FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

久しぶりにちゃんと書いてみた

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2日連続の雨ですが、暑がりの僕は気温が低めなので過ごしやすいです。
こんにちは。3回生漕手の太田です。



先週の土曜日、男子ローでアメリカンフットボールの試合観戦に行きました。京都大学と立命館大学という、全国でもトップレベルの両校の試合でした。



「レベルが全然違う…」



グラウンド、ベンチ、スタンド。
すべてに圧倒されました。

激しくぶつかり合う選手、選手とともに戦うマネージャー、ワンプレーごとに指示を送るコーチ、そしてプレーを固唾を飲んで見守る観客。同じ大学スポーツでここまでできるのかと衝撃を受けました。


特に印象的だったのが、勝ちにこだわるチームの、組織としての雰囲気です。

とりあえず、カッコよかった。


実は、京大アメフト部の主将は中学高校の同級生です。僕は野球部に所属していたのですが、野球部はかなりアメフト部をライバル視していました。アメフト部の方が良い成績を残していて、ずっと悔しい思いをしていました。自分もアメフト部に入っていたら、あんなに勝てたのかなと思ったこともありました。笑


そして、久しぶりに見た同期は市大ボート部の倍ほどの部員を引っ張る立場となり、さらに大きくなっていました。


負けていられないなと。


結局大学に入ってからも中学高校のときと同じように彼から刺激を受けることは、かなり悔しいですが、また火をつけられました。笑



少し個人的な感情を含んでしまいましたが、実際見て学ぶことは多かったです。

勝ちを目指す組織としてどうあるべきか、今一度考えるきっかけになりました。





少し話は変わりますが、僕は最近までボート部生活3年目に突入してもなお、なぜボート部にいるのか、なぜこんなに時間をかけているのか、ということをふと考えることがありました。


ボートが楽しいから、勝ちたいから、部員がいい人ばかりだから、家より艇庫の方が学校に近いから、先輩に説得されて入部してそのままなんとなく続けることになったからなど、ひとそれぞれ答えは違うかと思います。


そもそも、なぜ?と理由を考えること自体、少し違うのかもしれないとも思ったり。



いろいろぐちゃぐちゃ考えたのですが、結論は



「感動させて、感動したいから」



ということになりました。



かなり大袈裟かもしれませんが、ひとを感動させられることこそ、ボート、スポーツの魅力ではないでしょうか。

僕は普段から答えのなかなか見つからないようなことをああでもない、こうでもないと考え続けてしまう癖があるのですが、このことについてはひとつの答えが見えた気がします。


実際、僕はアメフトの試合を見て、感動は言い過ぎかもしれませんが、心が動かされました。



自分たちもそんなチームでありたいと思いました。





神戸戦まであと3日です。
昨シーズンはけがで何もできなかったので、久しぶりの浜寺での試合に今からワクワクが止まりません。






感動させて、感動できるように。






3回生漕手 太田圭祐
スポンサーサイト

 

ログイン失敗、、、

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜遅くに失礼します。二回生の杉崎です。最近暑くなってきましたね。学校ではすでにクーラーがガンガンで外はもうほぼ夏のような暑さなのに、教室内は極寒のためにボート部のウィンドブレーカが手放せない状況です。練習の時に未だに冬のように、パーカーとウィンドブレーカを着込んで練習をしている自分に恐怖を感じる季節となりました。

さて、5月も終わり6月に入ろうとしていますが、僕にとって5月6月って結構節目というか、記念日というか、そういうのが多いなぁと最近思います。まぁ、5月6月は新生活の始まりなので当たり前かもしれませんが、、、笑笑

例えば、今のバイト先で働き始めて1年とか、イン始めて1年とか、coxになって1年とか、、、実はそろそろ僕が生まれて21年が経とうとしていたり、、、笑
(ほとんどバイトか部活の話ですが、、、)

振り返ってみると一年前の自分は、今の自分の姿を全く想像できていなかったなぁとつくづく思います。バイトに関しても、すぐやめるやろなと思っていたし、部活に関しても、早起きに慣れる自信なんてなかったし、ましてや自分が対校に乗れるなんて想像していなかったです。

人生というか、将来どうなってるかなんてわからないなーと感じた次第です。かつてバイト辞めたい辞めたいと思ってた自分も、今ではお客様からお褒めの言葉を頂くことがあったり、今月ランクアップして目標のランクまであと一歩のところまできました。(ここからが長いわけではありますが、、、)

あの加古川レガッタから半年が経ちました。あの頃から乗りたいと思っていた対校エイトに、致し方ない事情ではありますが、乗せて頂く機会を与えて頂きました。これまでの自分では想像できないような経験ができたと同時に、まだまだ自分には足りないものが多すぎるなと、、、。
神戸戦まであとわずかですが、最後の最後までいろんなことを吸収していきます!
応援よろしくお願いします!!


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

追伸
ログインに苦戦してしまい、投稿に1時間かかってしまいました、、、
部員のみなさんは余裕を持って投稿しましょう。
by多事漕論委員

 

Enjoy!Rowing!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは二回生漕手の永田浩輝です。先週の土日に滋賀県のインハイ予選があり、見事後輩が優勝しインハイ出場を決めてくれました。おめでとう!僕のインハイ予選はというと、スパートで三位を差しかけたところ、切りこまして結局四位でした。あの時は本当に悔しかったです。

あれからもう二年経ちます。二年経ってもやってるスポーツは一緒なのに何もかもが違います。
まず、環境が全然違います。艇庫も保有艇の規模が違うし、何より艇庫に寝泊まりして四六時中ボートをやってなんて、高校時代は毎日二時間程度の練習やったんで比べ物にならないです。この間の冬季オリンピックの女子団体パシュートが年300日以上共同合宿をやってるのを取り上げてキャスターの人が“すごいですね”なんか言ってましたが、僕らからすると“普通やん”ってなってました(笑)

取り組み方も全然違います。高校の時は、(まあ僕がずっとシングルに乗ってたからとか、設備が今より恵まれていなっかったからとかありますが。)乗艇して、感覚で”今のは速かったなぁ“とか顧問の先生にアドバイスを貰ったぐらいしかやってませんでしたが、今は、艇側を数値化するスピードコーチがあり、ビデオカメラでマネさんに乗艇動画を撮ってもらって、それらで艇を客観的に評価できますし、コーチからアドバイスを頂きますが、それ以上に漕手自身が何回も何回もミーティングを重ねて、いかに艇速を速くするか毎日トライアンドエラーの日々です。

気持ちにも変化があります。楽しいと思う変化です。高校の時はボート自体に楽しいと思ったことは一度もなく、部活に行って部活の友達とつるむのが楽しみでした。多分目的が友達とつるむだったので真剣にボートに取り組んでなかったんだと思います。でも今は心の底からボート楽しいって言えます!真剣に取り組んでるでるからもありますが、加えて試合に勝てるかるからもっと楽しいと感じれると思います。加古川レガッタや朝日レガッタの準決勝なんか決勝に進出決めただけでめちゃくちゃ喜んでます。(くわしくは動画を見てください!)逆に決勝なんかめっちゃ悔しがってます。(くわしくは動画を見てください!)演技に見えますが“ガチ”です!

今週は神戸戦です。今シーズン初の2000mの試合でしんどいと思いますが約6分間楽しませてもらいます!そして、勝ってめっちゃ喜ばさせてもらいます!

 

お金で時間を買う

ボートの日誌CM(0) TB(0)





おはよう!!!!!!!!!
ございまあああす!!!!!!!!!







毎朝男子ローが対岸まで響き渡る大声で挨拶してるの、あれいいなあって思っています。3回女子ローの岩間です。


お金をかけるところって人によって結構違うんだなあと、この部に入って衝撃を受けました。

私は結構食に対して無頓着で、いかに高カロリーを低価格で摂取するかのコスパ重視で選ぶことが多いのですが、
毎食食べることを楽しみに、ご飯にかけるお金を厭わない人とか、

あと、これは私もやっていたことがあるので分かりますが、アイドルに貢いでいる人とか、

睡眠をだいじにしていて枕めっっっちゃいいものを使ってる人とか。


お金をかけるのって多分自分の好きなところで、それが日常の中に何個でも、あればあるほど、楽しいんだろうなあと思います。



時間にお金をかける人もいます。


時間を短縮させてその分自分の時間に充てるとか、

あとは、誰かが時間をかけて培ったノウハウを買うとかもそうでしょうか。


よく大人が何でもかんでも新幹線使ったりタクシー乗ったりしているのが、面倒くさがりだなあ、と節約のためならどこまでも徒歩で行っていた頃の私は思っていましたが。


それはお金の無駄遣いなんかではなくて、お金を出してでも確保したかった時間の為だったのかもしれない、と今は思います。



私も以前よりいろんな場面で時間を買うことが増えました。


図らずも睡眠時間となってしまうことも少なくないですが、


そんな時間ですら欲しくなるのは、
毎日密度の高い時間をすごせているからなのか、それとも終わりを意識するようになったからなのか。



『まだ艇庫に「行く」だから』
なんて言っていた頃は遠に過ぎて、気がつけばいつのまにか艇庫に「帰る」の方がしっくりくるようになりました。


最後から2番目のシーズンが始まります。


大金を積んででもあの時間・あの経験は欲しかったなあなんて後悔を、将来しない選択です。



去年の何百倍も何億倍も濃い時間にします。



p.s
今年の夏は新幹線で帰省しよう
なんせ、夜行バスより7時間も早く着くので。



 

ポジティブワード

ボートの日誌CM(0) TB(0)


最近、新しいイヤホンを買った翌日になくしていたイヤホンを見つけました。嬉しいような悲しいような複雑な気持ちになりました。
どうもこんにちは、二回生漕手の伊地知です。



話は変わりますが、1ヶ月ほど前から「This Week's Positive Word」という取り組みをしています。これは毎週、月曜日に1つポジティブな言葉を設定してそれを積極的に発言していくという取り組みで、主将さんから任命されてポジティブワードを僕が決めています。
(今週のポジティブな言葉は「素晴らしい」でしたね。みなさんどうでしたか?笑 また明日からポジティブワードが変わるのですが、まだ決まっていないです…何か良い案があれば是非伊地知まで‼︎)


このThis Week's Positive Wordをやり始めてかはわからないですが、僕は最近、周りからポジティブになったな〜とちょくちょく言われるようになりました。実際、自分が決めたポジティブワードを僕がまず言わなければ周りも言わないなーと思ってとりあえず積極的に言葉に出してみようと1ヶ月ほど続けたところ少しずつではありますが、考え方がいつもマイナスなことばかり考えていた根っからのネガティヴ思考者から何事も楽しむことを第1に考えるポジティブ思考者になりつつあります。このポジティブ思考で来週の神戸戦も1回生と共に勝ってみせます!!!!


P.S.今日の確定新歓お疲れ様です。1回生と上回生の仲は深まりましたか?ちなみに僕は行けなかったのですが。。。行きたかったぁ〜…

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは!
4回生マネージャーの森真菜美です。

多事漕論…毎回ネタに悩まされますが、今回は花粉症についてお話ししたいと思います。

え、花粉症?今頃その話…?
と思われるかもしれませんが、
まだ、飛んでます。花粉を侮ってはいけません。

一般的に花粉症として知られているのはスギ・ヒノキで、この子たちは冬から春にかけてだいたい2.3月がピークなのですが、その後から夏にかけて飛ぶ奴らがいます。

イネ科の雑草です。

雑草は至る所に生えていますね。
艇庫の周りなんかはもうイネ科の雑草がわんさか生えています。
例えば、猫じゃらしもイネ科の雑草で私にとっては敵です。近づくだけで鼻がムズムズします。

イネ科の雑草は、スギやヒノキ花粉と違って飛散距離はそれほどないので、近寄らないことで予防はすることができます。
しかし、艇庫の立地的に、私は花粉を避けて生きることは物理的に不可能です。

なので、この時期でもマスクが必須となるのですが、もう最近は暑いですし、マスクの中がムシムシして大変です…。
おまけに、マスク型の日焼けをするという素敵な特典付きです。

あ、、今鼻ムズムズしてませんか?目は痒くないですか?
…もしそうだとしたら、貴方もイネ科の花粉症かもしれませんね!

この夏、
一緒にマスク型日焼けをこしらえましょう!!


 

KY線

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。3回生マネージャーの浅原です。

突然ですが、みなさんは手相占いをしたことがありますか。

実は私はKY線の持ち主らしいです。
大半の人が重なっているはずの頭脳線と生命線が全く重なっていません。

この手相を持つ人は、型にはまったり、人に合わせてこびたり同調したりしないマイペースな性格だそうです。
要するに、空気が読めないってことですね〜!(笑)

確かに私は昔から束縛されることが嫌いで、基本的に自分のペースを守りたいので誰かに干渉されることをできるだけ避けてきました。そのため、今ボート部という組織の中でマネージャーをしていることに向いていないと思うこともしばしばあります。

昨年の新人練も、自分には向いてない….と思いつつただ与えられた役割をこなしていて、あまり日々の練習を楽しむことができませんでした。

しかし、今年は2年目の心の余裕のおかげもあってか、のびのびとマイペースに楽しむことができています。
また昨年との大きな違いは、人に言われる前に周りをみて行動することを徹底して心がけていることだと思います。
指示されるのが苦手なら自分で先に行動すればいいことにようやく気がつきました。

私は手相占いかなり信じる派で、KY線がある限りこの性格も変わらないと思っていますが、これからは周りをみて少しでも空気の読める人間に近づいていきたいです!(笑)



次の試合は、神戸戦。
練習を重ねるごとにいろんなことを吸収してどんどん成長していく一回生たちにとっての初試合です!
輝かしい結果が残せるように、あと1週間全力でサポートしていきます!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

結果がすべて

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。
先日の朝日レガッタでは、あばらが負傷していたにも関わらず試合に出させていただきました。ありがとうございました。結果はメダル一歩及ばず4位でした。自分が万全の状態だったら、や悪化を恐れて少し気持ちで負けたかもと思うと申し訳なくなりました。来年は絶対にメダルをもらいにもう一度びわ湖に帰ってきたいと思います。

さて、そんな私は先週まで約2週間ほど療養しておりました。なんとかこの期間腐らず耐えました笑
ビデオ撮るのムズい。エイトをチャリで追いかけるのしんどい。なんで自分は自分が乗ってない艇を必死で追いかけてる?などなど色んな感情に苛まれました。腐るなよと先輩に言われ生意気にも、大丈夫っすよ!とか言ってたあの言葉はうわべだけだったのでしょうか。

なにはともあれ耐えました

次は神戸戦・西日本です。復帰しても体力を戻して、なんやかんやしてたら関西選手権ぐらいかな〜とか考えていたのですが、
神戸戦から出させてもらうことができます。ありがたい。

またあの6番に戻ることができた。嬉しい。

体力が戻ってなかったんでとかいう言い訳なんて言えないほど残りの日数追い込んでいきます。
しかし、口で言うのは簡単です。結果で示します。見ていてください。

2回生漕手 喜寅麿紳

 

多事漕論が書きたかった。

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、2回生漕手の松田です。

私達ボート部はよく"家族のようだ"と称されます。
それは単に共同生活をしているということに加え、気の置けない関係であるとか先輩後輩男女問わず仲が良いことなどから来ていると思うのですが、
私は家族とは全く似て非なるものだと思っています。



一般的な家族と私達ボート部という集団との間にある決定的な違い、その一つは血の繋がりです。
所属している部員全員が、育ってきた環境から今置かれている状況まで何もかもが異なる全くの赤の他人。

血が繋がっている上に生まれた瞬間から時間を共にしてきた家族の中でさえ齟齬が生まれるのですから、大学で初めて出会った私達がわかりあえるはずがありません。


しかし、その良くも悪くも他人であるという認識のおかげで無意識の内、あるいは個人差はあれど意識的に互いに気を遣って過ごしているのだと思います。
それは微弱で決してくたびれてしまう程のものではなく、それでいて適度な緊張感を醸し出してくれる。
その絶妙な距離感がこの居心地の良さをつくりだしてくれているのかもしれません。
だとすれば私達はきっと気遣いの達人ですね。


また、そんな私達が繋がっていられる理由は「大阪市立大学漕艇部」。そしてボートという競技を通してのみです。
入部してきた理由もバラバラだった私達ですが、それが今や全員が勝利を目指しています。この市大漕艇部を日本一にするために。
そのために全員が同じ方向を向いています。

家族のようだ、なんて綺麗な一言では収めきれない、とんでもないところへ足を踏み入れてしまったのだと最近つくづく感じます。


ここで出会っていなかったら一生言葉を交わすこともなかったであろう人が今ではかけがえのない存在になり。


もしもボート部に入っていなければ学部学科内の、今と比べてしまえばはるかに狭い世界の中で暮らしていたことでしょう。
自分の甘さゆえに不満を漏らしてしまうことも多々あるのですが、なんだかんだ言っても今が幸せなんだなと感じます。


このまま一体どこまで進んでいってしまうのでしょうか。
先の見えない航海は不安ですが、幸いなことに共に漕ぎ進める仲間も、舵手も、支えてくれる人々もいるので勇気を出してまだまだ先へ進むことが出来ます。


いつか船を降りる日まで、たくさんの景色をみんなと見られますよう願って締めさせていただこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは。2回生マネの小川です。

多事漕論に書くネタをくださいと同回の杉崎に言ってみたところ「熱い話」って言われたのですが、特に思いつかなかったので最近あった楽しかったことを書こうと思います。


ボート祭2日目が終わったあと、2回生で焼肉&ボーリングに行きました。
どっちもすごく楽しかったですが、特にボーリングはほんとに面白かったです。
ボーリングの投げ方ってほんとに個性出ますよね笑綺麗だったり、荒々しかったり、不思議な動きしてたり。伊地知は投げ終わって帰ってくる時になぜかちょっと小走りで面白かったです。

それに投げ方だけじゃなくて、下手な子に応援したりアドバイスしたり、クールそうなのに一投一投全力で投げてたり、いたずらっ子みたいに罰ゲーム付きでゲームをやろうと提案してきたり。艇庫ではちょっと見たことがないような顔をして楽しんでる姿は新しい発見でした。

私はあまりプリクラとかは好きじゃないんですが、ボーリングのあとで最後にみんなで撮ったやつは割とお気に入りです。

今回は体調不良だったり課題だったりで全員ではなかったので、次回こそは全員で集まって遊びたいですね!!!!


ボートに関係ない話でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

そろそろコンタクトの付け方忘れそう。

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは。
最近眼球に少し傷が入ったせいでコンタクトではなく、メガネ生活を送っている3回生の田中です。メガネで乗艇していると偶に自分の熱気でレンズが曇って周りが見えにくくなることが悩みです。



さて、時間は経ちましたが、朝日レガッタについて少し書こうと思います。

僕は大会期間中、陸からビデオを撮ったり船台で蹴り出し等の手伝いをしていました。3月末にまた左膝を怪我してしまったからです。



漕手として試合に出ることはできませんでしたが、ほんの一部でもマネさんの手伝いをさせて頂けたのはいい経験だったと思います。ビデオ撮るの難しかったです。笑

もちろん漕手あってのボート部ですが、マネさんがいなければ活動できないということを改めて思いました。




もうすぐ神戸大学との定期戦です。そして8月には関選が待っています。今はそれに向けてシングルの上達と新人を育てることに全力を注ぎます!



最後に話は変わりますが、戸川さん。お元気ですか?色々大変かもしれませんが頑張ってください。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夏かと思うくらい暑かった先週ですが、
昨日ほどから少し気温が下がりましたね。

温度調節が難しい季節で何を着るか考えるのが
毎日大変です、、、


紹介遅れました。2回マネージャーの阿部です。


先週から新入生マネージャーが
エッセンや並走に加わるようになりました。

どんなこと話せばいいかな、とか
みんなと仲良くなれるかな、とか色々考えて
緊張していたのですが、、、


みんなとっても素敵です。


特に嬉しかったのが、一緒に並走していた子が
漕ぐ先輩たちをかっこいいって言ってくれたことです。

同期が漕ぐ船を見つけて喜ぶ姿も
とても愛らしかったです。



私が入ってきたばっかりの頃は、
エッセンで先輩の足を引っ張らないかなとか、
新人練にいても邪魔にならないかなとか、
自分のことしか考えてなかったなぁと
1年経って思います。

そう思うと、今の1回生は周りを見れていて
すごいなと、後輩ながら学ばせてもらっています。


また、1回生が艇庫に来るのが楽しいと言ってくれるのがとっても嬉しくて、
その言葉を聞くたびに、ボート部に入ってよかったと改めて感じさせてくれます。

まだ関わって間もないですが、
1回生には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう…!


1回生とシフトが一緒になるたび、色んなことに
気づかせてもらっていますが、
私もみんなの気持ちに寄り添える先輩になれるよう
努力していきます!



拙文失礼いたしました。




追伸
先日2回生で遊びにいってきました。とても楽しくて、仲良しになれたのではと個人的に思っています。後輩に、2回生仲良しだなと思ってもらうのが私の密かな野望です!笑

 

憧れの存在

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。

ボート祭1日目から家に帰ると、親に日焼けしたねと言われてしまい軽くショックを受けた、3回生マネの土田奈緒です。


先日、とある縁から高校の体育の先生とごはんに行く機会がありました。
高校の思い出話や大学生活について、先生が監督をしていらっしゃる野球部の話に花を咲かせ、とても素敵な時間を過ごしました。

◯期生の××は今どこの大学に行ってて何をやってて…とか、△期生の□とは今もたまに会ったりするねんけど…とか、今の野球部の主将がちょっと頼りないし、怒ると自分らが嫌われてるからやと勘違いしたりしてて困ってて…とか。
卒業してからも生徒のことを細かいところまで(同期の私が忘れていたことすら)覚えていて、先生というのは本当にすごい存在だなあと素直に思いました。

年の差を感じさせない、元気で明るくて生徒から慕われる先生。
体育の先生という夢を叶え、好きな野球部の監督もしている先生。

商学部で何を何のために勉強してるん…?
将来どんなことがやりたいん…?
どういう業種を考えてるん…?
と聞かれたものの、あまりパッとした答えが思い浮かばずあやふやに答えてしまった私には、そんな先生がとてもとても輝いて見えました。
(歳上の魅力もあったのかもしれませんが…笑)


そこで、私はその日から「輝いて見える人になる」ことを個人の目標にしてみました。

輝いて見える人というのは「高いモチベーションを持ち、周りにも明るく接していて、周りにポジティブな環境を作り出す人」なのかなと思っています。


具体的な行動?は定まっていませんが、周りから(特に後輩から)「輝いて見える人」に私はなりたいです!

まずはめんどくさがり屋でネガティブな自分の性格をなんとかしなきゃなので頑張ります。


拙い文章読んでいただきありがとうございました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは

3回生マネージャーの本川です。


最近周りから就活という単語をちらほら聞くようになりました。

もうそんな時期かぁと思います。


これから自分を正面から見つめていかないといけないと思うのですが、正直しんどいなぁ、と思います。

でも、自分に正直に、言い訳せずに、、

自分自身のありのままを受け入れていく。

できる部分、できない部分、、


私の私に対しての決意です!

 

星の落とし物

ボートの日誌CM(3) TB(0)

こんにちは!女子副将の伊藤友紀子です!
今、学部生の最終学年です。

商学部の私は、理系勢である八瀬主務や林クリーンチーフや中嶌積み込み隊長や森新人練トップ、元部員の角谷のように大学院に進学するということもなく、
元部員の小倉メンバーと元部員の片岡のように休学して留学に行くこともせず、
かといって元部員の塩地のように交換留学にも行かず、
今教育実習に行っている戸川副将のように教員を目指すわけでもなく、
1年以上必死に勉強している梅村クリーンチーフのように公務員を目指すわけでもなく、
横田新人練担当のように夢を追いかけるわけでもなく、
安東主将や廣内女子主将、島副将、脇坂副務、山下会計チーフ、松山資金・備品チーフ、鳥居サポートチーフ、 植田脳筋、増田安全担当、深尾部員総会議長、山田学連担当のように普通に就活し、
元部員の高良と向井と金井は分からないが、私は割とマジメにしていたので留年もせず9月に引退を迎える。


さあ、私の現役生活はあと3ヶ月と24日。
多事漕論はあと残すところ数回。
こうして終わりが見えてくると、一言にまとめられない気持ちが湧いてくる。

例えるなら、この4年間でたくさん落としものをしてきたような気がして。
これまでの人生、幸運にも、自分の大切にしているものを落としたことは一度もない。

が、この4年間ではたくさんの星を落っことしてきたと思う。
届かないけれど見上げたら強く空に光っていて、自分の手には無いけれど振り返ったら薄くぼんやりと足元に光っている。
自分に勇気をくれる思い出の数々。

この星のせいで、自分が神様になったような気持ちになる。
何でもできる。どんな望みも叶えられる。どんなにどん底に落ちても必ず光明が差す。どんな時どんな状況でも前に進む勇気が湧いてくる。


考えが甘く、悪い意味で若いと思う。
そんな大口叩いていてもどうせ数年後は、
「部活をしていた頃は輝いていた」とか「年のせいで」とか「私の本気は大学で終わった」とか言って過去にしがみつくゴミクズになっているくせに。
と、自分を戒めたくなるくらいに…。
(おめでとう!
先ほどの3つは人生の禁句三選に認定です!)


私が多事漕論を書くときはいつも、OBOGの方々、保護者の方々、現役部員(主に後輩)、関係者の方々の利益のために書く、ということをモットーにしています。
しかし、今回だけは自分のために書かせていただきたいと思います。
と言いましても、ただつらつらと独白するのはかなり痛々しいで3文だけ失礼します。


世間に恩を返せ。
自分の人生に責任を取れ。
自分の決断に失敗はない。


はい、ありがとうございました!

そうだ。やり残したことですが、多事漕論傑作選を次回までに完成させておきますね。

2015/12/18伊藤『新艇紅覇と多事漕論傑作選』


引退までよろしくお願い致します。

 

なんとかなるはず!

ボートの日誌CM(0) TB(0)




こんばんは。2回生山崎です。


入部してから一年が経ちました。


ちょうど今から一年前は、漕手になるということを親に納得してもらえず「マネージャーになった」と嘘をついてなんとかやり過ごしていました。


3ヶ月間ぐらいは嘘をついていたのですが、思い返せばロースーを洗濯してもらっていたのでバレバレだったと思います。笑


そして「漕手は1回生のシーズンだけ」という約束をして、気づけば2回生のシーズンに入っていました。


艇庫の居心地が良すぎたのとボートが諦めきれなかったことが原因と思われます…


もう少し、漕手として頑張ります!


将来は不安だらけですが…

なんとかなるはず!!


1回生のみんなも辛いこともあると思うけど、なんとかなる!一緒に頑張りましょう!

 

自分に向けての多事漕論になってしまった。

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、2回生の梶尾優月です。

朝日レガッタお疲れさまでした。私は今回試合観戦をさせてもらいました。全クルーの試合を観ました!迫力があってとってもかっこよかったです。

朝レまでの練習期間で感じたことがあります。

気持ちで負けないって大事だな、ってことです。

漕ぎこみ期間のメニューを見て、「え、絶対こんなに漕がれへん無理」って練習前に自信無くしたりすることが多かったのですが、「ちゃんとできる」「次はこれを絶対意識する」というふうに考えて、前向きに練習できるようになったと思います。

一緒に乗ってくださっていた先輩が「今のよかったよ」「あと二周だけ!頑張ろう!」などと常にポジティブな言葉を掛けてくれたおかげです。きついメニューも前向きに楽しくやることが大事だなって思いました。

逆にいえば、私の場合「あー無理やー」って思うと乗艇もエルゴも陸トレも無理になっちゃいます。

だから、結果的に出来なかったとしても、やる前は「できる」って前向きに考えることが大切かなと。

こんな風に言ってるけど、正直私はすぐ「しんどいなぁ~」ってなるし、妥協するし、ダメダメです。もっと自分に強くなりたいです。なので、この多事漕論を書きながら自分に言い聞かせています。

今は同期の山﨑ひなこちゃんとダブルに乗っています。

私は「上手くできやん」とか「練習長い」とかよく言っちゃうのですが、

ひなこちゃんは「ドリルやってみよ~」「あと30分で終わる余裕や~!」みたいな、ちょっとテンションおかしいですけど、前向きな言葉をかけてくれて、楽しんで練習できてます。本心です。ありがとう。

ということで、気持ちで負けない!自分ファイト!

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

多事漕論は難しいです。毎回すごく悩んでしまいます。これは正直に書きすぎちゃうか、これはキレイに書きすぎちゃうか、これは適当すぎやな、なんかおもんないな、印象悪くないかな…などなど、考えすぎてしまいます。多事漕論というより、自分を表現することが苦手です。
相手を意識しすぎて、いろいろ考えすぎるのが良くないんだと思います。あまり人付き合いが得意ではないのも、twitterをやってないのもこれが原因かと思います。この性格はいろんなところで悪い影響が出るので、変えていかないとダメです。
なので、もっと本音をすっと言えるように、過ごしていこうと思います。
意見を言わないのは何も考えていないのと同じ、とよく言いますが、そうならないよう気をつけていきたいです。

4回生 漕手 増田良祐

 

だってアタシのヒーロー。

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは!朝日レガッタが終了し、いよいよ試合シーズンがスタートしました。天候の悪い中応援に駆けつけてくださった沢山の皆さま、本当にありがとうございました。

沢山の新入生が入部してくれ、今までで以上に賑やかな艇庫になりました。
まだ話したことがない子が沢山いるので、これからが楽しみです(^^)


さてさて、タイトルの『だってアタシのヒーロー。』これを見てピン!ときた人はおられるでしょうか…?
実はこれ、私の好きな歌の曲名なんです。
もともとはアニメの主題歌?だったらしいですが、元気が出る応援歌みたいな歌詞なんです(文末に歌詞を載せるのでよければぜひ見てください)


皆さんは頑張っている人を見ていると、心がギュッと熱くなる・勇気付けられるという経験はないでしょうか…?
2000ttで倒れるんじゃないかと思うくらい全力を出しきる姿。レースで最後の最後まで一生懸命頑張る姿…。
そんな姿を見ていると、自分のちっぽけさにもどかしさを感じると共に、熱い思いでいっぱいになります。

こんなに応援したい、力になりたいと思えることは初めてで、そんな人達のマネージャーでいれることが本当に嬉しいです。(直接言ったことはありませんが…笑)


朝日レガッタが終わり、残す試合はあとわずか。引退までのカウントダウンが始まり、今までの日常に"最後"という言葉がつくことに、寂しさを感じています…

主将の安東・廣内が率いる市大漕艇部のヒーロー達が、最高のフィナーレを見せてくれると信じて。
残り約3ヶ月、選手に負けないくらいの全力で挑んでいきます!

拙い文章でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。


4回生マネ 脇坂




ーーーーーーーーーおまけーーーーーーーー

キミが 諦めるトコ 浮かばないけど
ナニモナイ ナサケナイ っていう日も あるんでしょう

人生に 一度のような 努力の瞬間を
いくつも 迎えちゃいそうなら 見ていたいんだよ

"一生"が一個だって "一緒に"をいくらでも
なんにもないアタシに 意味をくれた 最強だ

フレーって フレーって 何度も言わせる なんていう才能?
ずっと立ち向かってよ 勇気をくれてるよ
フレーって フレーって ちっぽけ全てが叫んでる
その目を見てれば アタシも走れる
"最高のフィナーレ"を 刻んでみてよ

少し冒険しようか このままでいいか
ナヤマシイ モドカシイ って迷いも あるでしょう?

千年に一人のような センスがなくたって
アタシや 君だけのゴールを 見てみたいよね

どんなに世界が わからず屋ばっかでも
アタシはキミという わからず屋の味方

フレーって フレーって 何百マイルも届けよう
ずっと走るために 立ち止まってもいいよ
フレーって フレーって 大きなエールが花開く
いつもの奇跡を 世界に見せてよ
ワクワクが待ってる 未来へ行こうよ

たくさんの失敗談を 愛せなかった自分を 抱きしめたら 最強だ

触れて 触れてないけど分かるよ そのチカラ
目の前の壁の 向こうで笑おうよ

フレーって フレーって 何度も言わせる なんていう才能?
ずっと立ち向かってよ 勇気をくれてるよ
フレーって フレーって ちっぽけ全てが叫んでる
その目を見てれば アタシも走れる
その目の中 アタシも走ってく
"最高のフィナーレ"を 刻んでみてよ

だって アタシのヒーロー。


引用:http://j-lyric.net/artist/a001c00/l041959.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おわり

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、今日は1〜4回生マネージャーでごはんに行ってきました!


本当は夕方からマネ総会もあったのですが、大雨だったので延期に……


今年はなんと16人もの1回生マネージャーが入ってくれたので、マネージャーも久しぶりの大所帯です。


今日初めて出会う子も何人かいたけど、これからどんどん仲良くなれたらいいなあと思っています。


とりあえずみんな確定新歓でいっぱい仲良くなろうね〜!!!!




4回生 鳥居

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは 2回生の細見です。

朝日レガッタが終わりました。僕が乗っていたセカンドエイトは、予選は突破したのですが準決勝で敗退してしまいました。

ただ、自分の中で1つ収穫がありました。それはレースの最初から最後まで自分が満足できる漕ぎができたことです。

僕はすぐ緊張するタイプの人間なので今までの試合ではどこかしら自分が満足できない部分があったのですが、朝日レガッタの準決勝では、500メートルレースとは言えど、自分が満足できる漕ぎを続けられたことは大きな収穫だと思っています。

どうして満足できる漕ぎができたのかを考えたときに1つ思ったのが、部内では今、何事もポジティブに考えていこうという取り組みをしていて、試合前もポジティブに物事を考えていたので、自分が満足できる漕ぎができたのかなと思っています。

気持ちの持ちようって大事だなと思いました。

 

フレッシュエネルギー

ボートの日誌CM(0) TB(0)

朝レ、お疲れさまです。
みんなかっこよかったですねぇ。私は完全に応援団でしたが、わくわくどきどきを外から体感できて楽しかったです。

みなさんは朝レ、楽しかったですか?

新人が神戸戦に向けて練習してるのを見て思い出すのは、去年の私たちです。同期4人で乗った最初で、もう二度とないクルーですね。懐かしい。
練習がきついと感じることもなく、ただただみんなで漕ぐのが楽しかった。

新人のみんなは、今、ボートが楽しくて楽しくて仕方がない!という顔をしています。きらきらした目で乗艇して、進んだ感覚に嬉しそう。

テクニック、力は圧倒的に上回生が上ですが、ボートを楽しむ気持ちは新人の方が優っているように思います。

新人練のメニューは上回に比べて何倍も軽いし、今は伸び代だらけで、楽しいのは当たり前なのかもしれません。

それでも、もっと楽しんだらいいのに、もっとばちばちやり合ったらいいのに、なんて。
そう思うのは、トレーニングをしないcoxのエゴでしょうか。

初めて乗艇したとき、勝ったとき、2000ttのベスト出したとき、
こんなに楽しいことはない と思ったこと、ありませんか?

隣が自分より速いとき、同期が対校に乗ったとき、
あいつに勝ってやる と自分を奮い立たせたこと、ありませんか?

今の新人練はこんな熱量で溢れています。眩しくて、圧倒されそうな、そんな気持ちでいっぱいです。

新人のみんなは、もっともっとエネルギッシュに、ボート楽しんでいきましょう。気持ちで上回を飲み込んでしまえ!

なんて言う私も、しんどくて逃げたい時もあるし、何を偉そうに、と思う捻くれた自分もいます。

私もまだまだですね。

楽しむプロを目指して、アツい自分になりたいです。

2回 横山

 

カッコいいマネージャー

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2018年5月6日
12時30分試合開始
12時33分試合終了

その、たった3分間の中に彼らは数カ月に及ぶ思いを詰め込んでいた。
撓るシャフト、水面より飛び出す水飛沫、飛び散る汗。どの瞬間を切り取ってもカッコいい勇姿に僕は胸を打たれた。

しかし、別の思いも頭によぎったのだ。
シーズンが始まってから初めてのエイトの試合。そこに向けての日々の練習を見てきた。
ベスト値にコンマ1秒届かず悔しがっている姿。何時間もミーティングしている姿。励ましあっている姿。
いろんな彼らを見てきたが、僕はそこに何かできていただろうか。
カッコいいマネージャーだっただろうか。
自信をもってYESとは答えられない。答えてはいけないような気もする。
だって、僕らは選手のように汗だくになることもないし手が血豆だらけになることもない。
だから全くのイーブンでカッコよくなることはできないと思っている。

本当にそうだろうか?
選手からカッコいいと思ってもらえるマネージャーにはなれないのだろうか?
なれないと決めてしまって、なる努力を怠っていないだろうか?

僕はカッコいいマネージャーになりたい。他のマネージャーだけではなく選手からも憧れられるようなカッコいいマネージャーに。

尊敬する先輩マネージャーのことを思い出してみた。
何でもできて、何かあったらまずその人に相談すればいいと慕われる先輩だった。卒業していなくなったらどうなってしまうのか、と心配されていたくらいに。

僕もそうなりたい。替えのきかないような唯一無二のマネージャーになりたい。それがカッコいいマネージャーだと思うから。

そのためには自分らしさを出していかないといけないのだろう。
日々を何気なく過ごすのではなく、少しずつでもいいから僕自身のエッセンスを出していけば目指すべきものに近づけるはずだ。

そしてシーズン終わりに同じ質問をされたときに胸を張ってYESと答えられるようになりたい。

4回生主務 八瀬


(最後にお気に入りの写真を1枚。撮影してくださった山本さんありがとうございます。)
355604.jpg

 

焦らない。でも、諦めない。

ボートの日誌CM(0) TB(0)


ご無沙汰してます、4回生の廣内です。
朝日レガッタお疲れ様でした!

今回の朝日レガッタは怪我のため棄権させて頂きました。本当に申し訳ありません。(昨年はレースでオールを折ってしまったりと、朝日レガッタにはあんまり縁がないのかもしれません…。)

さてさてそんな朝日レガッタですが、
M8+薫風4位入賞おめでとう…! 本当に素直に、感動しました。
W4×+誉もM8×煌もM2×あいも、準決勝進出おめでとう。みんなで予選突破したという事実がなにより嬉しかった。
トレーナーもマネージャーも響もとらも、沢山のサポート本当にありがとう。

最後に、今回ダブルの相方だった梶尾。すごく素直な頑張り屋さん。最後まで一緒にやりきれなくてごめんなさい。一緒に練習してた時の「ボート楽しいです」のひと言が何より忘れられません。私も船が疾る感覚がすごく楽しかった。まっすぐな梶尾と一緒にいて、もっとボートが好きになった気がします。本当にありがとう。機会があればリベンジしたいなぁって密かに思ってます。

あと、今回は少し長引きそうなので、新人指導の方に顔を出すこともあるかもしれません。新入生の皆さん、その時はよろしくお願いします。今年は沢山入部してくれたので早くみんなの顔を覚えたいな





「もっと漕ぎたい、漕いでいたい。」

毎度試合に向かう時、やっぱりボートが好きだと再確認します。

こんなに練習できなくなるのは初めてで少し不安です。でも焦っても仕方ないので、着実に前向きに向き合っていこうと思います。
「もう漕げなくなったらどうしよう…」とめそめそしていた廣内はもういないです。

それにしてもはやく水の上に帰りたいものですね。
朝日レガッタでも沢山の船を見てきました。イメージトレーニングはばっちりです。

少しずつ暑いと感じる日も多くなりましたね、どうかご自愛ください。
それでは失礼いたします。

 

蹴り出し

ボートの日誌CM(0) TB(0)




ボート部ならではの魅力はたくさんありますが、私の中では蹴り出しもその1つです。

陸から1人の声が響いて、それにつづいて大勢の声が響く。そしてその声に水の上から選手が応える。
何度体験しても、いいな、と思います。


今回の朝日レガッタでは、入部してくれた40人を超える新入部員も一緒に対校エイトの蹴り出しをしました。
60人以上の部員からの蹴り出しの声はすごく力強かったです。

神戸戦まで1ヶ月を切りましたが、新入部員たちの蹴り出しの日も近いですね。日々めきめきと成長している新入部員たちの活躍が楽しみです✨

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

 

朝日レガッタ終結!!

ボートの日誌CM(0) TB(0)


早くも4回生になりました。
漕手の 林 です。

例年よりも強い波風により、大波乱となった朝日レガッタですが今日ようやく終結しました。

男子対校エイトの結果は、、

4位でした。

悔しさが残りますね
やっぱりメダルが欲しかったです

予選、準決勝とありましたが、どちらも2着。同志社、龍谷に決勝でも及びませんでした。その2校にはナイスローイング!というしかあしませんね。1枚上手だったと思います。

決勝では龍谷が最後までずっと横にいた。本当に勝つか負けるかバチバチの勝負。スパートで艇速伸ばせれば絶対勝てる。

ゴールラインを切ったあとに聞こえたみんなの悲痛な叫び声。

僕は咽び泣きそうになりました。
悔し泣きなんて初めての経験でした。

めっちゃめっちゃ悔しい。うーん、、この気持ちは書ききれないですね。

冬から死ぬ気でエルゴ引いて、合宿始まってからは嫌っていうほど漕いで、、の4位。

去年の関西選手権で引退するつもりがここまできました。

ボートやめたくないなーっ!

ってレースあるごとに思います。
毎日あんなに練習しんどいと思ってるのに。笑

あー、ほんとに。
これだからやめられないんだよなー






 

ボートの日誌CM(0) TB(0)




こんばんは!
2回生マネージャーの千馬です。


あっという間に明日で朝レ遠征最終日ですね!
そして、明日は対校エイトの決勝です…!!
エイトの皆さんが喜んでいる姿のイメトレをして寝ようと思います…!😪


今日は男子エイトの準決勝が行われたのですが、
試合後、煌のクルーの1人が
「今日初めて最初から最後まで満足できる漕ぎができたわ!」
と言ってきてくれました。
本当に嬉しかったです!おめでとう!!!

キツい練習を一緒にしているわけではないのですが
嬉しい気持ちを共有できるってすごいですね…
マネージャーの醍醐味だと思います!


明日も、風の影響が心配されますが
頑張っていきましょう✨








 

楽しすぎる!あぇ↑〜

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。2回生の浅田です。

今日は朝日レガッタ2日目でした!ぼくは怪我のため、試合に出場できないのでビデオを撮る予定でしたが…

風が激しく吹いている。波がバシャバシャ音を立てている。結局、市大は今日1つのレースをすることもなく終わりました。今日レースに出る予定だったぼくの同期はみんな試合にワクワクしている様子でしたが、明日にお預けとなってしまいました。

ここまで試合にワクワクできるのも日頃の全力の練習と常にポジティブに取り組んできたおかげだと思います。ぼくは直接的に艇速に貢献できる立場ではないですが、みんなのポジティブにぼくなりのポジティブで応えて、少しでも艇速に繋がればと願っています。

1000メートルの試合、2000メートルの試合と比べ、距離は短いですが、決して楽な試合ではないということは間違いないと思います。漕艇場のコンディションも良くなるかどうか分かりません。しかし、そんな時こそポジティブです。ワクワクしていきましょう。

明日の試合、楽しみすぎる

 

書き留める

ボートの日誌CM(0) TB(0)

4回生の中嶌です。入部してくれた1回生から多事漕論読んでます!的な声をちらほら聞くので何を書こうかいつもより悩んでます。
というわけで今回は1回生に向けて最近書き始めた日記について書きます。他の人も良ければ読んでやってください。

まず何故僕が柄にもなく日記なんて書こうと思ったのか、それは自分の過去のツイートを遡っていて面白いなーと感じることが多かったからです。
笑えるとかの意味で面白いのではなく(それもありますが)、その日あったイベントのこと、自分が何か思ったこと、そんなことあったなーという出来事、そしてたまに自分の精神状態が心配になるような気の狂ったことを呟いていたり、誰かとくだらないやりとりをしていたり。自分の浮き沈みが見て取れてとても面白いです。
僕は普段そんなにツイート数も多くないし、1度のツイートには文字制限もあるので、まぁ毎日日記でも書いてみるかーと思い始めました。物忘れが激しいという理由もありますが、これはあまり大きい声では言いたくない...

しかしそんな軽いノリでは確実に3日で止めるだろうし、せっかく買ったノート代がもったいないので日記を書くことのメリットについて少し調べました。
https://www.lifehacker.jp/2014/06/140604journal.html
まとめると長くなるので記事を添付します。
まぁ無意味なことでは無さそうです。

そんなこんなで書き出してみると、意外と面白い!練習で思ったことから食べたご飯のこと、面白い友人のこと、新しい後輩が出来たこと、好きなアイドルのこと、漫画のことなど適当に書いて最後に明日やることと近々やりたいことで締める。こんな感じです。
近々やりたいことはもし出来たらその日付を後から付け足す予定です。今のところは1回生を誘って飯に行くことだけですが笑(誰か行きましょー)

4回生になってこんなこと始めたのではかなり遅い感しかないですが、まだまだ21歳!ピチピチです。始めて遅すぎることなどないと思うのでこれから死ぬまで60年?くらいですかね、続けていけたらなーと思っています。

しかしやっぱり1回生の頃からやっとけば良かったと思わざるをえない!1回生の4月、5月なんてよく分からないボートという競技を選び、よく知らない同期や先輩と共に練習して、教室の場所も分からない学校にも通って、新しい発見や新しい疑問など山のように出て来る時期です。その時の気持ちを忘れてしまうなんてのは勿体ない!今になってつくづく思います。
だから1回生の皆には是非今の新しい気持ちをどこかに記録しておいてほしいです。悩んだ時、落ち込んだ時に絶対に自分の力になってくれるはずです。1人で続かない人は誰かと交換日記でもやってみるのも良いと思います。今の2回生がやってる交換ノートとかめっちゃ楽しそうです。
とにかく今の超フレッシュな気持ちを大切にしてください。僕が言いたいのはそれだけです。

最後に1回生の皆さん。艇庫にはスラムダンクが置いてあるので絶対に読んでください。あれは人生の教科書です。
既に読んだ人はアイシールド21を、それも読んだ人は僕があさひなぐを貸すのでお声がけください。


という4月にメモしていた内容を読み返していたのですが、早速何日か日記を書いてない日が出てきてます。やばいですがまだ耐えてます、耐えてます。

朝日レガッタ、エイトは明日から予選が始まります!
今日はダブルが痺れるレースを見せてくれました!負けないように頑張ります!

読んでくださりありがとうございました

 

朝日レガッタが始まる

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今シーズン対校エイトのCOXを務めています、4回生の戸川です。

唐突ですが、僕はプライドが高いです。変なところでプライドがあって、人に弱いところを見せるのが苦手です。だから、周りの人に助けを求めたり、自分が抱えている問題を人に相談することができません。周りに相談しようと思うと、相手に「そんなこともわからないのか」と蔑んだ目で見られるのではないかと恐れてしまいます。

今回対校COXを務める上で多くの課題にぶつかりました。
航路が安定しない、まっすぐ進めない、早口でコールが聞き取りづらい、命令口調のコールをするからやる気が削がれる、自信なさげに話す、動力船のギリギリを通り過ぎ、リズムのズレを感じられていない、分析がセカンド以下のクォリティ、思いつくままにあげただけでもこれだけあります。
僕が知る限りの歴代の対校COXの方々に全ての部分で劣っていると思います。

今までの僕であれば、壁にぶつかった時に、自分で考えて、解決しようとしていました。
しかし、今回はどうにも解決できませんでした。
一向に治らないのに、朝日レガッタはどんどん近づいてきます。漕手のみんなはどんどん成長していくのに、自分は何にも成長できていなくて、同じ失敗ばかり繰り返していました。

このままでは自分のせいで負けてしまうという危機感が募ってきて、思い切って歴代の対校COXの方々に相談することにしました。
太田さん、大石さん、二反田さん、お仕事でお忙しい中、僕の相談に乗ってくださってありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

先輩方に相談する事で、自分だけでは気づけなかった視点を学べたり、既存の知識の重要性を再認識できたり、自分の取り組みが間違っていないことが分かりました。
勇気を出して聞くことができて本当に良かったです。もっと早くに聞いていればよかったとつくづく思います。

ただし、聞くだけで満足して行動に繋がらなければ意味がありません。
行動して結果が出てこそ、ようやく自分が一歩成長できます。
朝日レガッタに向けて、アドバイスいただいたことを実施しましたが、全て改善されたわけではありません。エイトは予選を明後日に控えていますが、COXとして最後までレベルアップしていき、艇速に貢献していきます。
試合では成長した姿を見せられるように頑張ります。

明日から始まる朝日レガッタに多くのOB、OG、保護者の方々に足を運んでいただければと思います。
応援よろしくお願いします。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad