FC2ブログ

多事漕論

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

笑顔

ボートの日誌CM(0) TB(0)




漕手の皆さんに質問、
ボート漕ぐのは楽しいですか⁇

自分の答えは「あんまり楽しくない」です。

以前、楽しくないからという理由で辞める寸前まで行きましたが、今はそれでも続けたいと思っています。


理由は2つ。

1つ目はボート楽しいなって思えるようになりたいから。

人によるかもですが、うまく漕げたら楽しいし、エルゴでベストでたら嬉しいし、ボートも勝負事やから試合で勝てたら楽しいと思います。

でも今の自分見た時に怪我が多いのもありますが、エルゴの2000ttでベスト出したんって1年以上前やし、漕ぐの下手やし、何よりボート初めてから敗復以外の試合で殆ど勝ったことないんですよね。 

ボート楽しい楽しくない思う前にそこが判断できるとこまで自分はいってないと思うんで、とりあえず努力して上手くなって強くなるしかないと思っています。

相変わらずエルゴ中に上体力入るのと左右均等に押すのができなくて、おれエルゴに嫌われてる気がする、という意味わからん愚痴をこぼしたりしてますが…笑


2つ目は目標があるから。

これは去年の浜寺杯出て負けた時にたてたやつです。

元々は去年のこの試合を最後にやめるつもりやったんで、最後は絶対勝とうって思ってたんですけど、結局は目標のメダルに全然届かず負けました。

絶対メダル取ろうって一緒に乗った1年と言ってて、1年のマネにも絶対メダル取るって言ってたのに負けて悔しくてしょうがなくて1年は泣いてないのに1人でめっちゃ泣いてました笑

その時のこと考えたら、あ〜やらなってなるし、その悔しさがあるから今がんばれてるからまあいい経験したんかな〜とは思います。


以上が自分が部活を続ける理由です。


今年の抱負は「誰よりも楽しく」です。
上手くなって強くなって、試合に勝って、ボートで楽しい思いいっぱいしたいって気持ちを込めて。
しんどいことが殆どだと思いますが。


まあこれで引退まで結局ボート楽しくなくて続けんかったらよかったーって後悔するようなことがあったら、そのときはそのときです笑

まあなんやかんやいい仲間に恵まれてるし後悔はしないだろうと思ってたりはします笑



最近1回生が2人辞めてすごい寂しいですが、これ以上は誰も抜けることなくみんなで進んでいきたいと思います。

辞めた2人もおれらに負けないぐらい自分のやりたいこと頑張って、そして大学生活を楽しんでくれるはずです笑


読みにくい文章ですみません、最後まで読んでいただきありがとうございました。



p.s.
長くなったついでに余談笑


2回生にはマネさんとエルゴのこととかLINEで話すペア制度がありまして(未だに続けてる人おるんかな笑)、最近はボート部のこととか色々喋ってます。

そこで自分が言った今年の目標は「LINEの文章を短くする」でした笑

まあLINE内ではそんなふざけた目標立てたりもしてますが、辞めようとした時期とかのしんどい時も支えてくれたほんとに頼りになるペア制度のマネさんです。

他にも今SSSの担当でめっちゃコメントしてくれるマネさんとか(おかげで食生活変えようという努力をするようになりました笑)、授業で出席とかで困った時に助けてくれる同学部のマネさんとか普段から頼りにしてるし感謝してるマネさんがいてくれてます。

親やOBさんも含めて、そういう自分らを支えてくれる人らの為にも、感謝の気持ちは結果を残して示したいと思います。

書いてて思った3つ目の理由でした笑

終わり
スポンサーサイト



 

ビブリア

ボートの日誌CM(0) TB(0)

前回、僕の多事漕論を読んでか知らずか、本を下さった人がいて、とてもいい誕生日になりました。ありがとうございます。
今回は、その中でもオススメの本について話したいと思います。

・『メモの魔力』(著:前田裕二)
メモを「第2の脳」として活用する。個の時代においては「オタク」が最強。「タコわさ理論」。シャワー中にアイデアが浮かぶ理由。

・『科学的に正しい筋トレ』(著:庵野拓将)
セット間の休憩は「2分以上」。筋トレの前にストレッチをしてはいけない。最高の摂取タイミングは筋トレ後の「24時間」。脳をハックせよ!

・『常勝集団のプリンシプル』(著:岩出雅之)
「モチベーション3.0」の世界。大学日本一よりも大切なこと。組織文化の大敵は惰性。おもしろおかしく。

どうです?気になったでしょ?ぜひ読んで見てください。

 

『My dreams』 2回生 加藤

ボートの日誌CM(0) TB(0)




久しぶりにこの前、推しのライブに行きました。


私の推しの所属する団体の
初めての単独ドームライブ。


今までに経験したことない

大きな“ドーム”というステージで

5万5千人の観客を前に美しく振る舞う私の推しは

どの世界のアイドルより輝いていました。


こんな景色を、ファンにみせてくれてありがとう

ファンに、たくさんの感動を与えてくれてありがとう

心の底から何度もそう思った。




しかし彼らはラストの曲の前に、


私たちにこう言いました



この景色を見させてくれて、ありがとう

あなた達がいたから、ここに来ることが出来た

ここまで連れてきてくれて、本当にありがとう、と




この言葉を聞いてハッとさせられました。




私たちは彼らに夢と希望を与えてもらっていた分、

私たちの応援も彼らに夢と希望を与えていた


私たちの応援は、ただの応援じゃなかった、と




ファンとして、彼らをここまで導いたと

胸を張って言っていいんですよ



すごいいい関係じゃないですか。











 


今年の9月、この市大ボート部があの場所で

大勝利を掴み取った時


私たちマネージャーがいたから、勝てたんだと

言って貰えるように


私たちがいたからここまで来れたんだと

胸を張ってそう言えるように



残りの約7ヶ月、

さらに気を引き締めて全力で選手をサポートしていきたいです。



とりあえず、まず私に出来ることは

新歓リーダーとして

目の前の新歓で勝利を納め

冬モーション明けの試合へいいスタートを切らすこと






ぶっつけ本番、なんとなくする新勧なんて

“日本一”の団体がすることじゃない





入ってくれそうな新入生を待つだけの新勧なんて嫌だ


この子に、市大ボート部に入りたいと思わせたい


この人たちと、一緒に強くなりたい、勝ちたい!


と思わせたい


絶対振り向かせる








“みんな”で新勧



今の市大ボート部なら出来る気がします。


いやもう出来始めてる



一人一人が主戦力



頑張ろうね、みんなで


たっくさん、市大ボート部の魅力、強み伝えていこうね




みんな、かっこよすぎ
















私が頑張れるのはみんながいるからです。

いつも話を聞いたり、相談乗ってくれてありがとう


















最後に、ライブの最後の曲で

私が1番大好きな歌の詩を

紹介して終わりたいと思います。








「My dreams」



果てしなく続く航海、今日も積み重なる後悔

掴めるものなんて何もない

けどあなたがいるから


今日も僕は歌ってる




何にもうまくいかない日々、前が滲んで見えなくても

でも希望に縋りついて

何度でも立ち上がるんだ










夢に向かって一歩一歩

明日なんて考えられなくて

今を生きるのに精一杯なんだ


悔しい想いが道を作って

流した涙が道固めて

また歩いていくんだよ  















約束するよ、あの場所に連れていくから
















果てしなく続く航海、一緒に進んでいこう


今日も積み重なる後悔、けど貴方がいるから






My dreams Our dreams

My dreams Our dreams









2回生 マネージャー 新人勧誘チーフ
かとうすずか

title:

『My dreams 』→ 『Our dreams』

 

そういえば… 熊倉

ボートの日誌CM(0) TB(0)

 中学生の頃、友達に「10年、毎日10分何かを続けると、その続けたことの達人になるらしいよ!」と教えてもらったことがあります。
 私は割と単純なので、10分ならできそう!と考え、言われた次の日の朝から書道を始めました。書道は、書いてる時は楽しいですが、準備と片付けがとても面倒です。結果、2カ月くらいで終わりました…。

 書道を断念してからも、走る、食べたものを記録する、スペイン語の勉強をするなどなど、続けるをモットーに色々試してきました。しかし、どれも長くとも半年くらいで自然消滅…。続けるのが難しいから、続けたものだけが達人になれるのだなぁと身にしみました。

 ただ、気づいた人もいるかと思いますが、この毎日10分理論でいくと、ほぼ全員がご飯を食べること、寝ること、息をすること、歩くことの達人であると結論付けることができます。生きる上で欠かせないことに関しては皆んなが達人ですね!確かに、これらのことは無意識のうちにこなせます。

 毎年、1月になると1年の始まりなので、新しい事を始めて達人になろう!!と意気込むのですが、今年はまだ何をするか決めてません…。徐々に節目を大切に思う心がなくなってきてるのかなと思います。歳をとるごとに1年が短く感じるといいますが、その兆しを感じています…。
 
 「生活をする」ことを楽しむには、生きる上での活動を日々、大切にしなければなりません。
 というわけで、極めたいことを定めて、チャレンジしていこうと思います!!燃えますね!

 

でもが揃えば開く扉があればいいが、ねーよそんなドア!

ボートの日誌CM(0) TB(0)

昨日は成人の人でしたね!
新成人のみなさん、おめでとうございます〜

街中の振袖姿の人をみて
「もっかい成人式したい!」と叫びました笑

成人式というか、振袖が着たい!
早く誰か結婚してくれ!!笑




さて、もうすぐマシンローイング大会ですね!

あんなさっむい体育館に行って
異常に盛り上げてくるMCを聞くのも今年で最後。

そう思うとなんだか名残惜しい…なんてこともないですけども。



漕手のみなさんは、マシンローに向けてエルゴ漬けの日々ですね。

地味でしんどい練習が続きますが、それをちゃんと続けれた人が強いのかなと思います。



私は、漫画や小説が大好きなんですが、
「三月のライオン」がとても好きです。

その中のめちゃくちゃ刺さったセリフをご紹介します。

三月のライオンは将棋の棋士のお話です。
天才棋士桐山零くんとほかの棋士たちやその周りの人たちの物語。

15巻で登場する、「元天才」の通称あずにゃん。

彼は高校生で棋士になり、当時は天才と呼ばれていた棋士だったけれど、すぐ後に零くんが棋士になったことで天才ではなくなる。

それでも僕は将棋で勝ちたい!という、大変熱く、少し?変わっている棋士です。


そんな彼と零くんの対局でのセリフです。







人は情熱を失うとせっかちになる。

次から次へと成果が欲しくなり近道を探し始めるが、最短距離はみんなが通りたい道だから、ぎゅうぎゅうな上、みんなが持っているものしか落ちていない。

それを投げ合ってもなかなか勝負がつかず、しかも近道を選びがちで歩いていないので基礎体力が落ちており、ますますもっとお得な道を探したくなる。

神様、僕は!野蛮なままでいたい!

お得なルートばかり探して少しずつ弱くなるより

道なき道に突っ込んで、何度も迷って転んで泣き喚く。

そんな勇気と体力をなくしたくない!

そして、あいつ必死すぎwwと笑ってたヤツに

とれたてのワケのわからないモノ、ぶつけてやりたい!








長いですね笑


あずにゃんの魅力は
考えすぎて自分の世界に入り込む姿。


ちなみに上のセリフは

対局中に集中しすぎてあずにゃんワールドに沈んでいき

結果、現実世界では服を脱いでいた、と笑。


集中脱衣、らしいです笑。





市大が日本一になるためには

お得ルートでいいのでしょうか?



みんなが持ってるものを投げつけて

試合相手に勝てるのでしょうか?



情熱を失っていませんか?

基礎体力、弱くなっていませんか?

泣き喚く勇気を持っていますか?



冬モーションはそれを問われる期間です。



まずはマシンロー

あずにゃんもびっくりな、野蛮で情熱のある市大を見せつけにいきましょう!!




ちなみにタイトルは
零くんの高校の先生、林先生です。



「でも」が100個揃えば開く扉があればいいが、はっきり言ってねーよそんなドア!

でも、じゃねー!!




3回 横山

 

大阪市立大学ボート部 公式ブログ ~from漕手andCOXandマネin桜ノ宮~

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
 

Copyright ©多事漕論. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.