FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

最後のインカレ

ボートの日誌CM(0) TB(0)

戸田から帰阪してきて1週間弱、
大掃除が終わり、昨日一昨日でサマトラも終わり(私は参加できませんでしたが...)、
いよいよ新年度の始まり、早いクルーは全日本に向けて本格的に動いている頃でしょうか。



私にとって長い間ずっとゴールであった4日間、最後のインカレが先週末でとうとう終わってしまいました。
ずっとこのレースの為にやってきたとはいえ実際に日程を迎えることに実感がなく、増してや10月を迎えることなんて到底考えられなかったのですが。新年度の始まりがもう明後日にまで迫っています。色んな先輩が仰っていたことですが、本当に終わりは来るんですね。



昨年度のインカレで先輩方が引退し、代が替わって自分が女子のキャプテンになる時に決めていたことかありました。
ここ数年で徐々に規模も大きくなり、戦績面でも一歩ずつですが成長してきたという市大女子の成果を昨年度から確実に引き継ぎ、1年間で落とす事なく、より良い成果と共に次の学年に引き継ぐことです。
その気持ちを込めて、今までダブルでしか中々結果が出なかったということも踏まえての、インカレで4×+で最終日に残るという今シーズンの目標でしたが...
現実はとても厳しかったです。



関西では対校を4×+にしても例年より戦えるようになってきたという実感はありました。
しかし、関西選手権の決勝レースでメダルに程遠いタイムが出て、いよいよ大逆転レベルの巻き返しができなければ最終日は到底無理、という状況になりました。小艇を対校にする方が戦績が上げられることが誰の目にも明らかだとしても、
それでも4×+を崩すという考えは1ミリもありませんでした。
当たり前のことなのでしょうが、それを目指し続けることが自分自身が4年間部にいたこと、今年対校に乗っていること、主将になったことの意味になると思い、今でもそう思っています。



結果はご存知の通り準決勝敗退。2杯上がりのレースの4着、文字通り現実を突きつけられました。
昨年度は対校ダブルで6位、セカンドの4×+で準決勝まで進んだことを考えると、
自分がずっと思ってきた「市大女子の成果を昨年度から確実に引き継ぎ、1年間で落とす事なく、より良い成果と共に次の学年に引き継ぐこと」これが実現出来たのか。
そして、今年度はセカンド以降のクルーが中々準決勝に上がることが出来ておらず、故障で思うようなシーズンを過ごせなかったメンバーも多々いたことは事実です。
その中で対校だけが順位のついていた時期があったということ、その雰囲気にいづらさや不満を感じたメンバーもいたはずでした。
それを考えても戦績面でも体制面でも先に述べた理想には届かず、課題の残る1年間だったと思います。



3年半前入部してきて、何もない状態から、
、成長したいと思い、勝てることが楽しいと思い、人の成長の力になりたいと思い、
4回生で改めて強く持った夢でしたが、
叶わずに終わってしまいました。



最後にひとつ、
自分の準決勝が終わり、エイトの最終日行きを決めた姿を見た時に、
嬉しいとも悔しいとも特に感じず、
次の日どんな顔で自分はエイトの蹴り出しに行くんだろうと思いながらその日の消灯を迎えました。

ところが最終日、市大の荷物が片付けられていく中、市大のエイトが岸を蹴った時、
最終日まで応援できる相手が今年もいるということ、
蹴り出せる相手がいることが本当に嬉しいと、そんな気持ちが自然とお腹の底から湧いてくるように感じました。

今シーズン、そして下回生のころからクルーを支えてきた同期のみんなが報われた姿がただ羨ましく、嬉しかったのかもしれません。亮介、なべちゃん、島くん、わっせ、本当におめでとう。




先程私の夢は叶わずに終わってしまったと書きましたが、
本当に終わってしまうのは完全に諦めた時だと思っています。こんなに一生懸命やったのに無理なら、もう不可能なんじゃないかと。
私はまだ諦めてはいません。明日から後輩のみんなが今年までの良かった点を引き継いで、もっと良い成果と、もっと良いチームを作ってくれることを信じています。



そしてそのために私に出来るのは、自分が今シーズンやりきれなかった役割を、加古川までか卒業までか、残された時間で果たすことなのだと思います。



長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。
2017年シーズンも、大阪市立大学ボート部をどうぞよろしくお願い致します。





大阪市立大学ボート部
2016年度女子主将
馬場千寿
スポンサーサイト

 

区切り

ボートの日誌CM(1) TB(0)


インカレの応援ありがとうございました!2回生漕手の伊藤友紀子です。日曜日の定期更新を守れずすみません。

対校エイト7位!毎回熱い試合でした。最後に刺すって本当にすごい!

朝日レガッタ、西日本選手権、神戸戦、関西選手権、インカレ(全日本大学選手権大会)と5つ試合が終わり、今年の試合も残すところ、人によっては加古川レガッタ(関西学生秋季選手権大会)(11/4〜11/6)、あるいは全日本選手権(11/10〜11/13)一つとなりました。


初めてのシーズンはあっという間に過ぎて、入部当初は3回生だった方々が、最上回生としてシーズンを終え、引退していきました。

今は本当に実感がわかないんですけど、10/1に新体制で練習が再開されたとき、4回生が抜けた穴の大きさが真に実感できるんだろうなぁ…。

初めてのインカレの結果は、予選敗復ともに最下位でした。言葉にすると悔しいですが…、試合1日目から2日目にかけて自分の成長が感じられたのでそこは救いだったかなと思います。

思うことは、その試合に対する思いの分だけ試合のあとに得られる感情も大きくなるということですね。得られるものはきっと、悔しさとか、満足感とか、喜びとか…。

大掃除も終わり、打ち上げも終わり、区切りがつきました。サマトラ(9/28〜29)という夏旅行を明日から部員ほぼ全員で行きますので、インカレは終われど9月はまだ終わっていない!まだまだ楽しみます!

 

新人育成

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、4回生の蘆田です。
今日はインカレ2日目、戸田では敗者復活戦が行われました。試合に出ることはできませんが同期や後輩達の活躍を祈りながらLINEでの速報を待っていました。

インカレ中ではありますが、今日は桜ノ宮で1回生男子の2000ttを行いましたので少し新人育成の話をします。

今シーズン、私は新人育成チームに所属していました。個人的には、1回生が強い市大ボート部員の一員になれるよう、「楽しく厳しく」というのをテーマに取り組んでいました。
実際、練習は少々きつめだったかなと思いますが、11月の加古川レガッタや来シーズンからどんどん結果を残していって欲しいという期待を込めて、新人のうちからしっかり練習をしていこうとメニューを組んでいきました。
自分が新人の頃の練習と比べるとかなりハードで、対校クルーが年々強くなっていくとともに、新人育成もレベルアップしていると感じます。
練習メニューを伝えると、先輩を睨みつけてきたり、「やだ。あっしーさんがやればいいんだ。」などと文句は言ってきますが、しっかり練習に取り組んでくれています。
楽しく、という面では石橋(同期のとても面白い人)を中心に良い雰囲気でやってこれたと思います。

7月の神戸戦では全勝、1回生男子は8月の浜寺杯エイトでは出漕したのは4艇だけとはいえ1回生8人で準優勝、と勝つことの楽しさを実感してくれました。
今月は乗艇技術とエルゴ値のアップを目標にフォア2艇で毎日並べながら練習しました。そして今日の2000ttでは、目標には届かなかった人もいますが全員ベストを更新してくれました。初めて2000ttをやってからすでに1分以上速くなっている人もいます。来月からエイトを組むのが楽しみですね。

1回生はまだボートを始めて5ヶ月ほどで、冬モーションも経験していません。これからもまだまだ上手くなるし、エルゴも速くなります。しかし、それは楽な道ではありません。人間の身体とは不便なもので、しんどいことをしないと強くならないんですよね。でも、みんななら乗り越えられるし、市大ボート部の戦力として戦っていけると思います。かっこいい先輩達の姿を見て、憧れで終わらないようにね。自分が初めて育成に関わった1回生がかわいくてしょうがないのでかなり贔屓目に見ている部分もありますが、期待しています!

私は1回生とともに今日の夜行バスで戸田に向かいます。
大阪市立大学ボート部はエイトでは今年、関西選手権で2連覇を達成し、ついにインカレ最終日へ挑もうとしています。最後まで同じ舞台で戦えなかったことは心残りですが、精一杯応援して来ようと思います。

OB、OG、保護者の皆様、応援よろしくお願いします。
読んで頂きありがとうございました。

 

戸田遠征の1日

ボートの日誌CM(4) TB(0)

こんばんは!インカレ(9/22〜9/25)遠征のため、埼玉県戸田市に遠征中です。2回生漕手の伊藤友紀子です!

船などの積み下ろしをしたのは、17日、帰りの積み込みは25日なので、計9日間と試合遠征の中では最長のものとなります。そんなインカレ遠征、丸一日戸田にいたのは今日が初めてだったので、どんな生活してるいるのかをお伝えしたいと思います!

まず、今日は4時半に起きました。そして5時半から6時半の1時間練習しました。第25回全国市町村交流レガッタという市民大会が戸田ボートコースで昨日と今日に行われていたので、その試合の時間を避けた結果、早めの朝練となりました。

ちなみに、市大女子ペアは一橋大学さんに借艇させていただいております。淡水のボートコースでも、船をあげたら必ず洗っていました。市大は拭くだけです。他と比較して、市大ボート部の船の管理について…最近、色々と思うことがあります。つい先日浜寺マスターズクラブに借艇させていただいたときからなのですが。変えたいなー。色々と!とか、思っています!

で、話は戻りまして、練習が終わると徒歩8分くらいの宿舎に帰って、7時半から朝エッセンをいただきました!遠征でも慣れたエッセンがいただけるので、慣れない土地でも安心ですね!

朝エッセンを食べ終わると…自由時間!特に、することなし!ひたすら時間を持て余した後、昼エッセン…。こ、これでいいのか…?せっかく関東にいるのに宿舎でごろごろしているだけではもったいなくない気もする…けど、居心地がいいのでやっぱ宿舎にいてしまうんですよね(笑)。

で、昼エッセン後も時間を持て余し、16時から17時半で練習し、銭湯に行って、帰りにスーパー寄ってお菓子とかの買い物して、19時半に晩エッセンを食べて、寝る!

そんな感じの1日でした(笑)。

来週は試合のハイライトになりますね。帰りのバスの中で書くことになりそうです。

多事漕論を次に書く頃にはボート漬けだった私の夏休みがほとんど終わっていて、私の初めてのインカレが終わっていて、4回生の大好きな先輩が最後の夏を終えていて…。なんか、信じられませんね。

 

お世話になっている方々

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは!2回生の伊藤友紀子です。日曜の定期更新のはずが1日遅れで月曜です。せめて早朝に更新したかったのですがそれもできずすみません!

今週はいろんな人にお世話になったことを振り返ってみます。

まず、浜寺マスターズクラブの宮内さん。浜寺で練習を始めた頃に話しかけてきてくださって、舵を切る足の部品が壊れていたことが分かったとき、直すことに尽力して下さり、まぁ、結局直すことはできなかったのですが、代わりに浜寺マスターズクラブのペア艇を貸してくださいました。

お借りした後も、浜寺マスターズクラブの艇庫を開けにきてくださっていたりだとか、私たちのペアをコマ割りの写真で撮って後から見せてくれたりだとか、ペアは呼吸を合わせること、そして疲れてきたときにどのようにするかを2人で一致させておくことが大事だと教えてくれたりだとか、とにかく今もずっと本当にお世話になっています。

女子コーチの藤原さん、大谷さん。もちろんいつもお世話になっているのですが、インカレに向けたペアの期間は、休日にナックル艇に乗ってスイープの漕ぎ方を教えてくれたりだとか、藤原さんは浜寺までわざわざ来て指導をしてくれます。

マネージャーさん。こちらもいつもお世話になっていますが、朝から浜寺に行く私のために、朝ごはんを別で用意してくれます。この前の日曜の朝は、森が、私がご飯を食べる時間にわざわざお味噌汁を温め直しにきてくれました。炊飯器のご飯はもう炊けてるよ、とか教えてくれました。1人で食べるご飯でしたが、とってもあたたかいご飯でした。

今日の晩は、付きペアに乗りました。伊藤梨奈さんは予定が入っていたので、松井あやさんがCOXで、整調が向井で、乗りました。2人とも急な話だったのに駆けつけてくれて一緒に乗ってくれました。


いろんな人にお世話になっている分、何かしらで返したいですね。今はまだ試合の結果で、とか大層なこと言えませんが、ゆくゆくは言えるようになりたいものです。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、3回生女子coxの福本恵理です。

先日関西選手権が終わり、部活としてはインカレに向けて動き出しています。

例年だとインカレもサマトラも終わっている時期だとは信じられないですね!

わたしはインカレには出場しません。
新たに女子ローとなった1回生と一緒に練習をつい最近始めました!

新人練習が年々ハードになっているのは知っていましたが、1回生は予想以上にパワフルで衝撃を受けました。

今年はインカレの時期が遅いので、インカレ組にも、1回生にも混乱させてしまいがちです。

ただ、去年も思っていましたが、自分がしんどい時に1回生が楽しそうにしていると、元気になるというか、紛らわせてくれたので、今年も先輩たちにプラスとなる影響を与えてくれると思います!

時間はそんなにないですが、インカレまで、サポートできることはサポートしながらやっていきたいと思います。

 

応援は「伊藤」でお願いします。

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんばんは!2回生の伊藤友紀子です。
今週は色々あって、何をお伝えしたらいいやら?

まず、時系列的にいくと、
8/30 エルゴ2000TT
8/31 インカレクルー発表
エルゴ2000TT(引き直し)
9/1 浜寺で練習決定
9/2 桜ノ宮高校さんに船を浜寺に運んでいただく
9/3 1回生女子ローが合宿生活の仲間入り!
9/4 浜寺入り。浜寺の人 もといローヤン お優しい




とりあえず30日の2000TTはダメでした!

アップが不十分だったこと、関西選手権(8/27〜28)明けの練習OFFを自分なりに楽しんだ(一日中寝てた)ので体が鈍ってしまっていたこと、他にも食生活(毎日アイス食べていた)だとか色々あると思いますが、何より、2000TTにこだわらなかったことが根本的な原因なんだろうな、と思います。インカレ出られると分かると執着心が無くなってしまいました。ですが、ベストを出せないのは自分が成長できていないということなので、もっとこだわっていこうと思います。




で!インカレのクルーですね!
女子ローは、クオードとダブルとペア3艇が出場予定です。もしかしたら変わるかもしれませんが…。

私はペアです。
えっ、ペア?

聞いたとき、正直ちょっと期待外れだと思いました。市大が女子で対校で出すのはいつもスカル(両手でオール一本ずつ)の船ですし、スイープ(両手でオール一本)上手くなってどないすんねん…。

ただ出るからには勝ちに行きますよ!頑張ります!伊藤梨奈さんが整調、私がバウの、伊藤ペアです。試合時の応援は、「伊藤頑張れ!!」が省エネでおすすめです(笑)。




で、そのペアですが浜寺で練習することになりました!浜寺といえば、関西選手権の舞台でしたね。大阪府立大学さんの拠点ですね!ほぼ毎日お邪魔します〜。よろしくお願いします!今日、乗ってきたのですが、後方確認(ボートは後ろ向きに進みますからね!)がほぼ無しでものすごく快適でした!リギングの道具を浜寺ローイングクラブさんが貸してくれたり大阪府立大学さんが貸してくれたり皆さん良い人ばっかです。ボート関係者最高。浜寺はボート関係者村だ…。平和で素敵で居心地の良い共助互助精神にあふれており、きっと住みたい村ランキング1位ですよ。



で、桜ノ宮高校さん!私たちの船を浜寺まで持って行ってくれました!積み込みもしてくれました!桜ノ宮高校さんの積み込みの美しいこと!オールやリガーはしっかり固定され、隙間無く、見ていてとても勉強になりました!スマイル対応です。これぞスポーツマン!心の美しいこと…。ステキ…。




市大の男子ローに色々ご迷惑かけてます。スイープの練習のためにおっもい船を出すのを手伝ってもらったり、ペアを積み込むのを手伝ってくれたり…。特に片岡に何回手伝ってもらったんだろう…。ありがとー!





1回生!女子ロー!きたー!!寝る服すら可愛い!寝起きみんな良くてビックリ!一緒に練習したい!一緒、に、練習、し、た、い!あすかの布団が梅村と同じ布団!あすかとみさきの布団が色違い!ニトリの覇権には驚かされるばかりです。かく言う私の枕もニトリです。ニトリ。ニトリすごい。ニトリ。




今週はここまで!9/15まで浜寺にいます!ペアでゴリゴリ漕ぐぞー!

 

4ヶ月

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。2年マネージャーの森 真菜美です。
1週間以上前から書きためていた文章をつぎはぎしているので、内容が結構前からで時間軸がおかしいのですが、せっかく書いたのでそのまま投稿します…お許しください。
そして物凄く遅くなってしまい申し訳ありません。
長文ですので本当に本当にお暇な方だけ、流し読みして頂ければ幸いです。

私はついこの間まで新人指導に携わっていました。以前もここに書きましたが、新人指導はずっとしたいなと思っていたことで、その念願が叶った形でした。ですが反面、私などに務まるのかと、率直に言うと不安な気持ちが大きかったです。
4月の終わりから練習が始まり、私は新人の漕ぐクォドにCoxとして乗って乗艇指導をしました。
慣れないことだらけで失敗ばかりで、毎回反省と勉強の繰り返しで自分に嫌気が差しました。指導陣の方々と新人のみんなには本当にご迷惑をお掛けしてしまったと思います。
明らかに去年の新人のメニューより強度が高いメニューをこなし、自分を追い込んでいく新人の姿に胸を打たれることが幾度もありました。
クルーを組んで、試合をして勝ったとき本当に嬉しくて、負けたときは本当に悔しい思いをしました。自分自身の反省点は山ほどあって、自分にできることはもっともっとあったと思います。
来年も携われるならば、嬉しい思いだけしてほしいので、私もその一助となれるよう努めたいと思います!

8月の24日に、新人による『淀川爆漕ボンバーレガッタ』が行われました。私は女子クォドAクルーのcoxを務めました。末廣さんも書いてらっしゃいましたが、阪大、神大、大工大との2000mでの並べで、1回生にとって(実は私にとっても)初の2000mの試合でした。多事漕論にて結果報告を託されたので、遅くなりましたがご報告します。
男子エイト 3着
男子クォド 1着
女子a 2着
女子b 2着
となりました。
この並べでは各クルーそれぞれ良かった点、課題点が見つかり、得るものが多かったと思います。

そして28日、関西選手権と同時に行われた浜寺杯に、新人男子エイトが出漕しました。
準優勝、本当に嬉しかったです。
ちょっと鳥肌が立ちました。
表彰式でメダルをかけてくださる方と熱い抱擁を交わしていたのを忘れません笑

新人指導をしていたこの4ヶ月は、長かったようで短かったような、そんな気がします。
ただとても濃く、充実したもので、やっぱり新人指導できて良かったなあと思います。
上回生の方々、1回生のみんな本当にありがとうございました!

そして、1回女子ローのインは今日から始まります!もう新人期のように関わることがなくなると思うとぽっかり穴が開いたようでとても寂しいですが、どんどん強くなっていくんだろうなと考えると本当に楽しみです!
良い意味で個性豊かで、練習をひたむきに頑張れる所が強みだなと思います!
みんな、ファイト!!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

「誉」に栄光を

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんばんは。
4回生女子漕手の舩橋可奈です。
引退まであと1ヶ月を切りました。いよいよ現役生活のダブルスパートです。

先週の週末に関西選手権がありました。
私はこの関西選手権に、女子対校クォド「誉」の3番で出漕しました。暑い中応援に駆けつけて下さった皆さん、ありがとうございました。
すでに他部員がお伝えしましたが、私たち女子対校クルーは目標達成には至らず、不甲斐ない結果となりました。それとは対照的に男子対校クルーは目標達成し、見事二連覇しました。
レースを見て結果を見て、ボキャ貧の私は率直に「すごい」と感じました。実際あんなスパートは今まで見たこともなかったですし、「すごい」と普通の人ならば感じると思います。
ただ同じ部の、同じ対校クルーとしてこう感じるのはあまりにも他人事だと思います。
今シーズン男子が成果を出し、「男子クルーはメダル獲得、女子クルーはぼちぼち。男子はすごい、女子はぼちぼち。」そのようなイメージがやっぱりどこかにあるから、「すごい」と思ってしまうのでしょうか。

話が少しとびますが、インカレは集大成です。私たちの4年間の集大成ではありますが、私が関わってきた人々の成果でもありますね。
本当にいい年に入部してきたなと、感じています。私が入部する時には女子漕手の人数が増え、戦う意識を持ちやすい環境が整備されていました。「勝ちたい」と望めば、引っ張ってくれる先輩がいました。「勝ちたい」と声に出せば、ついてきてくれる後輩がいます。普通に練習できるように整えて下さった先輩がいて、今の練習量まで増やして下さった先輩いて…
結果が全てじゃないとは言いますが、私の関わった方々は今回の関西選手権のような結果にとどまる人たちではないんです。もっともっと、「すごい」人たちなんです。我らが馬場女子主将はもっと、「すごい」人です。私のやりたい放題を支えてくれた、縁の下の力持ちはもっともっと「すごい」人たちです。私のような漕手は結果を残すことだけがそれを証明する手段です。いくら口でなんと言おうと、私のような漕手には結果で見せるしかありません。インカレでは必ず興奮するレースをしてみせます。「すごい」結果を残してみせます。

と色々吐きましたが、やっぱり私自身が「勝ちたい」という気持ちが一番です。誰よりも長い間、戸田ボートコースで漕ぎ続けたいです。
インカレをクォドで出漕するのは、私自身初のことです。2回生の時はダブルで3日目まで、3回生の時はダブルで最終日まで、4回生の今年が2日目で終わるわけにはいきません。

体が壊れる限界まで、あと3週間スパートします。今シーズン多くの方が期待して下さっていましたが、あと3週間お願いします。


「誉」に栄光を!!!

 

関西選手権を終えて

ボートの日誌CM(1) TB(0)

お疲れ様です。新家です。
いよいよ、この体制で挑む試合がインカレの4日間を残すとこととなりました。

関西選手権では昨年よりもチームの戦績を落とした事が悔しいです、もっと多くのクルーに目標達成をして欲しかったしそこに至れるサポートをしたかった。

もちろん対校エイトが昨年インカレA決勝3位の一橋に勝ち連覇をした事は嬉しいです。
私もエイトがゴールした瞬間両手を突き上げて喜びました。

でも
エイトの関西選手権優勝は去年もしました。
去年はそれでもインカレでは敗コロ。
今年一橋に勝ったからといって去年の一橋のクルーに勝ったわけではない。
正直男子の目標であるエイトのインカレA決勝進出への距離が昨年より縮まったか確信を持てません。

めっちゃネガティヴやん!

と思う人もいるかもしれません。
でも去年私は48年ぶりにエイトが関西選手権で優勝、それも2位に5秒も差をあけ余裕をもって勝ったのをみてこのクルーならインカレ最終日もいけると思ったんです。
その後の結果は上記の通り、その瞬間を目の前で見たときは一種の絶望を感じました。


今年はそんな気持ちを味わいたくないし、部員とそんな気持ちを共有したくない。

主務として関西選手権のチームの結果は非常に堪えました。
このままのサポート体制でインカレで勝てるのかと

男女ともシーズン最初に掲げた目標になんとしてでも到達したい、その為にはもうワンステップチームとして登らないといけないと思います。

選手は練習はもちろんオフの過ごし方、練習の間の過ごし方まで貪欲に
マネージャーはどれだけ選手目線でいられるかを突き詰めて


インカレまで気引き締めていこう!

と口で言うのは簡単です、

"行動"できるか

ここに全てがかかっているように思います。


今年こそ、シーズンの目標達成します!


主務 新家佑

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad