FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

時間を制する 1回生北原

ボートの日誌CM(0) TB(0)


こんばんは。1回生マネージャーの北原です。

僕にも二回目の多事漕論がまわってきました。
前回は漕手として書きましたが、今回はマネージャーとして初めて書きます。

さて、僕がマネージャーになって始めたことが一つあります。それは1日1日のスケジュールを綿密に立てることです。

漕手の時は場当たり的に行動していました。意味もなく携帯いじったり、長いこと昼寝したり、今思えば無駄な時間を多く過ごしてしまっていました。 

公認会計士の勉強を始めた今、僕にとって時間はとても貴重なものです。部活と勉強をちゃんと両立させるには1秒たりとも時間を無駄にはできません。

しかしまだまだ自分に甘く、計画通りいかない日もあります。自分に厳しく行かないと後で苦しむのは結局自分です。有限である時間をいかに効率よく過ごせるか、これが今の僕の課題です。


この文章も勉強の休憩時間で考えたのですが、けっこう時間がかかってしまったのでこの辺で終わりにします。まだまだ能力不足ですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

 

気持ちの問題 1回生 熊倉

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。一回生の熊倉です。
最近シングルデビューを果たし、きついけど楽しい日々を送っています。
10月に授業が始まってから4時半起床になり、高校では8時間半睡眠が通常だった私は、最初はすごく目覚めが悪かったです。
しかし!起きてすぐに「なんていい朝だ!」と思うようにして1ヶ月、今ではすっきり起きれるようになりました。思い込みと慣れってすごいなぁと思う今日この頃です。
エルゴもきつい時こそ口角を上げて笑った顔をつくり、楽しいと思いながらやったほうがタイムが上がります。オススメです。
まだまだ自分に伸びしろを感じているので、練習を楽しいと思い込んで頑張ります!

 

やってみて気づくこと 一回 河出

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。一回の河出です。2回目の多事漕論ですが、やはり文章をうまく書けないです。(文学部なんですけどね)書くことは大分前から決まっていたのですが、なかなかうまくまとまらないですね。
さて、ご存知の方がほとんどだと思いますが、僕は怪我(ヘルニア)で9月中旬からみんなと同じメニューが出来ていません。今回はその怪我期間のことについて書こうと思います。
9月中旬にヘルニアだとわかりました。ヘルニアだと告げられた時は頭の中が真っ白で、時間が止まった感じというか思考が停止して、ずっと天井を見上げていました。リハビリの先生の話も正直頭に入ってこないくらいのショックでした。何より一番ショックだったのが加古川には出場できないということでした。そんな時声をかけてくれたのが病院についてきて頂いたまっすーさんでした。まっすーさんも三回生の時に同じヘルニアになっていたようで、「まだ一回生だから焦る必要はない。」この言葉に救われました。「上回生でヘルニアになるよりマシだ」と冷静に考えることができ、前向きに怪我と向き合えるようになりました。次の日からの練習は勿論出来ません。休むように言われて、一人男子ロー部屋で休んでいましたが、みんな頑張っているのに自分だけ休んでいるのはなんだか申し訳ないという気持ちになり、今の自分にできることは何かないのかと考えました。そこでみんなに聞いて、サーキットのタイムキーパーや自転車で並走したり、ビデオを撮ったり、ストレッチを手伝ったりトレーナー的なことを2週間ほどしました。本当はエッセンも作ってみたかったですけどね。そこで気づいたことが沢山あります。特に並走では漕ぎの悪い部分がよく分かります。降艇してからアドバイスしてみたり、むしろアドバイスを求めてくる人もいました。その時はとても嬉しかったです。またビデオでは意外と撮るのが難しく、画面ばかりに集中してしまいます。このようなことを体験して思うことはやってみて気づくことは多いということと、マネさんへの感謝です。マネさんいつもありがとうございます。
3週間後、怪我が治ってきてエルゴも引けるようになり、同じ怪我組で先に治りが早かったさつきとダブルで乗艇できるようになりました。その時は乗れるだけで嬉しくて、乗った時のあの風の感じなどやっぱりボート競技は楽しい!と再確認しました。漕ぎはすごい下手くそでオールメンで漕いだ時は沈しそうで怖かったですけど。1週間くらい漕いで大分艇も進むようになって正直加古川に出れるのではないかと思っていました。でも大事な時にまた腰の痛みが出てきて、残念ながら加古川には出れませんでした。確かに残念でしたが、乗艇すらできないと思っていたので乗艇できただけでも十分満足でした。安東さんと乗れる機会だったのでそれだけは残念でしたけど。加古川は船台ワークをしていましたが、やっぱり水上に居たかったです。みんなが漕いでる姿はめちゃくちゃカッコよくて羨望の眼差しで見ていました。このままでは終われない。絶対腰治してマシンローでベスト出したいと思っています!
ダラダラと長く書いてしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

人は宝 一回 柏木

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。一回生女子ロー柏木です。
先日加古川レガッタが終わりました。
準備万端で挑んだ試合、
今出せる力は出し切ったと思える一方、
他大学との差も感じざる得ず、
満足感と悔しさでいっぱいになった試合でした。

他大学との差、
今出せる全力でも越えられなかった壁、というのは確かに私たちの弱さには間違いないのですが、
ここでポジティブ担当を務める私の役目で
これをポジティブに捉えると
つまり私たちにはそれだけ伸び代があるということで。

それなら冬モーションで
その壁ぶち壊しにいこうじゃないですか。


と意気込んで書き始めていますが
今日の本題はここではなく、
冬モーションを頑張る一つの糧としての私の決意、
として最後まで読んでいただければ幸いです。



ここ最近、私が何人かの先輩に聞きまわっていたことがあります。

「なにがあなたをこの部活に留めていますか」

入部してから早7ヶ月、少なくとも私にとっては
人生で一番の運動量を誇っています。
なんといってもしんどい!
だから、こんな質問…と思いながらもシンプルに気になりました。何かが留めていない限り、
続けることは難しいのではないかと。

答えは様々で。
「一旦入った部活にやめる選択肢がなかった」
「勝った時の喜び、試合の楽しさ」
「一生懸命になれることが青春」

いろんな先輩の思いに納得しながら
その中で一つ共通したものがありました。


仲間。


「ワイワイご飯食べている時間、艇庫でみんなで話している時間が好き」

「キツくなった時、頑張っている仲間を見ると自分も頑張れる」

これなんだなぁと思いました。

同じ学部のOBさんは人は宝とおっしゃいました。
人に代えられるものは何もない。
どんなにきつい練習をして強くなっても
たくさん辞めてしまえば楽しんで部活はできない。
そして強い時代は続かない。


私はこの競技は決して一人では
やっていけないと思います。
どこかで諦めたくなるときがきっとくる。
そんなとき、もう一度ここで踏ん張ろう、
と思わせてくれるのは
仲間なんだと思います。

そして、そう思わせてくれる仲間は
多ければ多い方がいい。

もしも心が折れそうになったとき
一緒に頑張る仲間を見てぐっと踏ん張る
そんな冬モーションにしたいです。

そしてその延長線上で、
私も誰かにとってそんな存在になれれば
最高です。

同じやるなら楽しんで
同じやるなら強くなる。

冬モーションで大きくなります。


長文、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

個人競技か、団体競技か 1回 加藤

ボートの日誌CM(0) TB(0)



どうも、1回生マネのかとうすずかです。

今回のテーマはタイトル通り

“個人競技か、団体競技か”

これはボートという競技に関してではありません。

私達マネージャーに関してです。

最近ふと気になったのですが、、
マネージャーは個人競技なのでしょうか?団体競技なのでしょうか?
(競技という言葉は似合わないかもしれませんが、、)

なんかどっちもな気もするのですが…
とりあえず書き出してみましょう!


★個人競技的特性
・並走してるとき
→基本一人で川を眺めているので
・エッセンの味付け
→他の人にたよってられませんからね
自分でなんとかするのです!

★団体競技的特性
・救助いくとき
→いろんな人と連絡取りながら行くので
・エッセンの味付けの味見
→一人で味付けしてると口が麻痺してくるから
・自分の所属する役職で話し合う時
→the団体競技チック



マネージャー業において
個人競技でもあり団体競技でもあるなぁと思うことがとてもありますね〜

マネージャーしていると
個人で任務を遂行する力
複数人いるチームに属して任務を遂行する力
両方の力の向上が見込めますね

4年間で、どちらの力も身につけて、社会に羽ばたいていく、キャリアウーマンになれるように頑張ります*ˊᵕˋ*



まぁでも今は正直、私はほかのマネージャーに比べて自分から行動するということに自信が無いです

仕事が出来る人たちを羨ましいなと思いながらも、一人でたくさんの仕事を抱えた同期マネージャー達をみると、いつかパンクしてしまわないかすごく心配になったりもします。(お母さん目線ですね)

仕事を効率よく出来ない分、私は、みんながパンクしてしまわないようにクッションのような役目をしたい、これを今年のシーズン目標にします。(もちろん、自分が効率よく動けるようになることを目指しながらですが…)


みんなの、アンパンマンに
私はなりたいです…
(ピンチの時の加藤に…)


漢検受けて、ちょっと真面目になった
かとうすずかの多事漕論でした

追伸

同回生のみんながめっちゃ好きです

遠征後から特に思います

マネも漕手もみんなかっこいい

あ〜同回生愛に溢れる〜最近

よーし、ワイもお昼からの授業頑張るぞ!


 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad