FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

みんな試験がんばってくださいね

ボートの日誌CM(0) TB(0)


ご無沙汰してます、こんにちは!3回生漕手の廣内映美です!
期末試験が近いので艇庫の人口が少なめです。過ごしやすいのですが、少しさみしいです…。
私は今日も今日とて通常練習です。

今日はバイト先の店長のことを書こうかなと思います。私のバイト先の店長は海老蔵似の男前で愛妻家です。

私にとって久しぶりの飲食のバイトだったんですが、最初にシフトに入った時から思っていることがひとつ。
“仕事が出来ないことにストレスを感じさせない”
この一言に尽きます。

色んなことを任されます。
オーダーを聞く、料理を出す、レジ打ち、食器洗い、備品揃える…etc
ですが頼みかたひとつにしてもすごくわかりやすいのが特徴です。
例えば倉庫に備品を取りに行くにしても、ただ「○○取ってきて!」ではなく、「倉庫入って右すぐに○○のダンボールあるから、そこから二本取ってきて!」みたいな感じです。すごく具体的。きっと初めてでもばっちりわかるはず。
「わからなければすぐに聞いていいからね!」ともよく言われます。先方にも余裕があってこちらが聞きやすいのも特徴ですね。

「他人に役割を与える、そしてその進捗も見守りつつ自分の仕事や他の人のフォロー」
これができるのってもしかしたら当たり前のことかもしれません。
ですが、とっても忙しいランチ時に仕事が出来ない人に対してイライラせず、ちゃんと仕事を分配する。そして常に全体を見渡して適宜フォローや指示出し……。心の余裕がまず要求されると思います。余裕があれば自分の視野が広くなる。視野が広くなればもっと沢山のことに気づくことができます。

それに心の余裕って伝染するんですね。
イライラされないからこっちも気持ちよく仕事ができます。失敗しても感情的に怒られたり、ちくちく責められません。茶化されたりはしますが。(笑) その分ミスしても自発的に今まで以上に気をつけるようになります。
そして何より、この人のお店で働かせてもらっている時間はきちんとがんばろうと思えます。
そう思わせることのできる人だし、そして普段の行いの重要さを感じます。

なんだか忙しくて最近わくわくしてない廣内ですが、まずは心の余裕からですね。視野が広がればおもしろいことや楽しいことが見つかるはず。人生もボートもどうせなら楽しんでいかないと!笑

最後まで目を通してくださってありがとうございます。それでは失礼します。
スポンサーサイト

 

87600回

ボートの日誌CM(0) TB(0)



87600回。
この数字が何かわかりますか?
実はこれ、人が一生に摂る食事の回数なんです!
(1日3食×365日×80年で計算しています)

この数字は人によっては差があると思いますが、半分になることはあっても倍になることはおそらくないでしょう。

87600回「も」と捉えるか「しか」と捉えるかは人それぞれだと思いますが、月日を追うごとにその数字は確実に減っていきます。
それなら、限りある回数、ただのエネルギー摂取の手段にするのではなく、毎日の生活にちょっと幸せをプラスする手段の1つにできたらいいなと思います。


今日の朝ごはんは◯amily Martのメロンパンアイスでした。袋を開けた瞬間ふわっとメロンパンの香りがしてとても美味しかったです。メロンパンとアイスが好きな方はぜひ食べてみてください。

それではテスト1日目、頑張ってきます…!


拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

2回生トレーナー 永井 明日香

 

徒然なるままに

ボートの日誌CM(0) TB(0)

毎日毎日寒い日が続きますね。

最近自分が冷え性だと発覚した3回生の林 智也です。

昨日初めてTOEICを受けてきました。結果はまだわかりませんが、解いた感じはボロボロでしたね。勉強していなかったわけではないんです。ちょこちょこね、電車の中とか、艇庫で勉強してたんです。でも、読みが甘すぎましたね。リスニングセクションはほとんど何言ってるのかわかりませんでした。
早口すぎる。アレでよく噛まないなと。何言ってんだコレ。
そして、自分のやってた問題集みたいなののレベルの低さ。全然レベル違うやん。本物難しすぎるやろ。
また、放送で流すから音がこもる。一人一人にプレイヤー渡してくれ。
と、まあ色々考えてる内に時間が過ぎ去っていき、最後まで解ききれずに結局ラストの方は塗り絵となりました。

次にTOEIC受ける時はちゃんと、ちょこちょこじゃなく、しっかり勉強して臨もうと思いました。

ところで、なぜ僕がTOEICを受けて来たかというと、大学院の入試に必要だからです。僕は今、大学院に進学するか、就職をするか迷っています。
就職すれば、今まで以上に人との関わりが出来て、お金は自分で稼げて、色んなもんを買えて、自由に好きなことができて、楽しみです。
院に進学すれば、今までボートに没頭しすぎて勉強出来てなかったのでそこをカバーできます。やっぱり、機械工学科に入ったきっかけは勉強したかったからなので。また、社会人よりも時間はたっぷりあるので、社会人ほどの自由さはないかもですが、自由に好きなことが出来ると思います。就活もじっくり出来ると思うので、ボートやりながら4回生で就職するよりは自分に合う良い企業をしっかり見定めることが出来るのでは?と思ったりもします。

やっぱりね、周りの環境に少しは左右されちゃいますね。艇庫にいるときは、周りの同期はほとんど皆就活してるので良いなー、なんて思ったり。大学にいると、学科の友達は院の進学ために、TOEICの勉強とかしてたりして良いなー、なんて思ってます。

昨日はTOEICに行くと学科の友達と出会って、一緒にご飯に行きました。その友達は進学するので、進学したあとの楽しみを色々と話してくれます。海外行きたいとか、こんな研究がしたいとか。
夢が膨らみますよね。

今思ってることをつらつらと長々と書いてしまいました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あーー、悩ましい。

3回生漕手
林 智也

 

深夜テンションで書いてしまいました

ボートの日誌CM(0) TB(0)

年が変わったと思ったら、もう1月も終わりを迎えていることに気づき、驚きを隠せません。こんな風に2月、3月もあっという間に過ぎてしまうのでしょうか。


先日COX勉強会というものを開いてもらいました。毎年、引退されたCOXの先輩から1回生COXへ、様々な考え方やノウハウを教えてもらいます。
今回、1回生COXの杉崎と一緒に僕も参加したのですが、恥ずかしながら勉強会の内容は僕にとっても新たな発見が多く、大変勉強になりました。 最上回生になっても、COXとしてはまだまだ未熟であるということを痛感させられ、悔しい気持ちでいっぱいです。


正直今の僕の実力は、過去3代の対校COXの方々よりも劣っていると感じています。
艇をまっすぐ進められないし、コールはすぐに噛んでしまって何を言っているかわからないし、現状分析は甘くて次への効果的な対策も打てない。本当にこんなCOXが対校に乗れるのでしょうか。 1人不安に苛まれることもあります。


そう言って悲観して、縮こまっていても何も解決しないので、一歩一歩前に進んでいくしかありません。残された時間は有意義に使わないといけません。



冬モーションもあと2ヶ月。
シーズンはもうすぐそこまで来ています。

漕手と共にCOXも成長して、市大の名を全国に轟かせるようなシーズンにしていきます。
応援よろしくお願いします。

3回生 cox 戸川 直樹

 

エルゴ療法

ボートの日誌CM(2) TB(0)

こんにちは。1回生漕手の浅田です。
寒い寒いと言いながらも漕手は今日も半袖半パンでエルゴをしています。

さて、今日は少し変わった療法について話したいと思います。その名も「エルゴ療法」です。これはボート部特有の療法で、科学的根拠は一切ない、思い込み療法です。どういうものかというと、頭痛などがするときにエルゴをひくとそれが治るというものです。「今日は頭が痛い。エルゴをひきたくない。」と思った日に気力でエルゴをひくと頭痛が治りました。ぼくは過去3回この療法に成功しています。
少し体調が悪いが、寝て治すのはイヤだ!という人はぜひエルゴをひきに来てみてください。ただし、症状が悪化してもぼくは保障できないのでよろしくお願いします。

 

お餅はきな粉が1番美味しい

ボートの日誌CM(0) TB(0)

初漕ぎに使った餅つきセットがお家に戻ってきました!
道具を祖母の家から拝借しただけの僕ですが、皆が楽しんでくれたようでとても嬉しく思っております。
前日から準備してくれた皆さん、本当にありがとうございました。(僕はその間握手会に行っていました)

3回生の中嶌です。

遂に本格的に就活しなければ!と焦りを感じております。
そこで先日、体育会系の学生の就活を支援してくださるスポナビの方とお話をさせてもらいました。
まだ全く就きたい業種も決まっていないということを相談した時、じゃあどういう会社で働きたい?と聞かれました。僕はその答えは持っていました。

それは社員同士の人間関係が良さそうな会社です。業種はその次なのかな、と。
(お金が欲しいとは言わなかった)

なんかざっくりし過ぎてるというか幼稚な考えだと自分でも思いますが、こういう仕事が自分に合いそう!楽しそう!とかは自分の想像に過ぎません。合わないと決めつけた仕事もいざやってみれば楽しいかもしれませんし、その逆も十分にあり得るでしょう。
結局社内の人間関係が良いところで毎日楽しく働ければ、そこでする仕事も楽しく、自分に合っているのだと感じるようになるんでしょう。僕はそう思います。

そうは言いつつも最近やりたいことが少しづつ定まってきた感じはしていますが笑

同席してくださった、スポナビの内定者の先輩は就活の終盤で僕と同じ考えに至ったらしく、気付くのが遅かったことを後悔したと話してくれました。何故そういう考えに至ったのかと聞かれましたが、その答えも簡単です。

ボート部を選んだ理由と同じだからです。
新歓でボートを漕いでみた時はいまいちボート競技そのものの魅力は分からなくて正直面白いと思わなかったです。
しかし僕はボート部の先輩の人の良さ、面白さに惹かれて入部を決断しました。

たいぺいさんと歩さんによる、ボート部員とそうじゃない普通の大学生が面接を受けた時の面接官の反応の違い、という寸劇を見せられた(笑)ことを今でも覚えています。大学の体育会系の部活で、学年の違う2人がこんなにも仲良くしているのか、と驚いたことも覚えています。
一緒に行った友達もそのことをまだ覚えているらしくビックリしました(笑)

入った僕だけじゃなく、入らなかった友人にもボート部員の仲の良さというのは強く印象に残っているんです。それほど人間関係の良い組織を選んで入れたことを過去の自分に感謝です。

センター試験も終わってそろそろ新入生が入って来ますが、あまりかしこまらなくても普段のありのままな姿をそのまま見せられれば自然と人も集まってくるんじゃないかと思います。楽観的過ぎるでしょうか?笑

自分にとって最後の後輩がもうすぐ入ってくるのかと思うと、早くもワクワクしております!最後くらいは可愛げのある後輩が欲しいです。笑


長々と書いておいてアレなんですが、話のオチが思い浮かばなかったのでこのへんで...

読んでくださりありがとうございました。

 

全力善人

ボートの日誌CM(0) TB(0)





こんにちは。一回生マネージャーの千馬です。毎日寒いですね。



突然ですが、
みなさん!
滝沢カレンさんをご存知でしょうか!


私は数ヶ月前に、友達に滝沢カレンさんの食レポが面白いと教えてもらってからというもの、
彼女の絶妙に間違えた日本語の虜です!!

その変な日本語も彼女の魅力の1つなのですが、
彼女にはもう1つの魅力があります!

それは、四字熟語で人にあだ名をつけるという特技です!!!

このあだ名が本当に的確でビックリします!

滝沢さんは、あだ名をつけるように振られて
10秒前後で相手のあだ名を考えるのですが
これって実はかなりすごいことなんじゃないかと思います。
自分で友達の四字熟語あだ名を考えようとすると案外難しいんです。

的確なあだ名をつける為には的確に相手の特徴や性格を知っておく必要がありますよね。

滝沢さんはアホそうに見えてしっかり共演者の方々の特徴とかよく見てるんですね…。感動です。

入学してもうすぐ1年…
ボート部や同じ学部の友達のことどれくらい知ってるのかなと考えると、
案外知らないことが多くて悲しくなりました。

マネージャーとして漕手を支える上で
どういう励ましが力になるのかとか
どういうエッセンを作ったら喜んでくれるのかとか、
漕手1人1人についてもっと知っていかなければいけないし
どういう仕事が得意なのか
どういう考えを持っているのか
マネージャー1人1人についても、もっと知っていかなければいけないなと思います。

そのために、今年の目標を
「人の話を聞く」とさせていただきました!
去年より多くの人と話ができたらなと思います(´-`)oO


ここで、タイトルの
“全力善人” 、、、
1番よく一緒に仕事をしているであろうマネージャーの先輩のあだ名を考えてみたのですが、
どなたかわかるでしょうか、、、?(笑)



最後まで読んでいただき
ありがとうございました!❄️

 

ボートの日誌CM(1) TB(0)


こんばんわ、一回生漕手の安田です。
今日の寒さは異常でしたね…
暖かい格好をして風邪をひかないようにしましょう。

そんなこと言って自分は年末年始に2度も体調を崩しました。体調管理不足ですね。そこで今感じてることは、休んだ分、体力はなかなか戻らない、ということです。エルゴの練習では、周りの人はどんどん速くなっていく中、自分は体力を戻さなくてはいけない状況で、これはすごく辛かったです。

でも、この経験で普段の生活での意識が変わりました。手洗いうがいの徹底や、菌がついてそうなものは触らない、だとか意識するようになりました。

以前は、ある先輩から練習後に「手を洗えよ」とよく言われてたのですが、正直あまりやってませんでした。でも最近はやるようにしています。もっとはやくその習慣をつけていたらよかったのかもしれません。

まあ結論としては、練習してきたことが無駄にならぬようこれからも体調管理をしっかりしていきたいということです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【悲報】R-1ぐらんぷり2018、2017年に幕を閉じる。

ボートの日誌CM(1) TB(0)

どうも、こんにちは。
今日も元気に多事漕論更新していかなあかんなー言うておりますけれども。

はい、毎度のツカめないツカミで始めさせていただいております、横田達哉です。
ツカめないけどやめません。

前回予告したように、R-1ぐらんぷりについて、事後分析をさせていただきます。

日程でいうと、一昨日2回戦が終わったばかりです。
「3回戦に進んだので、それに向けてウケたところと微妙だったところを分析してネタの調整をしていきます。」とかカッコいいことを言いたかったのですが、題名の通り1回戦で敗退致しました。

自分なりに考えた敗因ですが、やはり、場数が足りないな、と。
自分で言うのもあれですがまぁまぁウケてはくれたんですよ!笑
一切笑いの起きなかったM-1に比べたら急成長。

しかしですね、賞レース勝ち上がるにはやはり制限時間2分なら2分間、4分なら4分間、安定して笑いを起こし続けることが出来ないといけないんです。
狙ったところでは10割近い打率をマークしないといけないんです。
僕はR-1では打率7割くらいでした。
あの、やったこともねぇ野球で例えるからネタにおける打率7割のショボさ伝わらないですね。
野球の打率7割は凄いですもんね。

シンプルにボートに例えましょうか。
ボートで2000m漕いで3割もミスオールしたらそら負けますわね。
あ、さっきよりしっくり来た。
もしかしてお笑いってボート寄り?

言ってみればネタの構成もボートのレースと同じのが理想かもしれないです。
スタートダッシュで一気にエンジン掛けて(ツカミで笑い起こして空気暖めて)、コンスタントで安定した漕ぎを続けて(中盤安定して笑いを起こし続けて)、ラストスパートで一気に相手を離しにかかる(最後の畳み掛け、大オチで爆笑をかっさらう)。
ボートもお笑いのネタも理想は同じですね。

完全に今これ思い付いたのですが、これからネタを作るとき、ボートのレースだと思ってレースプラン(ボケ、笑いどころの設置)を作っていくのがいいかも知れませんね。

そして話題ズレてました、場数が足りないっちゅう話ですわ。
打率の話しましたが、色々なネタを色々な場所でやって行く中で何がウケて何がウケないのか、はたまた、同じネタ同じボケなのに前はウケて今回ウケなかった要因は何なのか、その感覚を養わなければなりません。
大学入って自分の作ったネタを見せたのは計6回ほど。
それじゃあ全然まだその感覚養えないですよね。
ネタをどれだけ作っても人前で実践しなければ本当にウケるかわからないですからね。
ボートで言うところの陸トレバカです僕は。
陸トレしまくって強くなってるはずだけど乗艇練習殆どしないから結果遅いという。
これからは実践ということに重きを置いていきたいな、と思ってます。

簡単に言うと、落研の学内ライブなどを行い発表の機会を増やしていくのと、アマチュアでも出れる賞レースなどに出まくります。
新人お笑い尼崎大賞とかそこら辺です。
そこら辺でウケるウケない、また、コンテスト向きのネタはどんなもんなのか、色々研究していきます。

今僕は3回生です。
来年度が大学ラストイヤーです。
M-1のラストイヤーに比べたら大したことないですが、
M-1のラストイヤーくらいの気持ちで全ての大会、M-1、キングオブコント、R-1、臨んでいきたいとおもいます。
在学中にオファー受けて事務所決めるのが入学当初の目標なので。
早くも迎えたラストイヤー、頑張るので是非引き続き応援よろしくお願いします。

3回生マネージャー・横田達哉

 

ただただ趣味の話

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは。三回生島智章です。

今週は大寒波が日本列島を襲うそうですね、体調にはお気をつけください。

さて、突然ですが僕はアニメやライトノベルをよく見たり読んたりします。読む作品にも系統があって、主人公がめちゃめちゃ強くて物語がスイスイ進むようなものをよく読んでたんですね。いわゆる無双というやつです。
でもある時、主人公が無知無能で無力無謀のファンタジーを読んだわけです。最初の方は「こいつ無能だな読むのやめよかな」とか思いつつ、なんやかんやで読み進めると、どんどん惹かれていくわけです。失敗して失敗して挫折してそれでもなんとか結果を出そうと食らいつくその姿に、どうやってハッピーエンドに終わるんだろうと次の展開にわくわくするわけです。

元から能力値が高く周囲を圧倒するのはとても楽しいの思います。ただ、スタートラインは低くてもそこから成長して力をつけていく。力があまりつかなくても周囲を変えていく。そういう作品もいいんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり…

下手くそな文で何を書いてるかよくわからなくなってきましたね、、

要は僕の趣味の話です笑

ここまで読んでくれた方、大して中身のない話で申し訳ないです。

それでは!


p.s.どんな物語か詳しく知りたいかたはGoogleで
「リゼロ」と検索ください笑

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは。3回生マネージャーの山下です。
今回はかなり手短にしますね。(笑)

私は先日あった部員総会を欠席していて今年の抱負を書く機会を逃していたので、
ここで書かせていただきます!

私の今年の抱負は
「相手の期待を超える」です。

今まで決められた役割を正確にこなすことだけに精一杯になっていたのでこのようにさせていただきました。
今年は自分の役割を果たすことで満足してしまうのではなく、その中でより改善すべきところを自ら発見し、解決策を考え実行します。

そしてみんなから求められていたもの以上で返したいと思います。

去年以上によりよいサポートができるように努めます。今年もよろしくお願いします😊

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

消灯後失礼します一回生の山野です

覚えてないかもしれませんが、前回風邪は気の持ちようで治るようなことを書いた人です。

年末年始から自分は体調が悪くてなかなかベストの状態になりませんでした。それでもしっかり寝てたべてしてたら治ると思っていたのですが、今回はなかなか良くならなく長々と引きずってしまいました。

こんな時でも前までなら「いつか治る」と思い普通に生活していたのですが、今では艇庫で集団生活をしているのでそんな適当なことは言ってられないことを思い知りました。

自分が体調を崩した頃に艇庫では一人、また一人と体調不良者が続出しました。パンデミックというかもしれません。

無理に練習をしていたらベストタイムは出にくく、みんなに風邪をうつしてしまいと悪いことしかないのでさっさと病院に行って薬もらって最速で治すのが一番だと今では思います。練習を休んだら体力や筋力が落ちると思いますが、それは体調管理不足だった自分へのペナルティだと受け止めましょう。

これからは風邪をひかない強靭な免疫力を身につける努力も必要かな、と思った今日この頃でした。 練習頑張っていきましょー

 

七年間無敗の男

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。
二回生漕手の大畑篤史です。

先日、マシンローがありました。

僕の結果は7:05.5・・・
目標の7分切りにはあと一歩及ばなかったです。
まだまだエルゴのひき方に問題があるので、少しずつ改善していきます。




今回のマシンローに招待選手として、海外からたくさんの選手が来ていました。みんな体が大きくて、強そうでした。

そしてその中の一人に、世界選手権で七年間無敗の王者、エリック・マレー選手がいました。僕はよくこの方をYouTubeでみるのですが、本物を見るとやはり体がでかい。想像以上でした。 


試合後に、そのエリック・マレー選手のトークイベントがあったので参加しました。

僕たちへのアドバイスとして
「成功している選手が今何をしているか、どんな練習をしているかを知る」
「自分と勝負しているという気持ちを持ち、過去の自分に打ち勝つことを意識する」

これが大事だとおっしゃってました。


また、僕は今まで、脈拍は上げれば上げるだけいい練習ができていると考えていました。もちろんそれは大事ですが、

「乗艇で同じスピードをより低い心拍数で漕げればよい。技術が上達したということだから。そういうのを掴んでいく。」

とも言われてて、その考えは僕の中にはなかったのでとても印象に残ってます。


エリックさんは来年のマシンローにも来るとおっしゃっていたので、また会いにいこうと思います。来年の楽しみが1つできました。




さて、今日はいまからマシンローでベストが出なかった人の救済措置、2000ttがあります。

7分切りに行ってきます。

 

今になって気が付いたこと

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは。
主将の安東です。


今回の多事漕論は、最近、あらゆる面においてとても重要なことに気がついたので、そのことについて綴ってみたいと思います。


僕が気がついた重要なことは

「弱さのシェア」

です。


大抵の人は
何かをしてうまくいかない時、
心の中で、
なぜうまくいかなかったのか?なぜ自分はできないのか?できている人と自分の違いは何なのか?
などと考えることが多くあるのではないかと思います。


僕自身も、何かで失敗した時、結果が出ない時には必ず自問自答し原因を探り、次何をすればいいのかを考えます。

しかし、多くの場合、明確な答えが見つからず悩みながら考え続けることがほとんどです。

すぐに明確な答えが見つかるようではそもそも悩む段階に至りませんから、当然なことではあるのですが、
悩み考え続けた末に辿り着くのは、自分の弱さであることが多い気がします。

では、その弱さとは何なのか?
弱さというのは、何かの問題や失敗をきっかけにして生まれてくるものだと、僕は思っています。

失敗から生まれてきた故に、人は自分の弱さに向き合うことを嫌います。
自分の弱いところばかり考えていると気持ちがしんどくなってきて、絶対に考えたくなくなるはずです。
常日頃から自分の弱いところばかり考えしまい、気分が下がってしまう人や
何かに失敗してどうしてもモチベーションが上がらない人には是非やってほしいこと。


弱さのシェア!!


ただ、自分の弱点はなになにです。
と話すのではなく、自分が今感じている気持ちや思っていることをシェアすると、自然と自分の弱さに向き合うことができ、同じ失敗を起こさないためにどうするべきかが見えてくるはずです。


偉そうにこんな感じに綴ってみましたが、
実は、僕も最近結果が思うように出ないことからモチベーションが上がらないことがありました。
そんな時に、信頼する同期の2人が声をかけてくれて、色々話を聞いてくれました。
弱さを見せることが悪いことだと思っていましたが、実はそんなことはなくて、
あまり言いたくない自分の弱さをありのままに話すことで、お互いがどう思っているのか本音を知ることができ、より信頼できる関係を築けたと感じています。


弱さをシェアすることが、自分自身の成長に繋がるだけでなく、人と人との関係や結束力を強めてくれます。

昔よく喧嘩した友達ほど長く付き合いがあるのは、その時にお互いの弱いところを見せ合っていたからこそなのかなと考えると納得できる部分があります。
ボート部でも1回生の時よく喧嘩していたけど何故かすごく仲良くしてる部員がいるのも、よく考えると実は凄く素敵なことだったりします笑


以上より僕は弱さをシェアすることが重要であると感じました。


冬を超えるとオンシーズンがやってきます。
厳しいレースをみんなで戦い抜いていける為にも、
部員同士で弱さを見せ合うことで、より強く結ばれたチームになっていけたらいいなと思います。



P.S.
前回の多事漕論に、刺激的な出会いをしたいと書きました。
あれから、僕が心から尊敬できる方にお会いすることができ、改めて人との出会いの素晴らしさを感じました。
自分から行動を起こして、興味があれば出会いに行く姿勢でこれからも素敵な方々と出逢えたらいいなと思います。

 

砂漠の案内人

ボートの日誌CM(0) TB(0)

COXは砂漠の案内人だ、と言われたことがあります。

旅人が街に行きたいと願うなら、そこまでの道のりを示します。宿を探しているというなら、最も条件にあった宿を紹介します。そんな中で疲れた時はオアシスの場所を示し、時に、砂埃で進むべき道が分からない時もあります。そんな時にいつだって、信頼できる人間であって、現在地から目的地までの橋渡し役です。

漕手がインカレ最終日や、2000ttで何分何秒出す、と目標を掲げるようにわたしにも目指すべき姿があります。

旅人が何を求めても、何かしら与えられるような、様々な選択肢を持つ砂漠の案内人になることです。

選択肢が少なく、迷って自信のない案内人の言うことなんて不安でしかないです。砂漠において良くも悪くも進み続けるしかない状況の中で、案内人として信頼され、またそれに応えられる人間になりたい。

こういうと、いろんな人から尽くしがちと言われますが、それとはちょっと違って、これが自分にとっての挑戦であり、熱くなれることです。(結果として、女子ローに尽くしがちなのかもしれませんが、、笑)

ボート部に入って、大学生活を楽しむはずだった時間はなくなり、何度も後悔しましたが、今はこの恵まれた環境の中で、失ったものを悔やむのではなく、これから得るだろうものに胸を躍らせて日々貪欲に生きていこうかなと思います。

与えられるばかりだったこれまで、これからは与えることができる人間になるために、「選択肢を増やす」を2018年の抱負とさせていただきます。

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうこざいました。

2回生cox 松田

 

緘黙青年

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お久しぶりです、でよいのでしょうか。前回の更新からそう日が経たずに更新の順番が回ってきてしまいました。2回生マネージャーの武中です。

余談ですが、多事漕論は更新日の数日前にはいつも書き終えています。当日にあとがきだけ書き足して更新しています。
今回も例に違わずそうだったのですが、思うところありまして、前日に改稿しました。


ところでタイトルの「緘黙青年」ですが、これはさすがに元ネタがわからない人が大多数だと思うので一応解説を…

ぼくの好きなシンガーで「酸欠少女」ことさユりさんという方がいてまして、先日のマシンロー終わりにイベントに参加してきました。

尊いことこの上なしで筆舌に尽くしがたいとはまさにこのことです。サインもいただけて感無量です。

タイトルはその「酸欠少女」をもじらせてもらいました、少年、とも考えましたが、20歳は少年と呼ぶには些か抵抗がある上にいかんせん容姿が初老、翁と揶揄される程なので…百歩譲って青年だろうか…といった感じです。

イベントまでの流れだけ聞くとただただ武中が悦に入って終いなわけですが…


ここからタイトルが漸く絡んできます、イベント会、当然さユりさん本人がいらっしゃるわけです。

サインをもらう直前


何を言おうか、どういった応援がいいか逡巡して僕の番…

緊張のあまり、「ありがとうございます…」と声を微かに振り絞れた程度

情けない情けない…

今までコミュ障なりに狭いコミュニティでなんだかんだ生きてきましたが、これほどにコミュ障を恨めしく思ったことはないですね。


それで今年のボート部での抱負は「脱クズ」とさせてもらったのですが、私生活での抱負は「コミュ障改善」を掲げたい次第です。
これだけ書くと本当僕ってろくでもない奴ですね…ヒシヒシと感じます。

もう大学の後半セメスターも終盤、期末試験を迎えるだけです。そうなると次は新歓が目前に迫っています。


武中の未知なるコミュ力がボート部に追い風を吹かせるのか…!
マネージャー人数問題の改善は武中の手腕にかかっていると言っても過言ではないのではないでしょうか。


【あとがき】
最後の一文はどう考えても過言ですね、内省しておきます。
ここでは毎回武中の情事にふれていましたが、もうネタが尽きてしまうという由々しき事態です。
もう少し真面目になればいい風が吹いてくれるのでしょうか…

2018/1/16 およそ諦観の境地にいたりながら

 

悔しい

ボートの日誌CM(0) TB(0)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。三回生漕手の深尾周平です。

昨日のマシンローのことについて書こうと思います。個人的な話をすると、ベストまであと0.6秒届きませんでした。

ほんっとうに悔しい、悔しい、悔しい。

入りの500、1000は調子が良くて、いいペースできていました。
そこから中盤の1番しんどいところ。耐えることができずにスパートも上がりきらなかった…。
応援の声が聞こえていたから、なおさらあそこでもうひと踏ん張りできていれば、と思っています。

しかし、マシンローは通過点です。ここから挽回なんていくらでもできる。
マシンローで結果が出なかったからといって下を向くのではなく、次の2000ttのために何ができるかということを第一に考えて前を向いてやっていきます。

まずは目の前のメニュー、セット、1ストロークを全力で漕ぐ!!!

最後に


ベスト出た人おめでとう!!

 

加速する世界

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、二回生マネージャーの鈴木です。

本日は風邪を引いてしまい、マシンロー不参戦のこと申し訳ないです。インフルではなかったです。


昨日新歓会議の時に、「リーダーは先を見据えて指示を出し続けなくてはならない」と教わりました。

先を見据えて逆算し、指示を出す。言葉にしてみるのは簡単ですがいざ実行するとなるとめちゃくちゃ難しい、、、

そこで、ボーッと考えることは好きなので、とりあえず先のことを漠然と考えてみました。

1月 テストが始まる。嫌やああああ
2月 新歓コーチ会議が毎週に。新歓準備も大詰め。
3月 新歓が始まる。
4月 新歓が本格化。ボート祭の準備が始まる。
5月 新人練が始まる。ボート祭。
夏秋 各種大会、引き継ぎetc、、、


ポッと考えただけでゾッとします。


しんどそu、、、、


おっと!今年はそんなこんなでめちゃくちゃしんどそうな未来が目に見えています。なので今年の目標というか抱負は「しんどいを楽しむ」にしました。しんどいって言いません。代わりに楽しい😊って言います。

単純に楽しむというよりかは、楽しめる余裕を持とうと思います。

僕は突っ走りがちで余裕無くしがちなので、この抱負忘れずに過ごしていきます。



P.S.
タイトルは最近感じていることです。世界、加速してませんか?

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

 こんばんは、三回生の植田翔太です。僕が住む奈良でも最近、初雪が降りました。そして、毎年ちょうど初雪の時期と同時期にあるマシンローもついに明日行われます。

 このマシンローに向け、マシンローの一週間半前からは乗艇練習なしで朝練晩練はエルゴのみを練習しました。メニュー内容も全てレースペースまたは高レートで1500×10、2000×6などかなりきつく逃げ出したくなるメニューでした。しかし、今はマシンローに向けてかなりよい調整をできたなと思います。

 明日はマシンローに出場する選手みんなが各々ベストタイムを出せるよう挑みます。応援よろしくお願いします。

三回生
植田

 

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんばんは。2回生漕手の名倉です。ますます寒くなってきましたね。皆さん体調に気を付けてお過ごしください。

さて、先日成人式に出席してきました。小学校中学と一緒に過ごした友達とあえて懐かしい気持ちになりました。大学で過ごしてる人、バイトにあけくれる人、もう就職してしまった人、みんなそれぞれの「道」を進んでいるのだなと感じました。

僕も自分の「道」を進んでいます。大学生になり、体育会のボート部に入りました。2回生になり。明後日にはシーズンを占う上で重要なマシンロー大会が控えています。

「道」という話になると到達点はどこなのかという話になると思います。僕は到達点なんてないと思います。というより、ないと思いたいです。到達点があると現在地と到達点を結びつけて、まっすぐな線を引きます。そこから少し外れてしまうと、これはダメだと、無駄な事だと、それが嫌なんです。ぐねぐね曲がった道はダメなのかと…

到達点、つまりゴールをなくしてみましょう。どう進んでもオッケーです。前に進んでさえいればどこかにたどり着きます。それでいいんじゃ無いでしょうか。毎日懸命に長い距離進めばいいんじゃ無いでしょうか。

僕は到達点、先のことばかりを考えていて、到達点への道から逸れること、上手くいかないことがあるとすぐ歩みを止めてしまいます。

先のことばかり見るのではなく、今日目の前にある道を一歩一歩懸命に歩くことから始めてみようと思います。

ちょっと抽象的すぎましたね。読んでくださりありがとうございました。あしたも朝が早いのでここで失礼します。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、三回生トレーナーの梅村です。

お正月は少し前に終わりましたが、家でおもちや黒豆などを食べているせいか
お正月気分が抜けないので数日前に初詣に行ったときのことについて書きます。


元旦、近所の神社でお参りをしておみくじを引きました。
吉か末吉くらいやろなーと思っていたら凶がでました。
本当に凶って存在したんや、という驚きと
今年に限ってそれ引くかという嘆きなどで何とも言えない気持ちになりました。


毎年おみくじは引くものの、あまりあてにしていないつもりでいましたが今回に限ってはわりと気にしてしまい参っています。



しかし現実的に考えて1枚の紙にすべてが左右されるということはないので
あのおみくじは油断禁物ということか!くらいにとらえて今年はタフにいろいろ乗り越えていく一年にしたいとおもいます。
読んでいただきありがとうございました。

 

友と酒は古いほど良い

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは
2回生漕手の藤尾です。
冬休みが終わってから寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。私は毎朝布団から出るのが辛いです。


先日、高校の成人式に出席しました。私が通っていた学校は中高一貫校なので、成人式では中高6年間共に過ごした友人と再会しました。


会場に着く前は友人と話せるか心配でかなり緊張しましたが、そんな心配は無用でした。不思議なもので、久々に会った友人でも長らく会っていなかった事を微塵も感じませんでした。前日にも会ったかのように話せました。


私は友人に恵まれたなあ、としみじみ思いました。何でも言いあえる友人が居るということは本当にありがたいです。


勿論ボート部の同期も大好きです。面と向かって言えないのでここで言っておきます笑


時が経つのは早いものでボート部での生活もおよそ半分が過ぎてしまいました。(まだ半分もあるやんと思う人も居るかもしれませんが。)おそらく残りの半分はもっと早く時間が過ぎてしまうのでしょう。時間が経つのが早く感じられるのは良い仲間に囲まれ、濃密で充実した生活を送ることができているからなのだと思います。



ボート部の同期とも何歳になっても他愛ないことを話して笑い合えるような、いつまでもそんな関係でいたいものです。



少し感傷的な文章になってしまいました。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

2018年がはじまりました

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、2回生漕手の三木です。年が明けてから一週間強がたちました。初漕ぎも終わり、七草粥も食べ、成人式を済ませ、ついに学校が始まりました。


年が明けてから今までは、曜日感覚もなく、どこかふわふわした感じでした。成人式もあり、例年にも増して夢見心地な気分でした。
しかし、昨日から学校が始まってしまいました。土日を渇望し、また月曜日を恨めしく思う日常が始まったのです。

そういう意味で、僕の2018年は今日からから始まったと言っても過言ではありません。ですので、今日から切り替えて、気を引き締めていきたいと思います。

マシンローまであと5日、マシンローといえど、今年の勝敗を占う大事な試合なので、全員で結果だしにいきます。




2017年の繰り越しの仕事のツケが回ってきてネコならぬ戌の手も借りたいほどでありますので、短文ながら、これにて失礼させていただきます。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

みなさんこんにちは。
3回生マネージャーの松山です。

はやいもので年が明けてもう1週間が経ちました。
昨日の初漕ぎにはたくさんのOBさん・保護者の方々にお越しいただき、自分たちは本当にたくさんの人たちに支えられて部活動に取り組めているのだと再確認させられました。
温かいご声援をくださる方々の期待に応えられるように2018年もチーム一丸となって全力で駆け抜けて行きたいと思います。

さて、今月の18日から21日にかけて資金チームの一大イベントである東京訪問が行われます。
主務の八瀬・2回生浅原という心強いメンバーと共に関東のOBOGさんにお会いしに行きます。

私は昨年も東京訪問に参加し、さまざまな年代のOBOGの方々と交流させていただきました。過去のボート部のエピソードや就活についてなど貴重なお話を聞かせていただいたことで、自分の視野がかなり広がったなと感じました。

今年も訪問を通してたくさん得られるものがあると期待しています。他の部活では絶対にできることのなかったであろう良い経験をさせていただいているな、と感じます。

もちろん、資金収集にも力を入れて取り組みたいと思います。
今年は昨年を上回る金額のOB会費をしっかり集められるよう気合いを入れて東京に乗り込んできます。
昨年以上に納得のいく結果を残して笑顔で帰ってきます。艇庫のみんな、お土産買ってくるね。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

昨日担当だった吉山です。完全に忘れてました。すみません。朝11時に起きて焦って書いています。

初漕ぎの餅つきのことを書こうと思います。

初漕ぎの前日に深尾さんに声をかけられて餅つきのリハーサルを手伝うことになり、当日も餅班になりました。餅班リハーサル組みのメンバーは、深尾さん、山野、吉山の3人いましたが、誰もやり方を知りませんでした。ネットで調べてなんとかやりましたが、結局、どんだけ杵で突いても米の形が残るし、食べようにも臼のゴミが餅にいっぱいついて無理という結果に終わりました。

そして当日、昨日の改善点を生かした甲斐があり、上手くいきました。あまりにうまくいったので、みんなが来る前に勢いで餅を完成させてしまいました 。米のツブツブが残っていたのがだんだんと消えて餅のように粘ってきて、本当に餅米はお餅になるんだなと思いました。

そうなると餅を突いたのは、餅班だけになってしまう、ということで、お餅を作る機械からあと少しつけば完成する状態のお餅を用意して乗り切りました。餅つき大会では、餅つき経験者のOBさんが多くてびっくりしました。

以上、餅つき班は頑張ったんだよという多事争論でした。


遅れてすみませんでした。今日担当の人より早く投稿したので許してください!

 

買い物係

ボートの日誌CM(0) TB(0)

あけましておめでとうございます。
2回生漕手の太田です。

多事漕論を書くにあたって、年始の挨拶をいつまでするかというのを今調べたところ、どうやら松の内の間はするらしいです。毎年思っていたことが解決しました。笑


今日は僕が普段やっていることについて少し書こうと思います。

ボート部には〜委員というものがあり、2回生が担当しています。いろいろ役割がある中で、僕は文化委員というものを任されています。

文化委員?

文化用品を管理する委員です。

文化用品??

艇庫に住む(?)ために必要なもの、シャンプーとか洗剤とかですね。


主な仕事は部員からお金を集めて、近くのホームセンターに必要なものを買いに行くことです。

「ネットで買う方が安いのでは?」

こう思った方、多いのではないでしょうか。



そんなことありません!!!

コーナ○最強!

ジャパ○最強!

よく買うものの値段をこれらのホームセンターとネットで比較しましたが、大体ホームセンターの方が安いです。

ホームセンターのネット販売もあるのですが、店舗での値段の方が安いものが多いです。

ということで、1週間か2週間に1回、大量の洗剤等をまとめ買いします。

いつもより安くなっていたときの喜びは、エルゴのベストにも匹敵します!!

さすがにそれは嘘ですが、わりと嬉しいです。笑


京橋のコーナ○、ジャパ○以外で、ここで安いの売ってた!っていうのがあれば、僕までお願いします。僕が買いに行くか、もしかしたら買い物を頼むかもしれません。笑
ネットでもOKです。

ボート部は資金的に非常に苦しいので、みんなから集めた貴重なお金を大切に使おうと心がけています。

たぶん4月くらいに今の1回生に引き継ぐことになるので、文化委員やりたい!(たぶん、いや、ほぼ絶対に近くいないかと思われますが)っていう人募集中です。




最後に。

マシンローまであと1週間。
6:48出します。

おやすみなさい💤

 

ハイ!問題作

ボートの日誌CM(0) TB(0)

※思ったことをつらつらと書いているので、とても長くなり、まとまって無い部分もあるので、あまりオススメはしません。夜遅くにすみません。


あけましておめでとうございます。一回生の杉崎です。年が明けて5日が経ちましたが、僕は昨年の納会の次の日から風邪(?)を引いてしまい、年末年始の6日間をベッドの上で過ごしました。次の日インフルエンザかなと疑いましたが、眠気が勝ってしまい一日中寝てたら、気がつけば熱は下がってました。ただだるさが残っていたので1月3日までずっと寝てました。一日の3分の2くらいは寝てた気がします。赤ちゃんか!!

上記の理由により、今日艇庫の近所に初詣に行きました。おみくじ引きました。末吉でした。探し物は時間がかかるが見つかるらしいです。先日鍵をなくしたので見つかることを願います。


そういえば、納会の後に一回生の男子全員でボウリングに行きました。一回生の男子全員で遊ぶのはこれが初めてなんじゃないですかね。10人いるので、全員で遊ぶってなるとこういう全体行事でみんなが集まっている時間しか難しいですけど、めちゃくちゃ楽しかったです。高校一年生の時の同じ時期に高校の友達とボウリング行ったより多分はるかに楽しかった気がします。一緒に艇庫で暮らしてるせいですかね。この10人で四回生まで集団生活かと思うとゾッとする部分もありますが、途中で1人も欠けないようにいれればいいなぁと思います。

冬モーション、しんどい時期です。現実と理想のギャップ、ライバルとの差に苦しむこともあると思います。しんどさに耐えかねるときもあると思います。部活を辞めようと思うこともあると思います。そんな時に、何気ない冗談を言って励ましたり、相談してもらえるような人間なりたいなぁと思います。疲れきったときに充電するみたいな感じで。これに備えて僕は常に充電満タンでいようと思います(笑)

今年の僕の目標は、無くしたものを見つけるとか、無くしものをしないとかですかね。来シーズンはcoxとして最上回生になります。もう一人の一回生coxと二人三脚になると思います。まぁ、僕がしっかりしていないので、彼に今でもですが、さらに迷惑をかけるかもしれません。それでも、彼が苦しんでる時に支えられたらいいなぁと思います。去年主将に言われたことですが、自分のcoxとしてどうありたいかということについて今シーズン探せたらいいなぁと思います。無くしものではないですね。元々そういうのをあまり考えずに、やるべきことについて的が絞れずに頭の中がぐちゃぐちゃになってしまったので、、、

とりあえず、ラフにタフにいこうと思います。いろんなことを体験したり、肌で感じたりしたいなぁと思います。神経質になってもあんまり良く無いと思うので。辛抱強く、のびのびと日々ボートの世界に飛び込んでいこうと思います。大学入ってから始めたスポーツなので、この一年のめり込んでもプラマイゼロとかそんな感じの結果にはならないと思うので、、、
そういった日々の中で、おみくじに書いてるように自分の探し物の鍵になるようなことでも見つかればいいなと思います。

長文失礼しました。

一回生cox 杉崎

 

あけましておめでとうございます

ボートの日誌CM(0) TB(0)

皆様あけましておめでとうございます。
一回生漕手の永田浩輝です。本年も何卒宜しくお願い致します。
新年が始まったということで今年の意気込みを書こうと思います。
今シーズンは上からではありますが、昨シーズンの対校経験者が多く、関西選手権優勝の可能性は大いに高い年ですし、個人また一回生としては今シーズン終わりにある全日本新人選手権に出場するかはまだ分からないですが、エルゴ値・乗艇技術を一昨年の松井主将の世代に引けを取らないレベルに持って行きたいです。
今シーズンのチームのスローガンは「拘る」ですが、個人的スローガンは「常在戦場」でいこうと思います。意味は読んで字の如くいつでも戦場にいる心構えで事をなせという心得です。あの連合艦隊司令長官山本五十六さんの座右の銘です。
関西選手権優勝&全日本新人選手権A決勝の目標を達成するために日々の練習で隣でエルゴしてる人・全国のライバル・昨日の自分・ベストの自分に生きるか死ぬかの戦場のレベルで取り組んでいきます。
まずは近畿のマシンローで結果を出すので応援お願いします。

 

年賀状

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは
二回女子ローの岩間です。

世間ではまだお正月の方がほとんどでしょうか。

さて、お正月といえば年賀状。

みなさん何枚届きましたか?

私は大学受験を機に年賀状書くのをやめてしまったのでもうほとんどきません。

でも毎朝家族宛に届くのを見ていると
ちょっといいなあって思ったり。


現代はメールやラインで済ますというのもよく聞きますが。

紙の年賀状もいつかは無くなってしまうのでしょうか。

寂しいような気がしないでもないですね。


さあみなさん、貴重なオフもあと少し。

存分に堪能しましょう。


今年もよろしくお願い致します。

 

友達

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2018年!明けましておめでとうございます。1回生漕手の伊地知 諒です。
最近、風邪やインフルエンザが流行っているので皆さん手洗い、うがいを忘れずやりましょう。



さて、今回は帰省中にふと思ったことを書こうと思います。


先ほども言いましたが、僕はいま帰省中です。半年ぶりくらいに帰省しました。やっぱり実家はいいですね。リラックスできます。それで地元の友達と遊んだのですが、大学生になって普段は会えなくなったけれど新年などの休みで集まれるような友達がいるって僕は恵まれてるなって思います。そーいう年に数回しか会わない、会えない友達っていうのは中学の部活で一緒だった人や高校の部活で一緒だった人、受験で共に切磋琢磨し勉強した人のような中学、高校で毎日ふざけあって楽しく過ごし、苦しいことも一緒に乗り越えた関係の人ばかりです。


ごたごた書きましたが、何が言いたいかというと、ボート部の先輩、これから入ってくる後輩、特に同期と大学を卒業して社会人になってからも数年に一度でもいいから集まれるようなそんな深い絆で結ばれたような関係でありたいな、と思って。それで大学の4年間はしんどかったな〜みたいな思い出話をするのが僕の願望です笑
まぁまだ大学卒業後なんてまだだいぶ先のことですが笑


とりあえず1日1日を大事にして2018年もボートを楽しんで頑張っていきましょう!!

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad