FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くに更新失礼します。


今回は私が最近意識してることについて書こうかな、と思います。
よければお付き合いください。



いきなりですが
みなさんは誰かに何かをしてもらったとき


『すみません』と言いますか?
それとも、『ありがとう』と言いますか?


私は
(手間を取らせて)すみません、(ありがとう)

という意味を込めて、
最近まで『すみません』をよく使っていました。
というよりつい『すみません』が出てしまっていました。


すみませんと言う日本人は多く、日本人は謙虚だから何かあったらすぐに謝る、と海外の方は言うそうです。


しかし、思いやりの行動をとった相手は自分のことをおもって行動してくれたのに、暗い顔で『すみません』と言われると、なんだか相手までわるいことをしたような気持ちになると思います。

一方で、『ありがとう』と笑顔で感謝の気持ちを伝えれば、相手もやってよかったな、と心が温まるでしょう。


私はこのことに最近改めて気づき、『すみません』よりも『ありがとう』を意識的に言おうと決めました。



そして


私はいま、会計サブチーフとして部費やエッセン代を集めたり、建て替えてくれているお金を引き出して返却したり、試合にかかるお金を振り込んだりしています。

部費は当然払われるべき収入として予算が組まれていますし、部費やエッセン代が集まらなければ、試合に出ることも、普段の練習も、エッセンを作ることも出来なくなるかもしれません。(少し大袈裟ですが)


数少ないオフにバイトしたお金を部費やエッセン代を払うより、好きなものを買ったり、遊んだり、何より生活するにはお金がかかる…部活にお金を払うのは後回しでも何とかなるのでは…という漕手の気持ちもよくわかります。

そんな漕手からどのようにお金を集めるのか会計チームからのアプローチを考えていく必要があります。


とりあえずいま私にできることとして意識しているのは、お金を預かったり返却するとき

(いつも練習もバイトもお疲れ様です。練習、試合、ボート部のためにお金を払ってくれて、建て替えてくれて)

『ありがとう』と言うことです。


言葉では言わないけれどこの( )の部分が少しでも伝わればいいなと思って今回この多事漕論を書きました。



つまり、何が言いたいのかというと、
『すみません』より『ありがとう』を増やしたい!という話です。



明日から加古川レガッタの遠征がはじまります!

遠征、試合中
少しでも多くの『ありがとう』が生まれますように。



荷造りが未だに手付かずで焦っている…
2回生マネージャー 土田奈緒 でした。

長文失礼しました。
スポンサーサイト

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、3回生マネージャーの鳥居です。


久しぶりの多事漕論で、ちょっと緊張してますが良ければ最後までお付き合いください。


8月に4回生が引退して、もう2ヶ月が経とうとしています。これからは何かあっても頼れる大きな存在がいなくなったんだなと痛感する毎日です。

新しくシーズンが始まっていよいよ最上回生になりました。

日々激務をこなしている主務の八瀬、栄養のチーフもしながら副務の仕事と両立させているまゆみーる、資金チーフとして備品チーフとして部活を裏側から支えているひなちゃん、年度会計を終え会計サブチーフのフォローをしているさきちゃん、小艇のタイム表を作るなど安全のことを日々考えてくれているまなみん、マッサージをしたり漕手に1番近いマネージャーとして頑張っているよこた、

と言うように同期のマネージャーが漕手のために日々頑張っている中、

わたしはサポートチーフとしてマネージャーを支えていきたいと思っています。

漕手へのサポートを疎かにするというわけではなく、漕手へのサポートとマネージャーへのサポートを両立させられるよう努力していきます。


今シーズン、〝来るのが楽しくなるような艇庫の雰囲気作り〟をモットーに頑張っていきます!



最後までお読み頂きありがとうございました。

 

意外な利点

ボートの日誌CM(0) TB(0)

おつかれさまです。
2回生マネージャーの中西です。

何書こうかなあとおもったのですが、あいにく特に思いつかなったで、唯一最近自分が心がけていることを書こうと思います。

それは、自分の出来る限りでいいから健康的な食生活を始めることです。

うちの部活にはSSSという制度があり、そこで漕手の健康管理として昼食と間食を送ってもらっています。

漕手の人たちがまともなご飯を送ってくれてても当の注意する立場のマネージャーの食生活がSSSにあげられるようなものでなかったら格好がつかないなあと最近思いました。笑
(ちなみにわたしの主食はアイスと菓子パンです。)

自分の出来る範囲で変えていこうとおもったところ、最近は気が向いたときに自炊をしたり、フルーツをたべたり、前に比べたらましにはなっているかなあとおもっています。進歩!

SSSは漕手だけじゃなくマネにも意外な利点はあったんですね。
この調子で徐々に自分のペースで頑張ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

大学生活=?

ボートの日誌CM(0) TB(0)

「あなたにとって大学生活は何?」

この質問に皆さんは何と答えますか?

高校の卒業式に母親から、こんなことを聞かれました。
「あなたにとっての高校生活は何だった?」

「なんだか色々挑戦したけど、これだけはってものはなかったな。」
これがその時の私の答えです。
私なりに気になることは、何でもやりました。経験したことの量ではだれにも負けていないと思います。
それでも「私の高校生活はこれだ」と答えられなかったのです。

そんな私に母は、
「大学を卒業する時には答えられるといいね。」と。

相変わらず、あれもこれもと手を伸ばしていますが、その中心にはボート部を置いて。
卒業式で「あなたの大学生活は何?」という問いに、
晴れ晴れと、自信を持って、

「私の大学生活はボートだったよ。」と答えられるように。

目の前の練習に真摯に向き合っていきたいです。

最後に、加古川レガッタでは新人女子クォドはメダルを獲得しました。ありがとうございました。

叶えたいことは過去形でいうといいそうです。
神様が急いで手助けしてくれるんだとか…
これで願掛けは完璧ですね。あとは全力を出し切ります。

拙い文章ですが、読んでいただきありがとうございました。

一回生女子漕手 横山侑希

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。
2回生マネージャーの本川万里絵です。

また台風が来てるそうですね…
晴れの日のありがたみをしみじみ感じます。

多事漕論、何書こうかなーと考えていましたが…

書くことがありません。


書くことがない、というこの感覚って初対面の人やあまり仲良くない人と会話がもたない、何を話せばいいかわからない、と感じるのととても似ているなぁと思いました。


何かの記事に書いてあったのですが、
話すことがない人、話題に乏しい人って、語れるほどの人生を送ってきていないそうです。


たぶんここでいう「語れる」っていうのは、特別な経験とかではなく、普段の何でもない日常をどう過ごしているのかが深く関わっているのだと思います。

自分の普段してることって何か大義があるわけでもなく、ただ作業のように、やらないといけないからやる、そういう感じです。


でもそうした自分のしてることに対して、意味を持たせて、語れるものにする。


とっても難しいけど、今の私に必要なことだと感じます。


まずは加古川、マネージャーとして「語れる」働きを。



頑張ります。


拙文失礼しました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは 一回生漕手の山野真宏です
加古川レガッタまで残り1週間ほどになりました。このボート部では全員が大会での目標達成に向けて努力しています。エルゴのベストもみんな出しまくりです。ちなみに僕は新人エイトのクルーとして優勝目指して頑張ってます。今までの新人エイトでは3位までしか入れてないので今までの歴史を覆すために猛練習してます。皆さまの期待に応えられるようなパフォーマンスをするつもりなので是非応援に来てください(できればグッズも買ってください)。それでは加古川でお待ちしております。失礼します。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


はじめまして、1回生山﨑です。


加古川レガッタまで8日となり練習も大詰めを迎えています。


少し前に高校の後輩と会う機会がありました。
その時に「大学でもボートを続けるなんて何者なのか。」と言われました。


自分でも不思議です。


エルゴも乗艇も遅くて「辞めたい」が口癖だった自分がまたボートをするなんて想像もしていませんでした。


でも続けるという決断を後悔はしていないし、その後輩にも続けてほしいと思います。


これからたくさんの事を経験して自信を持ってボートを勧められるようになりたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)



はじめまして。一回生の漕手の安田直生です。

最近は天候が不安定で肌寒い日が続いておりますが、みなさん体調管理はしっかりしましょう。


さて、突然ですが後悔には2種類あるのをご存知でしょうか。ひとつは「行為後悔」で、もうひとつは「非行為後悔」というものです。簡単に言うと、前者は、「あのときやらなければよかった」という後悔、後者は、「あのときやっておけばよかった」という後悔です。

なぜこんなことを紹介したのかというと、私の座右の銘(?)に関係しているからです。その座右の銘とは「何事も、やらずに後悔するよりやってから後悔しろ!」というものです。これはなにか選択に迷っているときや一歩踏み出す勇気が出ないときにいつも考えることです。あまり行動力がない自分に対する戒めでもあります。

こんなことを考えていても、過去いくつもの非行為後悔をしてきました。もっと勉強をすればよかった。○○を習っておけばよかった。○○さんともっと仲良くなっておけばよかった。など例は尽きません。逆に過去の行為後悔を思い返してみるとどうでしょうか。案外少ない気がします。

つまり、なにが言いたいかというと、やってから後悔しろ!と思って実際にやってみると、後にやってよかったって思うことが多いのだということです。

ここで座右の銘の省略されている部分を付け足すとすると、「何事も、やらずに後悔するよりやってから後悔しろ!きっと後悔しないから…」になります。

前置きが長くなりましたが、私はこの座右の銘を信じて、大学4年間をボート部の漕手としてやりきります。きっとやってよかったと思えるはずです。

なんか結論が雑になってしまいましたが、わりと役に立つ考え方なので、みなさんもよかったら参考にしてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

思い出し笑いからの脱却

ボートの日誌CM(0) TB(0)

みなさんおはようございます。
3回生マネージャーの松山 妃奈です。

久しぶりに多事漕論の記事を書くということ
で色々テーマを考えたのですが、今回は私自身のことについて書くことにします。

私の性格は良くも悪くもマイペースです。

そのせいで「ちょっとズレてる」だとか「変わり者」「周りに関心がない」と言われることが日常茶飯事です。

そんなマイペースな私には、ひとつ悩んでいることがあります。それは「思い出し笑いがやめられない」ということです。

時間や場所にかかわらず、以前にあった面白い出来事が唐突に思い出されて笑ってしまうんです。
時には実際に起こっていないことを想像して勝手にツボに入り思わず一人笑いしてしまうこともあります…気持ち悪いですよね(笑)。

部活中、急に腹を抱えるほど笑い出して部員に驚かれたり心配された経験は数え切れないほどです。
(思い当たる節のある方、あの時は怖がらせてごめんなさい)

日常生活に支障をきたしかねないので、さすがにこのままではまずいと思いネットで

"思い出し笑い 止め方" と検索しました。

すると、
「思い出し笑いや一人笑いが止まらないという人は自分だけの空想世界に没入してしまい一人笑いが癖になっている。
癖になってしまっている人はあまり悩まずに空想ばかりにならないよう、何か没頭できるようなことを見つけてみてはいかがでしょうか。」
そんなアドバイスが書いてありました。

大学に入るまで真剣に部活をしたことがなかった私にとっては、ボート部の活動にはかなり没頭しているつもりだったのですが、まだまだ足りなかったようです。

ですので、この1年間を通して私は思い出し笑いの癖を矯正します。

ボート部生活最後の年は、思い出し笑いをする暇がないくらい充実した濃い毎日を送ってやりたいです。

ただし、どんな時も笑顔は忘れません。
マネのチーフの仕事、体育会の活動、就活…どれも初めての経験で不安なことはたくさんありますが、明るく前向きにということを忘れずに日々励んでいきたいと思います。

1年後、
「しんどいことも多かったけどそれ以上に楽しくて毎日笑って過ごしてたなぁ…」
と思い出し笑いできたらいいな。



3回生 松山

 

無駄にしたくない

ボートの日誌CM(2) TB(0)



こんばんは。
二回女子ローの岩間です。

加古川まで2週間をきりました。

最近よく、去年の加古川楽しかったなあなんて思い出すのですが、

あれから一年。

気づけば、
怪我でマネやトレーナーになった子、
勉強するために辞めた子、COXになった子、
やりたいことが見つかって休部している子、

当初は8人いたはずの心強い同期の漕手もどんどん減り、今では女子ローとしては5人、そのうち私を含めて漕手は2人、
もうひとりも学科の勉強の関係で1年間モーションを減らすことになりました。

みんながいなくなって気づいたことがあって、
私は、いやいや言いながら一緒に艇庫行ったり、みんなでエルゴ引いたり、今日は頑張ったから甘いの食べようって一緒に和菓子買ったり、
そういうのがあったから、心折れずにやれてたんだろうなあ…


正直、心細くて涙が出てきそうですが、


でもとりあえずは私が辞めるわけにはいかない気がするって、そんな気持ちが辛い時も無理矢理前を向かせてくれます。

もちろん自分がやりたくて続けているんですが、たまに逃げたくなることもあって。



漕手が頑張らなきゃ、COXやトレーナーの意味もなくなる、と以前ある人に言われました。

結局同期の実績って、同期の漕手が残せた結果であるような気がしています。

COXもトレーナーも、もちろんマネさんも、それぞれがそれぞれのポジションで沢山悩みながら頑張ってくれていて、

それを無駄にはしたくない。


こんな自分に出来るのか分かりませんが、最後みんなで4年間ボート部でよかったって思えるように、

私にできることは、
めちゃくちゃ頑張ることだけだと思うので、

前だけ見て。



最後になりましたが、
今年の加古川レガッタ、一回生の山崎と一緒にダブルで出させていただきます。

先日発表された組み合わせを見てふたりでびびっていますが、精一杯漕いできます。応援よろしくお願いします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは。


 

「なぜ生きているのか?」

ボートの日誌CM(1) TB(0)


初めまして。1回生漕手の松田夏実です。
初めての多事漕論のタイトルが少々壮大になってしまいましたが、それほど大層な話ではないのでしばしお付き合いいただけると幸いです。


タイトルで問いかけた生きる意味。
それは決して万人共通のものではないと思います。

「幸せになるため」、「夢を叶えるため」というように己自身に理由を見つける人。

「守りたい人がいるから」「好きなアイドルを応援するため」「新クールのアニメが面白そうだから」などと他に由来する人。

漠然と「生きなくてはいけない」という義務感に駆られていたり、
「生きる意味を見つけるため」、「死にたくないから」なんて考えの方もいらっしゃることでしょう。

各々答えは違えど、かねてより人々を悩ませるこの議題と向き合い、自問自答した経験はみなさん一度や二度はお持ちかと思われます。


では、他者から尋ねられたことは?


家族や親しい友人、ましてや全くの初対面で今後も関わりの薄いであろう人から「ねー、なんで生きてるの?」このように尋ねられたら。

その場ですぐに、答えを返せるでしょうか。

こちらが返答に困ると、彼、彼女らはこう続けます。


「生きてて楽しいの?」


楽しい、か。
決して楽ではない。むしろ苦しい。
軽々しく楽しい、なんて言えるものか。

でも、それでも、死なない。死にたくはない。生きていたい。
そう思わせるのは単純な死への恐怖ではなく、それは 「生きたい」 という強い意思。

それを作り出したのは今まで自分が歩んできた過去かもしれないし、携わってきた人々によるものかもしれない、あるいはぼんやりと眺めていたテレビからの音声か閑散とした部屋で鳴り響いていた秒針の音か。
どんなささいなことからか、わからないけれど。

生きることに理由なんているのか?
何故必要なのか?
理由がなければ生きていてはいけないのか。

自分の行動に自信が持てない時、不安な時に、人は拠り所として理由を求めます。

私は、私が生きる意味は。



「なんでボート部に入ったの?」

「ボート漕いでて楽しいの?」

「そんな辛くてなんで辞めないの?」


逃げずに誠意を持って向き合えば、自ずとこれらの答えは出てくるのでしょうか。
いいえ、たとえ答えが出なくともたった四年間。長い人生の、ほんの一部分でしかありません。
眩しくてキラキラ輝く生活を送るはずだった私の四年間。それを、ただ一つの問いのためだけに費やすのは果たして馬鹿げているのでしょうか。



随分と話が逸れてしまいました。
上記で私が挙げた疑問の数々は、四年後の私に答えてもらおうと思います。

論理的な理由なんて求めてはいません。
とりあえず今は、ただ続けたいから続けている。

そもそも、この世の森羅万象に理由を求めようなんて、甚だおこがましい。なんて、思ってみたり。



さあ、加古川まであと13日。
理由があれどなかれど、その理由がどうであれ、皆全力で臨みます。

応援よろしくお願いします。

 

最後までやり切って得られたもの

ボートの日誌CM(1) TB(0)


こんばんは。
3回生マネージャーの山下沙樹です。

今日は私自身についての話をします。


私は部活で会計を担当しています。

新シーズンは9月からですが、年度会計は9月締め10月始まりです。先日14日の会計監査で、私の年度会計の任期は終わりました。今は引き継ぎに追われているところです。

ボート部のマネージャーには様々な役職があります。各学年ごとに集まり話し合って決定するのですが、会計は毎年人気がありません。その中で、やるからにはしんどい役職がしたい、コツコツと仕事をこなすのは得意だと思い、会計を選びました。



ですが、私は会計の仕事をなかなか好きになれませんでした。


主な仕事はお金を集め、振り込みをし、細かく項目分けされたシートに記入し管理することです。
一見単純そうな仕事ですが、かなり細かく時間のかかる作業なんです。

数百円だけ計算が合わず、会計シートとにらめっこしながら何時間も過ぎていくことも何度かありました。

お金を引き出す・振り込む数が多すぎてシートの管理が追いつかず、何に使ったお金かが分からなくなることもありました。

思っていた以上に緻密さと正確さが求められました。


そして何よりも部員に部費を払ってと言うのが嫌でした。嫌われ役としか思えなかったです。


本当に嫌で仕方なかったのですが、
お金が集まらないと部の運営ができなくなることを念頭に置いて、粘り強く取り組んできました。



ここまでマイナスな発言ばかりしてしまいましたが、、、

今振り返ってみると会計を担当したからこそたくさんの気づきを得られたと思っています。


責任を持って仕事をすることの難しさ、素早く正確に処理することの大切さ、この2つを特に実感しました。

私は普段からマイペースな性格で、仕事に手をつけるのが遅いです。毎月の会計報告をまとめるときにその自分の弱さを痛感しました。まだ克服できてない弱点なので、これからの課題にします。


そして今まで生きてきた中で間違いなく1番責任を持って取り組みました。
しんどいことも多いのですが会計をやってよかったと今では思います!


また、私がなんとかやってこれたのは、奥田コーチや山口前々チーフ、古本チーフが未熟な私にお金の扱い方を一から丁寧に教えてくださったからです。本当に感謝しています。


会計としてまだまだ改善する余地もあります。自分自身やり切れなかったところがいくつか挙げられます。正直、年度会計を担当してる間は決まった仕事をやり切ることで精一杯でした。これからは自分なりに対策を考え、細かい所を詰めていきます。


次の年度会計は2回生の土田奈緒ちゃんが管理します。奈緒ちゃんはとてもしっかり者で頼もしいです!
私もこの1年で学んだことを生かしサポートしていきます。
みんなよろしくお願いします。


かなり個人的な話になりました。長く拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます。おやすみなさい。

 

えるご

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは、2回生漕手の太田圭祐です。


エルゴが回りません。

全くベストが出ません。

目標値にも全然届きません。



とりあえずあと2週間もうちょっとあがきます。

短文失礼しました。

 

先を見据えること

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは
一回生漕手の細見修一朗です

学校が始まって3週間ほど経ちますが、皆さん朝練の後でもサボらずに授業に出ましょう。

さて、現在は加古川レガッタに向けて練習に取り組んでいます。自分からすると今やっているメニューは正直結構きついです。特にエルゴ60分UT,6000tt×2,10000ttは引いている時間がすごく長く、本当にしんどいです。

ただ、最近書き始めた加古川エイトのクルーノートのみんなの感想を読んで思ったことがあります。それは目先のことにとらわれずに、もっと先のことを見据えるということです。

当たり前のことなのですが、とても大切なことだと実感しました。確かにエルゴはきついですが、それを耐え抜くと、絶対に加古川レガッタの目標が近づくんだと思って今は練習しています。

加古川エイトの目標は優勝です。ハードルは高いですけど、掲げた目標を達成するために練習頑張ります。応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。

 

メダルとるぞー

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。
二回生漕手の大畑篤史です。

すっかり冷えてきました。
僕は生まれつき汗っかきなので、ほんとに助かります。
汗っかきは辛いです。
間に合うかどうかギリギリの電車に、急ぎたくても急げず逃したりします。
そして1限を遅刻、、、




さて、加古川レガッタまであと16日。
もうすぐですね。
最近、怪我や病気が多いです。
今のチーム全体としての方針は一切妥協しないことなので、体調管理や怪我の予防なども万全にして、試合までの時間を無駄にしないようにします。


去年は新人エイトにのり、4位というメダルまであと一歩というところで負け、めちゃくちゃ悔しい思いをしました。


今年はダブルで挑みます。目標はメダル獲得です。現時点ではまだまだ目標に届いていません。妥協せずに漕いでいきます。


メダル取るぞー!

おやすみなさい

 

今やっていることの意味

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは 一回生の永田浩輝です
今月から椎間板ヘルニアから復帰してます。リハビリ期間は長かったような短かったような、退屈だったような楽しかったような。でも1つだけ言えるのは自分の体に正直に向き合えた期間でした。今はエルゴとお付き合いしております。エルゴとの付き合いは長く、高校の時は毎日エルゴに座り、5000m漕いでいて辛かったですが、今はそれをはるかに上回る量で体力的にも精神的にもしんどいです...。おかしなことに私は今までボートが楽しいと思ったことがありません。数字ばかりしか表示されないモニターを見続けていたからかもしれません。

さて「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、自分は少し違って「其れ相応の努力は其れ相応に報われる」だと思います。一応自分の座右の銘みたいなものです。メニューの無かった高校時代に自分に言い聞かせ、自ら辛いメニューを立ててやってました。努力は必ず報われる。確かにそうですが、例えば、極端な話ですが、「東大に受かりたい!だから、毎日30分ゲームをする努力をする。努力は必ず報われるから絶対に東大に受かる!」果たしてこの人は東大に受かるでしょうか?確かにゲームの力はつきます。毎日30分の努力をしてるのだから。しかし、奇跡が起きない限り受かる可能性は低いと思います。逆に「東大に受かりたい!だから、毎日12時間受験科目の勉強をする努力をする。」この人は別に奇跡が起こらなくても受かる可能性は大いに高いと思います。このように、努力は其れ相応に報われるます。逆に、其れ相応の目標(結果)のためには其れ相応の努力が必要だと言うことです。

話を現実的にすると、ボート部男子の目標は2000TTのエルゴ値の向上。そのために日々様々なエルゴメニューをこなしてます。個々人がデータをもとに2000TTの目標値のために各エルゴメニューの目標値を設定してます。其れ相応の努力が各エルゴメニューの目標値を達成する、其れ相応に報われるのが2000TTの目標値を達成するなのです。今日はしんどかったから目標値を達成できなかった。体力的にも精神的にも目標値を達成できる状態でなかったら仕方がないとしか言いようがないですが、結局これでは2000TTで目標値ではなく目標値よりも低い値しか出ません。しんどい時でもやらないといけないのは目標値を達成する、もしくは、目標値に可能な限り近づけることだと思います。そうすれば、2000TTで目標値を出せる可能性が高い、もしくは、近づけられると思います。

「其れ相応の努力が其れ相応に報われる」口では簡単に言えても実際にやるのは大変です。でも本当にとても重要なことだと思います。だからエルゴとは逃げずに上手く付き合っていこうとおもいます。

 

エントリーNo.1427

ボートの日誌CM(0) TB(0)

どうもー、横田達哉ですー!
というわけで今日も元気に多事漕論書いていかなあかんなー言うておりますけども!

はい、というわけで漫才師みたいな入りをさせていただきましたが、僕には「大学卒業までにM-1グランプリ(漫才師のNo. 1を決める大会)で決勝進出」という入学当初からの目標があります。

お笑い芸人になるために本格的に活動を始めようという思いで漕手を降りてから約1年。
昨年、僕の乗っていたフォアがぼろ負けした、漕手としての最後の試合である関西選手権から374日後の2017/09/06。
ようやくお笑い人生幕開けだ、こっから暴れ回るぞ。そんな気持ちでM-1の1回戦に挑んできました。

会場には大勢の面白そうな人。
外見派手だけど多分面白くない人。
壁に向かって静かにとネタ合わせを続ける人。
緊張でずっとちびちび水飲んでる人(僕)。
同じ1回戦挑戦者だけど専用の楽屋がある芸人。
楽屋のない売れてない芸人。
とにかく色んな人がいました。

色々観察しているうちにスタッフさんにそろそろ出番と呼ばれる。
緊張。
右ポケットに入ってる台本を震える手で出したり戻したり。意味なく左ポケットに移し替える。しっくり来なくて右ポケットに戻す。
舞台袖で前のコンビの漫才を見る。
客席は1限の講義室より静か。
前のコンビがはけ、遂に来る自分たちの出番。
マイクに向かって小走り。
ツカみ、ふわっとだけウケる。
それ以降、1限の講義室。

結果は堂々の敗コロ。
引くくらい空気に飲まれました。
たった2分間のネタでしたが、開始20秒くらいから笑いのことなんて一切考えず、「速く終われ」と、それしか考えられなくなりました。
情けなかった。不甲斐なかった。
「来年は死ぬほどこの舞台沸かせるから待ってろ。」
そんな想いを胸に、もう1度会場をグッと睨みつけたあと、逃げるようサササッと会場を後にしました。

はい、多事笑論はこの辺にして、最近目標ができました。
・R-1ぐらんぷり(ピン芸、ひとり芸の大会)で優勝し、賞金の500万円で最高級のシングルを購入すること
・M-1グランプリで優勝し、賞金の1000万円で最高級の無しペア・ダブルを購入すること
この2つです。
(エイト買いたくなったら9人集めてなんか出ます)

まぁこれも完全に自己満なんですが、自分が優勝して購入した艇で日本一になってくれたる漕手が出ればもうそれはそれはこの上なく嬉しいこと。

まずは今年の12月くらいにエントリーが始まるR-1ぐらんぷりに出場致します。
決勝まで行ったら多分dボタンでの視聴者投票の制度があるので是非投票してください。
投票方法の詳細は決勝進出したらまた説明させていただこうと思います。

マネージャーとしてもあと1年必死こいて奮闘していきますが、
お笑いの方も多分あと50年くらい必死こきこきでやっていくので「芸人・横田達哉」の方も応援していただけるとありがたいです。

3回生マネージャー・横田達哉

 

タイトル悩んで3時間

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんばんは。2回生マネージャーの鈴木です。

書こうと思っていた内容が武中と被ったので、今回は自分のことを自分中心につらつらと書こうと思います。



僕は去年の12月頃マネージャーになりました。それから早いもので1年が経ちます。

マネになるか辞めるかでコーチと話し、コーチが妥協する形でマネになりました。

僕は漕手として入部し、漕手として結果を残すことを当然望まれていました。インカレに出させて頂いたりと対校候補として期待されていたと思います。

それ故に、マネになった時、僕の存在意義は


消えました。



それからというもの、何のやる気も起きず、上の空な状態でした。食欲も湧かず、1月あたりは三食ササミで生きてました。

中二で経験した失恋のようでした。バレンタイン直前で、人生初のチョコだ!と興奮していた矢先の出来事です。あれは辛かったなぁ。


同回は頑張り、自分は何もできていない中で、自分もしかして部員じゃない説を唱えるようになりました。悲劇のヒロイン気取りです。


そんな中で、早く部員になりたい、存在意義を示したいという思いが強まり、新歓には積極的に関りました。


今でも自分がボート部員なのか、疑問に思う時があります。(黙って遠くを眺めていたら、それは多分疑問に思っている時です笑)

だからか、サマトラの幹事をやってみたり、次の新歓のリーダーにさせてもらったりと、責任の特に生じる役職に就かせてもらってます。

大前提に、超優秀な同回達の助けがあります。なんだかんだ事あるごとに助けてもらってます。ありがとう。


サマトラは成功した。
そしてこの新歓を成功させることでようやく「部員」になれるような気がします。





、、、ここで終わる気でしたが、読み返したらかなりネガティブで闇を感じる、あまり僕らしくない内容にビビったので少しポップな話題を。

新歓のコツを1つ^^*

みなさんは新入生と話す時、LINEをする時、新入生のことをどう思って交流していましたか?

僕は「あまり心を開いてくれないツンデレな恋人」と思って話していました(もちろん男女共にw)。

正確には、相手のことを好きになろうとしてたわけです。やっぱ無関心な人間と話すのはしんどいので。
好きになっちゃえばいいんです👍


長くなりすぎました!すみません!

全力で新歓頑張ります!
これを読んでいるあなたも!特に1.2回生!がんばろう!


以上。

 

予想的中!

ボートの日誌CM(0) TB(0)


予想的中!

はじめまして、
1回生女子マネージャーの千馬砂輝です。
部員の皆さんの熱い思いや、目標を知ることができるこの多事漕論を日々楽しみに読ませていただいています。


何を書こうか悩んだ末、
ありきたりではありますが私がボート部に入った理由を書くことにしました。


以前、小川さんが書いていたように
ボート部のマネージャーをしていると
「忙しそうなのになんで?」と聞かれることが本当に多いです。

しかし、実は私は

“忙しくて大変そう”だからボート部に入りました。

…ここだけ言うと変な誤解が生まれそうなのできちんと説明すると

“忙しくて大変な部活にあえて入っている人に悪い人はいないだろう”と予想してボート部に入りました。笑



入部して約半年、、、



私の予想は当たっていたと心底思います。
(4月の自分よくやった!!!👏✨)

ボート部に入って
マネージャーの先輩方のように
もっと人に優しくなりたいと思うようになったし、
漕手の先輩方のように
目標に向かって全力になれるようになりたいと思うようになったし、
同期のみんなと出会って、
人のために精一杯頑張りたいと思うようになりました。

良い方向へと私を変えてくれるボート部の皆さんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。


この感謝の気持ちを忘れず
日々の仕事に取り組んでいきたいと思っているので、
これからもどうかよろしくお願いします。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。











 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、三回生の漕手の植田です。
最近、艇庫内では体重を増やそうと頑張る部員が増えてきました。頑張ってる部員はエッセン時に、山盛りの白米を食べたり、間食を増やすなどをしています。

ちなみに僕は身長173センチ、体重74キロ弱、体脂肪11%前後(2017年10月12日現在)と比較的体重はあるため、現在は特に体重を増やそうと頑張ってはいません。

しかし、体重は減るどころかむしろ増えてきてます。
僕なりの体重を増やすコツは
1お腹が減ったら好きなものをすぐ食べる

2なるべく早めにご飯を食べる
(冷めたご飯より暖かいご飯がおいしいため)

3食べ始めの10分でどこまで多く食べられるか
(食べ始めから10分過ぎると満腹感が徐々に出始めてくるため)

4苦痛になるくらい、無理に食わない
(食事が嫌いになるから)

この4つかなと僕は思います。
あとは21年間、毎日、僕の栄養を考えたり、部活がオフで帰宅時には、好きなものを作って食べさしてくれる家族の支えがあったからこそ、立派な体を手にいれることができたと思います。これからも家族への感謝の気持ちを忘れず、練習を頑張りたいと思います。

 

とある部員の多事漕論

ボートの日誌CM(2) TB(0)


わかる人にはわかる、タイトル遊びです

はじめまして、2回生マネージャーの武中です。2回生も半ばとなった今、初めて多事漕論を書く次第です。

入部して一年半が経ち、入部当初は100人を超えていたボート部も今は4回生が引退し、60余名でしょうか。
たかが一年半ですが同期含め、多く辞めていく部員を見てきました。

かく言う僕も一度は辞めようとしたわけですが

その頃からおよそ半年、なんだかんだ楽しく日々を過ごしてます。

あまり人と積極的に関わり合いを持たないがゆえに、自分の居場所というものがあまりないもので。

ボート部は少ない居場所の一つになりますか

今ではあのときの選択は間違ってなかったんだろうと、ボート部で過ごす日々がそう思わしめてくれます。

新歓の会議も始まり、もう気づけば最上回生になっているのだろうかと、ふと思うわけです。
そんな時に不安になるのが、同期が、後輩が、またポツポツと部を去っていったりしないだろうかと。
最上回生になって周囲を見渡すと残ったのは最上回生としての責任だけ、なんて寂しいですから。

みんなには最後までボート部にいてほしいと思っています。そう言うのは部を思うようで、実はすごくお為ごかしを言っていたり。

最後までボート部が居場所であり続けてくれたらいいな、とささやかな願いでしめようかと。


あとがき
少し独白チックな文になってしまいました。普段あまり思ってることを口にしませんが、いささか感傷的になった気がします。色恋溢れ甘い香りの漂う艇庫とは対照的に一人寂しく家で過ごしていたからでしょうか。

2017/10/11 自宅で今日も一人晩飯を食べながら

 

最強の世代

ボートの日誌CM(2) TB(0)

消灯後失礼します
初めまして、一回生coxの杉崎と申します。学校が始まってから急に寒くなってきた気がしました。僕は最近鼻水がとまりませんが、皆さんは風邪を予防して万全の状態でいきましょう。

さて、僕がCOXになってからもう4ヶ月がたちました。この時点で既に漕手歴を超えました。僕は今、新人8+のCOXとして加古川レガッタに向けて練習しています。

突然ですが、皆さんCOXの役割をご存知でしょうか?皆さんご存知だとは思いますが、COXの役割は主に、
1.、航路をまっすぐとる
2、クルー・艇の安全確保
3、艇速をあげる(漕手の力を120%ひきだす)

シンプルにまとめると、以上の3点になるかと思います。
こうしてみると、単純そうに見えますが、この3つの役割を達成するために無数のアプローチ、方法等が存在します。エルゴデータの管理、Lジャケの管理などはその一部にすぎません。COXとは、上記の1、2を前提として3を可能な限り伸ばしていけるように漕手をサポートしていく立場にあります。

しかし、僕は現在新人8+に乗っていて漕手の力を引き出せず艇速も上がらないばかりか、安全への意識が足りず逆走してしまったり、ラダーワークも思うようになりません。なぜか?理由は簡単です。僕のCOXという役職の重要性に対する認識が甘かったから。下手をすると命の危険につながってしまうという安全面での甘さ。自分自身の1秒1秒にこだわる姿勢の甘さ。自分自身がこだわらなければクルーもこだわりません。流れの強い日で一度目標の数値をだしてそれで心のどこかで満足してしまい、いつかはまたその数値が出るはずと思っていたのかもしれません。もっと言えば一回一回の練習をこなすだけで満足していたような気がします。

先日、同期の書いたクルーノートを見ているとこんな言葉がありました。

『1回生みんなで強くなりたい。最強の世代と呼ばれたい』

この言葉を見て泣きそうになりました。

関西選手権2連覇、インカレ最終日、全日本3位

これらに憧れて入ったのに、現状を何にも変えることができず、先輩に頼ってしまい、自分の仕事さえも先輩に助けてもらっている状況です。悔しい気持ちと不甲斐ない気持ちでいっぱいになりました。


エイトの一回生には加古川終わりの2000ttの目標を、クルー平均の目標に沿って立ててもらいました。実際達成できるかはわかりませんが、難しい部分もあるかもしれません。しかし、クルー全員で目標を達成できるように僕も全力でサポートします。目標に少しでも近づけられるように。『最強の世代』に少しでも近づけられるように。

同期の言葉によって僕が何故ボート部でCOXになったのかを思い出しました。ここまでに4ヶ月かかってしまいましたが、救われたのが同期なら救うのも同期ですね。一回生と一緒に『最強の世代』へと突っ走っていけるに、手を差し伸べたり、僕も日々成長します。

とりあえず、加古川レガッタでは優勝を目標としているので、それに向かって突っ走っていきます!応援よろしくお願いします。
長文失礼しました。
拙文ですが最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

一回生 COX 杉崎宏太








 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは、三回生トレーナーの梅村彩里です。トレーナーになってから、部活の外で過ごす時間が増えましたが、みんなが晩エッセンを食べて歯磨きをする時間帯くらいに艇庫に行くと、和やかな時間が流れいていていつもほっとします。
練習中や今後のことを考えるときなどは本気で真面目に取り組むことが一番ですが、普通に生活しているときは少しゆるいくらいが一番過ごしやすくてストレスも溜まりにくいと思うので、新歓期やシーズン中ピリピリしそうになってもこの感じは守っていきたいと思います。
あと、艇庫で快適に過ごすためにもう一つ!
艇庫をピカピカにしましょう。
gomi-kaiketsu.com/souji/entry260.html
メリットを認識したらやる気も湧くと思うのでぜひ読んでみてください。艇庫の美化のためにみんなで艇庫のすみずみまで目を光らせて、汚い部分やいらないものをなくしていきましょう!

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。2回生漕手の田中です。




突然ですが、僕は上がり症です。


最近、安全会議など部員の前で発表する機会が増えてきたのですが、その度に緊張して自分で自分が何を言ってるのか分からなくなったり、噛みまくったりしてしまいます。



僕は人前で話すのが苦手で、小さい頃から出来るだけそういったことを避けてきました。◯◯委員とか絶対になりたくなかったですし、クラス替えの時の自己紹介とか大嫌いでした。(笑)


しかし、これからは少なくとも週に1回は人前で話す機会があります。上がり症の僕にとっては恐ろしい事態です。


いくら悩んでも仕方がないので、自分の上がり症を治すいい機会だと思うことにしました。
人前で話す場数を踏むことでそういう状況に慣れていきたいと思っています。

週次や月次の安全会議で僕が噛みまくってても暖かく見守って下さいね(笑)


他にも、「自分は緊張しやすい、上がり症だ」って人がいると思うので、その人のために緊張を改善する方法をいくつか挙げておこうと思います。
・しっかりと下準備する
・要点を書いたメモを持っておく
・ゆっくり話す
・よく聞いてくれている人に向かって話す


読んで頂きありがとうございました!

 

みんなと漕ぎたい

ボートの日誌CM(0) TB(0)

入部して半年が経ちました。

僕自身のことですが6月頃からの4ヶ月間怪我でほとんど乗艇できていません。

入部して間もない頃の新人練は乗艇が楽しみで早く練習したいっていう気持ちでいっぱいでした。そんな中で怪我をしてしまって浜寺エイトを降りることになりました。
エイトのクルーがメダルをもらっていた姿は今でも覚えています、絶対加古川で戻ると誓いました。それでも、怪我は思うように治らず夏休みも皆がどんどん乗艇やエルゴをする中で次の試合に出れるかも分からず目標を持つことができずにずっとモヤモヤしながら1人で練習していました。
そんな状況の中で、なんで筋トレするためだけに艇庫に泊まって22時に寝て5時前後に起きる生活をしなければいけないんだろう…なんて思ったこともあります。
1人先に練習を上がって先にシャワーを浴びて、エッセンを食べて漫画読むかバイト行くかの生活を夏休み中続けて…
3、40人程が生活しているはずなのに、1人で生活している様でした。

永井さんのように自ら仕事を見つけることも、杉崎やの戸川さんのようにcoxとしてみんなの練習を見ながらも夜遅くまで漕手のデータをまとめて起床係を務めることもしていません。現状のままなら自分がボート部にいる意味はきっとないと思いますし、僕自身にとっても面白くないことを繰り返す毎日がプラスになるとは思えません。
でも、昨日の晩練で久しぶりに他のメンバーがいる中でやったエルゴは1人でしていた練習よりもずっと楽しかった、新人練の時の気持ちになれました。この感覚のせいで、まだきっぱりと漕手を諦めきれないですね(笑)

3年先どころか一週間先の姿や目標すら見えていませんが、どんな形であろうと自分がボート部にいる意味を見つけて、ボート部の一員になれるように今日も頑張ります。


1回生男子漕手 楠本耀彦

 

3年先

ボートの日誌CM(0) TB(0)

3回生漕手の中嶌です。

夏休みが終わり学校が始まりました。辛いです。2回生と同じ授業をいくつか受けていますが、やはり1人で受ける授業は辛いです。眠気に勝てません。

と、そんな僕ですが気付けば3回生!最上回生です。普段の艇庫内に敬語を使うべき人が前主将の梅田さんしかいません!お気楽なものです。(それまでもそんなに気を使っていたわけではないですが笑)
引退までもう1年を切ったのかと思うと気が早いですが何だか寂しい気持ちです。

ところで、皆さんは「3年先の稽古」という言葉を聞いたことはありますか?僕は火ノ丸相撲という漫画で初めてこの言葉を知りました。とても良い漫画なので一度読んでみてください。僕は1度電車内でこの漫画を読んで号泣してしまいすごく恥ずかしい思いをしました。
宣伝はここまでにして、この言葉は実力は短時間で簡単に身につくものではないから目先の結果にとらわれず3年先の自分の目標に向かって今するべきことをする、という意味の相撲用語らしいです。
確かに大相撲力士のような大きな体を作るには3年ぐらいかかりそうですよね笑
ですがこの言葉は相撲だけじゃなく、色んなことに当てはまる言葉だと思います、勿論ボートにも。
自分達の代になってからエルゴのベストを大幅に更新した先輩もいるそうです。

新シーズンになり、1回生と一緒に練習する機会が増えました。今年の1回生はとにかくアツイ。暑苦しいぐらいです。いつも元気をもらってます。
冬はエルゴとの戦いです。ウェイトで体作りもしないといけません。正直しんどいです。アツイ1回生達でも心が折れることが多々あると思います。ですがそこで少し踏ん張れれば絶対に3年後、自分達の代になった時に今とは見違えるような自分になっていると思います。折れそうになった時は「3年先の稽古」この言葉を思い出してみてください。

この冬が終わった時、僕は入部した時の僕から見れば「3年先の自分」です。入部してから今までかなりしんどい練習をしてきました。その成果を最後に出せるか出せないかはこの冬にかかっていると思います。不安なことはたくさんありますが悩んでる時間も勿体ないです。最後の冬、絶対にやり抜いてみせます。
まずは加古川!そしてエルゴを制する!単位もとる!色々ありますがやることはシンプルに1つ、毎日練習するだけです。

僕の拙文ではあまり伝わらないかもしれないのでよく分からなかった人はとりあえず火ノ丸相撲を読んでください!笑

すごい雑なまとめ方ですがこれで終わりです笑。ありがとうございました。

 

道標

ボートの日誌CM(0) TB(0)



こんにちは。2回生トレーナーの永井明日香です。

みなさん、『思い入れのある曲』はありますか?


私は中・高共に吹奏楽部に入部しており、その6年間でたくさんの思い入れのある曲ができました。聴くと今でもそれぞれの曲にまつわる嬉しかったこともつらかったことも思い出します。


ボート部でもできました。
それは、SUPER BEAVERの『道標』
私が入部した年の新歓PVに使われた曲です。


時間割の組み方がわからなくて、家から近かったのでなんとなく来てみたボート部の授業説明会。
時間割を組んでもらってナックルに乗せてもらっておしゃべりして、、最後に流されたPV。


ただただ、
かっこよかった。


全然興味なんてなくて、どんな競技なのかも全く知らなかったけれど、あの数分でこの市大ボート部に引き込まれた自分がいました。


入部してからも何回も見ました。
エルゴ中もよく聴きました。
初めてのエルゴ1000TTもこの曲で引きました。
去年の加古川レガッタの試合前にもみんなで聴きました。

これからもきっと、この曲はわたしの特別だと思います。


そんなわたしは今年、PV班の1人として新歓に関わっていきます。
といっても、機械のことはあまりわからない(役立たずでごめんなさい)ので、構成と素材集めに全力を尽くします。

わたしがこの1年半見て、感じてきたこのボートという競技と市大ボート部の魅力を120%伝えられるPVをつくります。

そして今年のPVの曲が、だれかの『思い入れのある曲』になりますように。


長々と書きましたがお読みいただきありがとうございました。

 

「奴」

ボートの日誌CM(1) TB(0)

初めまして、1回生の喜寅麿紳です。

なにを書こうか迷いましたが、ボート部ではお馴染みの「奴」について。

僕は、もう早いことに「奴」とは7年目の付き合いになります。「奴」と初めて出会ったのは中学1年生の時でとても懐かしく感じられますね。あの頃はまだ楽しいという印象でしたが、段々と嫌いになっていきました。もう高校3年生の時には朝から「奴」のことが頭から離れず、憂鬱な1日を過ごしていましたからね。授業が終わると「奴」が待っている的な(笑)。

というのも、「奴」は本当にしんどい!

肉体的、精神的に僕を追い込んでくる、僕が本気を出しても冷たい態度を返してくる、本当に困ったものです。そんな「奴」ですが、最近はいい付き合い方が出来ているのではないかと密かに思っています。相変わらずしんどいですが、終わったあとに清々しい気持ちになっていることが多くなりました。これからの冬は「奴」と関わることが多くなりますが、「奴」と二人三脚で辛い日々を越し、「奴」のおかげで僕はパワーアップすることでしょう。

ここまで「奴」について書きましたがボート部の皆さんなら、「奴」とは何かわかりますよね?

 

僕のお昼ごはん

ボートの日誌CM(1) TB(0)

3回生後期の授業が始まりました。

なので、僕のお昼ご飯について紹介します。

学校の理学部棟のすぐ隣にあるタコシューのスタから丼600円です。毎日欠かさず、かれこれ1年ぐらい週5回食べています。

一回生の頃はよく北食堂に行っていました。この時のメニューはチキンカツ丼Lサイズ494円!
なかなか量も多くオススメです。でも、2年ぐらい前の話なので今もあるのかわかりませんが。

僕は食事に関しては質よりも量タイプなので、スタから丼はすごい好きです。ご飯500gもあり、毎日食べ続けてなぜか全く飽きの来ない味付け。最高ですね。
スタから丼は唐揚げと豚肉と目玉焼きが具になっています。ご飯を食べ進めて、終盤に差し掛かったときに七味をふりかけて味に変化をつけて最後まで楽しめます。

さらに、サラダとみそ汁も付いているので栄養が偏りすぎることもありません。みそ汁が毎回灼熱であることだけがちょっと辛いところです。

食べていると、いつも汗だくになります。夏場はほんとに着ていたTシャツ全体が汗染みになりました。その後、教室に入って皆に驚かれていました。ちょっと恥ずかしかったですね。ユニクロの無地Tには気を付けてください。あれは汗がすごい目立ちます。僕は好きなので着続けますが。

冬場はさすがに汗だくにはならないのでやっといい季節が来ました。

僕はこのスタから丼で体重をキープし続けているので、体重がないと困っている人はこれを僕のように毎日食べてみてはいかがでしょうか?

ちなみに昼ご飯食べたあと、晩練習までの間にコンビニでパンとかよく買ってしまいますね。お腹がすぐに空くのですよ。

どうしたらいいものか?

本能の赴くままに食べていっていいのでしょうか?

この答えに辿りつけることを願って。

三回生漕手 林 智也

 

明日から4時半起床

ボートの日誌CM(0) TB(0)

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
2回生漕手の名倉です。
明日から学校が始まるので4時半起床です。

多事漕論何書けばいいんやー!と数日前から考えていたんですがあまりうまくまとまりそうにないので今回は自分のこととかを書くのは諦めます。文章書く力ないんです。ごめんなさい。そこで、全人類に役立ちそうな豆知識を話したいと思います。睡眠の話です。特に明日から4時半起床が始まる僕たちにとっては大事なことじゃないかなと思いますね。

僕はもともと、どこででも寝られる人なんで睡眠に関しては特に意識をしてなかったのですがボート部に入り睡眠時間が少ない中でハードトレーニングをするわけですから、睡眠は大事だということに気づきました。朝に疲労が残っていたりすると朝練でベストパフォーマンスで練習できません。ボートで強くなる、勝利のためにも睡眠って実はめちゃくちゃ大事なことなんです。

「スタンフォード式最高の睡眠」という本を読みました。ベストセラーみたいなんでご存知の方も多いかもしれません。この本には「睡眠は量より質」「睡眠の質は、眠りはじめの90分で決まる」と言ったことが書かれています。眠りはじめの90分が一番大事ということです。また、その質を上げるためにはどうすればいいかなどが書いています。オススメなので是非読んでください。

僕は何をしてるかといえば、アイマスクと耳栓をつけて寝ています笑。なかなかいいですよ。

ボート部で目標達成するためにやれることはなんでもやっていくべきだと思います。睡眠もその一つだと思います。まずは、できるだけ消灯守って早く寝ましょう!

読んでくださりありがとうございました。それでは失礼します。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad