多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

しんどい以上のこと

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは、1回生マネージャーの中西です。気づけば真冬になりましたね。布団を出るのが億劫になる毎日です。

ボート部に入部して半年経つと、並走やエッセンに加えて遠征があったり、試合でのタイムやビデオなど、自分にできることが増えてきて、部活と学校の毎日で忙しい日々を送っています。
正直しんどいなと思うことも結構ありました。笑

しかし、不思議と辞めたいなどの気持ちは沸かず、なんだかんだ充実しているなあ、と今は感じてます。

それがなぜなのか考えてみると、しんどい以上に嬉しさや楽しさがあるんだと気づきました。

作ったエッセンを美味しいといってもらえました。
並走で桜ノ宮の方々から声をかけて応援していただけました。
撮ったビデオよかったよ。と褒めていただけました。
先輩方と一緒にエッセン作ったり、話したりするのが楽しいし、何より声をかけてくれるのが嬉しいです。
しんどい時には、ずっと話を聞いてくれる同期の人たちがいます。

まだまだ出来ていないこともありますが、褒めてもらえると嬉しいしもっと頑張ろうと思えます。
しんどいなーと暗くなっている時にずっと慰めてくれたり話を聞いてくれるのは本当にに有り難さしかないです。
考えれば考えるほど周りの人たちに支えてもらってるんだなあ、と実感します。


最後に、私は今新歓のPVを作成してます。PVは、その部活がどんなものかがわかる第一印象のようなものだと思ってます。
4月の頃、始めてPVを見て感動したのを覚えています。
それだけPVって新歓にとって欠かせない要素で、大変なものを任されてしまったと感じてます。笑
でも、やるからにはみなさんに「ボート部っていいな、かっこいいな!」と思って頂けるようなPVを完成させます。


とても拙い文章になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

 

1年記念日

ボートの日誌CM(0) TB(0)

どうも!2回生マネージャーの八瀬です。
最近めっきり冷え込んで、コートが手放せない季節になってまいりました。
風邪等で体調を崩していませんか?私は鼻炎に悩まされております。

さて、先月頭に行われました加古川レガッタで私のマネージャー歴が1年を突破しました。漕手人生が6か月間だったので、ボート部にはマネージャーとしてのほうが長く在籍しているということになります。今では漕手としての記憶も薄れて、「あれ?俺マネージャーとして入部したっけ?」と時折思ってしまうほどです(ほかの部員の頭にもほぼ残ってないんじゃないかな…(笑))

今回はそんなマネーシャーとしての1年間を振り返っていきたいと思います!

先述した通り漕手を降りたのが昨年の11月です。そこから私のマネージャー人生はスタートしました。他の同回生とは違うマネージャーという道を選んだ罪悪感から初めの1か月間は、ボート部のことを思い出すたびに、桜ノ宮に来るたびに嘔吐きが止まりませんでした。どうしてもどうしても艇庫に行きたくなく、同回生に恨まれているのではないか、嫌われているのではないかという被害妄想(実際はそんなことなかったと思うのですが)にとりつかれていました。しかしマネージャー業に慣れ、様々な仕事を任せてもらえるようになるとその罪悪感もなくなっていきました。

そしてその年の12月、転機が訪れたのです。

そうです勝吏さんとの出会いです。
納会の日、どのような経緯でそうなったかは覚えていませんが勝吏さんと一緒にモーターボートの土台を作ることになりました(今思えばこれが修理班としての初めての活動でしたね)。全くと言っていいほど喋ったことのない先輩ということで最初は緊張しましたが、勝吏さんの魅力のおかげか、共に作業をするうちに徐々に打ち解けていくことが出来ました。この後もITチームとしてHPを大幅に変えたり、修理班として艇庫の壁の穴を埋めたりと何かと一緒にいることが多く、私の中で勝手に「ニコイチ」みたいに思っていました(失礼ですかね(笑))。
勝吏さんはボート部で一番尊敬できる先輩です。そのことはほかの部員誰よりも胸を張って自信満々にいうことが出来ます。しかし、直接言うのはさすがに恥ずかしいのでこの機会に言わせてください(笑)
勝吏さんがいなければ、修理班にもITチームにもはいることがなく、恐らくグダグダとマネージャーをやっていただろうと思います。こういうのを、かっこつけた言い方で赤面してしまうのですが、運命の出会いというのかもしれませんね。

そしてその後もいろいろありました。知らぬ間に鳥居とビジネスパートナーになったり、IT班長になったり、今まで非公式だった修理班がオフィシャルなものとなり、まさかのそこのチーフに任命されたりと、本当にたくさんのことが起こりました。全て書きたいのは山々なのですが、そうしてしまうと異常に長い文章になるので割愛させてもらいます。

最後に、この一年間で最もうれしかったことについて。

それは、後輩が出来たことです。
高校で帰宅部に属していた私にとっては人生で初めての後輩です。
新人練習が始まった当初は人見知りの性格のせいであまり1回生とも話すことが出来ず、怖い人という印象を与えていたようです。ごめんなさい。
しかし今では「ハラミ~」といいながら私の腹の肉を鷲掴みにしたり、「やせやせ」という謎のあだ名をつけられたりと、先輩らしかぬ、まるで同回生のような扱いを受ける毎日です。どこで道を踏み外したのでしょうか。
しかし、どんなに舐められていても、艇庫で会った私に「あ!やせやせや」と声をかけてくれる後輩はやはり可愛いものです。甘やかしすぎでしょうか?ま、一人ぐらい甘い先輩がいてもいいでしょう(笑)
これからもそんなアホで、元気いっぱいで、最っ高に可愛い後輩たちと一緒に頑張っていきたいと思います!



なんやこのまとまりのない文章。
次はもうちょっとまともなものを書こうと思います。

次回!「やせやせラーメン屋を開業する!!🍜」乞うご期待!!

 

謙虚さを大切に

ボートの日誌CM(0) TB(0)

夜分遅くに失礼します。

加古川レガッタ、全日本選手権をもって4回生の先輩方が全員引退しました。はじめはぼんやり寂しいな〜という感じだったのですが、いざ居なくなると最上回生って本当に色々やってたんだなと思うことが増えました。自分たちのことだけでなく、部全体を見ていかなくてはならないし、部の判断を任せられることも多いと思います。コーチの方やOBさんとの関わりも増えたように感じます。
現役も後輩ばかりになり、今までは聞く相手がいたり、教えてもらっていたけど、教える立場になりました。そこで、私が最近思っているのは、誰かに何かを教えたり伝えるときに 「謙虚さ」を大切にしたいということです。代替わりをしてみんないっぱいいっぱいになっているけど、そこでイライラをぶつけるのは違うなと思います。当たり前の事だけど、余裕がなくなるとそうなってしまう人がほとんどだと思います。実際に私もそうです。しかし、自分が1回生の立場になると、そんな言われ方絶対にされたくないし、今までの先輩方に威張られたことがなかったから私は色々教えてもらったことや注意されたことを受け入れやすかったんだなーと思います。
だから最上回生であるこの1年は、いつも謙虚に初心を忘れずに後輩にたくさんのことを伝えていきたいなと私は思います。余裕をもっていきたいですね。

今の市大のマネージャーは1回生も2回生もマネージャーの仕事を本当によく頑張ってくれています。渉外や栄養などの役職ごともそうですが、試合のときにタイムを失敗しないようにと他大のオールの色をメモして準備していたり、エッセンの味付けが苦手だから先輩に味見してみてくださいと積極的に聞きにいったり。ちょっとしたことかもしれないけどその努力や頑張ろうっていう気持ちが嬉しくて、刺激を受けます。(マネージャーのことばかりになってすみません)先輩として、後輩がたのもしくなっていくことにすごくワクワクするし、教えれることはもっともっと伝えていきたいなと思います。
そして3回生も負けてられない!

各学年にお互いにもっと刺激しあって楽しくしていくためにも、やっぱり謙虚さを忘れたくないですね。そして感謝の気持ちと。

色々な話が混ぜこぜになって意味がわからない文章になってしまったのですが、私が最近思っていることをつらつらと書いてしまいました。

御精読ありがとうございます。

これからも漕手マネージャー共に努力して参りますので応援よろしくお願いします。

3回生マネージャー 生田沙耶

 

妄想よ、現実となれ。

ボートの日誌CM(0) TB(0)

さて、こんばんは。
今シーズンよりマネージャーに転向しました、2回生横田達哉です。

2017年度の新歓リーダーを努めさせていただくこととなりました。
最初に決めた新歓テーマ、スローガン。
『完全燃焼-誰もが本気。力いっぱい目標に向かって突っ走れる4年間を-』
市大漕艇部が初心者であれ誰であれ活躍できる、目標に向かって本気で頑張れる場所である。そんな魅力を新入生に感じてもらいたい、そう思ってこのスローガンにしました。

実際に新入生を迎えるのは3月、4月でまだまだ先の話です。
ですがこうやって準備を進めていると、
早く新入生に会いたくてしょうがない。
楽しみでしょうがないです。
ボート部に魅了されて入部するフレッシュな新人、最強の新人たちを迎えてまた新たな時代が幕を開ける。
共に闘い、共に寒い冬モーションを乗り越え、共に活躍するシーズン。
そして3年後には最強の新人たちがもう最上回生になっていて全国で活躍。
もう妄想が止まりません。
自分ながらに気持ち悪くてたまらないですが先々のことを妄想すると楽しくてしょうがないです。

ただそんな3年後とか言ってる妄想も、
実現させるにはまず新歓の成功から。
絶対に成功させます。妄想を妄想で終わらせたくない。
今からまだ見ぬ新人の勧誘に向けて全力を尽くします。
では楽しみにしていてください、
最高にナイスな新人たちが全力でローイングする姿をお披露目出来る日を。

来年入ってくる新人たちよ、受験勉強頑張れ。

2回生マネージャー 横田達哉

 

第一回避難訓練を実施しました

ボートの日誌CM(1) TB(0)

こんにちは!2回生の伊藤友紀子です。
日曜日には、加古川と全日本の打ち上げがありました!最後まで残ってくださっていた4回生の方々もここでお別れ…と、思いきや、学生コーチとして一部の4回生の方々が練習を見に来てくれているので1週間に一度くらいは必ず会えそうです!嬉しいです!

土曜日の部員総会(部員全員大集合会議)のあとに、今シーズン初の避難訓練を実施しました。艇庫の2階からはしごで脱出するのですが、スピードの遅さなど、課題が残る避難訓練でした。

消防士の方をお呼びしての訓練だったのですが、近くでボヤがあったとかで途中で出動して行かれました。そのボヤの対処の後、わざわざ戻ってきてくださりアドバイスをいただきました。避難訓練をするときは、消化班、通報班、避難班、に分かれてやったほうがいいよ、などです。

生じた課題や、消防士の方のアドバイスを基に、12月、1月、3月の避難訓練をより良いものにしていこうと思います。


練習についてちょっと書きます。火曜日の晩はエルゴです。2回生女子ロー3人が集結しています。同回が多くてちょっと嬉しいです。音楽を1人につき5曲くらい入れたプレイリストをつくりました。基本エルゴ中に流す音楽は早い者勝ちですが、今回は仲良く折衷案です。毎週火曜晩が楽しみです。

そうだ、多事漕論傑作選を私が1回生の冬に選んで勝手に投稿したことがあったのですが、その専用ページができるようです。お楽しみに!

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.