FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

バランス 1回生浜崎

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生マネージャーの浜崎七海です。

日にちを勘違いしていてこんな時間になってしまいました。遅くなってしまって申し訳ありません。

いつの間にか春休みにはなったものの、まだ何も出来ていないなと今は感じています。

私は一週目で試験が全て終わったので春休みに入ってから結構経ってしまいました。正直に言えば試験が無事に全て終わったかと言われると危ない科目も多々あります。一週目に全て集中していたのはラッキーだと思っていたのですが、勉強の分量としてはそう良いものでは無いなと感じました。あまり計画もたてずに行き当たりばったりの勉強をしてしまったので次の機会で活かしたいと思います。

春休みに入ってからは生活が部活とバイトで成立しているのですが、最近生活のバランスが崩れてしまっているなと自分で感じています。本を読んだり考え事をしたりして夜更かしして、結局遅い時間に起きてしまいます。一番避けたいどちらも疎かになるという状態に足を踏み入れています。勉強もしたいし趣味にも力を入れたいのですが、既に生活のバランスが崩れてしまっています。その為、今の自分には何が足りないのだろうかと考えています。

結論を言えば時間が足りないのですがどうして足りなくなってしまうのでしょう。恐らく夜更かしする事で睡眠時間が削れて昼に寝ることも一因でしょう。計画性がなくて本を一気に何時間も読んだりするのも一因でしょう。そういう積み重ねが今の自分を追い込んでいるのかなと思います。とりあえずは生活リズムを戻すことから始めたいと思います。

多事漕論を書く度に自分の反省になってしまうのですが、読んだ方には反面教師的にでも扱って頂ければ幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

 

ローアウト 1回生長谷川

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんにちは。
1回生マネージャーの長谷川そらです。

長いので、お時間があるときに読んでいただけたら幸いです。


題名にした『ローアウト』とは、
全エネルギーを使い果たして漕ぎ切り、
ゴールしたときに気を失う、またはその寸前の状態になる
という意味のボート用語です。

先日この言葉を学ばせていただいたときに、
「ボート競技は世界一過酷なスポーツだ」
というお話も聞きました。

思えば、数か月前まではボート競技についてなにも知らず
このボート部に出会って初めて知って
マネージャーという立場から、この競技に関わらせてもらっています。

それまで知っていた多くのスポーツとは違い、
例えばただひとつの力をつければいい訳でもなくて、
シングルであっても完全な個人競技ではきっとなくて、

まだまだ知らない部分が多い、
奥深いものなんだろうなと常々思っています。


最近は、役職の関係で主にエルゴについて学ばせていただき
冬モーションが始まったあたりから、
エルゴのタイムのランキング作成をさせていただいています。
色んな方に教えていただいたおかげで、
少しずつですがエルゴの数字の意味することもわかるようになり
色々考えながらタイムなどを見ています。

そして、そのタイムのベスト更新率の高さと幅の大きさにいつも驚いています。



こうして成長を目の当たりにしていたこともあり

それに比べ自分はどうなのだろうか

と思うようになりました。



加古川では、同期もすっかりロースーが似合うかっこいい漕手になっていて

普段とはまた違う、頼もしい姿で

心の底から
応援したい、と思いました。

それくらいに、強くなって、変わっていく
みんなに比べ自分はどうなのか



そんなとき、SSS(漕手の食事などをマネージャーがLINEで管理、コメントするシステム)で
ひょんなことから、ペアになった漕手とエルゴについてのやりとりが始まりました。

その日やったエルゴの結果を教えてくれて、
コメントを返して、というような感じです。
エルゴやボートについても色々教えてくれました。


更新したとき。上手くいかなかったとき。
一緒に一喜一憂できたことや
成長していく姿を近くで見ることができているように感じられたことが嬉しかったです。
(そして更新したときすごく嬉しそうでかわいかったです。笑)


先月行われたマシンローイング大会は、
そのペアを中心に応援する、という形だったので
普段のことを知っている分、応援に熱が入りました。
そして宣言通りベスト値を出し、目標も達成した姿はすごくかっこよかったです。

中には、全力を出し切り倒れ込む漕手もいて
ローアウトに近い状態だったのかな、と思ったりもしました。



そうして全力を尽くし、
いつの間にか大きく逞しくなった姿は
とても眩しくて

遠くへ行ってしまったような、少し寂しい気持ちになると同時に
自分は力になれているのだろうか、ともまた思いました。


けれど試合後、
ペアだった漕手が、こうしてやりとりしていることがモチベーションになっている
と言ってくれました。

成長していく姿を見ることができて励まされていたのはこっちなのに、そう言ってくれてすごく嬉しかったし、
少し救われた気持ちにもなりました。



漕手が全力で漕いでローアウトになることがあっても
トレーナーやCOXが真剣にボートと向き合い、誰とも分かちあえないような悩みを抱えていたとしても


自分は同じくらいのしんどい気持ちを味わうことはできないのではないか、
力になることができているのか

そうずっと思っていました



けれど


それでも、
その支えになろうとすることはできるはず

と思えるようになりました。



だから、
応援する気持ちを常に持ち、並走やエッセンをこれからもがんばっていこう、
と強く思っています。


支えとして頼ってもらうにはまだまだ未熟ですが、
もう来月からは『先輩』になります。

あんな風になりたいって思ってもらえるような先輩になれるように
がんばりたいと思います。



拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。





p.s.
マシンローが終わり
SSSのペアが変わってからも
やりとりは今もずっと続けています。

私にとってもすごくモチベーションになっています。いつもありがとう。
一緒に頑張っていこう。









 

コミュ障をどうにかしたい 1回生花田

ボートの日誌CM(0) TB(0)

1回生マネージャーの花田です。
今回は、近づいてきた留学について書こうと思います。
今日学校でオリエンテーションがありました。私はカナダに留学するのですが、外国に行くうえで注意しなければならないことなどについて話を聞いてきました。その中で詐欺についての話があったのですが、驚いたのは、街を歩いていると子供達がたくさん寄ってきて、遊んで欲しそうな様子を出したり、新聞を広げて騒いでいて、それに気を取られていると、気づいたらバッグから財布がなくなっていた、という詐欺の手口です。「ジプシー」と呼ばれるそうですが、近くに子供達の親がいて、手で追い払ったりすると暴力を振るったなどと騒ぎ立ててお金を要求してくるそうです。

こんな話を聞いて今からとても不安なのですが、たくさんのお金をかけて行った意味があったと絶対思いたいので、精一杯頑張ってこようと思います。英語に囲まれて生活できる幸せを噛み締めたいです!それと、自分のコミュ障も解消出来たらなと思います。コミュ障を解消して、新歓が始まったら、1回生に積極的に話しかけれるようになりたいです。私は新人指導のメンバーなので、1回生と仲良くなって、たくさん関われたらなと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

考えがまとまらない 一回生 長谷川樹

ボートの日誌CM(0) TB(0)

一回生漕手の長谷川樹です。

投稿する日を1日勘違いしていました。遅れてしまい申し訳ありません。

やっとテストが終わり春休みに突入しました。これでテスト勉強や課題から解放されて、のんびりできる…

春休み1日目、2日目は練習を終えるとほとんど寝て過ごしてしまいました。こんなことしてるとあっという間に春休みは終わってしまうなあと思います。

普段より自由な時間が多い分、その使い方が大事になってきます。ボートの練習をするのか、バイトをするのか、友達と遊ぶのか、勉強をするのか…この休みはどうすれば有意義なものになるのか…

僕は計画を立てて物事を進めることがあまり得意ではありません(何をするにしてもこれは致命的だと思いますが笑)。いつも考えようとしても、結局は曖昧にしてしまうことが悪いところです。

よく色々と考えていると頭の中がごちゃごちゃになって、整理できなくなります。テスト期間中はテスト勉強で忙しいと言い訳にして、考えることをしていませんでしたが、春休みに入ってテストから解放されると、考える時間ができるので余計に頭が回らなくなります。

だからこの春休みは、まず何をしたいかを考えた上で、計画を立てて過ごしていきたいと思います。



まとまりのない文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

わくわく 一回生 永井

ボートの日誌CM(0) TB(0)

こんばんは、一回生の永井陽太です。


個人的な話ではありますが、実は本日2月13日は僕の19歳の誕生日です!
祝ってくれた方々、ありがとうございます。
お酒を飲めるようになるまであと1年、長い、、、
18歳は大学に入学して環境がガラッと変わり、たくさんの新しいことに出会え、とても充実した年でした。
19歳はどんな年になるんでしょうか、楽しみです。


歳が1つ増えたからといってやることは変わらず、ボート部の漕手として、また1人の人間として強くなるべく、いろんなことを学びながらわくわくするような日々を送っていこうとおもいます。


以上です。
読んでいただきありがとうございました。

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad