多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

国体は波乱万丈だったようで

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは、二回生の川崎です。
主将や副将の後に書くのは気がひけますが誰も書かないので・・・

新人戦フォアの近況です。

調子・・・調子はというと、目に見えた成長がないのでみんなが少し疑心暗鬼になっているような気がします。
確かに、乗り始めたころはバラバラのジグソーパズルが少しでも集まれば絵のだいたいの形がわかるように、意気揚々でした。今はほとんどのピースが埋まっています。完成図も頭の中にあるのです。しかし思うように行かない。
そんな感じです。


とは言っても確実に日々成長はしています。
去年の新人戦フォアよりも速度は出ているはずなので自信を持ったらいいんだよ、クルーのみんな!!


個人的に嬉しいことがあったので書きたいと思います。

練習日誌をクルーで書いていますが、一か月もたってないのにもうノートが一冊終わりそうです。

なぜなら、みんなが練習日誌にその日の練習のこと+自分で調べたボート関係のレポートを書いてくれているからです。ある人は過去3年分の新人戦のタイムを調べ、ある人は艇のバランスについて調べ、ある人は戸田のルールを再確認し・・・


こういう勝つために必要な情報を、自分から調べて、さらに共有するクルーは本当に強いと思います。



あとはその勢いを艇速に変えるだけ・・・しかし並べる相手がいない・・

並べる相手、絶賛募集中ですよ~

あんまりまとまってないですがお許しを。
次は戸田に行く直前に書きます。







そうそう、間もなくニューフェイスたちが多事漕論に登場するのでお楽しみに!




スポンサーサイト

 

秋の訪れ

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは。
2011年度女子副将・3回生の山下治香です。
現在、加古レダブルのバウに乗っています。



9月に入り、新主将・梶間の下に新体制での市大ボート部が新たにスタートしました。
今年度は女子副将として、主将陣ではなかなか手が回らない部分をサポートして補えるよう、積極的に動いていこうと思います。
これからは自分たちが部を引っ張っていかなければならないのですが、なかなか難しく、試行錯誤な毎日です。


女子副将と言っても、3回生女子漕手は2人しかいないので、後輩たちにも助けてもらいながら、女子ローを盛り上げていけたらいいな、と考えています。

どんどん頼りがいの出てくる2回生、まだ本格的に練習を始めたばかりの1回生がこれから1年、どんな風に成長していくかがとても楽しみです。
彼女たちの成長を助けながら、自分たちも1段階成長できるように、これから励んでいきたいと思います。



ところで、9月も半分が過ぎ、夏休みも終わりを迎えようとしています。
この頃は朝晩涼しくなってきて、艇庫での生活も過ごしやすくなってきました。

加古川レガッタに向けての練習も徐々に厳しくなっていく時期です。

今回、女子は加古レに新人ダブル、3回生ダブルで出場します。
加古レ女子ダブルも、週1回、浅海先輩にクォドのコックスをお願いし、加古川に向けて本格的に始動しました。

まだまだ4回生の方々にはお世話になります(><)


しかし、実は私たち加古川ダブルは、準備不足と艇不足により、9月に入ってから思うように練習ができていません
女子ダブル艇が1艇足りず、男子艇を使おうと試みたのですが、リギングができず、なかなか厳しい状態です。



しかし、先日、10月からダブルを近隣高校より借艇できることが決まりました(^^)/
9月も平日は借りれるようなのですが、、
しばらくは男子よりシングル艇を1艇借りて、シングル乗艇を交えての練習になります。
艇不足の悲しさをひしひしと感じる今日この頃です。。


とはいえ、艇の確保ができたので、来週からは加古川に向けて本格的にメニューを組んでもらっての練習がとうとう始まります!
加古川レガッタに向けて、全日本新人に向けて、女子ロー一同頑張っていきます!
応援よろしくお願いしますm(__)m




それでは、季節の変わり目、みなさま体調には気をつけてお過ごしください。


 

ラストシーズン

ボートの日誌CM(2) TB(0)

まかせてしんちゃ~ん!!
ということで副将の斎田君からバトンをもらいました、
女子主将の嶌中です。

自分がボート部に入部したのがすごく最近のように感じるのに、
もう最上回生になったのだと思うと、すごく不思議な気分です。
そして一番不思議なのは自分が女子主将になったということ。
「あの嶌中が女子主将とはなぁー」
といろんな人から言われました。
わたしもそう思います!

最初わたしが女子主将になると決まったときは、楽天的?で
「ま、なんとかなるやろ」
という軽い気持ちでした。
しかし、新体制がいよいよ始まるというときになると
「ほんまに私で大丈夫だろうか?」
とすごく不安になりました。

前女子主将の浅海先輩は
何事もきっちりとこなしていて、
自分にも私たちにも厳しくて、
私たちのことをいつも真剣に考えてくださって、
まさにテキパキという言葉がぴったりの方でした。
前々女子主将の長洲先輩は
いつも笑顔で優しくて、
迷惑ばかりかけたわたしたちをしっかり受け止めてくれて、
辛い姿を見せずに仕事をこなす方でした。

わたしにはテキパキもいつも笑顔で優しくもできる自信がないのです。

そしてわたしなりに考えた結果は…
先輩たちをマネする必要はない
浅海先輩と長洲先輩はそれぞれ違っているけど、
わたしはどちらも同じくらい尊敬しています。
つまり
わたしはわたしらしく女子主将を務めます!
そして、最終的にはお二方のようになれたらな…
とにかく仕事はしっかりする。
みんなにはいっぱい迷惑掛けるかもしれないけど、
よろしくお願いします!!
また、OB、OGや指導陣の皆さん
女子ローみんなそれぞれの目標に向かって練習に励んでいるので、
応援よろしくお願いします!!


そして近況報告を…
私たち三回生ダブルは一回生ダブルとともに加古川レガッタに向けて、
二回生はダブルとシングルに分かれて全日本新人に向けてそれぞれ練習中です。
山下とは全日本新人、加古レ、インカレにダブルで出漕したので、
今回の加古レで四回目となります。
しかし今回はダブルが一艇しかないこともあり、
加古レ組四人でドラゴンフライに交代で乗って練習しています。
山下嶌中ダブルでの加古レリベンジを目指しつつ、
一回生は初めての試合を同じクルーではないけど、
全力でサポートしていきたいです。
全日本新人組はなかなかの鬼メニューで練習しています。
みんな納得のいく結果が出せると信じています。


最後に、
二回生や主将が多事漕論を更新しているようなので、
これからは定期的に更新できるようにしていこうと思います。


 

残すところあと1年

ボートの日誌CM(0) TB(0)

お久しぶりになるのでしょうか、3回生で副将をやらせていただく斎田です。
僕が前の記事を書いたのは神戸戦の後でしょうか

はやいものでもう9月になって、新体制になり最上回生となっていしまいした。
ついこないだまで1回生で、ローヤンで、そしていつの間にかコックスになり、
対校にのせてもらい、そして最上回生で副将をやるようになって

それだけボート部で過ごす時間は密が濃いのでしょうか。
時がたつのは早いものです。

一年、一年に色々な思いがあって、色々な経験をしてそして今に至るわけなんですが
まあ色々ウジウジ悩んで辛かった時期も結構ありましたが
今は残り一年本気で頑張っていこうと、本気で思ってます!本気ですよ!?

今までシーズンを通していい成績を残すことは出来なかったので、来年こそは…
と、密かに考えています。


色々なクルーを組んできましたがどのクルーにも頼りになる、偉大な先輩たちがいました。
これからそんな先輩に俺もなりたいなぁ。。。


そんなわたくしは今加古川レガッタで新人の4+に乗っています。
1回生が3人とそしてインカレで引退したにもかかわらず、4回生の佃さんが乗ってくれてクルーを組んでいます。
新人なんでまだまだ体力も技術も足らないですが、一回の練習で成長を感じられ、
なによりも負けん気があります!
絶対にこいつらは速くなる!ていうか速くする!っと考えながらの練習の毎日です。
目指すはメダル!
新体制の一発目の試合、勝ちにいきます。
この記事を見てくださった方々、どうか応援していただけると非常に嬉しいです。

では次は女子リーダーをやっている嶌中さんに回したいと思います。
さわちゃんよろしく~

 

普段口にしていても意味を知らない言葉は案外多い

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは。今シーズンの副将になりました3回生青木です。




何としても準決勝に行きたかった対校エイトとしてのインカレも、結果敗復で終わってしまいました。本当に悔しかった。もうあれからおよそ3週間経ちました。




そしていつの間にやら9月になってしまいました。加古レに乗る先輩はいらっしゃいますが、一応僕らは最上回生です。早い。





って僕の多事漕論は大概、時の流れの早さを憂いているような。まあいいか。




…ところで、『オペラ』とは『総合芸術』という意味だということを梶間から聞きました。




このブログを見ていらっしゃる方ならご存知『ボートオペラ』。




僕はてっきり、梶間はウケ狙いで『ボートオペラ』なんて書いたのかと思っていましたが、奴はどうも最初からオペラの意味を知っていたそうです。




ローヤン、マネ、そしてコーチやOBの方々が一つになって、市大ボート部があたかも一つの総合芸術に昇華するようにという思いを込めて、彼は『ボートオペラ』という言葉の結晶を創り上げたのでしょう。




まあこんな主将なら大丈夫でしょう。肩肘張らずに普通にやれば、部員も絶対ついていく。




……ハズ。何だか上から目線になってしまいましたが、とにかく僕も中途半端はしないよう副将やっていきます。




さて、ボートオペラが予測変換に出てくるようになったところで話を変えます。




僕は加古レに向けてボート部のオーガこと小笠原とダブルを組んでいます。




目標はメダルを獲ること!!絵に描いた餅にならないよう、妥協せずに日々の練習を頑張っていこうと思います。




ではさよ~なら~

 

One for All

ボートの日誌CM(1) TB(0)


こんにちは。梶間です。
今回は主将としてこのブログにやってきました。
これを見てくださっているOB・OGのみなさん、これから1年間よろしくお願いします。
部員全員、一生懸命やるので応援お願いします。


正直、自分が主将としてこれを書いているのには少し違和感を感じています。
僕が主将になるかもと先輩に言われ始めたのが2回生の頃で、
そのときは田中さんが主将で、次に稲本さんが主将となりました。

この2人の主将が監督に仕事を山ほど振られたり、しかられたりしているのを見て、
絶対に主将はやりたくないと思っていました。
でも、練習を重ね、深くボート部にかかわっていくうちに意識が少し変わってきました。

今ではこの大阪市立大学ボート部が大好きだし、
ボート部員のみんなが大好きです。
そんなみんなのために自分に何ができるのかって考えたときにそこにあったのが、
主将という道でした。



僕がこのボート部に入部して今までに3人の主将を見てきました。
その方たちに比べて僕は、山本さんほどの大きな器があるわけでもなく、
田中さんみたいに背中で引っ張っていくだけの実力があるわけでもないし、
稲本さんみたいにすごいリーダーシップがあるわけでもない。今はまだ。
自分がこの3人に負けてないって言い切れるのは「勝ちたい」って気持ちだけです。


試合で勝つためにはただ漕いでればいいってものじゃありません。
やっぱりマネージャーの力とOBさんの力が必要です。
だからスローガンをOne for All, All for Oneにしました。
男子漕手、女子漕手、マネージャー、OB.OGが一枚岩となって、
これからの日々を過ごしていきましょう。


かなり長くなっちゃいましたけど、今からは11月の加古川レガッタをめざして練習していきます。
この大会でいい結果を残し、新体制のいいスタートにするつもりです。
そしてアツい全日本新人クルーのみんな。
来年の対校候補やからかなり期待してるよ!お前らなら絶対やれる!!


こっから1年、今はまだ頼りない主将やけどみんな力を貸してくれ!
それではこのへんで。

 

ぜんにほんしんじん

ボートの日誌CM(3) TB(0)

こんばんは。
カワサキくんの記事にちょろっと出てきた
2回のコサカといいます。
(経験値とか言っても、関選で乗っただけです)
なんかクルーの人々が次々に書いているので、
ボクも書きます。

あ 今度の全日本新人は4+に乗ることになりました。
このクルーはなんかみんなオフ中から、もうリギングしたり、
自主練したりと、俄然張り切っていてイイ感じやと思います。

そんな中僕は、初日から遅刻・・・
いや ほんと申し訳ない。
これからエンジンかけていきます!!

正直言って、漕歴的にも実力的にも、
クルーの中で一番劣ってるボクが言うのもアレなんですが、

次の全日本新人は僕にとって
“なんとしても絶対に勝ちたい試合”。

実は僕も柄にもなく燃えております!!
植垣君と一緒でどんな練習も頑張っていくつもりです!
朝もちゃんと起きます・・・


もう朝レから悔しい試合つづきなので
ここら辺で、勝ちにイっときます!!


今回はホントに頑張るので、男子も女子も、
現役もOBさんたちも
皆さん応援よろしくおねがいします。


それでは~








 

世界の車窓から

ボートの日誌CM(0) TB(0)


おはようございます。
2回生高田です。
浅海先輩の素晴らしい記事のあとに書くのは気後れしますが、せっかくなので。

私は現在、2両(たまに1両)編成で1時間に1本しかない電車に乗って、桜ノ宮に向かっている途中なのですが、ボート部の方もこのローカル線に年に1度乗りますよね?
そうです、私は加古川にいます。

加古川を通る度に浅海先輩、多田先輩、宝、まおと乗ったクォドを思い出し、胸が熱くなります。同時にT.M.Revolutionが流れます。
初めてで何もわからないけど、がむしゃらに頑張ったあの頃は本当に若かった…笑
初々しい漕ぎだった去年からすれば、少しは上手くなれてることを切望しますが、ボートを楽しむ心はあのときの方が大きかったと思います。
加古川を見てボートの楽しさを思い出したので、全日本新人には楽しんで勝ちたいと思います。

写真は今朝の加古川です。(写真のアップ方法がよくわからないので、見れなかったらごめんなさい)
1回生たち、君たちはこれから2ヶ月、この川で勝つために練習するんだよ!

 

仲間を信じて己を貫く

ボートの日誌CM(1) TB(0)

 2回生メンバーの中を割り込ませていただきます。長らくご無沙汰しておりました4回生浅海です。
前回の投稿?でこれからはちょくちょく書けたら…っと宣言しておきながら、だいぶご無沙汰していたのを、自分でもずっとずっと気にしておりました。先日院試がやっと終了し、また明日(今日)からはいよいよ新体制での2011年度大阪市立大学ボート部シーズンの幕開けということで、この場をお借りして、私なりのボート部生活を振り返らせていただきます。



 タイトル名の「仲間を信じて己を貫く」というのは、2010年度の私自身のボート部での決意表明でした。 これには、「最後には自分の意見を押し通させてもらいたい。しかしそうするからには、みんなにも納得してもらえるようなカタチをとりたい。だから、せめてそれまでの過程においては自分の果たすべき役割と責任は全うしよう。それまでの自分を見てもらって、信じてもらった上で、自分のわがままを押し通そう。」という自身のわがままな想いと同時に、怠惰な自分への戒めの想いが込められていました。

 私は早くから自分の将来への夢のために、「出来る限りは勉強とボートを両立させて、でも最後には試験勉強一本に絞りたい」という想いもあって、選手引退の時期を決めていました。だから、シーズン中、艇庫の壁に掲げられた、この決意表明をふと目にしたときには、「本当に自分はこんなことを書くくらいにやるべきことをやっているのか。今のこんな有り様で、シーズン途中でおりようとする自分を後輩たちが納得してくれるのか。途中、彼女たちだけになったときでも、しっかりと練習ができ、また試合に臨めるような基盤づくり、最低限のことはきっちりしておかないと・・・」などと、あーだこーだ思い巡らしてました。また5,6月ごろには、「自分の限界とは何だ。可能性はその人の取りようで無限にあるのでは。自分にとって、仲間にとっての正しい判断とは何なのだろう。」と正直なところ、確信とその否定の連続でした。



 個人的なことをだらだらと書かせていただきましたが、きりがないですね。ところで、私がこのボート部で得た一番の大きなものは「自信」です。この大学生活、ボート部生活では「ボートそのものの楽しさ。それを分かち合う仲間。たわいないことから真剣なことまで何でも言い合える仲間。日々の練習での充実感と、うまく事が運ばないことに対する苛立ちと焦り。試合でのあのなんとも言い難い緊張感。勝ったときの喜び。艇速が伸びたときの興奮。負けたときの悔しさ。たまには?ちょっと手を抜いて、またやりだす術。時には投げだしたくなるほどの辛さ。でも、その辛さともう一度向き合って乗り越えてやろう、という決意。・・・」多くのことを学び、多くのものを得ました。それらはすべて「自信」によって獲得し、「自信」によって乗り越えてこれたものだと感じています。
 
 このボート部でのさまざまなことから得た私の「自信」は今後の人生においても大いに役立ってくれるはずです。ボート部で乗り越えてこれたのだから、こんなことくらいへっちゃらだ!と思えます。
 これから、まだまだボート生活が続くみなさんは、あなたなりの「自信」をもって仲間とともに日々前進してください。みんなと十分に語り合って突き詰めていけたら…なんて身勝手ながらも思います。そして、何よりボートを楽しんでくださいね。時には悩んだり思いつめたり、責任感に押しつぶされそうになったりすることもあるかもしれません。でも、ここで得られるものは、まさしく「一生もの」だと思います。少なくとも、私は市大ボート部の一員になれて本当に良かったと思ってますし、ほかの人から「部活入ってるの?」と聞かれたときに「ボート部です!」っていうときは、ちょっぴり誇らしい気持ちになっちゃいます。
 先日、お世話になっていた先輩からメールをいただきました。一緒に練習していた頃を思い出して、ふと懐かしくうれしくなっちゃいました。その先輩だけに限らず、日々応援してくださり、気にかけていてくださっている皆様方、いつもいつもありがとうございます。これからも市大ボート部をよろしくお願いいたします。


 最後に、私自身、本当にありがとうございました。     2010年度 女子主将 浅海

                        

 

全日本新人

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは!

二回生の植垣です。


フォアのみんなが多事漕論を更新しているので僕も決意表明的なことをしたいと思います。


先日全日本新人の選考のエルゴ測定があり無事フォアにのれることになりました。


思えば去年の冬からこの全日本新人にフォアででることばかりを考えて練習してきたのでいよいよかという感じで本当にうれしいし楽しみです。


でも同時に不安とプレッシャーも半端じゃないです。


今年のインカレで自分がいかに無力であったかをただただ思いしりました。
正直インカレ前まではなんとかなるだろうと思っていたのでとても恥ずかしかったです。


この全日本新人は本当に勝ちたい。
一緒にでれない二回生のみんなや戻ってきてくれたコバのためにも何がなんでも勝ちたい。


正直僕はエルゴがとくにまわるわけでもないしボートがうまいわけでもないので僕一人ではあと一ヶ月やそこらでインカレで感じた差を埋めるなんてことは無理なのかもしれないです。


でも全日本新人は頼りになる仲間が4人もいます。
自分一人ではかなわなくてもこいつらと一緒にやったら絶対に勝てると信じられます。

まじで入賞狙ってますよ!


エルゴでも技術でもクルーのみんなに劣る僕ができることは行動で示すことかなって思います。


自主練から何からやれる努力はなんでもやっていきたいです。


9月末に意味もなくエルゴ測定やるんで目先の目標が欲しい人は一緒にやりましょう。


でわでわ

 

新しい幕開けですかね!?

ボートの日誌CM(2) TB(0)

こんにちは 2回生 西田 です。
川崎君からも紹介があったように、全日本新人はフォアに乗せていただくことになりました!
正直昨日までは、けっこうインカレなどの結果について悩んだり、悔やんだりしていましたが、もうそんなことは言ってられません!

ただ、エイトに乗ってくれた4回生にはこの場をかりてお礼を言わせてもらいます。(4回生全員の分を書きたいのですが、すいません。)

稲本主将
対抗エイトの、そして市大ボート部のリーダー!いつでもモチベーションが高く、歴代でも最高の主将だと思います。一緒に歴史に名を刻めて本当によかったです!

木田さん
僕が1番迷惑をかけてしまった先輩!いつも自分のことよりも周りのことを気にしてもらってました。木田さんのオールさばきは目に焼き付けたつもりです!

楠村さん
エイトのエンジンの核!楠村さんの水中の強さは言葉では言い表せないです。最後のレースが終わった後の楠村さんの背中は絶対に忘れません!

倉田さん
ボート部の元気印?練習が終わった後に、知らない間にめっちゃ元気になって・・・(笑)。ほんとに倉田さんと最後に同じクルーになれてよかったです!

そして・・・
4回生ではないですが、

安木さん
漕手と同じ目線で、いっしょに悔やんだり、楽しんだり、笑ったりしてくれる最高のコーチ。なんてお礼を言ったらよいか・・・本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

てな感じで今までの思いに別れを告げて、もう9月、全日本新人頑張ろうな~!
植垣・川崎・シゲ・コバ・2回生の皆!

正直、みんなで出たかったけど・・・
いや、みんなで出てるつもりでいこー!

気持ちの切り替えはできた。あとは、本気で頑張ります! めざすは「芸術」!

あとは、みんなから応援されるクルーになること。そして、僕も他のクルーの人たちを全力で応援します。

ではでは。


 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad