FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

126代目

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。
三回生漕手の田中健太です。
今年度から環境整備チーフを務めさせて頂いくことになりました。

環境整備というのは今年度からできた役職で、艇庫の美化や部員の情報管理を担っています。

環境整備の今年の目標は普通、当たり前のレベルを上げる事です。僕は最上回生として最低でも自分が先輩にしてもらった事を後輩に返したいと思ってます。そうすればその意志は部に残っていくはずです。

僕は幹部ではないですが、126代目の市大ボート部員です。126年間続いてきた市大ボート部の意志と伝統を今の後輩だけでなく、今まだ中・高生の未来の市大ボート部員に繋いでいく事が自分の使命だと勝手に思ってます。

もう一人環境整備チーフの舩橋もいってましたが、人にはその人の色ややり方があるのでしょう。
後輩からすれば僕は頼りない先輩かも知れません。
結局儀賀さんや太田さん、ケンさん、原田さんのような目指してたカッコイイ先輩にはなれなかった。
それでも自分にしか出来ない事がきっと少なからずあるはずです。それを今シーズン悔いの無いようにやり切ります。

OB会の皆様においては、常日頃より現役部員への惜しみない支援本当にありがとうございます。
2016年度の市大ボート部は部員全員一丸となって、期待に応えられるように勝ちを狙っていきます。

季節の変わり目、体調を崩しやすい時期ですので、どうぞご自愛ください。

拙い長文読んで頂いてありがとうございます。
スポンサーサイト



 

勝て。やめんな。

ボートの日誌CM(2) TB(0)


今年一年主将を務めました、原田正喜です。
一年間毎週指導してくださったコーチ陣、指導陣の皆様、そして激励会や新艇購入などなど多大なるご支援をいただきましたOB会の皆様、本当にありがとうございました。大阪市立大学ボート部グループという歴史ある部活動の主将を務められたことを誇りに思います。
最後の全日本大学選手権において私の乗っていた対校エイトは敗者復活戦で敗退となりました。昨年度よりも力を付けましたが、関東勢との差を痛感しました。決まり文句としてではなくやはり私自身の覚悟が足りなかったと感じました。それでも朝日レガッタで関西学生勢で唯一決勝進出し6位に入賞したことや、関西選手権で48年ぶりに優勝を果たすなど自分に少しは自信をもたらす経験も出来ました。「周りの人に勝たせてもらった」というのが正直な感想ではありますが、「引き寄せたのも自分の力」だと勝手ながら思うようにしています。
これからはOBとして後輩たちに自分よりも素晴らしい経験をしてもらうべく、そしてボート部のファンをますます増やしていくべく活動していきます。OBとしての心構えや漕手の指導の仕方など、まだまだ勉強させていただくかと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

OBになってしまう前に、主将としての最後の言葉をここに残そうと思います。手に水を掴む感覚が残っている今の内に。ボート部活動を振り返り、その中で私が得たものをOBの方々それから同期や後輩のみんなに伝えておきたいと思います。



私はボート部での生活を思い返すときいつも、「もしもボート部を辞めていたらどうなっていただろう」と想像してしまいます。と言うのも、私は部活動に全く参加していない時期がありました。2回生の秋です。他の同期の漕手やマネージャーは初めて自分たちの学年が主体的に活動していく、全日本新人に向けて情熱を燃やしていました。そんな中何故か私はとにかく辛くて堪らなくなりました。家庭の事情やお金の面など、色々ありましたが1番は自分の気持ちが弱かったせいだと今では感じます。負けてばかりで、お金と時間を浪費しているという感覚があり、活動の意味を見失ってしまいました。自分の努力不足に目を向けられず自己憐憫に陥っており、やれることはまだまだ山程あったのにそれをやる前に、目先のしんどさや他にもっとやりたいことがあるはずだという曖昧な言い訳をして、ボート部から逃げるように離れていきました。

一時は夢中になっていたボート部から逃げたということから、だんだん自分を信じられなくなっていきました。次もほんの些細なきっかけで、ものごとを投げ出すんではないかと自分を疑うようになりました。だったら力を注いでも結局は全部無駄ではないかと虚無感に襲われ、何も手につきませんでした。大学もサボりがちになり、夜中遅くまでぼんやりと起きるともなく起きているというような毎日が続きました。本当に自分は気持ちが弱いんだなと日々痛感していました。

そんなある日、ボート部の仲間達が食事に誘ってくれました。台風で午後の練習が中止となり、それを機会に数名の同回生で集まって居酒屋に行きました。その食事の場である言葉をかけられます。1回生の冬から共に対校エイトに乗っていた「相棒」とも呼べる仲間のその言葉がきっかけで、私の生活は一変します。一通り飲み食いが終わり話も尽きたころ、ある同回生からボート部には戻らないのかと尋ねられ、おそらくこのまま辞めるだろうと私は答えました。シーズン中、対校エイトに乗っていたので一応部の代表クルーの一員として少しは注目を集めていましたが、ひとたびその看板を取り上げられ、先輩から離れて自分一人になると何もできないと感じていました。このままボートをやめてダラダラ本でも読む大学生活を送ろうと本気で思っていました。
そのときに「相棒」がボソッと言います。
「もったいない、俺はファンやけどな」

その言葉を聞いたときは軽く笑い飛ばしてしまいました。私は、ほとんど寝て起きてを繰り返しているだけの今の自分にそんな言葉が降ってくるとは想像もしていません。思わず笑ってしまいました。
しかししばらくしてみると、なんだかそう言ってくれる仲間が1人でもいることが、ボート部で活動する意味でもいいじゃないかと感じられてきました。あれだけ逃げたかったのに肩の力が抜け、多少しんどくてももう一度ボートを漕ぎたいと素直に思えてきました。

それから1人で近所の公園のコースを走ってみたり、ボート部が休みの日にこっそりエルゴやウエイトで体を鍛えに行ってみたりするようになりました。体を動かす以外にも、少しずつ生活の中に前向きな時間が増えていきました。心地いい疲労感の中、夜は早いうちに眠りに就き、昼間は大学の講義に出るようになりました。

こうして私は幸運にも自信回復へのきっかけを掴むこととなります。
自分勝手にボートから逃げたにもかかわらず、温かい仲間が私を迎えてくれ、ボート部での活動を再開することができました。本当に自分は恵まれていると感じました。自分のことやチームのことで一杯なはずの先輩方に、迷惑をかけました。それなのに帰ってきたその日にフォアに乗せてくれました。その晩の練習は他艇との並べでした。「原田の復帰戦やから勝つぞ」とコックスの同期と後輩達が冗談交じりに言ってくれました。そんな寛大な上回生や同期、後輩の姿を見て、この仲間たちと勝つために少しでも貢献したいと思いました。そしてそのとき一心不乱にボートに打ち込むことを自分と約束しました。

実感としてそれからの生活は一気に充実しました。「毎食1kgの米に加え、間食には食パン1斤食べきり肉体改造すること」や、「体重1番軽いけど、1番スクワットあげる奴になる」といった目標を密かに自分の中で掲げ、それをひとつずつ達成していきました。そして運良く春から対校エイトに乗る機会にも恵まれ、そこで共に闘う先輩の姿を近くで見る内にあることを意識するようになります。
それは「主将になって、チームを変えたい」という思いです。

この部活は私のように自分に自信が持てなかった人にも、何度でもチャンスをくれる素晴らしい環境だと思います。その素晴らしい環境を生かしてより高みを目指す集団になれば、後輩たちも自分と同じようにやりがいを感じ、自信をつけていくのではないかと感じたのです。そして半ば立候補のような形で私は大阪市立大学ボート部の125番目の主将となることができました。

そしてこの1年間、自分の実力不足もあり数え切れないほどの困難が降りかかってきました。主将になった当初は自分よりも体力があり、全国の舞台でも活躍した後輩に引け目を感じたりしていました。しかし、勝つためにおかしいと思ったら大声で叱りつけることも出来るようになりました。他のエイトのメンバーが諦めかけたり、しんどそうにしていて暗いムードになっていても、自分の冗談や前向きな言葉でクルーの雰囲気を変えることも出来るようになりました。どうしたら勝てるのか主体的に考え、メニューや目標を自分で立てることができるようになりました。本当に苦しいときは苦しいと正直に仲間に打ち明けられるようになりました。100人の前でも堂々と自分の考えを言えるようになりました。どんなにしんどくても、頭が真っ白になっても、練習中は大声で勝ちたいと叫びました。朝日レガッタで決勝にいきました。関西選手権で優勝しました。何より辞めませんでした。



自分を信じるで、自信です。

相手に勝つことも勿論自信につながります。でも1番は自分自身に約束したことを守ることです。そうすれば自分を信用出来ます。考え方が前向きになります。周りの人を前向きにできます。その経験が自分を幸せにし、周りも幸せにします。

この大阪市立大学ボート部はそんな経験を積むのには、とてもいい環境だと思います。


ボート部に入って良かった。仲間が出来た。
ボート部に帰ってきて良かった。離れて住む家族が喜んでくれた。
辞めなくて良かった。自分に自信がついた。


いいか、後輩!これからのボート部は楽しいぞ。思う存分黄金時代を作ってくれ。そして自分に自信をつけてくれ。

君たちがやるべきことは2つ
いや、俺がお勧めすることは2つ
自分に勝つこと、辞めないこと

すでに自分に負けそうな君、そしてこの先辞めたいと思うであろう次の4回生!

絶対大丈夫、何故か?
俺がお前らのファンやからや 笑

今から来年のお盆が楽しみです。



P.S.
僕が2回生の頃ボート部に帰ってこれたのは「相棒」のおかげでした。
そして、最後のこの一年僕が主将辞めずに続けられたのは「ある先輩」の存在があったからです。その先輩にこれからもよろしくお願いしますということと、最大の感謝の気持ちを込めて最後にこの言葉を贈ります。




「あとんす 」


大阪市立大学ボート部
2015年度 主将原田正喜

 

色んな立場から

ボートの日誌CM(2) TB(0)

こんにちは。
3回生女子漕手の舩橋可奈です。
先日代替わりが行われ、市大ボート部は新しい色に変わろうとしています。


1回生の頃、新しいスポーツがしたいという気持ちのみで入部した私も、ついに最上回生です。
最近はというと、そんな私が最上回生として部にどのように協力できるかと、考え模索する日々です。

昨日までのこの多事漕論は新幹部メンバーラッシュでしたが、私にはそういった肩書きはありません。
先日まで同じように先輩の背中を追っていた彼女たちが、様々な方の指導のもと試行錯誤しているのを見ると、なんだか自分がただの空っぽの人間のように思えます。
もしかしたら新しい立場になって、このように思っているのは私だけではないかもしれません。

私は3回生の田中と「環境整備」のチーフをつとめています。
正直に言いますと、現役幹部陣よりもずっと仕事は少なく、お気楽な立場です。
何もしなければ、ただの掃除のおばさんで終わってしまいます。
そこで、何かしなければと現役幹部陣そのものを目指したこともありました。
(勿論、みんなのようにはなれませんでした。)
現役幹部陣は私から見れば、本当に尊敬できるメンバーで構成されています。
しかし、現役幹部陣だけでは成り立たないのが「組織」というものです。
100人に一人くらい、私みたいな楽観的である人間も必要であると思います。(多分ですが。)

私は幹部陣のようにはなれませんが、みんなの練習の質を向上させる「環境整備」チーフになることは出来ます。
例えば今年の目標として掲げている普通・当たり前のレベルをあげることで、練習で漕ぐ何千ストローク・何万ストロークの内のワンストロークのファイナル一押しまで拘らせられると思っています。
さらに最上回生の一漕手として、みんなのように上手に言葉でアドバイスはできないですが、パフォーマンスでまだまだレベルの高いものを見せていきたいと考えております。

こうやって一人一人が新しい色を加えていくことで、今シーズンの市大ボート部はできていきます。
今シーズン、昨シーズンの先輩方が残してくださったものを引き継ぎつつも今シーズンとして笑って終われるように、シーズン通して笑っていられるように。

長くなってしまいましたが、これこらもどうぞ応援よろしくお願いします。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.