FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

お楽しみ

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんばんわ、二回生漕手の三木です。

僕は「毎日」するというのが本当に苦手で、それは小学生の頃からそうで日記等も続いた試しがありません。もはや一週間持てば上出来かな、という有り様です。最近、本当に人生で毎日欠かさず一定期間やってきたことはないのだろうか、と唐突に思い、考えてみました。

するとやっていることがありました。ゲームをすること、携帯を触ることです。思えば不思議ですよね。あれだけ毎日やることが苦手な自分が、小中学生のときはゲーム、高校大学は携帯をほぼ毎日欠かさずやっている。なぜだろうと考えた時にある共通点が見つかりました。「簡単に取り組めること」と「楽しい要素があること」です。僕にとってはこの二つの要素を同時に満たしているものこそ続けられると気づきました。そして片方でも欠ければ続けられない。

今まで継続できなかった毎日やるシリーズは大体「楽しい要素」が欠けてたのではないかと思います。毎日日記から始まり、腕立て毎日20回、毎日部屋掃除、etc...思いだし始めたらキリがありません。恐らく続けられている人は言葉にせずとも何らかの楽しみ要素があったに違いありません。
なぜなら少し思い当たる節があります。高3の頃塾の自習室に毎日通う!という目標を例のごとく掲げていたのですが、これが最終的には達成できたのです。それは楽しみ要素を見つけられたからなのですが、その楽しみ要素というと…いつも自習室に通っているある可愛い女子を見れる、というなんとも不純で恥ずかしい楽しみ要素だった訳ですが…
結果として自習室に毎日行き、勉強がはかどったし、点数も伸びました。ありがとう、どこぞの可愛い誰かさん。


皆さんも毎日やる!といって続けられない事はあると思うのですが、そんなに気を張らずに、本来の目的とはそれてもいい、結果的に続けられればそれは自信になるし、結果も伴ってくるものなのだと思うので、何か楽しみ要素を付加してみれば続けられるのではないでしょうか。

最後までお読み頂いてありがとうございました。またお会いしましょう!
スポンサーサイト

 

ラッキー

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。
3回生マネージャーの松山です。


少し前の多事漕論で私は思い出し笑いがやめられなくて悩んでいるという内容の記事を書きましたが、今回は口癖について書きます。

(ちなみに、思い出し笑いの癖は少しずつ治ってきました。しょうもない空想にふける時間を読書にあてることによって思い出し笑いをしている時間が格段に減ったからです。
おかげで部員たちから気持ち悪がられることもなく平穏に日々を過ごしています。)

私の口癖は「ラッキー」です。1日1回は口にしてると思います。
バイト仲間からはラッキーラッキーうるさいと言われるほどです。

電車の乗り換えが絶妙にうまくいった時や、前髪のコンディションがいい時などめちゃくちゃ小さなことに対しても思わずラッキー!と言ってしまいます。さすがに1人の時は心の中で言います。

ラッキーと言うことによって本当に私って幸せ者やなあ!!と思えるんです。私の幸せのハードルが低いという特性のせいもあると思いますが、実際に口に出すことでなんでもポジティブな方向に変換できると思っています。

最近、就活のインターンシップでグループワークをする機会がありました。

同じグループの他大の人たちに自己紹介をすることになり、ボート部のマネージャーとして日々やっていることを話しました。

引かれました。
「あ、ボート部って普通じゃないんや…」と思いました。知らず知らずのうちに自分にとって当たり前だと思っていたことが実は当たり前じゃなかったと思い知らされました。

よく考えてみれば、冬の早朝から2時間も川のほとりに佇む女子大生なんてボート部以外たぶんいないし、気が狂うほどの量の人参を細切りにする部活もめったにないと思います。
普通じゃ経験できないことを嫌というほど経験できるなんて、ラッキー以外の何物でもないですよね。

正直しんどいことも辞めたい時も山ほどありますが、それ以上に得るものがあるので私はボート部にいることができて本当にラッキーです。辛くて逃げたい時も無理やりそう思うようにしてます。

引退まであと約半年となりましたが、自分の置かれている状況が当たり前じゃないということを忘れず1日1日を大切に過ごしていきたいなと思います。

拙い文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルなし

ボートの日誌CM(0) TB(0)

ただいま教習所で励んでおります、一回生漕手の吉山と言います。教習所は、免許証を手に入れるには通らなくてはならない関門です。僕はここで学ぶために、沢山のお金を払いました。つまり、立式すると

何十万円=運転の方法+テクニック+知識…

となります。


あとは、もう行くだけ!ではありません。

例えば、試験を受けるのにもお金が必要です。その試験に合格しなければまた受験料を払って受けなければなりません。

問題はドタキャンした時の罰金です。知らない人も多いかもしれませんが、教習所では、ドタキャンをするとお金が発生します。車の運転指導一回をドタキャンすると罰金約5000円。僕の頭の中で立式するとこうでした。
「ドタキャン一回」
>−5000円+「とても嫌な気持ち」
(もちろん、「ドタキャン一回」と「とても嫌な気持ち」は負)

これを文章にすると…
これはなかなかの高額!学生に払わせるなんてなんて非道。良心のかけらもない!

こんな感じでした。


なんでこんなことを説明してるかというと、その罰金について違う思いを感じるようにななったからです。

今年の抱負で僕は「責任」と書いて、意識するようになったのが原因だと思ってます。ドタキャンしたのは自分の「責任」だと思うようになると、しょうがないと思うようになりました。自分の責任と気づくまではどこかで教習所のせいにしていた気がします。こういうことを気づいていくとさっきの式がこうなりました。

「ドタキャン一回」
<−5000+「一時的な嫌な気持ち」+「夜寝る前に予定を確認する習慣を得るチャンス」

「夜寝る前に予定を確認する習慣を得るチャンス」がでかい。

責任を持つようになると、失敗をポジティブに考えれるようになります、ということを実感したということでした。

最近では、赤信号なのに止まろうとせず助手席の教官に急ブレーキをかけられて、「吉山くん赤やでー笑」と言われて、僕は「そうですね笑」といった感じで楽しくやってます。
でも、僕が教習所に通っていると話してもだいたいの人に、お前の車には乗りたくないと言われて悲しいです。ちなみに、運転で僕が得意なのは直線と加速です。


あと、追いコン途中で抜けちゃって言えなかったんでここで。

追いコンで市大ボートを卒業する先輩たちへ
4年間お疲れ様でした。

 

エイトに乗る

ボートの日誌CM(0) TB(0)

消灯後失礼します。
2回生漕手の太田です。


今日は午後から神戸大学の艇庫にお邪魔しました。UTですが、並べも行い、久しぶりの乗艇でテンション上がりまくりといった感じの練習でした。笑

今回僕はエイトに乗ったのですが、明日の朝は今日予定があって乗れなかった人と交代することになりました。
今日の練習は欠員補充でエイトに乗れたということです。

昨シーズンも朝日レガッタの選考で数回エイトに乗ったのですが、ちゃんとメンバーに入って対校エイトに乗ったことは今までありません。

エイトに乗ることを目標にするのはちょっと違うと思うので、エイトに乗って関選で優勝することを目標に、エイトに乗って試合で勝つ自分をイメージして、週9回(もしかしたらもう終わりかも?それなら歓喜!!)のエルゴも頑張ろうと思います。

エルゴばかりの毎日が終われば、1日60km漕ぐメニューが最近公開された瀬田合宿が始まります。
本当にこのメニューをするのか、にわかに信じがたいのですが…。


まあ頑張ります。笑

 

🌟今日はスーパーフライデー🌟

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは
消灯後失礼します。
一回生の杉崎です。

突然ですが、今日は何の日だったでしょうか?

そう!!今日は皆さんご存知スーパーフライデーです!!

皆さんは牛丼食べましたか?

ちなみに僕はまかないで食べました(笑)


実は僕、この某チェーン店のある店舗でアルバイトをしています。店舗がターミナル駅の真ん前にあるのでお客様がたくさん来店され、とても忙しいです。(関西で三本の指に入る忙しさだそうです笑笑)

同期からは、『なんでそんなとこに行ったんや』ってよく言われます。理由は求人サイトのページの上の方にあって、定期圏内にある有名なチェーン店だったからなんですが、いざバイトを始めてみると、最初の頃は悲惨でした。今思うとびっくりするくらい何も出来なかったです。一時期はやめようと思いましたが、めげずに頑張ろうと思い、半年かかってしまいましたが、なんとか慣れてきたかなぁという感じです。それでもまだまだ足りてないですけど、、、笑笑


普段は接客をやっているのですが、ここ最近はよく調理の方をやらせてもらうことも多くなりました。このバイトにはランクアップ制度があってある程度まで行くと店長がいない時の店の運営を任されます。そのランクの人は大概調理をしながらも周りを見て指示を出して店の運営を行います。僕はペーペーなのでまだまだですが、一回体験をさせてもらいました。その時は運営はおろか調理さえもグダグダでガラガラな時でもパニックになってしまい、他の店員さんに助けてもらうという有様でした、、、笑笑


前、店長にどんな運営をしたいかを聞かれました。聞かれた直後はとっさに思ったことを口に出してしまいましたが、今思うとボートとも関連しているのかなぁと思います。

『どんなcoxになりたいのか』

これと似ているのかなぁ。。。
自分のことをやっていれば大丈夫という訳ではなく、もっと周りを見渡して今何が足りていないか、何をすべきかを考えなくてはいけません。その中で、バイトで言えば『店舗をキレイに保つ』みたいな、その運営する人の特徴というか、極端に言えば信条みたいなのを達成するために、他のアルバイトの人に指示を出して店を運営します。

最近ずっとバイト先か艇庫にしかいないのも相まってか、似てるのか似てないのかよくわからないこの2つの答えをぐるぐるぐるぐると探し回っています。特にバイト先では、まだペーペーなのに、だいぶ先の事を考えてしまってますよね。そんな感じでうわっついてるから今日の勤務でボコボコにされたんですかね。自分のことに手一杯で視野が狭くなってしまいました。まだまだ力不足です。


来月から合宿です。バイトに行ける回数が少なくなった分ボートと向き合える時間が増えると思うので、自分のこともしつつもっと周りを見渡せるようになればなぁと思います。その上で答えが見つかれば幸いです。


長文失礼しました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1回生cox 杉崎宏太














 

一瞬の瞬きも許されません! 〜Don't miss ito!〜

ボートの日誌CM(2) TB(0)

こんばんは 一回生漕手の永田です
いや〜平昌五輪激アツですね〜 昨日なんか女子のカーリングも凄かったですが、女子のパシュートが熾烈なレース展開で面白かったですね〜やっぱりレースって楽しいですね〜
さてもうすぐ私たちは一ヶ月間勢田で合宿を行なって、いよいよ2018シーズンが始まります。去年、大学のボートのシーズンを初めて体験しましたがあっという間に終わったって感じでした。だいたい一ヶ月に1回試合があってUTから始まり最後はレースペースで追い込んで、試合して、また新しいクルーでUTから始めて、とやってる側からすると本当に時が早く過ぎました。やってる側がこんなに早く感じてるということは応援してくださってる皆様も相当早く感じておられるのではないでしょうか?
あっという間に過ぎるシーズンに少しでも成績を残せるように一瞬一瞬を懸命に闘いますので、皆様も1試合1試合の大阪市立大学にご注目、応援お願いします!

 

vs 20年

ボートの日誌CM(0) TB(0)




こんにちは、二回女子ローの岩間です。


最近は暖かくなってきました。

そろそろ花粉も飛び始める頃でしょうか。

エルゴを引いているときだけはくしゃみが止まるという、ちょっと複雑な季節がやってくるのですね、、。



さて、わたくしごとにはなりますが、この冬モーションでローイングフォームを変える試みをしてきました。


それは昨シーズンからずっと悩んできた慢性的な痛みが原因です。



人は無意識のうちに、自分の弱いところを補う形で、楽な姿勢や楽な体の動かし方を作り上げているんだろうと思います。


ただそれは必ずしも正しい、効率の良いものとは限らないかもしれない。


わたしの場合、20年間かけて出来上がったこの「楽な体の動かし方」が、漕ぐ動きに合わず、負荷がかかりすぎるとひずみが生じるということでした。



でも、ボートを始めて2年になります。

病院の先生には「なんでボート選んじゃったんだろうね」と言われましたが、

これを理由に放り出すには、ちょっとこの部活にはまりすぎてしまった気がします。


克服できるかもしれないし、この先もずっと付き合っていくことになるかもしれないけれど。



遅くなりましたが、
今年の目標は「戦力になる」です。



相手は20年間の自分でしょうか。

レディーーー、ファイッ



 

モチベーション

ボートの日誌CM(0) TB(0)

僕は食べるのが遅く今日も朝ごはんを食べるのに1時間以上かかってしまい、もうあと少しでお昼ご飯の時間が迫ってます…。お腹いっぱいです。


どうも、こんにちは。一回生漕手の伊地知 諒です。


さて、最近の練習はほとんどがエルゴですね。毎回の練習でベストを出すことが一番いいことだと思いますが、そうは簡単には行かず、ベストが全然出ない時期があります。そういう時に僕は毎回の練習後にcoxが作ってくれるランキング表を意識しながらモチベーションを上げてエルゴを引いてます。調子が悪くベストを出すには難しいと思える日でも、あの人には負けたくない、あの人よりも上の順位につけてやる、と練習中考えていると今の一本、次の一本をおろそかにはできないという気持ちになります。このように考えるようになってから最近はベストから程遠いタイムを出す回数が少なくなってきました。精神的な部分で成長しましたかね?笑


そうは言っても結局は自分との戦いでランキング表は自分との戦いに手助けしてくれる一つの手段だと思ってます。過去の自分を超えていき、高みを目指したいと思います。
次の2000ttは3月2日!!
そこでベストを出せるようこれから1週間余りの練習を頑張っていきましょう!

 

刺激的

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜遅くに失礼します!
3年マネージャーの森真菜美です。
毎回何をお話ししようか悩むのですが、特に今日は頭が回りません。笑
お許しください。

書きかけた事はあったのですが、まだ自分の中で整理がついていなかったみたいで、また今度にしようと思います。

代わりに、最近、私にとってとても''刺激''的なことがあったのでそのお話しをしようと思います。

ある日、中華料理を食べに行ったのですが、注文した麻婆豆腐の中に丸々1本唐辛子が入っていました。日本でお馴染みの鷹の爪です。

その時何を思ったのでしょうか、
頭の中で唐辛子≒シシトウだ!食べられる!
と組み替えられて、周りの制止も聞かず丸ごと口に入れてしまったのです。

もう悲惨でした。

25分間涙と鼻水が止まらず、大量に水を飲んでも一向に痛さが治まりませんでした。
ちなみに、水はNGで、牛乳などが良いそうですね。笑

とりあえずトイレに引きこもりインターネットで『唐辛子 丸ごと食べる』を検索して、ユーチューバーと苦しみを共にしました。その人は世界1辛い唐辛子『キャロライナリーパー』を食べていました。上には上がいるものです。

これが私の最近の刺激的だった事です。
みなさんも、辛い物にはご注意くださいね。ちなみに同期の芸人横田は何度もあるそうです。さすがですね。笑

みなさんが寝る前に少しでもププッとなってくだされば幸いです。

ここまで内容のない拙い文章をお読み頂きありがとうございました。
それでは失礼します。

 

熱意を伝える

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。
2回生マネージャーの浅原です。

もう2月下旬に差し掛かりましたね。
この冬最大の寒波…とかいうの今年何回来たんでしょう。もう来ないでほしいです。


さて、先月東京遠征に行った時のことについて書きます。
今回は総勢約40名のOBさんにお会いし、いろんなお話をしました。

一番感じたのは、
漕手続けたかったなぁという気持ちでした。

この気持ちは後悔ではないです。未練です。
漕手に対する憧れでもあります。

ボート部に入ったのは、その単純な憧れが憧れがきっかけでした。
ボートってかっこいい!楽しそう!
初めてのことってわくわくする!
大学入る前はバスケのサークルか山登りでもしたいな、と思っていたわたしですが
ボート部の先輩はとても話しやすいし
雰囲気にも惹かれて入部していました。

OBさんとボートの話をしていると、入部して漕いでる時のしんどくて楽しい記憶が蘇ってきました。

同時にいまマネージャーとして
やりがいや目標もなく、何もできない自分を内省していました。

わたしは何をやってるんだろう。
何のために東京まで来たんだろう。

紅橈会新年会ではみなさんの前で話す機会がありました。しかし、きっとそんな迷いが現れていたのでしょう。
2次会であるOBさんに「パッションが感じられなかった」と言われました。
その方も元漕手であり、元マネージャーでした。3年のとき漕手降りることになって悔しくて、それでも部に貢献したくて、最後の1年は資金集めに捧げたそうです。たくさん熱い話をしてくださいました。
何もない自分を見つめ直すきっかけを与えてくださり、それだけで行った意味がありました。ほんとうにありがとうございました。

また、もう1つOBさんと話していて思ったのはボート部の現状を知らなすぎる!ということです。
漕手はいま目標に向かって具体的にどんな練習をしているの?目標とのギャップは?マネージャーはどんなことをしているの?課題は?みんなが困っていることは?そんなこともパッと出てこないでボート部にいたらダメだ….と思いました。
わたしからすると、ボート部はすごく頑張っている人の集団です。超人だらけです。そのことに誇りを持っているのにボート部はこんな現状で、今これだけ頑張っている人がいるんだ、ということを伝え切れなかったことを後悔しています。

今回の関西でのOB訪問では、ボート部の現状を熱意を持って伝えたいです。
ぜひみなさんも自分たちに誇りを持って、どうやって勝ちたいか勝たせたいかという熱い想いをOBさんにぶつけてみてください。

……とはいえ、マネージャーになって、同期がたくさん辞めて空いてしまっていた役職に入っただけのわたしです。今年は資金チーフのサポートをしているだけで、自分だけの誇りなんてまだまだありません。
しかし先を見据えればわたしがするべきことはたくさんあります。次回の東京遠征では、私の意識を変えてくださったOBさん達に、ボート部全体の頑張りだけでなく、自分が何に力を入れてきたか、どうやって漕手を勝たせたいと思っているか、自信を持って話せたら最高です。それをモチベーションにこの1年頑張っていきます。

まずはこれからのOB訪問、みんなで頑張りましょう。関西在住のOBの方々もお忙しい中恐れ入りますが、ご協力よろしくお願い致します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

紡ぐ季節に光あれ

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、1回生漕手の松田です。

まだまだ寒さの厳しい日が続きますね。早く春が来ればいいのになぁ。



さて、春といえば
皆様は「青春」という言葉の語源をご存知でしょうか。


ふと疑問に思い調べてみたのですが、なんでも陰陽五行説に由来しているそうなのです。
本来は青春の次に朱夏・白秋・玄冬と続くそうで…
こうして見ると確かに、四神を連想とさせられますね。
四つの季節の異称の中でも人生の時期を表すのは青春だけなわけですが。


そんな青春は、若くて元気な、人生における春の時代を表しています。これから先へ、期待に胸をふくらませる春の時代。この事から若い男女の恋愛模様も「青春」などと呼ばれたりしますね。甘酸っぱく、輝かしい未来を彷彿とさせるからでしょうか…


また、青は青りんごや青二才で使われるように、未熟であるという意味も持っています。


成熟するには程遠いけれど未来へほのかな期待を抱く自分の今は「青春」と位置づけるのがあまりにも似つかわしく感じます。



失敗してはならないという重圧も、自分はまだまだ未熟なんだと思えば少し軽くなる気がします。
とはいえそれを向き合わない理由にしてはならないので、未熟ながらにも精一杯。




『光あれ 一寸先の絶望へ 二寸先の栄光を信じて』




いつか思い出す青春が、続く季節の道を照らしてくれるよう、磨いて行こうと思います。





お読みいただきありがとうございました。

 

新歓

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。
1回生マネージャーの小川です。

先日はバレンタインデーでしたね。わたしは先輩からも同期からも貰えてうはうはでした笑
ホワイトデーがんばります。

今回は最近私が参加している新歓キャンプの話をしたいと思います。
この新歓キャンプというのは新入生を対象に支援機構が主催して行っている文学部の公式行事で、毎年多くの新入生が参加します。なので新入生の友達作りのきっかけになり、これからの大学生活で役立つ情報を提供することを目標にしているので、楽しくてためになるイベントを考えます。

この楽しくてためになるイベント、というのは部活の新歓でも人を呼ぶために応用できると思うのです。
楽しければ、大学に入学してなにか楽しいことを始めたいと思っている人を捕まえられますし、ためになるイベントなら、新歓を利用して大学生活に有益な情報を得たいなと考えている打算的な人も取り込めます。
イベントに来てもらえされすれば、こっちのものです。みんな熱く語れますし。PVカッコイイですし。

どこまで新入生目線でイベントを作れるかが新歓のミソだと思うのでこれを意識してキャンプの企画の方も進めて行きたいなと思います。

これから新歓が始まって新入生と関わる機会がたくさんあると思うので、お互いの経験をお互いに活かします。

拙文長々と書いてしまってすみません。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

タイトルが思い浮かばないです。

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。
2回生漕手の田中です。


昨日はバレンタインでしたね。
皆さん、チョコは貰えましたか?僕は心優しい同期から頂けました。

ありがたや。



さて皆さんもう忘れたと思いますが、ずっと前の多事漕論で僕は上がり症だという話をしました。
そのことで最近、中野紘志さんがTwitterで仰っていたことで心に残った言葉があるので紹介したいと思います。

「本番に強くなるためには、今やっていることが全てだと思うこと。そして本番は、反対に実際世の中他にもあると思うこと。大学受験で人生は決まると思って勉強して、当日は大学で人生は決まらないと思うこと。両極を制するものは勝負を制す。逆はまじで負ける。」

なるほど、と思いました。


もちろん毎回の練習に真剣に取り組んではいますが、今やっていることが全てかと言われると、そうではないと思います。

もっと目の前の目標に拘る。目の前のave1秒に拘る。
そうやって練習していけば本番でそこまで緊張せずに良いパフォーマンスをすることができる。そう思います。


言うは易く行うは難し、ですがこれを出来る人が今オリンピックで活躍してるんですよね。本当にすごいです。



男子ローは最近エルゴばかりで心身がボロボロですが、明日の2000tt、そして3月2日の2000ttで目標を達成してやりましょう!


稚拙な文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Happy Valentine!♡

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。
一回マネージャーの阿部です。
私も年明けてはじめての多重漕論です。
あけましておめでとうございます🎍



さて、新歓のパンフやPVなどなどが続々と完成に向かっております。
新歓の準備は11月ぐらいから始まっていて、
こんなに早かったんだとびっくりしました。

そんな新歓では、たくさんのイベントが行われます。
ボート部も試乗会やお花見、昨年から始まった女子会など、イベント盛りだくさんですね🌸

やはり新歓では、パンケーキ会とかBBQとか、
大運動会だとか、楽しそうなものが目を引きます。



けれど、ボート部の強みってこの楽しい
イベントだけで終わらないところなんじゃないかなと思うんです。


友達を作りたいとか、般教がどれが楽かを知りたいとか、きっかけは不純な理由でいい。

そんな理由で参加してくれた新入生たちが、
ボート部を知った時に、何か感じてくれたらいいな、と。


練習が多くてしんどいとか、部活だから時間が縛られるとか、他のサークルに比べるとマイナス要因が
多いのかもしれませんが、
それでも惹きつける何かがこの部活にはあると思っています。


その始まりがPVだったり、
パンフレットだったり、
あるいは仲良くなった先輩だったり、
もう既に入っていた同期だったりするのだと思うのです。



だから、ボート部ということに誇りを持って。




真摯に新入生と向き合っていきたいです。



果たして今年は
何人の心を動かすことができるのか、
まだ見ぬ新入生に怯えながらも
会えることに期待している自分がいます。


新歓みんなで頑張りましょう…!😂



最後に、今日はバレンタインデーですね💗
私は自分用のチョコをいくつか買ってしまいました。笑
皆さんはいくつ貰えましたか…?☺️

 

日々の記録

ボートの日誌CM(0) TB(0)

年明け初めての他事漕論です、今年もよろしくお願いします。

気づけば1月が終わり、2月も半ばになりテストが終わり単位も少し終わり、今日から春休みがやってきました!オフシーズンも遂に瀬田合宿と新歓で終わり、オンシーズンが刻一刻と近づいています。早いものです。

もう少しでシーズンが始まる!というのに、自分は調子がよくありません。プチ挫折というものでしょうか。まだ調子がよかった去年の12月あたりから全く伸びていない。

何が?

もちろん、エルゴ値です。

よくスポーツ選手などは挫折を乗り越えられず競技から離れるなどありますが、そんな状態になりそうなことがあります。まぁ辞めてないんで乗り越えられているのか、そこまで大きな挫折じゃないのかはわかりませんが。それでも、そんな状態になったときには必ず読むものがあります、それは

ほぼ毎日つけている練習ノートです!!

加古川の時期からつけているのですが、なんとか三日坊主にならずに続いています。
過去のタイム・そのとき思っていたことを振り返ると、こんなこともあったなぁと懐かしく思います。タイムが低い時期があっても、そこから強くなればそれを笑い話にできる日はきっと来ます。会話のネタも増えて挫折も乗り越えられて、一石二鳥ですかね?違うか(笑)
その日が来ることを信じて日々頑張ります。

以上です、ありがとうございました。

1回生漕手 喜寅

 

脱!優柔不断

ボートの日誌CM(0) TB(0)

いきなりですが、私は今まで自分の性格が真面目で、それが良いところだと思っていました。

小中高は無遅刻無欠席の皆勤賞だったし、課題として出されたものは必ず提出していました。
内申点もよく、先生の気にいるようないい子ちゃんでした。(自分で言うのもなんですが笑)

人の言うことをよく聞いて、あまり人に逆らわず、自分意見を言わない「従順」な性格でした。


悪く言い換えれば、自分のブレない考えを持っていない、「優柔不断」でした。
人の言っていること全部にたしかにそうだなあ、と思って言われるがままに流されてきました。


しかし、最近このままではいけないと思い始めました。

きっかけは新歓に向けて動き出したことです。


2回生が主導になる新歓で私は「会計」と「パンフレット」と「企画運営」の3つの担当になりました。

会計では、
“今年から新しく考えた、新入生のごはんの奢り代や有料版公式ライン、ビンゴの景品は限られた予算の中で本当に必要なのか、去年の実績からどう予算を作成すればいいのか”

パンフレットでは、
“全力疾漕というコンセプトの元、どのようにデザインすればスタイリッシュに、カッコよく仕上がるのか”

企画運営では、
“新歓の服装をスーツにするのか、ジャージorウィンドブレーカーと私服にするのかのメリットデメリットについて”

例を挙げればキリがありませんが、自分なりに考えて意見し、話し合い、行動する必要がだいぶ増えました。


役職として担当させてもらってる会計でもそう。

毎年会計がやっていることを教えてもらって、その通りにすることに私は何の疑問も持たずやってきました。

ある先輩に、「会計はやることは決まってるけど、自分なりに何かして今の状況を変えることができたら”名会計”になれるんじゃない?変えれることはまだまだあるんじゃない?」と言われました。


その時ハッとしました。

それまでの私は部費がシーズン中に回収しきれないこと、お金の無駄遣いがあること等、反省として毎年挙げられていることに対して、そういうものだからしょうがないのではないか、と半分諦めのような気持ちになり、自分なりに考えて行動することがあまり出来ていませんでした。

部員みんなの大切なお金を預かっている。
その意識が足りていませんでした。ごめんなさい。
しょうがないという考え方はやめ、どう改善すればいいのかについてこれから考えていきたいです。いや、考えます。


新歓の準備も本格化し、私はいよいよ3回生になってしまいます。

優柔不断で頼りない先輩にはなりたくない。
揺るぎのない考えを持ち、しっかりと真のある先輩になれるよう、自ら考え行動します。

みなさん見ていてください!
そしてもし、なよなよしてたら注意してやってください!笑



拙い文章読んでいただきありがとうございました。


2回生マネージャー 土田奈緒

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

もうすぐテストも終わります。
春休みです。

…春休みといえば…新歓。

新入生のことばっかり考えてたら、自分が進級することを忘れそうです。

もう3回生。早いなぁ。


私はテストが始まる一週間ぐらい前に(たぶん)インフルエンザにかかっていました。

熱が39度まであがった時は、もう死を覚悟しました。本当に、本当に、本当にしんどかったです。

けど、ひとつ良かったのは、(おそらく)インフルにかかってようやく、健康って大事だなぁ、ご飯がおいしいって幸せなんだなぁと、普段当たり前になってしまっていることが実はとても幸せなんだと、身をもって感じれたこと。

もう今はすっかり健康体に戻り、毎食美味しくご飯も頂いております。

失ってからしか気づけないことばっかりな自分が本当に情けないです。

先週の土曜日は部員総会で、引退した4回生から現役に向けてコメントをいう時間がありました。

そこで4回生が言ったこと。

ボート部での時間は本当に貴重。
こんな環境滅多にない。
もっと自分のしてることに誇りを持って。

一人一人言葉は違いましたが、建前とかではなくて、今、4回生が身に染みて感じていることなんだろうなって思います。

現役の時には気づけなかった、引退してから気づくことができた、ボート部に対する気持ち。

4回生の言葉を聞いて、このボート部でいられる時間を大切にしようって気持ちがまた少し大きくなりました。

健康は戻って来ましたが、時間は戻ってこないから。


そうそう、最近の私の心配事は新歓パンフです。

パンフ・広告班の皆さん、
練習やテストで忙しい中、なんとか時間見つけて作業してくれてありがとう。

みんなのセンスが結集された本当に素敵なパンフがもうすぐ完成します。

学情のパソコンがポンコツすぎてイライラすることもあったと思いますが、それももう終わりです。

あと少し、あと少しだけ頑張ろう!
17日に絶対発注しよう!笑




終わります。
長文失礼いたしました。

2回生 本川万里絵

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは。

後期試験が早々に終わり、もうすでに春休みに飽き始めている1回生山﨑です。

艇庫から家に帰る時のことついて書きます。

電車で2時間、中盤からはずっと山と田んぼとトンネルばかりの見飽きた車窓が続きます。

ずっと寝ていたり、インしたての時は不安や孤独で泣いていたり、動画を見ながらニヤニヤしていたり。特になにもせず2時間を過ごします。

そして電車からおりたら30分ほど自転車を漕ぎます。

道に転がってるみかんを避けるゲームをしたり、どれだけ早く帰れるかttをしてみたり。本当に自分は大学生なのかな、と思うような行動をしています。笑

ようやく家に着く頃にはなんだかスッキリした気持ちになっています。

すごく長くて退屈な時間ですが気持ちをリセットして前向きになるために必要な時間です。

いやでもやっぱり往復5時間はかかりすぎかな〜、と最近は下宿したい欲が強くなってます笑

こんな感じで息抜きを大切にして頑張っていきます!

拙い文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、1回生の梶尾優月です。

皆さん、昔とても好きでよく聴いていた曲を今になって聴くと、当時の思い出がよみがえってくる経験をしたことがありますか?

最近、新人練が始まった頃よく聴いていた曲を聴いてみたのですが、同期の山崎妃那子ちゃんとの思い出がよみがえりました(笑)。二人とも月曜日に練習があって、いつも二人で待ち合わせて艇庫に行っていたのですが、お互い緊張して上手く喋れなかったり、練習までの時間を潰すために謎に環状線1周したりしていたのを思い出しました。とても懐かしかったです。

ちなみに今は何でも喋れる仲になった(と思っている)ので嬉しいです。

とても寒い日が続いていますが、体調に気をつけて練習頑張りましょう!

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。
二回生マネージャーの中西です。
唐突ですが、2/3は節分でしたね。
今年の方角は南南東。皆さんも南南東を向きながら恵方巻きを食べたでしょうか。
節分の日には近所のお寺で大きな厄落としのお祭りをしていたのでいってきました。屋台などもたくさん出ていて、テスト期間の自分にとってはとても誘惑でした。笑
恵方巻きももちろん食べましたよ。お願い事もしましたが言ったら叶わなくなるともいうので自分の心の中に留めておきます。

さて、最近今期最大の寒波というものが毎日ニュースでは更新されている気がして、寒さに震える日々です。
テスト終了で春休みまであと少し!
インフルエンザも流行っていますが、体調管理をしっかりして、テストも終わらせて、ばっちりな状態で春休みを迎えたいと思います。
読んでいただきありがとうございました。

 

プラス1年!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは!
後期テストもついに中盤でしょうか。
一番の難関科目が終わって、ちょっとだけほっとしてる3回マネの脇坂です。


実は先日、テスト直前にインフルエンザになっていました。
めったに風邪を引かないから大丈夫!と油断して、体調管理がしっかりできていませんでした…。ご迷惑をおかけしました。

やっぱりインフルエンザはしんどいですね。寒さと頭の痛さに苦しめられました。
私は一人暮らしなのですが、大量の飲み物やゼリー等を買ってきてくれる人・ごはんを作って持ってきてくれた人・シフトを代わってくれた人…本当に沢山の人に支えられてなんとか復活することができました。
皆さま本当ありがとうございましたm(_ _)m
約1週間ぶりに艇庫に行くと、同期や後輩が声をかけてくれて嬉しかったです。


こんなことを通して、改めて心暖かい人がボート部にはいっぱいいるなぁということ実感しました。
新歓準備が着々と進んでいますが、私はこんなボート部の良さを沢山の新入生に伝えることが目標です!
今年こそは、私の言葉に響いて入部を決めてくれる人がいたらいいなぁと思っています。


あっというまに3回生が終わりそうなのですが、他部活は3回生で引退が多いことをこの前初めて知りました。ボート部はプラス1年。他の人達よりも沢山得るものがあると思います。
この貴重な1年をもう一回引き締め直して、副務らしく・栄養チーフらしくまた新たなことに挑戦して部を支えていけるように頑張ります。


拙い文章ですが、最後まで読んでくださってありがとうございました!



3回生マネ 脇坂

 

節分エッセン!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今日はダントツ寒かったですね、
風邪には気をつけて過ごしていきましょう!



そういえば2月3日は節分エッセンでした!


電気釜3キロ分を酢飯にして、
カニカマ・きゅうり・ハムを具材にして、
各自で手作り恵方巻きを作ってもらいました



「え!!!!もしかして今日手巻き寿司ですか!!艇庫で手巻き寿司食べれるなんて!!」
と喜んでくれてたり、

みんなで南南東を向きながら食べてたり、

微笑ましい光景がいっぱいでした!!


ちゃんと節分の豆も食べてもらいました
タンパク質も摂取!



これからもこんな感じでゆるーくちょっと楽しいイベントを行っていきたいと思っていますので、皆さんぜひお付き合い下さい!


3回生 鳥居

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは
一回生の細見修一朗です

今回は自分が反省していることについて書きます。

1月30日からテストが始まりました。自分は普段全く勉強をしていなかったので、今回のテストも直前に詰め込んでやろうと思っていました。

テスト期間は遅くまで起きて勉強していました。別に単位が取れればそれでいいと思っていました。

しかし生活習慣が乱れたためか、週末から身体がだるく、病院に行くとインフルエンザにかかっていました。

自分がインフルエンザにかかったせいで、集団感染の予防のため、その日の男子ローのインが禁止になりました。

自分の勝手な行動のせいで、迷惑をかけてしまいました。本当にすいません。

艇庫は集団生活をしている場なので、1人の行動が全体に影響することもあるのだと改めて気づかされました。

これからは集団生活をしているうちの1人だという自覚を強く持ち、生活しようと思っています。

迷惑をかけてしまい、すいませんでした。

 

「文學少女」

ボートの日誌CM(0) TB(0)

今日は節分ですね。一人暮らしで豆撒きするのもアレなので、せめて恵方巻きくらい食べたいなあ。

さて、今回は私が好きなバンドについて話そうと思います。

練習中、色んな人が色んな音楽を流しているのを聞きます。純粋に自分が好きな曲だったり、ノリがいい曲だったり、歌詞が素敵な曲だったりしますが、初めて聞く曲もあるので結構楽しんでいます。

私がよく流しているのはBURNOUT SYNDROMES(バーンアウト シンドロームズ)というバンドです。青春文學ロックと呼ばれてる彼らの曲は、歌詞が素敵なものが多いです。

一番有名なのは、アニメ ハイキュー!!の「ヒカリアレ」と「FLY HIGH!!」。バレー部のアニメだったので、オープニング曲も部活応援ソングみたいな感じです。エルゴ前に聞くとやる気が上がります。

そんなBURNOUT SYNDROMESの「花一匁」が最近、銀魂のエンディング曲になりました。

実るとも知れぬ理想背負って 試合え正正堂堂

栄光ガ欲シイ

むざむざ斬られて堪るか

など これまた、エルゴに対する気持ちを奮い立たせるような歌詞ばかり。

いつか、卒業して大人になってから
「命と命を打つけた証しが 傷跡が莫迦に愛しい」と思えるような日々を送りたいですね。

エルゴ中、この曲が聞こえたら
ああ、あれかと思ってもらえたら嬉しいです。

エルゴ関係なくおすすめなのは、「リフレインはもう鳴らない」です。転調しまくり、全員が歌うし、純文学ちっくな歌詞。これぞBURNOUT SYNDROMES。そんな曲です。

もしよければ聞いてみてください。

音楽の力を借りながら、練習も頑張っていきましょう!

一回生 横山侑希

 

時には昔の話を

ボートの日誌CM(0) TB(0)

みなさん、こんにちは。八瀬です。

機械工シリーズ第3弾であり最終回。最終回を飾るは中嶌なんですけど、書くことが何もないです。正確には多事漕論に書けるようなことがない。
「デコにデコのタトゥーいれる話」とか「からあげとたくあんの感動誕生秘話」とかあるんですけど内輪ネタ甚だしいのでやめとこう…

というわけで、先月の関東OBOGさん訪問のことを書こうかな。

1月18日~21日の4日間、部の現状を報告するために関東のOBOGさんを訪問して参りました。
正直最初はあまり気のりしていませんでした。ごめんなさい。
でも、今では行ってよかったなと思っています、本当ですよ。

3日目の晩にとある年代の方々にご飯をごちそうになりました。
そこでは当時の色んな話が飛び出してくるわけです。
同じクルーだったときの話。厳しかった先輩の話。TT中に川崎橋付近で野○ソしてるおっさんがいた話などなど。
当時の様子をまるで昨日のことのようにゲラゲラ笑いながら話す皆さんの様子は大学生に戻っており、生き生きとしていました。しかも何がすごいかって結構詳細なことまで覚えてるんですよね。俺が何番に座ってて、あいつが何番みたいな。数十年前のことをですよ!?
それってとても素敵なことだと思いませんか?僕はその話を聞いてなぜか感涙しそうになってしまいました。野○ソの話で泣きそうになるなんて酷く滑稽で水に流したくなりましたよ。野○ソなんで流れないですけど。これが言いたかっただけです。

冗談はさておき、ボート部の魅力ってそこだと思うんです。毎日毎日、親よりも一緒の時間を共有している部員とは知らぬ間に、陳腐な言い方だけど、思い出ができているんでしょうね。新歓では伝えることが出来ない魅力。引退しないと実感できない魅力。これに気づくのはまだまだ先なんだろうなぁ。とても楽しみです。

もしかすると50歳のおっさんになった中嶌と昔のように「デコにデコのタトゥー」の話をする日が来るかもしれない。来るかな。来たらいいな、なんて。
数年に1回は機械工で飲みにいこう。そうしよう。


奇跡的に中嶌の話に持って行けました。やりました。
話を繫げた僕の頑張りも知らずに、中嶌は横で口を大きくあけながら電車に揺られて寝ています。

おつかれさま。
そろそろ起きろよ、桜ノ宮やぞ。

 

応援

ボートの日誌CM(0) TB(0)

他の人の2000ttのときに応援することがあると思いますが、僕は1つ気をつけていることがあります。それは、自分も2000ttやってるくらいのしんどさを感じて応援することです。ざっくり言うと死ぬ気で応援するということです。

単に応援してるときは、別にしんどくもなんともありません。そんな状態で応援しても、2000ttやってる漕手は極限状態なので生半可な応援ではそもそも耳に入ってこないし、入ってきたとしても、無責任なこと言うなと多分思ってます。僕はたまにそう思ってしまいます。なので、せめて自分も血吐くくらい声だして、一緒に戦ってるぞという気持ちになって、初めて応援が届くんちゃうかなと思います。もちろん、具体的なテクニックのコールをするとか、言い方の工夫も大事だと思いますが、まず相手の気持ちに立って、やばい死にそうって自分も思うくらいの応援をする。応援し終わってぶっ倒れることができたらいいです。

僕も漕手なので正直周りが自分より速いタイムやベストを出されると手放しで喜べないこともありますが、そんなちっちゃな自分は嫌なのでいま書いたことに気をつけて応援しています。
今はエルゴが多い時期なので1人での戦いが多いですが、やっぱりボートはチームスポーツです。
周りの応援をして、ちょっとでもチームで戦ってる意識を持ちながら練習していければいいなと思います。

3回生 漕手 増田良祐

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad