FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

ボートに対する想い

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんにちは。
更新が遅れまして、申し訳ありません。
3回生マネージャーの岸本です。

インカレ、全日本で先輩方が引退され、遂に私たち3回生が最上回生となりました。
私たちで市大ボート部を引っ張っていかなければならない
上手くやっていけるのか、とても心配で不安に思っている毎日です。

また、私は今年の4月から関西ボート学生連盟に参加しています。
ここでも同じように代替わりが行われ、私たちの代が幹部となりました。

学連は主に試合の運営をお手伝いしています。
様々な大学から集まる学連員だけでなく、審判さんや競漕の方等、ボートの試合に関わる方々と接することができます。
貴重で面白い経験(試合の放送をしたり、大津光君の中の人になったり、市民レガッタでコックスをやらせていただいたり、炎天下の戸田でタイムを取ったり…)をさせて頂き、良い刺激になるし、とても面白いです。

学連に参加したことで、一番良かったことはボートに対する気持ちが変化したことです。
様々な方と関わるうちに、
一生ボートに関わっていたい! と思うようになりました。
審判免許やモーター免許をとりたいなと思ったり、
最近では40歳くらいになったら瀬田ローに入ろうかな、なんて考えるほどになりました!笑
部の雰囲気に引かれて入ったボート部ですが
競技そのものに引かれている最近です。
もっとボートに関わって、ボートを好きになりたい
漕手に負けないくらいボートに対して熱い想いをもっていたいです。

こんなにボートを好きになったのは、ボートを通じて出会った人が皆素敵な人だからだろうなと思います。
部員はもちろん、保護者の方、OBさん、学連員、ボート協会の方…
「こんなに気さくで寛大な人がいるのか」と思うくらい、みんな良い人たちです!

ボート部の良さ、ボートの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらいたいなあと思っています。
この想いを忘れずに、市大ボート部や関西学連を引っ張っていける3回生の一人になりたいです。
スポンサーサイト

 

あたりまえに感謝

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちわ。一回漕手の石伊です。

今日は9月30日、明日から10月です。
夏休みも今日で終わってしまいます、少し寂しいですね。
夏休みは部活だけに集中し力をそそぐことができましたが、
後期にはいれば授業がはじまり、とても忙しくなるんだろうなと思います。
しかも加古川まであと1ヶ月になりました。
部活にもよりいっそう力をいれていかないといけないですね。

授業が始まれば勉強やだなーって思うこともあると思います。
部活もボートをたくさん漕ぐほど上達していけると思いますが、
その分うまくできないところ、自分のダメなところが見えてくるかもしれません。
そんなこんなで悩みが出てくると思います。
でもこれらの悩みは幸せな悩みだと思います。
大阪市立大学に入れたこと、大学で勉強できること、
ボート部に入れたこと、ボートを漕げること、このようなことがあっての悩みだからです。

私は悩みが出てきたときこういう風に考えたりします。
自分って幸せなんだなーって感じて、頑張ろうって思えます。
悩みはなくなりませんが、なんとかしようと頑張れるきっかけにはなっていると思います。
明日からもこの気持ちで頑張っていこうと思います。

 

迷ったときは前進

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。
二回生漕手の古川です。

そろそろ初めての試合であった加古川から一年が経ちます。
一年でいくつかの試合に出て、そのたびに何かをつかんで、今、目の前には全日本新人が控えています。

この全日新ではクォドのバウに乗らせていただきます。一年前の加古川では一回生ダブルの整調に乗っていました。
その次の試合である朝日レガッタでは強化クォドの整調でした。あの頃は整調キャラだとか言われていたのに、いつのまにかバウに乗ることのほうが多くなっています。
どちらも違った楽しさがあるので、私は整調もバウも両方好きです。

だんだん朝晩涼しくなってきて、最近初めてスプラッシュがかかる寒さを知りました。
去年の寒い時期はずっと整調に乗っていたので、バウがこんな寒い思いをしていることをわかっていませんでした。
しかも今はまだ秋の初め。寒さはもっと厳しくなります。今までそんな時期にいろんな人にスプラッシュをかけまくっていたんだなあ、と思うと今さらながら申し訳なく感じます。

今回の全日新は二回生女子ローで話し合ってさまざまなことを決めたのですが、その話し合いをしていくなかで、自分は、自分がどうしたいか、どうなりたいか、といったことがない、ということに気づきました。心の奥底ではあるのかもしれませんが、誰かに何に乗りたいか、何を目指したいかなどを聞かれるとうまく答えられなかったわけです。

二回生全体を見てこうなったらいいな、とか、この人はこうなってほしいな、とかは考えられるんですが、自分がどうしたいかはさっぱりわかりません。
これからはもう少し自分がどうしたいかを考えようとは思うのですが、そう簡単に自分の目指すものが見つかるとも思っていません。


だから、今年は「迷ったときは前進」これでいこうと思っています。


この言葉は高3のときの担任の先生がことあるごとにおっしゃっていたものです。
やってみて、たとえ失敗したとしても経験という財産が残る。
とにかくやってみる。

整調からバウに変わったときも、先輩から言われて、とりあえずやってみた。
やってみて、それまでと違う感覚を知ったり、それまでとは違う成長をした。

自分がどうしたいかわからないから、他人に示されたものでもいいからとりあえずやってみる。
その結果がどうであっても、すべて吸収して自分の力にしていけたらいい。

自分のなりたい姿が見つかるまでは。いや、見つかったその先もこの姿勢でいきます。
迷ったときは前進。
攻めの姿勢で、なんでも挑戦していきたいです。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


瀬田川のほとりを歩いていると、微かに金木犀の香りがしました。
そろそろ秋ですね。


こんばんは。
2回生、末吉です。
現在、私は休部しています。

私は元気です。
ただ、わがままを言ってお休みを頂きました。
部員、コーチ、その他大勢の人々に迷惑をかけています。
本当に申し訳ありません。


「ボートは漕ぎたくない。我慢していたことをやってみたい。」
そこで、9月は少ない預金をはたき、予定を敢えて組まない一人旅行をしてみました。

大阪から米子
ヒッチハイクで岩国、下関
関門海峡を越え、門司を経由し、博多、久留米
夜行で新宿、下北沢、築地市場
そして横浜

中華街、山下公園、赤レンガ倉庫といった定番デートスポットを、一人で歩くのは少し寂しくも感じられましたが、
大桟橋でベイブリッジを肴に缶ビールを飲んだ時には、ゆったりとした時間の中で幸福感いっぱいになりました。

今は実家の滋賀にいて、明日大阪へ戻ります。


よく考えて選択をしてきたつもりでした。
でも正直、自分のしたいことが分からなくなっています。
やりたいことはたくさんあるのか、少しなのか。
絶対にやりたいのか、できればやってみたいのか。
そもそも、やりたいことは何なのか。
本当にあるのか、実はないのか。
ボートを漕ぎながら出来るのか、出来ないのか。

あと約一か月、引き続き考えてみようと思います。

考える時間を与えていただいて、本当にありがとうございます。
それと、自分勝手で本当に申し訳ありません。


朝晩は肌寒くなってきました。
どうぞご自愛ください。

おやすみなさい。

 

全日新

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、2回生マネージャーの若槻です。
日付が変わるギリギリの時間の更新になってしまい申し訳ありません。

いよいよ明後日の夜戸田へ出発です。

全日新にむけ浜寺でも練習するクルーが多く、並走に行くことがしばしばありました。
桜ノ宮での練習より艇が少なく、2000mの距離をずっと一艇について並走できたのはいい経験です。
特に、浜寺で自分の担当しているクルーの練習を見ることができたことに満足しています。
戸田で勝つ姿も見せてくれたらもっと満足します。
もちろん担当のクルーだけじゃなく、全てのクルーに勝ってほしいです。
マネージャーも漕手に完璧な環境を用意できるように最善を尽くすつもりです。

 

入部から5ヶ月

ボートの日誌CM(0) TB(0)




こんばんは。
一回生マネージャーの芝嗣です。
夜分遅くの更新になってしまい申し訳ありません。


秋分の日を過ぎ、日がずいぶん短くなってきました。
マネージャーは漕手の安全のため、並走を行っているのですがその折にも肌寒さを感じるようになりました。

並走で漕手が艇を進める様子を見ているとふと入部当時のことを思い出します。
新入生歓迎会で初めてボートというものに乗り、市大ボート部の雰囲気を感じ、ここに入部すると決意して5ヶ月。
初めはボートに対する知識は皆無でしたが、少しずつ知ることも増えてきたのではないかと思います。
これからも少しずつではありますが、ボートについて勉強していきます。

夜の大川は、周りに立ち並ぶビルの明かり、屋形船の提灯、ボートのトップとテールに装着するライトが映りとても美しいです。
桜ノ宮を訪れる機会があれば是非大川の風景を、そして市大ボート部の練習風景を少し覗いてみてくだされば嬉しく思います。


短いですがここで終わらせていただきます。

 

「引き継ぎのとき」

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、3回生マネージャーの山田早織です。

ボート部では、あっという間に役職の引き継ぎの時がきました。私は栄養の役職なので、エッセンの管理を行っていました。
振り返ると、遠征中のエッセン管理において悩むことが多かったです。予算をなるべく抑えたい一方、質のいい食事を摂ってもらいたいという、同時に実現することが難しい問題に頭を抱えていました。今、引き継ぐことで、後輩もそういった壁に直面していました。
失敗することも多々ありますが、経験を積むことでより良い方法を編み出していけるものだと思うので、前向きな姿勢で頑張ってもらいたいです。また、私も過去の経験を活かしてサポートしていこうと思います。

 

すっかり秋めいて

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、一回生マネージャー山本怜奈です。夜分遅くの更新になってしまい申し訳ありません。

夏休みも残りわずかになりました。
今の自分は夏休みが始まる前の自分より、どれくらい成長しているでしょうか。

私たちマネージャーの役割は漕手が最高のパフォーマンスを出せる環境をつくり、チームの勝利に貢献することだと考えています。

最近は一回生マネージャーの役職も決まり、任せていただけることも多くなってきました。
これからマネージャーの先輩に少しでも近づけるよう、一つ一つのお仕事に責任を持ち、全力を尽くします。

今日一日を大事にして、それを積み重ねていくこと。それが一番大事なことだと思います。


もうすぐ新しい生活が始まります。
私達一回生は初めての後期授業がスタートします。良いスタートがきれるように、今から準備をしておきましょう。

日中はともかく最近朝晩は涼しくなって秋の気配です。
私にとって秋は一番好きな季節です。涼しく、深まっていく秋を食べ物や風景などを楽しみながら過ごしたいですね。
しかし今のような季節の変わり目に、体調を崩す方も多いのではないでしょうか。
日々の健康管理に留意しましょう。

ありがとうございました。
おやすみなさい。

 

ボートの日誌CM(0) TB(0)


1回生マネージャーの古財千寿です。
夜遅くの更新となってしまいすいません。


この前加古川レガッタのクルー別マネージャーが発表されました。
1回生にとっては初めての経験。
私も何をしたらいいのかまだよく分からず、緊張しています。
でも私たちには頼もしい先輩方がいるので、その先輩たちを見て学んでいきたいです。
色々質問すると思いますが、その時はよろしくお願いいたします。

何が出来るか分からないけど、私なりに考えて、サポート出来たらいいなと思っています。
それと漕手さんたちとも仲良くなれたらいいなとひそかに思ってます。


新しい仕事も増えるけど、いつもの仕事のエッセンや並走も今まで通り頑張りたいです。
料理の腕もあげて、みなさんに美味しいエッセンを提供していけたらいいなと思ってます。


今は季節の変わり目で、風邪もひきやすいし、私自身も花粉症で苦しんでます。
風邪をひいてしまっては、皆さんの最大限の力を発揮出来ません。
なので体調管理をしっかりして、風邪なんか追い払ってやりましょう!

短いですが、このへんで終わりとさせて頂きます。
おやすみなさい。

 

全てがちっぽけな積み重ね

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、3回生の旭泉です。


この夏は実習で遠征もサマトラも行けず、忙しいながらもさみしく過ごしました。
LINEにあげられる楽しげな写真を見ながら悲しみに暮れていました。
(気に入ったショットは何枚か保存しました)



何はともあれ、新しいシーズンが始まりました。
同回生が主将、副将になる時がついに来ました。
何をするにも「最後の」がつきます。
怖い!後悔はしたくないですね!


きっとまだまだ強くなれる、頼もしい後輩や真剣に話し合う同期を見ているとそう思えます。


役職の仕事ももちろん大事ですが、漕手の毎日に直結するエッセンや並走も一生懸命やりたいなと思います。

 

次の試合に向けて

ボートの日誌CM(2) TB(0)


こんにちは、一回生の戸田慎治です。
四回生の方々が引退していくのを見て少しさびしく思う今日この頃です。

三商戦、OX盾と二つの試合を終えて只今加古川レガッタに向けて練習しています。前二つの試合の結果には全く満足できていません。過程も大事ですがやはり結果を残さないとダメだと思います。加古川では優勝の文字を掲げたいと思います。
というように大口をたたくのは簡単なことです。しかし、その言葉に見合う練習はしてきているつもりです。乗艇後の筋トレ、休憩中にも動画を見比べたりして漕法の研究。これからもストロークの一本、ウエイトの一回、こだわりながら精度を上げて頑張っていきたいと思います。




 

毎日リセット

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、2回生マネージャー山口です。
夜分遅くの更新になってしまい申し訳ありません。

すっかり秋になりましたね。
そして色々なことが差し迫っています。
試合で言えば、全日本新人や加古川レガッタ。
艇庫のホワイトボードでは、加古川レガッタまでカウントダウンが行われています。
数字にしてみると約1ヶ月しかないという事に気づきます。

また当たり前のことですが
10月からは学校が始まります。
今までのように1日全部をボートに捧げることが出来なくなります。

これからは勉強やボートや他のこと、
様々なことを同時並行でこなしていかなければなりません。
今まで以上に1日がハードになり、
ものすごいスピードで日々が過ぎ去っていくのではと思っています。

だからこそ選手には、自分で出来るストレッチやマッサージなどをしたり、
気分転換をしたり、
睡眠をしっかりとったり、
毎日ちゃんとリセットして
上手に休んで欲しいと思っています。

季節の変わり目ということもあり、
朝晩の冷え込みはかなり厳しいです。
風邪をひいても自分しか治せる人はいません。
これまでの練習の成果を出すためにも、
体調管理にはくれぐれも気をつけて欲しいと思う今日この頃です。

ただの日記になりましたが
今日はこの辺で失礼します。
みなさまおやすみなさい。

 

結果にこだわる

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは、
夜分遅くの更新となってしまいました。

最近はとても肌寒くなり、夏も終わったんだなぁ、と実感しています。それに伴い、新シーズンも始まりました。



私は、昨シーズンの、最後のレース(すなわちインカレ)には、8+で出漕しました。結果は、惨敗。
自分たちの力不足を思い知らされました。ですが、敗者復活では100%に近い力を発揮でき、満足の行く結果でした。

レースが終わったあと、私の携帯に、母親から連絡がありました。
内容は、「お疲れさま。ぼろ負けだね。」

私は、レースの内容には満足していてそれほど悔しくはなかったのですが、このメールを見た時になんとも言えない気持ちになりました。
漕いでいる身としては、ベストを尽くして、力は発揮できた。レースでは日頃の練習の成果を出すことができて満足だったのですが、レースの結果しか知ることの無い両親にとっては、敗者復活で敗退という結果が、少し物足りなかったようです。
結果が全てというわけでは無いのですが、両親や友達といった第3者が知ることは結果がほとんどで、結果で私たちことを判断されてしまうだなぁと感じました。

次のレースは、全日本新人。私は4+の整調です。
応援してくれている両親に喜んでもらうためにも、私自身が心の底から満足するためにも、次は貪欲に結果にこだわって行きたいと思います。

目指すはもちろん優勝です。

 

ご声援ありがとうございました

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは、三回生の原田正喜です。
先日行われた全日本選手権に4+のメンバーとして出場しました。
結果は準決勝で敗退となりましが、それでも1試合ごとに成長できた貴重な試合となりました。

敗者復活戦で2着に入り、準決勝に進出した時は素直にうれしかったです。
そのときに艇上で、もしインカレの8+で最終日に残ったらどれだけ嬉しいだろう
ということを考えました。

それを考えると、しんどい練習にも耐えられる気がします。

試合以外でも印象に残ったことがあります。
それは岸から市大を応援して下さるOBの方がたくさんいらっしゃるということです。

戸田という馴染みの薄い土地で、応援の声が心強かったです。
当日現地で応援して下さったOB,OGの方々本当にありがとうございました。

その中でも準決勝で負けた時に、”来年期待してるぞ”という言葉をかけて頂いたことが
一番印象に残っています。

今シーズンは、部員の中でもボート競技に対して一番興味を持った選手になりたいです。
そして、一番楽しそうに熱心に練習に取り組むことが、下級生への見本となると思います。

来年のインカレでは勝っている姿をOB,OGの方々に見てもらいたいです。

あと、なにより自分がみんなと大喜びしたいです。




 

マネージャーの努力が艇を進める

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お久しぶりです 2回生クルーマネージャーの神田です。
最近では、艇庫に行けないことが多く「レアキャラ」と呼ばれることもあります。
その理由としては、これまでにも書かせてもらったことですが私は現在公認会計士試験のため勉強しているからです。いわゆる、ダブルスクールというやつです。

そんななか、艇庫に行ったりレースを観戦すると同回生の活躍を見ると、去年の加古川で降りていなかったらということもあります。まあ、練習を見て漕手続けてもあんな練習できたかな‥凄いなと思うことの方が多いですが
悔いは無いかと聞かれれば無いとはハッキリ言えませんが、みんなが一朝一夕の努力で得てきた結果ではないことは知っていますし、私も今高校生のときからの夢に向かって充実した日々をおくれています。

それに何より、私はボートを漕いではいませんが艇を進めることはできると思っています。タイトルの言葉は、去年ある先輩が色紙に書いていた言葉で私もお気に入りのものです。
マネージャーの努力が艇を進める
できることは限られています、それでも少しでも艇を進める手助けができる
そして、皆と勝利を掴むことを願っています。


 

ブランクじゃない!ブレイクです!

ボートの日誌CM(0) TB(0)




新体制がスタートしました。

たくさんの1回生が加わり、
相変わらず個性豊かな仲間と共に、これから始まる1年もまた
きっと濃いものになるんだろうなぁと思っています。


現在は全日本新人、加古川レガッタと
それぞれの目標に向かって練習に励んでいます。
ボート部のシーズンはまだまだ続きます。

しかし私個人的には、
インカレで今シーズンの試合を終えました。




インカレ後のオフが明けて、
練習に行く度に、

「どうして練習来てるんですか?」
「え、なんでいんの?」
「いつまで漕ぐんですか?」
とか、

挙句、
「病院実習にベンプレはいらないですよ!」
って言ってくる人もいました(笑)




9月末から
看護学科の臨地実習がはじまります。
5ヶ月間、各病棟を回って勉強してきます。




「なるようになる!
とりあえずやってみる、できなかったらそのとき考える。」


今まではそうやって突っ走ってきましたが
今回はさすがに悩みました。


練習も満足にできない。
来シーズンの見通しも立たない。

それでも
私は漕手を続けたいです。

今は合間をぬって練習しようと考えています。


正直、
どうしてここまでして漕手を続けたいのか分かりません。


辛いことの方が多いかもしれない。
練習だって楽じゃない。



だけど、

インカレが終わっても、
私は気づいたら練習に来ていました。

足が勝手に艇庫に向いちゃうんですよね。

なんでか分からないんですけど、
漕ぐことをやめられないんですよね。



だからボートを漕ぎ続けます。
理由なんてそれで十分じゃないでしょうか。



それともう1つ、
インカレでの準決勝のレースが終わった後、
「来年は最終日」
そう思った瞬間、
想像する来年の自分は漕手でしかありませんでした。






先のことは
やってみなきゃ分からない。

やるからには楽しむだけじゃなく、
勝ちにこだわります。




この実習期間はブランクではありません。
ちょっとしたブレイクだと思います。


目標はあくまでも
インカレ最終日です。



これから練習に来れない日が増えても、
それで迷惑をかけてしまうのではなく、
練習に来たときに、
周りの皆に良い影響を与えられる存在になるよう心がけます。

そして皆からもたくさんパワーをもらって、
私にできる全力を尽くしたいです。





3回生女子漕手
北野麻央子


























 

また1つのシーズンが終わって

ボートの日誌CM(0) TB(0)

みなさん、こんばんは
3回生漕手の堀田(ほりた)です。

今この時間はみなさん寝ているのでしょうか。僕は夜行バスからこのブログを更新させていただきます。

今、全日本選手権を終えて、帰りの夜行バスの中にいます。男子フォアの2番で漕ぎました。
結果は準決勝敗退。クルーやコーチみんなで、最終日に行くために、本気で考えて、毎回違うレースプランを立てて、毎回違う展開のレースをして、今出せる最高のパフォーマンスを求めて、最後のレースまでもがきました。負けたのは今の自身の実力であって、後悔はしていません。むしろ凹んでる時間もなく、次に勝つためにもっと強くならないといけないです。

今回で、現在のほとんどの4回生が市大ボート部から引退されます。
先輩たちとボート部にいたこと、先輩たちとボートしたことが本当に楽しくて、今思うと夢のような時間でした。
先輩たちが今年勝つために本当に努力して、僕ら後輩も信じてくれて、色んな練習をみんなで乗り越えて、そのおかげで市大ボート部は本当に変わったと感じます。

今年先輩たちと勝てるなら来年なんてどうでもいい、そう思って漕ぎました。それでも先輩たちとインカレ勝ちきれなかったと思うと、今でもたまに涙が出ます。

せめて、先輩たちについて行った僕たちが来年勝って、市大は今の4回生からもらったバトンのおかげがあって勝てたと、証明したいです。
これが今僕にできる精一杯の恩返し。絶対レース見に来てください。

こんなにも多くの支えがあってボートできるのもあと1年、感謝を噛みしながら、不器用な僕はもがき続けます。
よろしくお願いします!

3回生 堀田 弘時

 

初めての試合

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生女子漕手の蔵本薫子です。

私は颯というクォードの3番として、11月に行われる加古川レガッタに向けて日々練習に励んでいます。

私は入学して市大ボート部の存在を知るまで、ボートという競技があることも知りませんでした。入部してから何回か、先輩方が出場された大会の観戦に行かせていただいたのですが、たくさんの大学や企業が参加していて、中には高校生の部もあってその規模の大きさにびっくりしました。
11月にはいよいよ私達一回生もそんな大きな大会に出場してレースをするのかと思うと不思議な感じがします。実感は湧かないのですが今から少し緊張しています。

加古川レガッタは一回生にとって初めての公式戦となりますが、私は怪我のため7月にあった定期戦に出ていないため、クルーごとの練習もこれが初めてで、みんなより乗艇経験が浅い分より一層頑張らなければと思っています。

最近では少しずつですが、バランスが決まって艇速を感じながら、気持ち良く漕げることが多くなってきた気がします。いい漕ぎが出来た時はとても楽しいです。
、、ですがまだまだ余裕はなく、先輩やコーチに新しく教えていただいた色々なことを考えながら、頭の中をフル回転させて漕いでいます。

颯は整調が3回生で、coxも含めあとの4人は1回生というクルーです。クルーリーダーの先輩にしっかりとついて行って、全員で支え合いながらもっともっと成長していきたいです。

そして試合ではみんなで力を合わせて、ぜひいい結果を残したいなと思います。

 

新しい自分

ボートの日誌CM(0) TB(0)

2回生漕手の松井彩です
最近1回生たちが急にたくましく
なってきて驚いています。
微力ながら新人指導に携わった
身としては嬉しいかぎりです。

自分が1回生の頃を思い返してみると
酷いものでした。特に試合前は
すぐに辞めたいと言い周囲に迷惑ばかり
かけていました。
そんなとき面談でコーチに言われた言葉が
いまも心に残っています。

新しい自分を見つけろ

結局2回生になった今でも新しい自分を
見つけることはできずに
どうようもないヘタレの自分と戦って
います。いつか自分の変化に気づける日が
くるまで、気長に頑張っていこうと
思っています。その第1歩として、
全日本新人に向けた練習に全力で
取り組みます。

 

前準備

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは!3回生マネの長岡です!

いつもブログの順番が回ってくると、何を書こうかソワソワします。笑
でも、今日は小学生のころ読んでた本を久しぶりに読んだので、
その一節を書こうかなと!思います!

主人公の女の子がこんなことを言ってました。

しばらくうつむいてから顔をあげると、自然と笑顔になるそうです。
それには理由があって、
うつむいていると息が苦しくなるから、
顔をあげた時に少しでも多くの息を吸おうと頬が緩み、
笑顔になるとか。

正直、笑顔になるほどじゃないやろーと思いました。笑
でも、なんだか信じてみたくも思いました。
もしそうなら、
少しぐらいうつむいててもいいかなーと。
笑顔になる前準備なら、
ちょっとくらい苦しくても頑張れる。
そんな気がしました。

幸いなことに、私の周りには
とっても愉快なマネのみんなと、
一所懸命に頑張る選手であふれているので、
うつむいている暇もなく
残りの1年を終えてしまう気がしますが、
ちょっと苦しいときがきても
前準備だとポジティブに捉えて
やっていきたいです!

はい、以上です!
みなさん、おやすみなさーい!

 

プライドをもて。

ボートの日誌CM(2) TB(0)

こんにちは。
三回生女子漕手の片倉千鶴です。

今シーズンは副将・新勧チーフ・育成チーフに任命していただきました。
主将のサポートはもちろん、部全体にいい影響を与えられる存在になりたいです。

色々な役割はありますが、私はまだまだ漕いでいます。
一回生のころは学科の都合上、途中で漕手を降りる心配をしていましたが、
今は最後まで漕手として漕いでいくつもりで日々の練習に励んでいます。
もう、迷いはないです。
女子ローの皆へ、今シーズンこそ、化けてみせます。


今は加古川レガッタに向けて一回生と新人女子クォド颯の整調として漕いでいます。
久しぶりの試合です!6月の関西選手権以来です!
女子ローもどんどん競争社会になってきています。
スポーツだから、当然のことです。
しかし、競争とはいえ、それは「抜く、抜かれる」といった単純なものではないと思います。
「強化組は強化組で甘んじてていい」ということでもないです。
ボート部が「一軍、二軍」ではなく、「対校、強化」と表現していることには大きな意味があるのではないでしょうか。

夏の長い強化期間を経て感じたのは、
強化組も、対校と同じくらいプライドを持つことが大事だということです。


夏、一緒に練習に励んできた強化メンバーは、今、別々のクルーになっています。
後輩達は全日本新人選手権、同期は加古川レガッタに向けて練習に励んでいます。
今日から始まった全日本選手権、10月の全日本新人選手権、11月の加古川レガッタと、
インカレが終わってもボートの試合はまだまだ続きます。

OB、OGの皆様、市大ボート部はかつてないほど大きな規模になっています。
対校選手が試合で結果を出す裏で、強化選手が練習に励み、マネージャーが組織を運営し、
新人育成チームが新人を育成しています。
部員数が非常に多いこともあり、個人個人に注目することはなかなか難しいかもしれませんが、
ひとりひとりが一生懸命です。
今シーズンも、応援のほど、よろしくお願いいたします。

三回生 女子漕手 片倉 千鶴



 

新人

ボートの日誌CM(0) TB(0)

ご無沙汰しております。
2回生漕手の渡辺です
最近あった貴重な出来事をここでひとつ。

先日、学長と面談する機会がありまして。
(べつに呼び出しくらったとかでは…)
まぁ、僕だけでなく
前幹部、次期幹部も一緒だったのですが、
まぁ学長と副理事長に
ボート部の最近の活動報告を
してきたわけです。

イチジクタルトが美味しかったとか
まさか学情5階に学長室があるとは…とか
いろいろ思ったわけでしたが
何と言っても
学長がボートに興味を持ってくれたのは
なによりも嬉しかったです。

とまぁそんな話はさておき
ここからがブログの本題でございます。

ところで、結局
学長面談でボート部の幹部が揃ってる中、
お前はなにしたんだ?

という話です。笑

同じ2回生の松井亮介と
今度の10月3〜5日に行われる
全日本新人選手権大会
のお話をしてきました

エルゴ値の話や、
全日新の目標意気込みなどなど

今回の全日新フォアは
去年の加古川のAクルーを組んでた
ちょうど1年前ほどから組もう!と
決めていたので組めて嬉しいです。
し、本当にこのメンバーだといいとこ行けると思っています!
目標は……

優勝

です。
できない遠い目標ではないと思っています
僕自身この前のインカレでフォアで関東勢に負けて悔しい思いをしたので、
今度こそ、大阪市立大の名前を
知らしめてやりたいと思っています。

と、いろんなこと書きましたが、
期待してほしいとともに優しく見守ってほしいとおもいます。

全日新は男子はフォアとダブル
女子はクォドとダブルとシングル
です。
応援よろしくお願いします。


最後に。今日から全日本選手権ですね、
出場する先輩方、頑張ってください!!



 

ボートの日誌CM(1) TB(0)

一回生の島田です。加古川レガッタで新人エイトの2番に乗る予定です。

入部して4か月たち、心身共に大きく成長できたのではないかと思います。
ただ、入部当初から変わっていないと思うところもあります。
それは、水に対する恐怖心です。

私は泳ぐのがあまり得意でなく、泳力テストも復帰練もぎりぎり及第点という程度でした。
乗艇中も水に落ちたら死ぬかもしれないという思いが頭から離れず、バランスを崩して艇が揺れるたびにひやひやしていました。
この恐怖心がなければ練習に集中でき、もっと上達したのではないかと思いますが、この意識のおかげで今まで無事にやってこられたのだとも思います。

夏も終わったというのに性懲りもなく水難事故が相次いでいます。私はこのようなニュースを聞くたび水の怖さを思い知らされます。
それと同時にボート競技というものがその危険と隣り合わせだということも改めて認識させられます。

私はこれからも水に対する恐怖心を持ち続け、慢心することなく加古川に向けて精一杯取り組みます。



 

ボートの日誌CM(1) TB(0)

一回生男子漕手の荻田です。

ボート部に入部して4ヶ月が経ちました。
9月に入り新入生としての練習も終わりクルー別の練習が始まりました。

僕のクルーはCOXは二回生、漕手は三回生二人、一回生6人で加古川レガッタの新人エイトに出場します。
先日行われたオックスフォード盾レガッタでは選考で思うような結果がでずにエルゴ値0.7秒差でエイトに乗ることができず悔しい思いをしました。

そこから今回の選考まで陸トレなどいままで以上に自分を追い込んで少しでも強くなろうと努力しました。その結果今回の加古川レガッタの選考では前回の選考から約15秒タイムを縮めることができ、エイトに乗ることができました。

加古川レガッタでエイトに乗る一回生6人のうち5人はオックスフォード盾レガッタでエイトの試合を経験しているため、技術面で差がありますがこれからの練習でその差を縮めていき全員で艇を進めていきたいです。
加古川レガッタで優勝することを目標に頑張ります。

 

新シーズンスタート!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは!
3回生男子漕手の林です。

昨日の部員総会を皮切りに、2015年度のシーズンがスタートしました。
2年前に初めて部員総会に臨んだとき、ボート部の組織としてのまとまり、OB・OGの方々に毎年多大な援助を頂いていること、最上回生の先輩方が様々な分野を分担して部員をリードしていることなどを身をもって感じ、圧倒されたことを今でも覚えています。
僕は今年度、「部員活性化担当」という役職を頂きました。
新設された役職であるため、かなりの試行錯誤をすることになるかと思います。
まずは、挨拶やブログ更新の徹底、冬モーションでのモチベーションビデオの作成といったところから、部員が高いモチベーションを持って練習やマネジメントに励めるよう、努力します。

そして、全日本選手権に出漕するクルーは、まもなく戸田へと向かうようです。
出漕する皆さん、市大がいい流れに乗れるように、練習の成果を戸田で存分に発揮してきてください!
桜ノ宮から応援しています!

短いですが、ここで失礼します。

明日は早速、1回生にブログを更新してもらいます!
まずは新人エイトの3番の荻田くんで!

 

そして何も残らない

ボートの日誌CM(0) TB(0)

戸田オリンピックボートコースで行われた全日本大学選手権大会【インカレ】が終わりました。

選手、マネージャーのみんな、お疲れ様!
厳しい戦いに最後まで熱く挑んでくれてありがとう!


ボートコースまで足を運んでくださり応援して下さった方々
資金援助など様々な支援をして下さった方々、すべての人に感謝しています。
ありがとうございました。

自分はエイトの4番に乗っていましたが、今回のインカレの結果は
今までの練習とか、その他もろもろを考えると、報われない結果だなと思います。


今回のインカレ時には、最上回生の漕手が2人だったので、下回生の力が必要でした。

来年主力になる下回生メンバーがエイトやクォド、フォア、ペア、ダブル、シングルでインカレでの真剣勝負を経験出来たことは
決してマイナスではないと思っています。



自分としては
今年1年が今までのなかで、苦しくて長かったです。
シーズンに入るまでも長くて
シーズン入ったらあっという間って言う割りにも長く感じました。



練習メニューや量がガラッと変わって
みんなのエルゴ値もどんどん伸びました。


今年1年だけでも
市大は大きく成長したと思います。




負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんが
自分たちの代では
外部に残るような何か大きな結果を残すことはできなかったけど、

内部に起こる新しい変化を生み出した
と思っています。

それは意識のことや、限界のこと
練習メニューもかな(笑)


それらを知った下回生が多いからこそ
市大はこれから成長していくはずです!





最後に
自分は全日本選手権にフォアで出ます!

最初で最後?の全日本選手権は
インカレよりも厳しい試合が待っているでしょう。

残り少ない日数ですが、一緒に乗る同期と後輩と、速さを求めて国内最高レベルの試合に臨みたいと思います。


グダグダですが最後までありがとうございました。


4回生
中小路 亮太








 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad