FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

練習から本番へ 1回生 森脇

ボートの日誌CM(0) TB(0)

はじめまして、1回生マネージャーの森脇です。

初めての多事漕論では、夏休みの少し前から通っている自動車学校のことについて書きたいと思います。

最近仮免許を取得して、次は実際に路上で運転することになりました。練習が終わり、本番を迎える感覚です。「路上教習は楽しいよ」とみんなが口をそろえて言いますが、夢の中で事故を起こしてしまうぐらい、今は不安しかないです。

自動車学校の中ではたくさんの失敗をしました。アクセルとブレーキを何度も踏み間違えたり、合図を出し忘れたり...。あげだしたらきりがありません。

でももう失敗はできません。気を引き締めてがんばりたいと思います。

部活でもそういった時期に入ってきました。1人で並走するようになり、1人でエッセンの下準備をするようにもなりました。隣に先輩がいらっしゃらないことは心細いですが、1人でもできることを増やしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

 

終わる終わる詐欺にはご注意を

ボートの日誌CM(0) TB(0)

4回生の中嶌です。

ボート部人生最後の多事漕論が深尾と乃木坂のライブに行ったとかいう極めてどうでもいい内容のもので良いのかと、ふと我に帰ったので真面目に書いてみようと思います。

最後なんで普段口には出さないことをと思いますので、まず4年間続けて良かったことから書いてみます。
これには明確な答えがあります。
それは自分を少し好きになれたこと。

容姿、勉強、スポーツ、どれも周りより秀でることなく、自分の良いところが何なのか分からず、自分の存在意義って何だろうと思いながら今まで過ごしてきました。

でも不思議なことに他の誰かに生まれ変わって、輝かしい人生を歩んでみたいと強く思ったことは今まで無かったです。

それは家族や友人達が毎日を常に楽しいものにし続けてくれたから。

僕は何の取り柄も無くても他人の力だけで楽しい人生を送らせてもらえて、なんとラッキーな人間なのかと呑気に思いつつ、高校や大学など周りの環境が変わるたびにそれが失われる不安でビクビクしながら、なんだかんだここまで来ました。

でも4年間共同生活をしてみて、それが自分の力なんじゃないかと少し思うようになりました。

なんか皆俺だけあたりきつくない?
後輩もちょっとナメた態度とりすぎでは?

そう思いながらも全く皆を憎めないのは本気で俺のことを嫌いなわけではないんだろうな〜というのが何となく伝わってくるからです。(マジ嫌いがいたらごめんなさい)

なんかこういう絡まれ方が出来るのも1つの才能なんじゃないかと。だってこんな人あんまりいないでしょ笑

新しいことが出来るようになるということは勿論成長した証拠だと思いますが、今まで何気なく出来ていたことを自覚するということも1つの成長の形なのかなと思います。

そう前向きに思えたから自分の存在意義って少しはあるのかな、なんて思ったり。僕がいることで誰かが笑えるならこんなに幸せなことはないですよね。

だから皆といる時間は自分を認められる時間でもあり、艇庫で過ごす時間が凄く好きです。気づかせてくれた皆と、そんな素敵な皆を引き付けた自分自身に感謝感謝。

普段は感謝の気持ちとか口には出さないですが、最後にお世話になったボート部への感謝を少し語ってみようというお話でした。



そしてここからは1回生の男どもへ!

僕が引退したのに加古川新人1stエイトのクルーリーダーなんて、全く身の丈に合わない役を受け入れられたのは君達とだからです。
最初はほんとにやりたくなかった、だってめちゃくちゃしんどいし、関選でボートとはおさらばするつもりだったので笑

でも院試終わりからインカレまで皆の練習を見ていて、毎日楽しそうに練習して言われたことを何でも吸収してどんどん上手くなっていく君達のナックルを自転車で追いかけるのが楽しかった。

一緒に乗るのは暑いし体力的にキツイから嫌だったけど、中嶌さんが乗ってくれて急に速くなった。なんて言われてちょっとドヤッたことを覚えてます。

スランプ気味だった和田が2000でベストを出してくれたこと、最初は俺のことを誰やコイツ?みたいな顔で見てた辻野がよく笑ってくれるようになったこと、皆と一緒に過ごして何度も感動させられて、皆のことが好きになってしまった。
そんな皆と一緒に勝ちたい、その思いだけが今の自分を動かしています。

だから残りの1ヶ月を大切にしたいし、皆にもそう思ってもらえる人でありたい。
しんどいメニューをさせるのも、朝眠たい皆を急かすのも、全部勝つために必要だと思ってるからやってるわけです。

偉そうに言うし、やらせるからには当然自分が同じメニューで1番エルゴを回して高い壁であり続けないといけないし、誰より早く朝の準備をしないといけなくてちょっと気疲れしてしまうけど、やるからには全力を尽くすのみ!!

試合の結果は相手ありきだから分からないけど、とにかく出来ることをやりきろう。
終わった後に悔いを1つも残さないように。
いくら俺1人が頑張っても結局主役は君達だから、もっとガンガン来てもいいぞ!!
皆意外と消極的!笑

明日でクルーが決まるけど、1stも2ndも3rdも怪我人も関係ない!全員が同じ市大のボート部員、だから全員で戦い抜こう。きっとそれを当たり前に出来る部が強い部になれるんでしょう。
皆なら強い市大を作ってくれると勝手に思ってます。加古川レガッタをその第一歩に出来れば良いな、



長々と書きすぎましたが、それだけ強く思ってるということでお許しください。
最後の多事漕論、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad