浮いた話なんかないんか」と絡んでくる人は、本当に聞きたいなら私に課金しろ

どうもありがとうございました‪( ◜௰◝ )‬

マシンローお疲れ様でした!

 

黎明

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お久しぶりです3回生の武中です。
🎍あけましておめでとうございます🎍
一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭
縁起の良い初夢は見られましたでしょうか。
悪夢にうなされた…という方も一概に悪いことばかりではないようなので気を落とさないでいいかもしれません。


タイトルですが
読み:レイメイ
意味:新しい事柄が始まろうとすること、またはその時
となっています。

年も明けて昨年を振り返り新しいことに挑戦してみる人、達成出来なかったことにもう一度挑戦してみる人、それぞれだと思います。

1回生は様々なことが新しい事柄の始まり、それこそタイトルの黎明そのものだと思います。

今で言えば新勧でしょうか、勧誘される側から勧誘する側になり、部をより大きくするために2回生と頑張っているとよく耳にします。

今年の1回生は真面目で頼りがいがありますね(´ー`)
ぼくも少しは見習わなければなりませんかね…結局去年掲げた「脱クズ」はどう考えても達成ならず。でしたので…


はてさて、次の新勧でもぼくは持前の仕事能力を買われて(決してコミュニケーション能力に難があるわけではないです。断じて違います。)名簿班だそうです。
学情に籠る故にこのルックスを活かせないのが悔やまれますね…大きな戦力が名簿班に流れてしまいました。


冗談はさておき、何も1回生だけが全てが目新しいわけではないと思います。

それこそ回生が違えば立場も違うわけですから、新勧で主体になる2回生、部を動かす3回生、いつになってもその年は新しいことが始まらざるを得ないわけです。大変ですね。

とまあ人事の様に言ってのけましたが、年々仕事が増えて世知辛く感じる竹中、今日この頃です。致し方ありませんね。


新人練、院試と今年は慌ただしい年になりそうですが、それでも一年を振り返ったときに少しでも笑っていられるような、全員でそんな一年にしていきたいですね。

最後に
3回生同期諸君、残り8ヶ月弱全員で頑張っていきましょ✌️


【あとがき】
黎明には実はもう一つ「夜明け」という意味があります。
よく人生は四季やら一日やらに例えられたりしますよね、さしずめぼくは今冬真っ只中、夜といったところですかね(´ー`)
明けない夜はない、季節も巡るわけなので…

せっかくの年の始めなのでここは神頼みでもしてみましょうか…

2019/1/19:瓢箪山稲荷神社を詣で終えて

 

お説教

ボートの日誌CM(0) TB(0)

ベストが出ない君へ

スポーツをやってる以上、他人からの評価は免れません。

特にエルゴではコンマ何秒、数メートルから明白に漕手の個人レベルが比較することができます。
毎日のトレーニングが他人と逐一ものすごい精度で比較され、その時々のパフォーマンスが評価されます。

勿論それはモチベーションアップに繋がります。

でもその中で毎回のタイムが振るわなくて辟易としてる自分がいる思います。

タイムが出なかったとき、誰かに負けたとき、目標とかけ離れたタイムを出してしまったとき、君は何を考えますか

あるときからタイムが振るわなくなった君は毎回のあまりにも冷酷で辛辣な評価に目を背けはじめます。

「自分はほんとはこんなもんじゃない、あいつには今日は負けたけどベストは勝ってる、明日は絶対いける」

そうやって本来ダイレクトに襲いかかってくる評価に対して、言い訳という緩衝材を自分の中に設けることで自分を守ります。

そうしてるうち、評価はもちろんのこと、何かしらある真のベストが出ない理由、さらには他人のアドバイスや忠告さえも負けを認めずにいる本人には雲がかかったようにボヤけてしか伝わらなくなってしまいます。

結局評価を素直に受け入れなかった君は何の成長もなく終わってしまうことになります。

そしてろくに改善も出来ない日々が続くと、どんだけ頑張ってもベスト出ない。自分なんてだめだ、はぁー、今回もエルゴでベストは無理かな。頑張るけど。

って思います。



全ては自分が自分の評価をダイレクトに受け止めなかっただけ。ほんとにそれだけなのに何から改善したら良いか考えられなくなります。
なぜならベストが出なかった事を心の底から悔しがってないから!

どっかで言い訳作ってるはずです。


自分の評価をぼやかしてしまっては全く、ほんとに全く成長しないです。


過去の自分、幻想の自分像に捕らわれず、今の評価を大切に、ありのままの自分を見つめ直すことが大事です。
出来ないことは出来ない。
出来ない理由を探すのではなくて
なんで出来ないかを考える。

今いるのは過去にベスト出した君ではなくて、ヘボなタイムしか出さないポンコツな君しかいないです。

君は最近までずっと言い訳マンでしたね。でも、ばか正直に自分の評価受け入れて日々成長してる純粋で真摯な同期から素直でいることを学んで強くなりましたね。




明後日に迫ったマシンロー大会、ベストを狙おう。その為の練習をしてきたし、絶対出ると信じています。


ボート部の長である君ですが、明後日は自分の為に自分と戦いましょう。その姿を見て全員がついてきてくれるはずです。過去の自分とはおさらばです。


後ろは見ない

常に前向きに

 

るんるん分析 3回生鈴木

ボートの日誌CM(0) TB(0)

3回生の鈴木です。

最近、就活の自己分析なるものによって心が病み病みです。そんな時、株式会社ウィルの平田さんという方からとある『裏ワザ』を教えて頂き、自己分析がめちゃくちゃ楽しくなりました。後世に語り継ぎたい!と思い、ここに残しておきます。


ところで。あなたの一番好きな作品はなんですか?
映画、ドラマ、漫画、アニメ、小説、、、

恐らくどの作品にも主人公とその仲間、もしくは強敵が出てくると思います。

ドラゴンボールでいう悟空とベジータ
トムとジェリーでいうトムとジェリー
のだめカンタービレでいう千秋先輩とのだめ
マギでいうアリババとシンドバッド
スラムダンクでいう桜木と流川
アイドルでいう嵐と三代目(知らんけど)

などなど。何となく好きな作品、キャラクターや人物が見えてきたんじゃないでしょうか。


なんでそのキャラ、人が好きですか?

ゾロが好き!ルフィよりゾロの方が男前じゃん!
ドラえもんが好き!のび太よりドラえもんの方が万能じゃん!
有吉が好き!出川より有吉の方がおもろいじゃん!


の「〇〇じゃん!」にこそ、自分が大切にしている価値観が現れています!

みんなで闘う主人公に価値を感じるのか、個人経営で3億稼ぐラーメン屋に価値を感じるのか、論理的なのか感情的なのか、努力派なのか天才派なのか、何に憧れて何に惹かれないのか。

この例で言えば、男前で万能な面白い人に価値を感じている=それがなりたい姿、価値観ということになります。

なぜ片方のキャラではなく、もう片方のキャラが好きなのか。特にその作品への想いが強ければ強いほど、その答えが自身にとってかなり大切な要素だということです。


今までサイトや本に書いてある通りの退屈な自己分析を進めていた僕にとって、この漫画を活用できる方法はまさに必勝法!自己分析をしながら好きな作品について想いを馳せる、、、



嗚呼。幸せ。



就活までまだまだの1、2回生も好きな作品分析をしてみては!

 

日々あつとし

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、2回生漕手の永田です。
2018シーズンを振り返ると自分が思い描いていたシーズンよりもいい結果を残せましたし、いい経験を積まさせていただきました。
2019年は2018年よりもいい結果を残すことが目標です。
新年の抱負に「導く」と書かせていただきましたが、「挑戦」も加えさせていただきます。
2018年よりもいい結果を残すのに2018ver.の永田では、当然他校もレベルアップしているので太刀打ちできません。
2019ver.へのレベルアップが必要です。
1つ上のレベルにステップアップするには挑戦することが不可欠です。
2019ver.の永田にレベルアップすることに挑戦します。
2019ver.のコンセプトは昨年の夏頃から描いています。あとは如何に早くレベルアップをするかです。
冬モーションも折り返し地点を過ぎようとしています。夏休みの宿題を後で後でと先回しにして最終日にとてつもない諒が残っているように、2019シーズンがはじまる頃に、2018ver.の永田のままでいないよう、日々挑戦することに挑戦します。

P.S. 年末、サイドチェンジに挑戦しました。いつものサイドでは無意識にやっていた動作が逆サイドになると1つ1つ丁寧に確認しながらでないと漕げませんでした。あーこんなことやってるんやーってなりました。すごい勉強になりました。
でも下手すぎて神経が逝ってしまわれました。
新しいことに挑戦することって難しいですね。

 

ラッキー

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは3回生藤尾です。



私は高校生の頃からほぼ毎年年末ジャンボ宝くじを買っています。
もちろん去年も買いました。



なんと、今回6等が当たりました。今まで宝くじを当てた事がなかったので、とても嬉しいです。



今年は幸先の良いスタートを切ることができた気がします。

去年よりも良い年だったなと思えるような1年にしたいと思います。

 

洗脳って怖いですね 2回生喜寅

ボートの日誌CM(1) TB(0)

2019年も365日のうち14日が経ちました。インフルエンザにかかり無駄な時間を新年早々過ごしてしまいました故、あまりいい年にはならないのではないかと危惧しております。

話が変わりますが、今月の部員総会で上野監督が仰っていました、「不可能に挑戦して欲しい」という言葉が心に残っております。ボート部に身を置く今、文武両道は当たり前。そこにプラスのものを積むことで人間的により成長することができる的なニュアンスだった気がします。プラスに積むものは人それぞれだと思いますが、できれば自分だけではなく周りの人にもプラスになるようなことを積んでいきたいなと思います。

とまぁ書いて思ったんですけど

この手の話どっかで聞いたことあるなぁ〜

あれ?

うちの母校で耳にタコができるほど聞いたぞ?

徳健財、徳を積む?一緒じゃん!

6年間も通ってたんで仕方ないですけど、まんまと仏教思想の校風に洗脳されてしまっていたのでした。仏教思想じゃないよ〜って人は是非調べてみてください。という、ぼんやりと今年の抱負を宣言してみました。


ps.新成人のみなさま、おめでとうございます!私は一足先に成人しておりましたのでただの祝日でした。

 

星占いって当たるらしいですよ⁉︎ 2回生吉山

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今年は、おみくじは引かなかったんですが、おそらく大吉だったでしょう。いや、間違いなく、大吉だったでしょう。そんな気持ちで新年をスタートさせようとしている2回生の吉山です。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、皆さんは、テレビとかでよくやっている星占いをご覧になりますか?何が1位か気になりますよね。実は、常に毎日、自分の星座を上位(願わくば1位)にさせる方法があるんです!見つけました。

十人十色。多種多様。占い師が全員同じ意見ってことはありません。つまり、1位の星座がネット上には沢山存在します。なので、ネットでひたすら自分がランキング1位になっている占いを探せばいいんです。これで、今日も1日気分上げ上げで、問題解決!


要するに、毎日気分良く、今年一年ハッピーにしていきましょう、ということでした!

 

年賀状

ボートの日誌CM(0) TB(0)

新年あけましておめでとうございます。


昨年はたくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。


出会いもあれば別れもありましたが、様々な方との交流が自分を成長させてくれたように感じます。


今年もたくさんの方々との出会いを大切に、日々精進していきます。どうぞ今年度もよろしくお願いいたします。

三回生 松田

 

ぼくは今幸運の持ち主です 2回生浅田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。2回生の浅田です。

ぼくは今ラッキーボーイです。なぜかと言うとゾロ目に恵まれてるからです。この間、晩ご飯に「はま寿司」という回転寿司屋に行きました。そのときのお会計が1,111円
今日、授業の最後にマークシート3問を解かなければならなかったのですが、その答えが5.5.5
この前コンビニでお買い物をしたらお会計が333円

そしてお気づきだろうか。今日の日付は1/11。そう、ゾロ目なのです。なのでぼくはラッキーボーイです。

この文を見て「だから何なの?」「たまたまでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが実は大事!

もう忘れた方もいるかもしれませんが、以前ぼくは多事漕論で漫画「ドラゴン桜」を紹介しました。そのドラゴン桜の作中に「すべてのことに丸をつけろ!」というものがあります。この漫画は受験を題材とした漫画であり、受験期に不安を感じる学生に対して、周りの事象を自分にとってポジティブなものとして捉えることで心が落ち着くといった内容です。

この考えを実践すると、周りのものは自分の思い通りに動いている、自分はできるやつだといった気持ちが自然と湧き出るそうです。大したことないように思えますよね(笑)ほんとに大したことないです。そんな大したことないことが案外良いモチベーションにもなったりします。ぜひ、みなさんも試してみては?

本当はpm11:11にこの多事漕論をupしたかったのですが、睡魔には敵いません。それでは、おやすみなさい!

 

さ む い !  一回生 上野

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くの投稿失礼します。

あけましておめでとうございます。
1月になり、ますます寒さが厳しくなってきました。寒さ対策をしっかりして、風邪を引かないようにしたいですね。

さて、年も明けたということで、今回は去年の振り返りと今年の抱負を書かせていただきます。
去年、長い受験生活が無事に終わって大学に入り、雰囲気に惹かれてボート部に入部しました。
初めての試合はとても楽しくて、もっと強くなりたいと思ったものでした。

しかしその頃から腰を痛め、今まで約半年、思うように練習に参加できませんでした。
9月頃にはヘルニアと診断され、初めはボートを見るために立っているだけでしんどくて、精神的にもとても落ち込みました。
調子が良くなったり悪くなったり、体のことなので誰のせいでもないし、仲間が汗を流して頑張っているのに、自分はストレッチしかしていない、なんで何もしていないんだと自分を責め、毎日悩みました。

11月頃からは少しずつ筋トレやウエイトができるようになり、毎日できることが増えていってとても嬉しかったです。
しかし、加古川遠征や皆の2000TTを応援するたびに、自分の何も出来ないという現実がよりはっきりして悩むこともありました。

そんな中、同期の仲間は、自分たちの練習はすごくしんどいのに、私の怪我の状態を心配してくれたり、しんどさに共感してくれたり、話を聞いてくれたり、早く一緒に漕ぎたいねと声をかけてくれたり、本当に救われました。
先輩方も、体をほぐしてくださったり、話を聞いてくださったり、ボートについて教えてくださったり、とてもありがたかったです。
改めて女子ローに入ってよかったなと思いました。
また、無料でたくさんリハビリルームを利用できたことも回復の促進につながったと思います。
ありがとうございます。

今年一年、どうなるかは分かりませんが、できることを頑張りたいです。

今回、この多事漕論を書くことで自分の気持ちの整理ができ、ボート部は、漕ぐことが出来なくても、自分なりにできることを見つけて、成長できる場所であるということに気づけました。
ずっと一緒に生活して慣れている分、変わることはなかなか勇気のいることかもしれませんが、今年は、もっと積極的に、いろいろな人とコミュニケーションを取って、周りをよく見て行動できる人になれるように少しずつ頑張ります。

試験勉強もあり大変ですが、マシンローに向けて頑張りましょう!
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
今年も一年、ボート部をよろしくお願いします。

 

今年も末吉

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くに失礼します。こんばんは。二回生漕手の伊地知です。タイトルは本文と関係ないです。来年こそは大吉を出したいですね。

月日は流れるのが早いものでもう2019年になり冬モーションも半ばに差し掛かる頃でしょうか。全日新でシングルを漕いでいたのがつい最近のことのように思えます。

冬モーションは試合がなく少しつまらないなぁと感じることもありますが、日々の練習の積み重ねが自分を強くしてシーズンに入ってからより楽しむことができると思うので、しんどさに負けず毎回の練習が満足できるように残りの冬モーションもやっていきます!また1/20に控えているマシンローでベストを出して波に乗って行こうと思います!


マシンローで全員ベスト出してやりましょー!

 

大吉 2回生 松田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、2回生の松田です。

実は、新年早々とても嬉しいことがありました。

それはおみくじで大吉をひいたこと!

年に一度とはいえ本当に久しぶりのことで舞い上がり、今は財布に入れています。

なんせ、
[まち人:来る]
[病気:きっとなおる]
[うせもの:出づべし]
とまぁ、見事に良いことばかり書いてあるのですから!

おみくじを引き、内容を読んで得られる喜び自体が、大吉のもたらしてくれる1番の高価なのかも知れません。


また、[何事につけても思うままであるが、油断せずに精進しないと掌中の玉を失うことがある] とのことでした。

物事において大きなミスを犯してしまうのは、慣れてきて自己を過信してしまうことによる部分が大きいと思います。

新しい一年の始まり、ゆく先に少しの不安を覚えるこの新鮮さを忘れずに、年の暮れには「あのおみくじは当たっていた」と言えるような大吉の一年にしていきます。


おみくじの内容がどうであれ、皆様の一年も大吉の一年になりますように!


お読みいただきありがとうございました。

 

三回生 岩間

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは
三回女子ローの岩間です。

年が明け、いよいよ本腰を入れて就活が始まります。

始まるにあたりまず自己分析ということで、
お世話になっている方々に他己分析アンケートを送りました。(答えてくれた方ありがとうございます。)

部活の人、学部の友達、地元の友達と
いろんな人に送りました。

正直、自分レベルで知ってくれてる人ってそんなにいないだろうと思ってたのですが、
ボート部の方々からの意見は、自分が思う自分と一致するところや、そう言われればそうかもとハッとさせられるところもあって

あまりプライベートでは遊ばないけど、分かってくれている(バレている?)んだと少し嬉しかったです。

その人らしさって、追い詰められた時とか自分が予測できない状況になった時に一番出ると思います。ボート部では結構そういう経験をさせてもらっているので、だからなのかなと思ったり。

普段も取り繕ってるとかいうつもりはないですが、深く関わらないとわからない部分ってきっとあって。

そして同時に、これだけの大きいコミュニティでお互いに深く知り合えているというのは部活の特権だなと思いました。

一人で三人分くらいの意見の重みがあり、とても参考になりました。ありがとうございます。



理解者がいっぱいいるみたいで嬉しかったという話でした。

今年もよろしくお願い致します。

 

3年後2回生山﨑

ボートの日誌CM(0) TB(0)




成人式&同窓会シーズンになりました。

私も高校ボート部のみんなと集まってきました。

同期のみんなはマメだらけだった手のひらはツルツルになってバイトに明け暮れる生活をしているようでした。

でも話してみるとやはり元ボート部員で昔のレースの失敗談や先生に怒られた話など、懐かしい話が昨日の事のように思い出されました。

当時は辛かったし苦しかったけれど、思い出されるのは楽しかったことばかりで「思い出補正」のすごさにみんなで感心しました。

市大ボート部を卒業したら思い出がありすぎてきっと集まった時に話が尽きないんだろなと思います。

話の種が尽きないように苦しいことも楽しいこともたくさん経験できる1年にしたいです。

 

初漕ぎ 2回生横山

ボートの日誌CM(0) TB(0)

明けましておめでとう御座います。昨日、地元から大阪に帰ってきたのですが、大阪は暖かくて好きです笑。

今日は初漕ぎでした!
わたしは、保護者の方やアロマコンディショニングラボの方の乗艇でcoxをしました。
「楽しかった」と言っていただけたのが嬉しかったです。

これから、新歓などでもナックルに乗って、指導する機会が増えると思いますが、1人でも多くの新入生に「ボートって楽しい!」と思ってもらえるように工夫していきたいです!


今年も元気よく笑顔で頑張っていきたいと思います!応援よろしくお願いします。

 

ネット占い 3回生浅原

ボートの日誌CM(0) TB(0)

新年明けましておめでとうございます。
3年マネの浅原です。

私は初詣に行っておみくじを引く…ということもせず、年が明けてさっそくネットで2019年上半期の運勢を調べていました。

『人との関わりが多くなる1月。いつもは孤独を好む水瓶座のあなたも、今月は人との関わりを楽しむようにしたいですね。』
『とにかく「グループ」ということがカギとなる1ヶ月。仕事の面でも単独行動よりも、グループで力を合わせて何かをすることで、成果が現れそうです。あまり連携プレイが得意ではない水瓶座のあなたですが、今月は周囲と協力をしながら作業をすることになりそうです。』

どのサイトでも独りが好きなことがバレていて占いってすごい!と思いました(笑)

たしかに資金チームとしても、今月は初漕ぎ・紅橈会新年会などOBさんと関わる機会が多くなります。また、東京遠征など単独ではできないことも増えます。

そもそもコールセンター自体
部全体の協力プレーですよね。
みなさんいつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。


よい一年になりますように。

 

二回生 山野

ボートの日誌CM(0) TB(0)

新年明けましておめでとうございます。


本当は30日にあげていたのですが、不具合で上がっていませんでした。メモも残っていないのでまた一から書きます。


今年は全然正月感を感じませんでした。というのもいつもはずっと家で寝正月なのですが、今年は艇庫で練習をし、(去年はインフルで倒れてました)友達とも遊んだのでなかなか充実した年始でした。


このまま充実した一年を過ごせるように努力します!

 

いつになっても 3回生土田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

新年あけましておめでとうございます。
皆さまはどのようなお正月をお過ごしでしたか。

熱しやすいタイプなので年末の紅白と音楽番組を見て某アイドルにハマってしまった、3回生マネージャーの土田奈緒です。

昨日、小学校からの幼馴染と新年会をしてきました。年に数回しか会えず寂しいですが、会う度それぞれの場所でそれぞれが頑張ってることを聞きとても刺激を受けます。内1人は医学部に通っているので何科に進むのか自分は何がしたいのか、時にはそんな深い話もしたりして。
小学生の頃は毎日がただ楽しくて仲良かった3人もいつのまにか成長したんだと感じると共に、徐々に別々の道を歩んできた私たちが社会人になれば今よりもっと会う機会は減ってしまうのかなあと考えると寂しいです。
それはボート部も同じだろうなあと。

ボート部での生活もあと残り9ヶ月となってしまい、就活でバタバタしていたら引退なんてあっという間にきてしまうんだろうと思います。今ある縁を大事にして、ありきたりですが、自分にできることをやりきりたいです。そして数年後に同期で集まった時に(そんな日が来るのか不安ですが笑)みんなと色々な話をしたいです。
いつになっても幾つになっても、ボート部でのことを思い出して笑いあえるような最高の9ヶ月になりますように。


取り留めのない文章読んでいただきありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

あけましておめでとうございます 2回生細見

ボートの日誌CM(0) TB(0)

あけましておめでとうございます

自分は今、年に一度の親戚が祖父母の家に集まるイベントに出席しています。なかなか会えない親戚もいるので貴重な機会です。

ボート部に在籍してる間は同じ部の仲間とほぼ毎日一緒にいるので何も思わないですが、引退して会う機会が少なくなると、たまに会うだけでも嬉しく思うのかもしれないですね。

まあそんなことを考えるのはまだまだ早いですね。今年も一年頑張ります。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad