FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

私事ですが 2回生小川

ボートの日誌CM(0) TB(0)


もうあと2時間ほどで2018年が終わり、新しい年を迎えます。皆さんは平成最後の年の瀬をどのようにお過ごしでしょうか。

振り返ってみると、今年もいろんなことを始めて、いろんなことを終わらせました。

目標を達成出来たもの。

途中で諦めたもの。

今もまだ挑戦中のもの。

まだ始めることも出来ていないもの。


いろいろありましたし、反省することもたくさんあります。

でも、どんなにしんどくても、たとえ途中で諦めたものであっても、始めたことを後悔したことはありません。


やらずに後悔するくらいならやって後悔するほうがいいとよく言いますが、わたしはやりたいことをやって後悔するくらいならやらない方がずっといいと思います。

でも、やらずに満足するのとやって満足するのでは、断然やって満足するほうがいいです!これはもう間違いないと思います。


「出来たかもしれない自分に満足するより、たとえ出来なくても挑戦した自分を誇れ。」

これはわたしの座右の銘です。出来そうもないことに挑戦する時に背中を押してくれる言葉です。

この言葉の通り、来年もたくさんのことに挑戦していきたいと思います。


最後になりましたが、今年お世話になった方々、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


それでは、良いお年をお過ごしください。

拙文失礼しました。
スポンサーサイト



 

更新遅れてすみません 2回生梶尾

ボートの日誌CM(0) TB(0)


2018年がもう終わってしまいますね。

この1年、みなさんにとってどんな1年でしたか?

私は、いろんなことを経験できた、とても充実した1年でした。

試合で勝てた時の快感とか、2000ttでなかなか切れない壁を切った時の嬉しさとか、逆に異常な距離を漕ぐ練習のしんどさとか、なかなかクルーで上手くいかない時のもどかしさとか。

ボート部でしか経験できないことを、たくさん経験させてもらえました。

私がこの1年頑張れて、たくさんの経験ができたのは特に女子ローのみなさんのおかげです。

しんどい時には必ず味方してくださったり、話を聞いてくださる先輩や、頑張ってる姿で力をくれる後輩や、弱音や本音を吐き出す場所を作ってくれる同期のおかげなんです、ありがとうございます。

メンタルも弱いし、ネガティブになりがちな私ですが、2019年も頑張らせていただきます🙇🏻‍♀️

1年を振り返ってみると、女子ローの方々にお世話になりすぎたな~と思い、多事漕論の場でお礼を言わせてもらいました!笑

来年もよろしくお願いします。

ではでは

よいお年を。

2回生 梶尾


 

変える 2回生安田

ボートの日誌CM(0) TB(0)




こんばんは。2回生の安田です。


昨日から本格的に寒くなりましたね。そして、今日は12/29ということで今年も残すところあと3日になりました。

今年1年振り返ってみて、いい1年だったと言えるでしょうか。自分はそう言えない気がします。自分の弱さを痛感した1年でした。


伸び悩んだエルゴに、リーダーとして勝利に導けなかった浜寺杯、不甲斐ない結果に終わった全日本新人。。。


ただしこのままネガティブに終わってはいけません。弱さを知ったなら変わればいいのだから。来年は今年のようなことを繰り返さないためにも一つ一つ行動を変えていきます。


冬モーションこれからまだまだ続いていきますが、結果を出すことで強くなったことを証明していきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。




 

何JUMPになるの? 2回生 千馬

ボートの日誌CM(0) TB(0)






今年も残すところあと3日となりました。
平成が終わることに何の思い入れもありませんし、
ジャニーズにも全く興味はありませんが、
Hey!Say!JUMPが少し古いものになってしまうのがなんかちょっと悔しいですね。
元号に合わせて改名とかするんでしょうか?


…それはそれで悔しいですね。やめましょう!







この1年、実は厄年だったということを
つい3日前に知りました。
心当たりがあるような、ないような、、、(笑)

でも、厄年だったからこそ(?)
たくさんの人が輝いて見えました。



いつでもソツなく仕事をこなす心強すぎる同期のマネ

いつでも笑顔でお疲れ様ですと言ってくれる人

弱音を吐かずひたすら自分と向き合う人

突然の相談にも親身になって答えてくれる人

私に会うだけで嬉しそうに笑ってくれる人

私のダル絡みにダルそうにしながらも毎回付き合ってくれる人

もうよくわかんないことばっかりやってとにかく笑わせてくれる人

強くて真っ直ぐな背中でみんなをひっぱってくれる人


どんなに嫌なことがあっても
いろんな輝きで溢れている艇庫に行けば
明るい気持ちになれました。
本当にありがとうございました。
感謝してもしきれません。


ボート部は、確かに
変われる環境が整っています。
けれど、変わることを強要せず
それぞれが自分にしかない色で輝き方を変えながら
自分の力で、自分らしい1番綺麗な色の輝きを掴んでいる場所だということを実感しました。


え、すごい場所ですね?!


この場所で、まだまだたくさんの時間を過ごせること、
まだまだみんなと戦っていけることがとても嬉しいです。


支えたい、力になりたいと言いながら
いろんな人に支えられた1年でしたが
学んだこともたくさんあった1年でした。

それでも全然頼りない私ですが
来年もどうにかこうにか頑張るので、よろしくお願いします!




あと2時間で愛しの我が家だ〜〜〜!🐻



良いお年を







 

点を結ぶ 3回生 永井

ボートの日誌CM(0) TB(0)



選手のみなさん、2000ttお疲れさまでした。
ベストが出た選手、おめでとうございます!

最近、密かに嬉しいと思ったことを書こうと思います。
1月のマシンロー大会のためのエントリーシートを作成していた時のことです。

エントリーシートには名前や性別、生年月日、そして、身長体重とエルゴのベストタイムも入力します。
2回生以上のメンバーのデータは昨年のデータを使用して変更点のみ入力し直していたのですが。。。
エルゴのベストタイムを全員入力し直しました!
つまり、昨年のエントリーからこの1年間で全員がベストを更新していたんです。
数秒の選手もいれば、なんと15秒ほど更新していた選手もいました!
そして、日頃から体重増加に取り組んでいる選手の多くも、体重を入力し直しました。

今日の2000tt、ベストが出て喜んだ選手もいる反面、ベストに届かず悔しい思いをした選手もいると思います。
何ヶ月もベストが出ていなくて「もう強くなれないんじゃないか?」と不安に思っている選手もいるかもしれません。

でも、みんなに知ってほしい。
確実に強くなっています。
頑張りはきちんと数字にも出ています。

前を見ろ、後ろを振り返るな
と、よく言いますよね。

でも、たまには振り返ってもいいと思うんです。


未来を見て、

点を結ぶことはできない

過去を振り返って

点を結ぶだけだ

だから、いつかどうにかして

点は結ばれると

信じなければならない

ースティーブジョブズー

選手のみんなには、たまには、ここまで頑張ってきた過去の自分を認めて、自分を褒めてあげてほしいなと思います。

遊びやバイト、たくさんやりたいことがある中で、きつい練習を毎日頑張っている選手たちを心から尊敬しているし、そんな選手たちをみて、自分ももっと頑張ろうと思えます。
だから、どうか自信を持って頑張ってください。
いつもそばで応援しています。

長々と書きましたが。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

Merry Christmas!

3回生トレーナー 永井明日香

 

Merry Christmas!!!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くに失礼します。
二回生の杉崎です。
自分でシャッフルで決めている多事漕論の割り当てで、僕がクリスマスイブに当たるなんて奇跡ですね!!1/365ですね!!笑笑

僕がプレゼントとしていい文章を、、と思っていましたが、ボートで言う『力み』となってしまったようです。そう思った瞬間書くことが思いつかなくなってしまったので、今思ったことを書こうと思います。(その前まではどんなことを書こうかといろいろアイデアがあったはずなのですが完全に忘れてしまいました。)

今日で今年最後の4連勤が終わりました。ある競馬のレースの券売場が近くにあったので僕のバイト先はこの土日が一年で一番忙しい時でした。土曜日にバイトモーションがあったので、その日は一日中働いていました。

この連勤は正直信じられないほど忙しく、自分でも信じられないスピードで動いていました。ほぼ条件反射です。それに加えて最近僕がバイトリーダーになる練習として、普段店長や先輩のやっている店内の食材の管理などの店の運営を任されてしまったので、忙しさは倍増です。

僕は今まで運営はとても苦手で先輩や店長の助けなしには全く店を回せませんでした。それに対して、土曜日は店長からあるアドバイスを受けました。

『準備と動き出しをもっと速くすると、リズムが良くなるよ!』

乗艇中に聞きそうな言葉ですね。もっと言えば、僕がよく言ってる気がします。乗艇でのことに関しては説明しませんが、たしかに自分の運営のリズムがいい時は作業がめちゃくちゃ速くなります。逆にリズムが悪いとだんだん注文が積み重なって、気分も重くなって、、、、行き着く先は『仕事溜まり地獄』です。確実に苦しみます。僕と入れ替えでバイトに来る人も苦しみます。

そういえば昨シーズンも同じようなことを言われた気がします。
『お前の調子がわるいと、身の回りがだんだん汚くなっていく』

引退された先輩に言われた言葉です。(正確には覚えていませんが、ニュアンス的にこのような事だったと思います)
たまにとても整理整頓がしたくなる周期が何週間かに一回くらいあり、その周期が来るとき僕の調子は自分でもはっきりわかるほど良くなります。
今までは自分の調子のバロメーターのような感じで見ていましたが、いつ来るかも自分でもわからないし、来てもまただんだんと汚くなっていって調子が悪くなっての繰り返しになってしまいます。

得体の知れないものにすがるより、もっと自分から調子を良くできるんじゃないかと店長のアドバイスを聞いて感じました。単純に綺麗にするだけでは結局逆戻りです。
僕は今までの経験上他の人のように整理整頓ができないので、もっと工夫をしてみようと考えました。(服を分類ごとにまとめるのではなく、次の日その次の日ごとに着る服をまとめる。なぜなら分類してまとめる作業が面倒くさいし、洗濯→乾燥のタイミングが一緒である前の日に来た服をそのまま一式まとめるほうが負担が少ないから。あと、タオルから靴下に至るまで一式まとめることでもともとものをよく無くすので、どれがなくなったかを把握しやすい。布団の周りがぐちゃぐちゃになるので、それ防止のため乾いた服を一時的な入れるカゴを作る、、etc)

どこに何があるかを把握したり、取り出しやすいようにする事で、物を探す時間をなくし、よりスピーディに動くことができるはずです!
整理整頓も準備の内ですが、準備ができていないとそもそも動き出す時に無駄な動作などが生まれてしまい、動こうという気がそれてしまいますね。
準備ができていたとしても、動き出しが遅ければその準備の効果も半減します。昔、運営中に外国人のお客様が12〜13名ほど来られましたが、注文をある程度予測できたはずなのに何も動かず、大量に注文が来てフリーズしてしまったことがあります。今までも、期日ギリギリに終わらせる作業や、もっと早くできたやろ!と自分でも思う仕事や行動が数えきれないほどあります。

動き出しに関しては、インデックスカードというものに、その人すべきことを書き連ねていって優先順位が高いものを上に持ってきて、終われば捨てるということを行い始めました。すると、やるべきことが明確になるので、一つ一つの作業を潰せ、仕事をためて後から大量にやるということが減るんじゃないかなと思います!


少々強引ですが、準備→予測からの動き出しは割と皆さんへのプレゼントじゃないかと思います!!!

明日は、今シーズンの冬モーションの成果を試すの2000TTが行われますが、ベストタイムがクリスマスプレゼントになるように、、、

みんな頑張ろう!!!
応援してます!!!!


二回生 COX 杉崎

 

最近寒いですね。3回生田中

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは。3回生の田中です。

最近、朝起きると寒すぎて布団から出なくなくて、布団の中でもぞもぞする日が続いています。
もぞもぞするのもいいですが、4:40に下に集合できるように布団から出たら迅速に行動しましょう。



さて、明後日は12月25日ですね!25日はあるイベントがありますよね!



……………





クリスマスかと思いましたか?



……………




はずれです。2000ttです。エルゴです。

この冬モーションの前半にやってきたウェイトとエルゴの成果を出す絶好の機会だと思います。

マシンローで目標を達成するためにまずは明後日、しっかりタイム出しましょう!

また、2000ttまでの調整期間のご飯や睡眠などに気を遣うことも重要ですね。


あと「いける、絶対ベスト出る」と思ったら結構ベストは出やすいです。「今日は無理や」とか思ってたらほとんどベストは出ません。
みんなでプラス思考で盛り上がっていきましょう!!


僕も絶対ベスト出すので応援よろしくお願いします!

 

平成の終わり 2回生 阿部

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2018年も残り1週間ほどですね。
ということは平成も終わりが近づいてきているのかと思うと、時の流れに驚きます。

時代の変わり目を経験できると思うと、なんだか不思議な気持ちになりますね。


皆さんは今年どんな1年だったのでしょうか。


私はボート部に入って約1年半が経ちました。
1年半とは思えないぐらい濃い体験をさせてもらったな〜〜と思います。
特にこの1年は、遠征もたくさん行ったし、
忙しい1年でした。

今年はとくに同期のマネージャーと
何度も弱音を吐きながら、支えながら頑張ってきたつもりです。
もう同期マネは私にとって大切な存在になっていて、
出会えたことがこの部活に入ってよかったことだと思うぐらいです。

いつもありがとう。



もう1つ、辛い時に私を支えてくれることがあります。
それは、新歓のときの出来事です。


大学の部活やサークルって楽なものなんだろうと思っていました。

私ももちろん楽なものに入ろうと思ってました。


けれど、友達に誘われて行ったエッセン体験で、
その時はまだ名前も知らない子が、

「全国で活躍するボート部に貢献したい」

とまっすぐに前を見て宣言している姿を見て、
なにか動かされた自分がいました。


それからどこのサークルの新歓に行っても、
どこかあの姿が引っかかって
結局今に至ります。


今思えば、これが私の原動力なんです。



新人練のときよりも
ずっと大きくなっていく皆の背中に
膨大な努力と逞しさを感じるとともに、
対して私は何か力になれているのかという不安を覚えます。

あの時はただ、活躍する姿を見てみたいと思っていたけれど、
今は皆の役に立って、悔しさや喜びを
一緒に分かち合いたいと思ってしまっています。


私もいつか、
何かを与えれる人間になりたいです。


長文すみません。
どうか皆さんよいお年を。

 

さむい 1回生 吉居

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、1回生吉居です。




12月初めの暖かさが嘘のようにぐっと寒くなって最近はずっとこたつにもぐってます、、。
皆さんも風邪にはお気をつけください!


今日は、高校の友達の誕生日のお祝いでご飯を食べに行きました!
定期的に遊んだりはしているんですが、みんなピアスを開けたり髪を染めたり会うたびに変わっていてとても新鮮です。


この間、マネ総会で1年間を振り返ってみてもう今年も終わりかあ、と時間の流れの速さをしみじみと感じます。毎日あと数日で今年終わり???とびっくりしてます。特にこの3ヶ月は色んな新しいことを始めたので本当に一瞬でした。





大学に入ったらあれしようこれしようなんて色々考えていたのですが、入ってみて予想以上の忙しさ(というのは言い訳かもしれませんが)で結局全てをやり遂げることはできませんでした。



なので冬モーションで部活に行く日も少なくなったことで、この時間をぼーーっと過ごすのではなく何かこれからに生かすことができる何かを始めようかなと思います。




とりあえず資格の勉強か言われ続けたTOEICの勉強をそろそろ頑張ります。



読んでいただきありがとうございました。

 

向き合う 1回生山﨑

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。1回生山﨑です。

もう12月も後半に入りかけました。
暖冬と言われていたのは何だったのかというくらい寒いですね。
果たして帰省した時にお年玉が貰えるのか、というのが気になる時期です。
まだ18歳だし年齢的には高校生と一緒だから貰えるかな〜と期待して帰ります。


話は変わりますが、最近自分について考えることが多くなりました。
自分はどういう人間なのか、何がしたいのか、何をして生きていくのか。
そんなことばかり考えています。


元々、特別自分がなりたいものややりたい職業はなく、
「人の助けになる」
これが私の生きていく道だと思い、福祉の世界を志して生活科学部人間福祉学科に入りました。

マネージャーになったのも同じ理由です。
誰かのために頑張ることが私の存在意義だと思っていたし、楽しかったからです。


しかし、マネージャーの仕事に一通り慣れた時あたりから、
周りが何を本当に必要としているのか、何をしたら喜んで貰えるのか、分からない。
どうすることで人の役に立てるのか分からない。
私にしか出来ないことが見つけられない。
そんな状況に陥りました。

そこで、まず自分がどうありたいのか、何をしたいのかを知ることから始めないといけないのではないかな、と思いました。
自分のことも理解出来ないのに、人の気持ちが理解出来るはずがない、と。

学科の授業でも、人をサポートするには色んなやり方がある、と学びました。
相手の心に直接寄り添う方法。
制度を作ることで間接的に困っている人を助ける方法などなど。

じゃあ私がマネとして、私にしか出来ないサポートの仕方って何なのかな、と考えているのが最近の私です。
なのでまだ結論は出ていないし、いつ出るのかさっぱり分かりません。

でも部内には色んな考えを持った人がいて、たくさんの価値観に触れる環境があります。
それに学連という役職から、市大漕艇部の中からは見えない景色も見れます。
ヒントがたくさんあるのが救いです。

この答えを見つけれた時、きっと私は成長していると思うし、将来福祉の世界でどう活躍していくかの展望が開けるだろうな〜と思います。

今後、ボーッとしている時は自分と向き合ってるんだな、とそっとしておいて頂けると幸いです。

絶賛頭の中がゴチャゴチャしている時に書いたので、全くまとまりがない文章だと思います。
ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

反省文 1回生 吉坂

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生漕手の吉坂です。
少し前まで夏休み明けの授業の不安にかられていたように思うのですが、気づくと冬休み直前です。艇庫から学校に通うのも大分慣れてきました。今回は艇庫での生活に関する話をしてみたいと思います。

艇庫には様々な当番があります。例えば、掃除は寝る前に毎回行われていて、各場所ごとに担当が振り分けられています。艇を拭くタオルを練習後に洗う当番というのもあって、一回生の中で日直のように一人ずつ決められています。そして、当番でおそらく最も大変なのがエッセンの後片付けです。これは2人で行うのですが、それでもなお負担が大きいです。しかし、艇庫の生活を維持していくために誰かがやらないといけません。私も艇庫で生活している以上は、決められた仕事をこなす必要があります。

担当に当たっていることを責任を持って行うことが大切。そのことを踏まえた上で、本来昨日の予定だったこの多事漕論の更新が遅れてしまったことを謝罪します。すみませんでした。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

 

冬を越える 一回安田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生男子漕手安田圭佑です

冬モーションが始まりました。
はっきり言って、めちゃくちゃきついです。
朝は寒すぎるし、朝日は全く出てこないし、身体が固くなって怪我しやすくなるし、乾燥して風邪も引きやすくなる。
誰もが同じようなことを思っていると思います。


でも、だからと言ってただ淡々とメニューをこなすだけではただの生活習慣病予防にしかなりません。
ここでモチベーションを保ち全力で練習し続けれる人が強くなれるんだと思います。


なので僕は前回より0.1秒でも速く、前回より少しでも上手くなろうという思いでこの残りの冬モーションを過ごそうと思います。



拙い文章ですが読んで頂きありがとうございます。


P.S 最近病人が増えて来ました。手洗いうがいをしっかりして夜寝る時はマスクをするようにしましょう。マスクは風邪予防と同時に防寒具にもなるのでおすすめです。






 

言葉で表してみる 一回生 峯澤

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生女子ローの峯澤です。最近急激に寒くなってきましたね、布団から出たくなさすぎて布団の中で練習着に着替える技を身につけました。

話は変わりますが、冬モーションも後半に突入しました。折り返しということで今日は冬モーション前半で学んだことについて振り返りたいと思います。

冬モーション前半は私はシングルに乗らせてもらっていて、m田先輩にコーチしていただいていました。

冬モーションの朝乗艇では、テク練(テクニック練習)がメインのメニューが組み込まれていたのですが、そのテク練中にm田先輩に「今の漕ぎどう思う?」と聞かれ、
「いい感じでした!」と答えたところ、
「何がいい感じなのか言って!!!」と言われ、私はハッとしました。

なんと全然言葉で表現できなかったのです…

そこで私は自分が自分の漕ぎについて曖昧にしか考えられていなかったことに気づきました。

加古川レガッタが終わり、冬モーションの大量のメニューをこなす中で、メニューをこなすことに夢中になりすぎて考えて漕ぐことをおろそかにしていました。

それ以降、一本の漕ぎに対してよく考えて、言葉で表すようにしたところ、自分の漕ぎ方の問題点がハッキリしてきて、直すべき所や、直し方が少しづつですが分かるようになりました。

「いい感じに漕ぐぞー!」
と思って漕ぐよりも、
「フィニッシュまで足で押し切るぞ!」
と思って漕いだ方が断然いい漕ぎができるのです。
いい漕ぎを言葉で表すと、次の日もそれを思い出せば良い漕ぎが再現しやすいので、言葉はすごいです。

しかし、感覚を言葉にするというのはとても難しく、まだまだ感じたことをそのまま表現できてはいないので、もっと自分の漕ぎに敏感になれるように毎日コツコツ頑張りたいと思います。

まとまりのない長い文章でしたが読んでいただき、ありがとうございました。やはり自分の考えを言葉にするのは難しいですね〜。

 

全力でエルゴがしたい 1回生 松下

ボートの日誌CM(0) TB(0)


1回生漕手の松下です。


自分は加古川レガッタ後、両足首の故障により全然みんなと練習できていません。

今でも10分ほどエルゴやランをしていると足首が痛くなります。
そこまで痛まないから大丈夫だと思って少しやるとまた痛くなるし、攣ったみたいな感じにもよくなるし、みんなに置いていかれてる感がすごいので焦りもあります。


ですが、試合のないこの時期に怪我をしてよかったと前向きにとらえるように努力しています。

理由は自分の筋肉や柔軟性、自分に必要なことを真剣に考えるようになったからです。

例えば、自分は体が非常に固く筋肉の柔軟性皆無だと言われていたのでストレッチとか色々調べて改善するよう努力しています。
また、腰のレントゲン撮った結果背骨が左右に傾いてることがわかって、普段の姿勢にも気をつけるようになりました。


おそらく年明けまで復帰できないと思いますが、焦らず治していこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腰の怪我

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、一回生の藤森です。投稿が遅れてしまい申し訳ありません。

さて僕は今腰を怪我しており、みんなとは違うメニューで練習をしております。腰の怪我なのでエルゴを引いたり(最近は軽めには引けていますが)乗艇したりは全くできていません。

こうした独自の練習メニューをこなしているといろいろなことを思うんですが、何せやはりいつもよりも大変だなと思います。

練習メニューのせいでもあると思うんですが、それよりも一緒に同じことをしている人がいないことが大きいと思います。

みんなと同じメニューをやっていると、競い合ったり励ましあったりアドバイスをもらったりして楽しく練習できます。しかし陸上で、怪我仲間はいるものの、そういうのが少ない分大変に感じます。(といっても今僕の艇はシングルなので水上でも一人ですが。)

みんなと同じ練習ができない分筋力や体力なども落ちてしまってみんなとの差が大きく開いてしまうのではないかという心配もあります。

先輩方も同じ学年の友達も、腰の怪我を気にかけてくれていて治すこと自体は苦ではないのですが、楽しい乗艇もできないしやはり早く治ることを祈るばかりです。

そう考えるとできるだけ腰に早く治ってもらうできるだけ早く対校艇に乗るためにも、この大変な練習に真剣に向き合う必要があると思いました。

やはり耐えて耐えてやっと結果が出るのだなと改めて感じます。この冬で耐えて変われるように頑張ろうと強く思いました。

最後までまとまりのない文章でしたがここまで読んでいただきありがとうございました。

 

先輩像 1回生 森脇

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生マネージャーの森脇です。

今、私は新入生に配るパンフレットをつくるチームで活動しています。
もうそんな時期なのかと感慨深いです。家から片道2時間以上かけて大学に通うこと、90分の授業、4時30分におきて朝並走する部活。それらに慣れるのに時間がかかったからか、とても時間がたつのがはやいです。
(まだ慣れてはいないですね...)
センター試験までの日数を数えていた頃から1年たっていることには驚きです。

今回、パンフレットをつくることがきっかけで、新入生歓迎会で先輩をみて、こういう先輩たちになりたいと思っていたことを思い出しました。その先輩像にはまだ近づくこともできていません。その先輩像に近づけるように、これからもがんばっていきたいと思います。

 

自分で繋ぐ 1回生 別所

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは、1回生マネージャーの別所です。


寒いですね…!暖かく過ごしたいです…!朝並走での私は、ヒートテックを着るのはもちろんのこと、ネックウォーマーもズボン3枚履きもしています。靴に入れるカイロも解禁しました、健康第一です。まだまだ防寒対策したいのですが、思いつかなくなってきたので皆さま私にも知恵をお貸しください。来月にはダルマのようになっていそうですね(笑)



さて、私の自転車は今、ちゃんと鍵を挿したとしても、鍵が開きにくいです。鍵を挿したままひねったらロックが外れるはずですが、滑りが悪くてなかなかひねることができません。油をささないとなぁ、と思うのですがどんな油が良いのでしょうか?
ネット検索する前は サラダ油でも良さそうだなぁ と割と本気で思っていましたが、
良くないそうです…!!!前もって調べてみて良かったです!まだ修理していませんが!


ここで思い出したのが、私が修理チームに所属していることでした。8月、当時の1回生マネージャーはどんな役職に就くのかを第1〜3希望まで提出して役職が決まりました。みんな第1希望は通って、2つ掛け持ちする人も3つ掛け持ちする人もいます。あのとき私は何気なく第3希望に修理って書いて、まぁ通ったら通ったでできること増えるし楽しみだなぁと思っていました。結果、第2希望も第3希望も通っていました。懐かしいです。

例の自転車のちょっとした故障も、修理チームとしての私に知識を与えて私を成長させてくれているのかなぁと考えると、あのやたら滑りの悪いロックにも感謝です。
点と点を繋ぐと充実感が増すのですね…!



第2希望で書いたのは広報チームでした。文章を書くのが苦手という自分の弱点を克服したくて、入りたいと思いました。文字で応援を伝えるって素敵だなと思ったのも理由です。‘好きこそ物の上手なれ’ではないです、すみません。
新歓PV班に所属しているので、広報のYouTubeの経験も活かせるのかなぁと思うと嬉しいです。噂によると難易度は全く違うらしいですが(笑)



第1希望はメディカルチームでした。メディカルは今シーズンに生まれたチームです。このチームの特徴は私達1回生4人です。
ボート部での練習経験も知識も無い1回生マネージャーの4人が、考えて、いろんな人に頼って聞いて、そして調べて、、、とここまでは自己満足に過ぎないのですが、知識の点と点を繋いで、選手が強くなる道を見出し、さらに漕手とマネージャーも繋いでいくことを目指しています。客観的に評価できる成果も無いし、すぐに存在価値が現れることも正直無いのだろうけれど、話し合って目標を設定して、たとえ‘成果’が出なくても‘力’になると信じて、とりあえず自分たちのメンタルを強く行動していきます。





自分から繋いでいくことがどれだけ重要なのかを思い知っている、ここ数ヶ月です。




最後まで読んでいただきありがとうございます。




ちなみにメディカルは掛け持ち必至です

 

朝並走がつらい 1回生 藤本

ボートの日誌CM(0) TB(0)

急激に冷え込んできた今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は噂に聞いていた「冬の朝並走」というやつに早くも心が折れそうになっています。気温ひとケタの朝の川辺は想像の100倍寒いです!!先輩がズボンを3〜4枚重ねて履くとおっしゃっていて、まさかそんな〜と思っていましたが今では真剣に3枚目を考えています。いや、その前にヒートテックとマフラーと手袋を解禁するべきですね。

と、前置きはこのくらいにしてそろそろ本題に入ろうと思います。タイトルにある通り、最近とある理由で朝並走が本当につらいんです!!泣

原因は寒さではありません。先ほど想像の100倍寒いと書きましたが、私は平熱が36.8〜37度で、冬でも手の先までホカホカなので多少の寒さはむしろウェルカムです。逆に夏は自分もホカホカ周りもホカホカなので沸騰しそうになります。しかも友達が離れていきます。(冬は重宝されます!ボート部のみなさんもぜひ藤本を活用してください!)

では早起きがつらいのかと言われるとそれも違います。なぜか艇庫ではアラームの音に素直に従えるんですよね。家ではそもそも鳴っていることに気づかないんですが…笑 なんでかな〜と考えたら、朝並走の時は前の日にじっくり吟味して買った美味しい朝ごはんが待っているからでした!食べるのが楽しみで楽しみで楽しみで一瞬で起きれます!

さて、それでは一体何にそこまで悩まされているのかというと、「朝並走中に必ずやってくる原因不明の胃痛」です。冬モーションが始まった頃からでしょうか、並走していると急に胃がキューっとなるんです。2時間の並走のうち20分くらいは毎回この胃痛と闘っています。これがなかなかしんどくて、あまりの痛さに立っていられなくなった日もありました。しかもちょうど艇が目の前を通り過ぎている瞬間で、タイミングの悪さに泣きたくなりました…。漕手のみなさん、一生懸命漕いでいる横でうずくまっていてすみません。これからはバファリンをポケットにインして朝並走に臨みます。

ということで、結局原因不明なままなのですが、明日さっそくバファリンを買いに行こうと思います。「もしやこれが原因では?」と思う方がいらっしゃいましたらどうか知恵をお貸しください(´;ω;`)

長くなってしまいましたが、私の切実な悩みを聞いてくださってありがとうございました。

 

慣れ 1回生 東野

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お疲れ様です。一回生の東野です。
インが始まって早4ヶ月。最近ふと、ボート部の生活にもだいぶ慣れてきたなーと思いました。いや、慣れてしまった、という感じでしょうか。


そんな言い方をするのも、「慣れ」には良い面もあれば悪い面もあるからです。(個人的には後者の方が多い気がしてますが)


ここで、ボート部の生活に「慣れ」て良かったこと、悪かったことを整理してみたいと思います。


○良かったこと
・早寝早起きが習慣化した
・ご飯をたくさん食べれるようになった
・自分で食器や洗濯物を洗うようになった
・自分の生活力の無さを知った
・要領を得てきたので、練習に混じっても先輩たちの邪魔にならなくなった(?)


○悪かったこと
・だらだらする時間が増えた
・練習へのモチベーションが低くなった



ざっとこんな感じでしょうか。
書き出してみると良いことの方が断然多くてびっくり!
ボート部に入ると良いこといっぱいですね!
何事もポジティブにいきましょう!
それでは!

 

焦り

ボートの日誌CM(0) TB(0)

突然気温が下がり、体調を崩しやすい時期ですが皆さんはどうお過ごしでしょうか。

加古川が終わり、自分にとって初めての冬モーションが始まりました。冬モーションについての事は既に聞いていましたが、やはり寒さは想像以上です。そろそろカイロをまとめ買いしなければと考えていますが後回しにしています。そして最近同回生が部員総会で話したりする事が増えました。それを見るとなんだか置いていかれている気がして少し不安になります。私は加古川から学連に所属する事になりましたが、しばらくは基本的に試合の時しか仕事がありません。来年になれば皆より暇で不安なんて言っては居られないほど仕事が増える事になるかもしれないのですが、それでも本当に自分が成長しているのか、皆に置いていかれていないか不安になります。

最近はLINEで新歓の話が出ることが多くなったように感じます。もう自分が先輩になる時が近づいていることが信じられません。試合以外で皆より仕事が少ないのなら、せめて今ある仕事を後輩に教えられるようにならなければと思っています。焦った所で突然何かが変わるわけでもないので、焦らずに今の仕事をもっと丁寧に頑張ろうと思います。

 

失敗は成功のもと 1回生長谷川

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生マネージャーの長谷川です。

今日めっちゃ寒いな〜って思ってたら
もう12月でしたね...!

入部して半年以上が経ち、
自分たちが先輩になる日も遠くないねって話すことが多くなりました。
タイムの計測の仕方からエッセンの買い出しのコツまでたくさんのことを教えてもらい、
できることもたくさん増えました。

やっぱり先輩すごいなぁって見つめたりすることもあるけれど、
こうしてできることが増えたのは嬉しいものですね...!
来年は、すごいなぁって思ってもらう側になりたいです。笑



12月は、今までのことを振り返って反省会をしたりすることが多いと思います。

そこで、ある本で読んだことを紹介します。





"反省は『次(未来)』に目を向ける
後悔は『どうして(過去)』ばかりを見る"





私は、後悔という言葉がすきじゃありません。
あのときああすればよかった、とか
なんだかマイナスな感じがするからです。
なので、この本に書いてあった言葉はとても納得できました。

どうしてあのとき、ってただ思うのではなく
今度はこうしよう、って次に繋がるように考えることこそが大事なんだと思います。

失敗は成功のもと、と言いますが
失敗してもちゃんと反省すればきっと成功に繋げられるはずです!

後悔じゃなく、反省する!
今年を振り返るにあたって、
これを心がけたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


p.s.
最近データ分析チームとしての活動も活発になり、ボート競技についてより学ばせてもらっています。
漕手が言ってたのはこういうことか!
とわかったり、タイムについて知ることもできて感動しまくってます。
大学の勉強の何倍もやる気が起こります。笑
そして、先輩と話す機会が増えたこともすごく嬉しいです。

少しでも力になれるように
たくさん学んでいこうと思います!

 

思ったこと1回生 花田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生の花田です。
11月からマネージャーになりました。

最近マネージャーとしての仕事を色々経験させてもらって、少しづつ慣れてきました。漕手の時はただ食べていたエッセンを、自分が作っているのはとても不思議です。自分で作ってみて初めて、冬でもちょっと暑いぐらいなのに、夏の死ぬほど暑い中毎日作って頂いてたんだなーということを実感して、改めて有難く思えました。並走についても、この寒い中、漕いでいる船を見守ってくれていたんだな、と、深く感謝できるきっかけになりました。

私は漕手の時、こう言われたことがあります。
「 2000ttの時、練習をしていない私たちが声を出して応援していいものか。遠慮してしまう。」

私自身高校生の時はマネージャーだったので、この気持ちはとてもよく分かりました。選手のみんなが応援してるのだから、私たちが声に出して応援するのは少し気が引ける、きつい練習をこなしてきたわけではないから、大声を出していいのか分からない。
でも、漕手を経験して、マネージャーになった今、遠慮せずに、心の底から大声で応援していいんじゃないかなと思いました。多事漕論を読むと、どれだけ本気でマネージャーの仕事をやっているかが伝わるし、ボートのことを沢山考えてくれているんだなと思います。私自信、きつい練習のあとにマネージャーに声をかけてもらった時、本当に嬉しかったし、元気が出ました。それぐらいマネージャーの応援は力になると思うので、私も心から応援したいと思います。自分自身も、応援されたら嬉しいと思われるマネージャーになりたいです。冬モーションすごくきついと思いますが、ボート部全員で来シーズン勝てるように、全力で応援したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

シングルはあったかい 一回生長谷川樹

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生の長谷川です。
今回は最近の練習について書きます。


僕は加古川終わりからずっとシングルに乗らせてもらっています。シングルでの乗艇は新しいことばかりで慣れないことも多いですが、その分楽しいです。


シングルに乗ってみて一番感じたクルーボートとの違いは、一緒に漕ぐ仲間がいるかどうかということです。


エイトに乗っていたときは、しんどくなってきても誰かの声掛けがあって、一緒に漕いでいるから頑張れる、ということがありましたが、今は前にも後ろにも一緒に漕いでいる人はいません。


もうそれは仕方ないので、今は自分で自分に「よっしゃ」とか「行くぞ」とかぶつぶつ言いいながら鼓舞して漕いでいます。


そんなこと言っても、やっぱり1人だとなんだか寂しいです。また、今一回生男子でシングルに乗っているのは僕だけなのでタイムで競うこともできない。シングルのケガしてるメンバー、早く戻ってきてくれ…


でもせっかくのシングルなので、この期間で個人のテクニックを磨いていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

風呂掃除

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。一回生の和田です。月日が流れるのは大変早いもので、気づけばもう12月。惰性に過ごさず、毎日得るものがあるような日々を過ごしたいものです。

さて、ここ大阪市立大学漕艇部では、土曜日に30分掃除というものを行っており、その時間では割り振られた各々の掃除場所で掃除をします。
僕ははじめの頃は大部屋、一階などを担当していたのですが、気づけば、なぜか僕はシャワー掃除(風呂場掃除)担当になっていて、ずっとシャワールームを掃除しています。

ところで、はじめの頃は、僕はシャワーよりも大部屋の方をしたいと思っていました。大部屋は人数が多いですし、ゴミが乾燥しているので、集めやすいです。さらに、水を使わないので、濡れる心配もなく、掃除できます。

そんな大変そうなシャワー掃除。実は結構やりがいがあったりします。磨くと黒い汚れがどんどんとれてなくなっていく。磨いたら磨くだけきれいになるので、どれだけ自分が頑張ったかがわかるのです。

また、気づけばこんなに時間が過ぎていた、といったことも起こるので、あー、自分は集中していたのだな~と感じます。

艇庫は練習の場でもあり、生活の場でもあるので、気持ちよく生活できるよう、これからも掃除をきちんとしていきたいです。

 

M-1 一回生 永井陽太

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、一回生の永井です。

先日12月2日は日本の漫才師の頂点を決める大会、
M-1グランプリの決勝戦が行われましたが、皆さんご覧になられましたか?
僕個人的にはジャルジャルが一番面白かったです。
ゼンチン、ドネシア、ゼンチン、ドネシア、、、
頭から離れないです。あんなネタ思いつくのはジャルジャルだけです。



優勝した霜降り明星のボケ担当のせいやさんにはこんな過去があったようです。



彼は高校の時集団によるいじめにあっていました。



お笑いでいじめを跳ね返そう!



そう思ってみんなを笑わせようと頑張っていました。やっぱりお笑いが好きだから。しかし、なかなか上手くいきません。



いじめはエスカレートしていき、ついには髪の毛も抜けていってしまいした。母親には「もう転校して」と懇願されたそうです。



それでも彼は高校に通い続けました。



ターニングポイントは文化祭。劇を作る際にいじめグループに「お前がひとりで作れや」と押し付けられたそうです。



ここや!とおもった彼は自分でコントをつくり、クラスで発表したところ、大好評だったそうです。
当日も大爆笑で表彰されました。



そこで最後に彼が舞台上で叫んだ言葉、



「いじめを跳ね返したぞ!!」



学校中が映画のように盛り上がり歓声が上がったそうです。
それから彼に対するいじめは無くなりました。



かっこいいですよね。笑いの力ってすごいです。
周りの人を笑わせるために必死に努力してプライドを捨てて体を張って。芯をブラさず頑張り続けて逆境を乗り越える。その辺の上辺だけ着飾ったヘタなアイドルなんかより何倍もカッコいいです。



何をするにしてもこの姿勢は大事だと思います。
ボート競技でも同じです。芯をブラさず、目標に向かって努力し続けたいですね。



YouTubeでジャルジャル見直そ。



最後まで読んでいただいてありがとうございました。



 

井の中の蛙大海を知らず、されど。 1回生 仲宗根

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。1回生の仲宗根です。

今回は私の好きな言葉を1つ紹介したいと思います。


題名にあります有名なことわざ、

井の中の蛙大海を知らず。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、この諺には後に付け足された続きがあります。

井の中の蛙大海を知らず。

されど、空の蒼さを知る。花は散りこみ月は差し込む。


私が続きを知ったのは高校時代のことです。
何故、その諺を今改めて持ち出しているかというと
ボート部の皆さんにピッタリの言葉だと思ったからです。

続きが加わる前の本来の諺の意味は
狭い見識にとらわれて他に広い世界があることを知らず、自分の住む世界が全てだと思い込む人を揶揄するもので、本来ネガティブな使われ方をします。

そこに添えられた二文。
その意味は愚直に狭い世界で自らを突き詰めたからこそ、
その世界の深きに至るまで知ることができるとかそういう意味です。

ボート部という、ある種の世界に入ってみて、
多くの時間を返上してボートに打ち込む中では
他の世界に目を向ける暇もなかなかないかと思います。
ボート以外の世界が見てみたくなる瞬間や、
ボート以外の世界という選択肢に思いを馳せる瞬間もあるかと思います。

ですが、ボートという、1つの競技を突き詰める中で
見えてくる景色があります。

練習に参加している訳でもない私が言うのは
出過ぎた真似かもしれませんが、
試合のない冬モーションは単調としたものかもしれません。

ですが単調なメニューをこなす中でも
花びらが散り込むように
得られる成果や変化が、
単調な練習に彩りが添えられる瞬間があるはずです。

愚直に努力する中でいつか、
暗い井の中に光が差し込む瞬間があるはずです。

井の中の蛙にだって努力が報われる瞬間があるのだと、
私はそう信じています。

この長い冬モーションを越えて
見える景色を、花が散り込む瞬間を、
井の中に光が差しこむように
この冬の努力が報われる瞬間が必ず訪れる日が来ることをを願って。


1回生マネージャー 仲宗根

 

冬は起きるのがツライ 1回生神保

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生の神保です。実を言うと僕の多事争論の番は何日か前でした。何度も書こう書こうと思っていたのですが、結局毎回寝てしまったりして忘れてしまっていました。なぜ今日になって急に書き出したのかと言うと、今朝の夢の中で多事漕論を書いてないことを響さんにめちゃくちゃ怒られたからです。普段温厚な方なので、夢の中で怒られた時めちゃくちゃ怖くてこれからは多事争論の期限は守ろうと決心しました。


寒くなってきているので風邪をひかないようにして冬モーションみんなで頑張っていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

しばらくは冬 1回生中江

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。1回生中江です。
昨日から12月が始まりましたが皆さま如何お過ごしでしょうか?
私は寒くなってからずっと12月の気分だったので最近まで11月だったことが逆にびっくりです。


さて突然ですが「収集癖」
みなさんはこの癖をきっと良くないことのように思うのではないでしょうか?

私は好きなアーティストのグッズ(主にチェキ)を無限に集めてしまう、まさに収集癖の持ち主なのですが、、、決して悪いことばかりではないと思います!

前述のとおり何かと集めるのが好きな私はよくレシピを検索してスクショして集めたりもします。
(エッセンで使えそうなものだったり、この前のハロウィン企画のお菓子の候補だったり)
パッと調べたレシピひとつでも十分かもしれないけど、調べれば調べるほど精度や効率を上げられるかなと思うんです。いっぱいあるレシピのいいとこ取りをする感じです。知識も増えますし。応用力も身につきますし。

つまり何が言いたいかというと、というほどでもないのですが
何かするんだったらとにかくいっぱい飽きずに何回でもすればいいやん!てことです。 現場百回みたいな。そして欲しいものは後悔しない程度に集めればいいやん!てことです。

急いで書いたので多少の多寄りに無理矢理ではありますがこのへんで失礼します。ありがとうございました。

追伸
寒くて毎日外に出るのがつらいですが、風邪をひかないように、強く生きたいなと思います。目的は言わずもがな、寒さに負けずバイトに出かけたいなとも思います。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今年もあと1カ月になりました。あと平成ももうすぐで終わりです。時間が経つのは早いものですね。一回生の辻野です。


加古川レガッタも終わって冬モーションに入り筋肉を鍛える日々を過ごしています。少し遅れながらもやっと艇庫での生活に慣れてきました。ただ艇庫が少し汚いのは気掛かりです。やはり過ごしやすい艇庫生活をするためには身の回りのゴミをなくし清潔な環境にした方がいいですね。綺麗な艇庫になったらなぁーと日々望んでいます。綺麗になるともっといい睡眠ができていろいろよくなりそうです。そのために日々の掃除はしっかりしようと思います。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.